2011年07月22日

また来年を合言葉に・・・








また来年を合言葉に・・・

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 法要が終わるとテーブルをセットして昼食。

 というか、さっき朝ご飯を食べたばかりのような気がするのだが・・・。

 僕のように一日二食の生活をしていると、このタイミングではおなかに入らない。

 まぁ、なんちゃってカメラマンだからカメラを持って写す係りになりきれば、それですむのだが・・・(笑)。






110722-01otaru

【テーブルを囲んで】






 余市のホテルでいとこの数人が都合で解散したので、ここでは多少人数が減ってはいるが、ほとんどの人間はこの法要まで一緒に行動していた。

 この状態が一昨年までは僕の実家で行われていたようなのだ。






110722-02otaru

【真っ昼間からビールですかぁ?】






 そして、こういうことは、遠い昔・・・僕が小さい頃から夏や冬は頻繁だった。

 ただ、違うのは、そばには祖父母がいて、おじ・おばはまだ若くて、僕らは充分子供だったこと。

 そして、今は亡き親族が元気だったわけで・・・。

 それを考えると淋しい気持ちにもなる。






110722-03otaru

【話は尽きない】






 今年の5月に僕が生まれ育った家は取り壊された。

 その家がなくなるということは、多くの親族が積み上げてきた多くの思い出が途切れ、歴史に終止符を打つということになるわけで、それは本当に辛いことではあったが、それも時代の流れだろう。

 そんな思い出話は今日のこの場だけでは終わらない・・・はずだ。

 また来年、この場所で笑い話になっていくことだろう。






110722-06otaru

【境内のスズラン】







 去年もこの時期に咲いていたスズラン。

 すでに取り壊された家の庭にもスズランが咲いていたのは頭の片隅に残っている。

 スズランは北海道の思い出の花なのだ。






110722-07otaru

【ここで解散だ】






 ホテルでのいとこ会、お寺での法要、これはしばらくの間、しばっち家年中行事になりそうである。

 K三叔父を囲み、いとこたちが挨拶をする。

 多くのいとこは小樽を離れてはいるものの、北海道に住んでいる。

 K三叔父は茨城県で、普段はなかなか会うことができない分、名残惜しさもひとしおだ。






110722-08otaru

【T夫叔父も囲まれて】






 札幌に住むT夫叔父もみんなで挨拶。

 また来年、元気な姿で会えることを祈って・・・。

 故郷はいつまでも僕らを見守っていてくれるだろう。

 そんな気持ちでそれぞれが車に乗り込み、手を振りながら別れる。

 このシーンは今も昔も変わらない。







shibacchi0821 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

2011年07月21日

法要









法要

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 記念撮影も終わり、本日のメイン行事・・・法要である。

 故郷の町にあるお寺で行うのだが、余市を離れ小樽市内に移動する。

 車で2~30分ほどで僕の生まれ育った町に着く。

 小樽の中心地からは離れた海辺にほど近い小さな町だが、この町に戻るたびにまた一回り小さくなった気がしてならない。

 多くの人々で賑わっていた町も時代と共に少なくなりつつある。

 この町を愛した人々の多くはこの世を去り、若者は町を去る。

 僕の同級生もほとんどいなくなっている。

 その小さな町の中心にD寺がある。






110721-01otaru

【D寺】






 このお寺だって、もっと大きかった気がするんだけど、それは子供の目から見た記憶でしかないのか。

 去年まであった門も、今年は何故か取り壊されていて、みんなちょっと驚いていた。

 これはもしかしたら朽ち果てて、危ないから壊したのではというのが大方の推測だ。






110721-02otaru

【ツツジ満開】






 故郷の空気は海と山に囲まれた匂いに包まれる。

 風向きによっては潮の匂いが、季節によっては木々の匂いが漂ってくる。

 それを感じるたびに、幼かった自分が走り回っている風景が浮かんでくる。






110721-03otaru

【法要が始まるよ~】






 今年の法要も祖父母から始まり、その子供、孫、そして伴侶も名前を呼ばれることになる。

 もう20数名の親族がこの世を去っている。

 そして、去年亡くなったK江伯母もあちらの仲間に加わってしまったわけで、また来年か再来年か、とにかくそんなに遠くない未来には何人かの人があちらに向かうことになるだろう。

 それは・・・、

 もしかしたら、

 僕かもしれない。






110721-04otaru

【しめやかに】






 30分ほど、お坊さんのお経を聞いて亡き人々を偲ぶ。

 みんな小さい頃にお世話になった人々だ。

 一緒に遊んだ人々だ。

 一緒に花火をしたり、海に行ったり、山に行ったり、楽しい思い出が蘇る。

 懐かしい思い出が浮かんでくる。

 お経が心地よく聞こえてくるのは歳をとったせいだろうか。



7月21日(木)の日記

 台風が日本に近づくまでは毎日が猛暑だったのに、通り過ぎた途端、急激に涼しい気温に・・・。

 まるで高原にでも来ているような(ちょっと大袈裟?)錯覚に陥る。

 夏らしくないといえば夏らしくない天気だが、こういう天気の日もなければ体力が持たない。

 まさか、これから毎日涼しい日が続くとは思えないが・・・。







shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

2011年07月20日

記念写真








記念写真

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 慌ただしい朝食を終え、部屋に戻るとS吾がまだ寝ていた。

「いい加減に起きろよ~。」

と声高になる。

 これが一年ぶりに再会したいとこ同士の態度(笑)。

「30分後にホテル前、集合だって。」

 投げ捨てるような言葉を吐いて、着替えることに。

 いくら帰省だからといって、のんびりしていられないのだぁ~。






110720-01yoichi

【ホテル前】






 去年は朝にも余裕があった。

 余裕があったというよりも、朝風呂に入るほど早朝に目覚めたからだが、今年はしっかり寝ていたので、その分朝の余裕がない。

 忘れ物がないのを確かめ、部屋を出ようとすると・・・。

 靴が一足多い

 はて?

 すると一足先に出ていたM志が苦笑いして、

「スリッパで帰るところだったよ。」

 親族でなくても、こういう奴って必ずいるよね(爆)。






110720-02yoichi

【ホテル前】






 いとこ会二日目は、ホテル前で集合して記念写真を写して解散となり、その後まだ話し足りない人間は僕の生まれ育った実家に集まる。

 生まれ育った町・・・。

 昔はその町に祖父母が住んでいて、その子供たちも、孫たちも時代と共に生きてきた町である。

 今ではほとんどがその町を離れ、別々の町で暮らしているから、一年に一度ぐらいは生まれ育った町に集まりたいという思いがあるのだろう、ね。

 その生まれ育った町に残っているのが、僕の実家だったのだ。






110720-03yoichi

【ホテル前3】






 そろそろ全員がホテル前に集合だ。

 今年参加した親族は全部で36人

 去年は37人で、人数こそ変化はないが、顔ぶれは違う。

 もちろんいとこが全員参加しているわけではない。

 今生きているおじ、おば、いとこが全員揃って集まることはあるのだろうか(笑)。






110720-04yoichi

【なかなか集合しない、笑】






「ほれ~、そろそろこっちに集まれよ~。」

 結局、大声を出しているのはしばっち家三男坊のK三叔父である。

 これだけの人数を仕切るのは容易ではない。

 いくら親族だとはいえ、我儘な人間の団体さんだから、ね(笑)。






110720-05yoichi

【36人集まりました】






 うひゃ、のっぺらぼうの写真でゴメン

 この親族が来年も揃うという保証はない。

 だからこそ、これからの一年一年が貴重な瞬間なのだ。

 できることならこの親族が来年も、そして今年参加できなかった親族が来年は参加できることを希望して止まない。






7月20日(水)の日記

 睡眠不足が続いたここ数日分の睡眠時間をまるで今日一日の睡眠で補ったような休日の使い方(笑)。

 日中のほとんどを寝て過ごしてしまったわけで・・・。

 ちょっと寝過ぎだろうか。

 まだ、眠い(笑)。



 台風6号が日本の南を通過しているようで、朝から雨が降ったり止んだりしている。

 僕も寝たり起きたりなので、ジッと天候を調べていたわけではないが。

 一度だけ外に出て見ると、湿気が凄く、不快感丸出し。

 5分も経たないうちに汗ばんでくる。

 いや、汗ではなく湿気が身体にまとわりついてくるような感じ、と言った方が正しいかもしれない。

 台風の速度も遅いようなので、明日はどうか心配だが・・・、早く去ってほしいものだ。







shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

2011年07月19日

いとこ会の朝








いとこ会の朝

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 世の中の三連休も終え、僕の仕事もちょっとだけ一段落。

 精神的な問題なんだけど、最も忙しい時期なので、ブログでの北海道帰省の記事も一時休止状態にしておいたのだが、今日から再び書き始めてみようと思う。



**************



 いとこ会で盛り上がり、その後布団に入ると、心地よい疲れと共にあっという間に深い眠りについてしまった。

 朝、目覚めるとすでに7時を過ぎている。

 そういえば、去年は朝風呂に入るほど、時間に余裕があったのだが、今年は寝入ってしまっていたようで、朝風呂に行く時間がない。

 もちろん我が部屋は・・・、物音がしない。

 それもそのはず。






110719-01yoichi

【いいかげんに起きろよ~】






 全然、起きる気配のないM志S吾

 しばらくすると、叔父が部屋に入って来て、

「朝飯だぞ。早く行けよぉ~。」

と声がかかる。



 何歳になっても僕らは子供なのだ(笑)。

 M志は眠い目をこすりながら起きてきたが、S吾はモゾモゾ。

「S吾、起きろっ。」

と声をかけると、

「朝飯はいらない。寝かせて~。」

 こいつはいつもそうだ。

 飲み過ぎて、一番早く酔い潰れるのもS吾

 朝、起きてこないのもS吾

 いとこの中でも年下の部類だから、甘えっ子なのは今も昔も変わらない。






110719-02yoichi

【早起き組】






 食堂に行くと、すでに半分の人間は朝ご飯を口にしている。

 さすがに年寄りだ(って、人のことは言えない)。






110719-03yoichi

【女性陣は話に花が咲く】






 女性陣は夕べのいとこ会でもずっとしゃべりっぱなしだったのに、朝も止まることはない。

 中にはお互い一年振りの再会の人も少なくはないのだろう。

 一年分の会話が飛び交うわけだ。






110719-04yoichi

【バイキング】






 朝食はバイキング。

 好きなものを好きなだけ食べられるのは嬉しいが、それが逆に仇になることも。

 普段朝食を食べない僕もついつい箸が進んでしまい、おなかがプクッと膨らむわけで。






110719-05yoichi

【みんな食欲旺盛】






 高齢の叔父たちも食欲が旺盛。

 これが長生きの秘訣かも、ね。

 しっかり食べて長生きしてください!






110719-06yoichi

【集合は8時半だよ】






 集合時間は8時半だよ~。

 って、早いっ。

 のんびり食べていられない。

 朝食も早いが、集合も早い。

 朝食後に温泉に入ろうって思っていたが、その余裕がないようだ。

 これは仕方ないね。







shibacchi0821 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

2011年07月18日

仕事よりも通勤で疲労







 世の中、三連休。

 今日は海の日で、いよいよ夏本番か・・・、

 と思っていたら雲の多い一日。



 僕は三連休どころか、朝から晩まで仕事詰めである。

 朝は6時半に家を出て、8時から仕事が始まる。

 夜は21時半に仕事が終わり23時に家に着く・・・、

 はずだった



 乗り換え駅に着くと、駅内でざわめきと放送が・・・。

 人身事故だ。

 またか。

 最初の放送では30分後には運転再開だというので、ホームで待つことにしようと思っていたのに、その後、再開は50分後・・・。

 もう眠いし、疲れているし、タクシーで帰ろうかと一瞬迷う。

 あ、

 財布に現金が2000円しかない!

 ううう、こういうときに限って・・・。

 仕方なく、電車が動き始めるのを待つ。



 結局、ホームで待つこと1時間。

 再び放送がかかる。

「ただいま、運行は再開しましたが、当駅に電車が到着するのは15分後になります。」

 はぁ~(ため息)。

 最初にそういう放送をしてくれよ(怒)。

 何だかだまされている気がして、肩を落とす自分がいる。



 帰宅時間は軽く深夜0時を回り、布団に入ったのは2時近くだった。

 早朝、目を覚まし、テレビを点けると、ちょうどなでしこジャパンのワールドカップ決勝戦。

 延長戦だった。

 そして、PK戦を制して優勝。

 疲れ切った身体が自然とパワーが沸き起こるような気がした。

 やったね、おめでとう

 女子サッカーにはあまり興味のない僕だが、世界一になったことには素直に喜んでいる。

 かっこいい瞬間を見ることができ、今日一日のパワーをもらうことができた。



 と、と、ところが、

 今日も仕事を終え、携帯電話のメッセージを見ると、またまた人身事故で電車が動いていない。

 はぁ。

 今日も人身事故で電車が止まってる。

 再開の時間を気にしながら、帰宅の途に就くが、運転が再開した頃に乗り換え駅に着いたために、電車を待つことなく乗れたが、世の中の休日だというのに電車内は超満員。

 仕事よりも通勤で疲労度がMAXになってしまっている。







shibacchi0821 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2011年07月17日

目覚めるタイミング







 毎日寝苦しい日が続いている。

 おかげで疲れた身体の3連勤も暑くて目が覚め、その後、シャワーを浴び、余裕の朝を向かえている(これを余裕と言っていいのかどうか・・・)。

 寝る前にエアコンを1時間で切れるようにしてセットすると、3時間後に暑くて目が覚める。

 2時間で切れるようにすると4時間後に目が覚める。

 目覚まし時計より確実に・・・(笑)。








shibacchi0821 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2011年07月16日

炊飯器購入したのはいいが・・・







 梅雨明け宣言をする前から雨が降らない日が続いてもいたのだが、梅雨明け後も全く雨が降っていない関東である。

 梅雨明けって年々遅くなっていた気もするし、宣言されても雨の日が続いたり、ゲリラ豪雨に襲われていたりしていたから、天気予報士の言うことはあまり信用していなかったのだが、今年は安定した夏が始まっている気がする。

 それだけに外にいるのは辛いのだが・・・。



 さて、我が家に自慢のテレビ(っていうわけではないが)が来てからもうすぐ一ヶ月。

 テレビというのは生活にすぐなじんでしまうので、ずっと前から今のテレビがあるような気がする(笑)。

 実はその一週間後にさらに新しい仲間が増えていたのだが、なかなか紹介できずにいた。

 その仲間とは・・・、





110716-01cooker

【炊飯器】






 炊飯器だ。

 本当はテレビを購入した日に一緒に買おうと思っていたのだが、店内に並んでいる炊飯器が多すぎて、物色に時間がかかり、その日は断念。

 その後も何度か足を運んで、ようやく決心したのだが・・・。



 今まで使っていた炊飯器は若い頃にパチンコでゲットしたもので、ご飯を炊いて保存するぐらいの機能しかないものだった。

 特にご飯にこだわって生活していた時代ではないので、ご飯が炊ければそれでよかった。

 ところが、ここ1~2年、保存するのがあまり芳しくないことに気づき、そろそろ買い換える時期かなって・・・。



 ずっと悩んでいたわけだ。

 炊飯器なんて一万円もあればいいものが買えるって思っていたんだけど、やっぱり上には上があるんだね~。

 いろんなものを見ているうちに、あっちもいいなぁ、こっちもいいなぁ・・・と、テレビどころではない(笑)。

 そこで、僕なりにこだわりをひとつだけ持って選ぶことにしたのだが・・・。



 それはお焦げ機能がついていること。

 それ以外の多くの機能は僕には使いこなせないだろうと判断してのことだ。

 結局僕のハートを射止めたのは・・・、






110716-02cooker

【火加減を変えられる】






 この炊飯器だったわけだ。

 実はこの炊飯器、タイガーの製品の中では2番目に高いもの(8万円ぐらい)。

 1番高いのは桁が違うのだ(12万ぐらい)。

 いや、この値段だったら買うこともなかっただろう。



 店内表示は2万4000円ぐらいだったので、先日テレビも購入したんだから、もっと安くしてくれとお願いしたら、さらに1000円割り引いて2万3000円で購入。

 1番高いものは3万9000円ぐらいだったので、手が出なかったが・・・。



 ところが問題はこの後なのだが・・・。

 購入してからすでに3週間ほど経っているのに、

 未だに一度も使っていない

 飾ってあるだけなのだ。

 ううう、何だか買う必要があったのだろうか。



 ちなみに家電って買う時期があるようだね。

 半年ごとに新商品が出てくることから、新商品との入れ替え時期に買えばかなり安くなるってこと。

 上手に買い物をしなきゃね。



 さて、いつご飯を炊くことになるだろう・・・か。







shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2011年07月15日

納涼会(その二)







 今日も暑い一日だった。

 この暑さ、まだまだ続きそうである。



 さて昨日の続き(納涼会)。

 職場の仲間は若い人が多いから、テーブルの上の食べ物はあっという間になくなる。

 オードブルからピザパスタがどんどん並んでいくが、それもあっという間になくなるから、レンズを向けないと写真を写すチャンスを失うわけで・・・(苦)。






110715-01shinjuku

【ピザ(1)】






110715-02shinjuku

【ピザ(2)】






 うひゃぁ~、ピザの名前が・・・、

 わからない。






110715-03shinjuku

【パスタ(1)】






110715-04shinjuku

【パスタ(2)】






 パスタの名前も・・・、わからない(汗)。

 最初のうちはこうやって写真を写すチャンスもあったのだが、僕自身も飲んでいるうちにピザやパスタがテーブルに置かれているのでさえ、忘れてしまう。

 話に夢中になっているからだ。

 まぁ、これがなんちゃってカメラマンの特徴なのだ。



 それでも大勢の人間とこうやってオーダーするといろんな種類のものが食べられるっていうのは嬉しいね。

 少人数だと食べきれないから種類も少なくなるし、2人で来てもせいぜい3~4種類食べればおなかがいっぱいになってしまう。






110715-05shinjuku

【写す前に食べられてしまった】 






110715-06shinjuku

【飲んで・・・食べて・・・】






 オーダーしたピザやパスタはこんなものではない。

 あっちにもこっちにもいっぱい並んでいく。

 そしてあっという間になくなる(笑)。



 ここは居酒屋ではないのだが・・・。

 こんな奴まで・・・。






110715-07shinjuku

【お恥ずかしい写真を】






 ふぅ、

 おいしいはずのピザやパスタの味を・・・、

 忘れてしまった気がする。

 盛り上がるのはいいんだけど、若者たちと飲むと最後はこうなるんだよね~。

 まぁ、これで暑い夏を乗り越えられるなら、それはそれでいいかぁ~(笑)。






110715-08shinjuku

【納涼会も終わり・・・】






 写真に写っている人間は全て我が職場の仲間だ。

 中には酔いつぶれた人もいるようだが、それもそのはず。

 ビールを飲むスピードが尋常じゃなかった。

 僕のような人間は決してそのペースにはまることはないのでいいのだが、普段あまり飲まない人間が一気に飲んでどうなるか・・・若い彼らはまだ経験が足りないようだ。

 きっと彼らはその足で二次会に参加するだろうが、僕と数名は解散後、足音を忍ばせながら消えることにした。






110715-09shinjuku

【伊勢丹と丸井と・・・】






 暑い夏の夜。

 まだまだ大都会では大勢の人々が動いている。

 お店の前で解散し、帰宅組は新宿駅へと向かう。

 そういえば、M君N君の姿が見えなかったが、大丈夫だったのだろうか。







shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「職場」編 | 「食物」編

2011年07月14日

納涼会(その一)







 毎日暑い夏が続いている。

 梅雨明け以前から関東では雨の降る日が少なく、結局梅雨前線が日本上空に残っていることで梅雨明け宣言ができなかったのだろうが、結局早い段階で梅雨明け宣言された。

 しかし、これも自然界のこと。

 いくら予測したり、発表したりしてもその通りにいくわけではない。

 まぁ、できることなら、去年、一昨年のようなゲリラ豪雨のとか、最近目にする竜巻のような被害の出るような自然現象は避けたいものである。

 もちろん梅雨時期が短かった分だけ、これから暑い夏が長いと予想されるが、それに伴って熱中症という恐怖との付き合いも長くなる。

 十分に気をつけないといけないね。



 さて、暑い夏には・・・、

 やっぱりビール

 ついつい飲み過ぎてしまうのだが(笑)。



 今週の月曜日・・・11日に職場の仲間との納涼会が行われた。

 今、僕の職場は夜の9時半まで営業しているので、仕事が終わってから飲みに行くにしても、短い時間でしか利用できない。

 そういう意味では職場の仲間と遊んだり、飲んだりということはほとんどないわけで、唯一みんなで飲めるのは月2回の休館日と呼ばれる日だけなのだ。

 まぁ、納涼会も写真を写してみたので、ちらりを眺めてください。






110714-01shinjuku

【会場はLa Pausa】






 飲み会というと居酒屋のイメージだが、どうも僕の職場のメンバーはオシャレな奴が多いようで(笑)、イタリアン系のお店などを探してしまう傾向がある。

 僕もイタリアン系はかなり好きなので、全然問題はないのだが・・・(笑)。






110714-02shinjuku

【全員揃ったところで、かんぱぁぁぁ~い!!!】






 集合は午後7時。

 参加者のうち、2名は都合で遅れることになっていたので、さっそくかんぱぁぁぁ~い

 残念なことに不参加組も数名いたのだが、まぁ、それは今に始まったことではない。






110714-03shinjuku

【ビールだけが・・・】






 暑い夜だから、さらにビールがうまい。

 職場のスタッフのほとんどが男性陣。

 女性が少ないのがちょっと寂しいね。

 まだ、お酒を飲めない年齢の人もいるが、決して強制して飲ませることはしない。

 我が職場のルールはかなり厳しい

 当然、この状態の中で飲んだ場合、退職っていう恐ろしい処分がくだされるのだ(これ、本当の話)。

 写真奥にメロンソーダ飲んでる奴がいるね(笑)。






110714-04shinjuku

【シーザーサラダ】






110714-05shinjuku

【ここは5Fです】






 La Pausaは新宿三丁目の伊勢丹前にあるイタリアンレストラン。

 そういえば、ここのビルってほとんどが飲食店で、昔、たまに飲んだことがあったなぁ。

 もちろん昔の話だからビルももっと古かったと思うが、久し振りに来たらきれいなビルになっていた。

 まだまだ外は明るい時間だ。






110714-06shinjuku

【ピッチャーが空なんですけど~】






 まだ、サラダしか来ていないのに、あっという間にビールは空っぽ。

 どんどん頼んで、飲もうぜ~~~~~っ。






110714-07shinjuku

【こちらはヤングな連中】






 レンズを向けると指が二本立つ(っていうか、一番ヤングな奴は一本か)。

 これって今も昔も変わらない。

 僕はこのポーズがあまり好きではない。

 パターンがいつも一緒だからね。

 もっと楽しいポーズ、とってもらいたいもんだね(笑)。






110714-08shinjuku

【フライドポテトは定番】






 おつまみで最適なのはフライドポテト。

 安くて、量があって、おなかにたまる。

 でも(正直に書くと)、ここのフライドポテトは僕は好みではない。

 ポテトにはうるさいしばっちなのだ

 一本つまんで、あとはみんなでどうぞ~♪






110714-09shinjuku

【スモークサーモン】






 これも僕の好物だ(笑)。

 うん、なかなかおいしい。



 数点のオードブルをおつまみに、ビールがどんどん進んでいく。

 普段、一緒に飲まない連中だから、気づかなかったけど、みんな結構ハイペースで飲んでる。

 本当に大丈夫なのかなぁ?

 と要らぬ心配をする僕である。







shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 「職場」編 | 「食物」編

2011年07月13日

ビンゴ大会で







 温泉目的というよりも、お食事処目的といっても過言ではない(笑)吉川温泉ゆあみは大勢の人でごったがえしている。

 普段の平日だとここまで混まないのだが・・・、






110713-01yoshikawa

【まとめてパチリ!】






 実は毎週水曜日は恒例のビンゴ大会があることで、オヂイチャン、オバァチャン、オヂサン、オバサンが集まってくるわけで。

 中には食事を頼まないで参加する人もいるようだ(笑)。

 僕はこのイベントに出くわさないように、水曜日には温泉に行かないようにしているのだが、たまたま水曜日に当たってしまうこともある。

 ビンゴ大会が嫌いなのではなく、お食事処に行っても食事ができないほどテーブルが空いていないこともあるからだ。



 もちろん最初はビンゴ大会に参加するつもりはなかった。

 時間が近づくにつれ、Cさんと、

「やってみようかぁ。」

ってことになり・・・、

 ビンゴカードを2枚購入した。

 ビンゴカードは1枚300円。

 商品も結構豪華なのだ。



 6月に参加したいとこ会でも散々だった。

 どうも運がない。

 過去にビンゴでいい思いをした記憶もない。

 どうせ、当たらないし・・・、っていう気持ちの方が上回っているから興味を持たないようにしていたのだが。



 商品は炊飯器などの電化製品もあるし、生活用品なども並んでいる。

 商品に順位はない。

 先にビンゴになった人から好きな商品が貰えるわけだ。

 そこが嬉しい。

 だって、トイレットペーパーとかが当たっても持ち帰れないし・・・ね。



 さて、ビンゴ大会開催。

 数字が発表されるたびに館内にどよめきが・・・(笑)。

 僕は・・・、というと。






110713-02yoshikawa

【リーチが7カ所】






 数字が10個ほど読まれ、すでにビンゴになった人もいるというのに・・・、僕はまだ数字が並ばない。

 そして!!!

 先にビンゴになったのが、Cさん

 ううううう。

 負けたっ

 Cさんのいただいた商品は・・・。






110713-03yoshikawa

【特別ご招待券】






 おおおおお、

 この無料券目当てに参加する人は多い。

 ここの温泉の入湯料は一般で850円、会員で750円。

 それが無料なのだから、ちょっと嬉しい。

 しかもこの時点でビンゴになった人が4人で、残っていたご招待券は3枚しかない。

 僕がCさんの代わりに3枚のご招待券をゲットするためにじゃんけん大会に行くことにしたのに・・・。

 ナント、最下位(涙)。



 しかぁ~し、さらにご招待券を追加することになり!!!

 じゃんけんで負けたものの、ゲットすることができたのだぁぁぁあああ(ほっ)。

 さてさて、

 僕は・・・、というと相変わらず下位争いに加わっていて、ようやくビンゴ!

 残された商品は少なくなっている。

 で、受け取った商品は・・・、






110713-04yoshikawa

【これです、とほほほ】






 まぁ、こんなもんだね。

 でも、ちょっと考えたら・・・、このチケットって525円で入湯できるんだけど。

 ビンゴカードは300円かかってるんだよね~。

 僕の場合、この温泉の会員になってるから本来の入湯料は750円。

 これって赤字ってことだ、よ、ね。



 まぁ、深いことは考えず、今月中にもう一度温泉に足を運ぶことにしようっと(笑)。






110713-05yoshikawa

【〆はやっぱり】






 飲んで、楽しんで、〆はやっぱりラーメン

 このラーメンが本当においしいのだ。

 僕の一押しなんだけどね。

 何度食べても飽きがこない。






110713-06yoshikawa

【いただきま~す】






 暑い夏熱い温泉に入り、汗を流した後に熱いラーメンを食べる!

 これぞ、僕の健康法(って言えるかどうかは不明)。

 満腹度150%だったおかげで、体重が増えているようで。

 この夏も夏バテなんかしないかもしれない。



 この日一日、楽しめた休日である。

 また無料券や割引券を持って(笑)行く計画を立てなきゃ。







shibacchi0821 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「温泉」編 | 「食物」編