2004年12月

2004年12月31日

2004最後の日・・・

 いよいよ今日で2004年も終わりだ

 12月に入ってから幾度となく、自分の今年一年を振り返ってみた。

 ボクにとっては本当にいい年とはいえない一年だったし、人に裏切られもしたし、日本でも世界でも多くの災害のあった年でもあった。

 日本では台風・地震(関東では猛暑)という自然災害は勿論、安易な殺人事件も多く、住みづらい国になったと何度も首をかしげた。

 実際に自分が生活をしていくことでも、暗い道を一人で歩いていて、足音が響くだけでも恐怖心が沸いてくる。
 家にいて「ピンポーン」と鳴っても、安易に扉を開けなくなった。
 夜に限らず、コンビニに行ったって、廻りのお客に目を配ってしまう。

 緊張して生きていかなければならないのかと思うと気が重い

 どうしてこんな国になったのだろう

 いつもいつもそう考えていた。

 世界の各地でも戦争や大きな殺人事件があった。

 ロシアの小学校での人質、そして大量の子供たちを一度に殺人を犯した事件。本当に映画の世界ではないんだって驚きを隠せなかった。

 とどめを刺すように、インドネシアで起きた大地震、そして津波の犠牲者・・・。

 すぐそばで起きているわけではないから実感もわかないが、その瞬間にその場所にいた人の気持ちを考えたら、身震いさえしてしまう。

 最初に飛び込んできたニュースは「死者が数百人」、そのうち「数千人」にかわり、「2万人」とどんどん増えていき、「死者は4~5万人に達するでしょう」の言葉だった。

 それを見ては溜息がとまらず、ニュースやワイドショーで見る映像の津波の様子はすごい破壊力のあるものだった。

 ついにその数字も「12万人」となり、情報の適当さも浮かび上がった気がした。

 2004年を漢字一文字で表すと、という字で発表されていたが、ボクはという字でまとめたいと思う。

 「驚愕」っていう意味での「驚」である。ちなみにこの文字は今年のBEST20にも入ってはいないが・・・。

 自分と日本・世界を含めて見たときに、口をあんぐりと開けてしまった「驚き」の一年であったと思う。

 ちなみに2位は、3位は、4位は、5位はであった。

 最後に今年一年お世話になった方々、多くのご迷惑もあったかと思いますが、本当にありがとうございました。

ad164dff.jpg

【2004年最後の日】


 午前中は寒くはあったが、まだ雪が降っておらず、気がついたらあたり一面真っ白になっていた。

 この写真を見ていたら、まるで雪国である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今旬の冒険日記』

(悔いが残る・・・の巻)


 何故2004年最後の冒険をこんな形で終わらせなければならなかったのか、とにかく悔いが残る。楽しかったリネ世界の一年にふさわしくない(?)ものになった。これぞでしか言いあらわせられないものだ。

50fc9817.jpg

 それでも所詮ゲームの世界はゲームなのか・・・。そう割り切ってやっていくべきかどうか、悩みに悩んでいる。


 薄っぺらになっていく人間社会となんら変わりのないものだ。


 この世界もか・・・


 それでもボクの冒険は続く。

 傲慢の塔67階での狩りは、ボクにとってはすごいものでもあった。出てくる敵も半端じゃないほど痛い。

 ゲットできるアイテムもすごかった

 こんな狩りをしていたら、そのうち傲慢にしか行かなくなってしまうかもしれない。

 ときどきでいい。ちょっとスリルを味わいたいときだけでいい。

 最後の最後、ボクはプリを囲んでENJOYすることを望んだのだが、それだけが心残りだ









at 17:27|PermalinkComments(0)「生活」編 

2004年12月30日

HP作成への道

 昨日の雪とは、うって変わって、今日は青空の広がった一日だった。

 カーテンを開けて日差しが入り、部屋がそれだけで暖かくなるとそれだけで一日が楽しくなる。

 今日から5日間ぐったりと休んでいるだろうが、ぼちぼちとHP作成なんかもチャレンジしている。

 それにしても、ボクの性格上、一度それにハマると、どうしてもそのことばっかりが頭に入ってくるわけで、しばらくの間はHP作りに精を出すことになりそうだ。

 今日は表紙になる部分を作成していたのだが、

 どの写真を使おうか・・・

 タイトルはどうしようか・・・

 どんなテーマでいこうか・・・

 そんなことを悩んでいるうちにしっかりと決まらずに終わってしまった。

 最初のうちは適当でいいのに(と思いながらも)、作ったものに納得ができず、何度もやり直しをして、結局は決定しなかった、というのが実情だ

 少しいろんな人のHPでも眺めてみることにするか・・・。

 ホームページ作成の道は厳しいなぁ・・・(ぼそ)(*TдT*)うぅぅぅぅ

623ceffb.jpg

【ファミレスと12月の空】


 たま~にファミリーレストランに入ることがある。ボクの住んでいる街はなんにもPRのできる街ではないから、なかなかおもしろい写真がないので、ついこんなアングルで撮ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今旬の冒険日記』

(DVC6階ハラハラツアーの巻)


 今日はDVC6階でサキュ狩りをすることになったので、久しぶりに「おっさん王」率いるクラハンに参加した。

 単騎の時は2階か3階で、少人数のパーティでは5階あたりでいつも狩りをしていて、滅多に6階に行くことはない。

9430047a.jpg


 ムリアン好きなボクにとっては、ムリアンの出ない6階はあんまり好きではない。それでもサキュから出るレア品は捨てがたい。


 しかし、今日もレア品はなかった。そう簡単に出たら「レア品」とは呼ばないが・・・(笑)。



 残念ながら「Barn Ares」(ボクにとっては初めて一緒に狩りをするメンバー)が、ENDしてしまい、残念だった。










at 23:35|PermalinkComments(0)「趣味」編 

2004年12月29日

雪だよ、雪・・・

 ひゃ~、ドアを開けてみたら、雪だよ・・・雪・・・雪 (←雪だるま、小さすぎっす。)

 出かけるときはそれほどでもなかったのに、日中になるに連れて気温は下がるわ、降る量は増えるわ、久しぶりに雪国感覚を味わった。

 いやいや~さぶかったね~

 北海道の西、小樽の街で過ごしてきたボクにとっては、これぐらいの雪はほんの序の口だけど、それも今となっては遠い昔の話

 その時代は11月に雪が降り始め、確実に4月上旬まで雪は残っている。毎日が雪との戦いだった。

 朝起きると庭から道路にかけての雪かきをしなければならない。夜も寝る前には雪かきをしておく。

 そうしなければ、また翌朝、大変な目にあうからだ。

 学校に行くのに膝の高さ以上に積もった雪の中を(小学生の頃ね)かき分けて進む。学校に着いたときには長靴の中にはぎっしりと雪が詰まっているわけ。何度涙がでてきたことか・・・。

 雪国の子供たちはそうやって冬を乗り越えてきていたはず。ドラマ「北の国」の世界と一緒だね~、きっと。

 だけど、関東に住み始めてからのボクはどんどんひ弱になっていく

 ちょっと雪が積もるだけで、寒さで身体をブルブルと震わせているわけだ。なさけないなぁ、まったく!

 雪が降るたびにそう思う。

e7b9efb9.jpg

【降り続く雪】

 暖冬と騒がれていても、やはり雪は降るわけだ。

 昼休みに撮った写真だが、あまりの寒さにフラッシュを使おうとすると、一瞬カメラのバッテリーが落ちてしまうのだ

 (*TдT*)うぅぅぅぅ、おもしろい写真が撮れずに終わってしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 






at 01:57|PermalinkComments(0)「冬」編 

2004年12月28日

HPビルダー購入

 とうとう買ってしまったぁぁぁ。

 ホームページビルダーを・・・。一年以上前からホームページを作りたいって思っていて、でもやっぱりそんな技術もなく、なんとかかんとかこうやってブログを作るまではできたわけ。

 ましてやPCに詳しい友人だって、けっこう大変だって言っていた。

 そういうこともあって、頭の中ではいつもホームページを作成したいって思いながらも今まで何もできずにいた。

 まぁ、今回買った最大の理由は、年末年始に何も予定を入れずに、まったりした時間を過ごすことになったことから、時間がいっぱいあるときに少し勉強してみようかなぁなんて思ってね~。

 でもでも、やっぱり説明書を読んでもまだまだわからないことばかりだ~

 まあ、とりあえずプロバイダーに手続きを取って、あとはその返事待ち・・・の状態まではこぎ着けた。

 あせらずコツコツ頑張ってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

3729514d.jpg

【12月の乾いた空】


 空を写すのが好きだ。

 青い空が好きだ。

 白い雲がぽっかり浮かんでいるのも好きだ。

 暇さえあればカメラをポケットから出して、写している。そのうち、この写真もHPに掲載しようかなぁなんて・・・ね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今旬の冒険日記』

(ラスタバドへの冒険の巻)

 DEの「旬くん」もLV48になり、何度もEND、そのたびにLVダウンとなかなか安全圏にいくことができず、めっちゃ落ち込んでいたのだが、なんとかかんとか脱出成功。

dafeff94.jpg


 「アスレイム」「りゅま」「我威唖」「星鈴」「クルゼイロ」「かず吉」とボクの7人で、地下侵攻路へと足を運ぶ。地下一階はまだしも、二階にはにっくきウィザードが魔法で襲ってくるので恐ろしい。


 MR値の少ないボクにとってはそのたびに大打撃を受け、仲間からのヒールで助けてもらう。感謝感謝・・・


 ところが地下三階で、あの「クルゼイロ」が、な、な、なんとEND。これには凹んでしまった。いくら「リアルよっぱ」でも、つらい一瞬だったに違いない。

 何度も経験している僕にとっても死を目前にしているだけでつらくなる。

 それでもボクの冒険の旅は続く~♪










at 00:45|PermalinkComments(0)「趣味」編 

2004年12月27日

キャンディにハマり中

 最近、職場でも家でも菓子をつまんでいることが多くなってきた。

 今まで、自分で買うことはおろか、滅多に菓子を食べることはなかった。

 職場では妙にキャンディが流行っている。

 オレンジ・ストベリー・ピーチ・グレープ・アップルなどのフルーツまぜまぜキャンディだったり、ミルク味やきなこ味まで置いてある。

 家ではスカイプ(音声チャット)をしているときに、ヘッドホンから“ポリポリ”聞こえているうちに、ついつい近所のコンビニで買いだめしている自分がいた

 でもでも、やっぱり一袋を間食することはできない。

 もっと小さい袋で売っているといいのに・・・。

 いいかげんに間食はやめないとくせになるぞ、って言い聞かせながらついつい袋に手が行く。

 やばいな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 昨日、インドネシアのスマトラの沖合でものすごい地震が起きて、今知っている情報で2万人もの人がその地震で亡くなったということだ。

 マグニチュード9.0・・・ってどんな地震なのか・・・想像もつかない。

 もちろんその中には日本人も混じっているようだが、まだ詳しい情報が入っていない。

 パース(オーストラリア)で1年間ワーホリをしていた知人Mちゃんが、ワーホリ終了と同時にタイを旅行して帰ってきたのはつい最近のこと。

 地震のあった昨日じゃなくて本当によかったと思う。

 きっと今頃、彼女もビックリしていることだろう。

 今年は日本でもものすごい地震の多い年だった。中部(新潟)でも九州でも北海道でも大きな地震があったが、インドネシアの地震の規模は比べものにならない。

 そんな地震がここ関東で起きたらどうなるのだろう。

 考えるだけで恐ろしくなってきてしまった

8f6eb23a.jpg

【ひこうき雲】







at 23:44|PermalinkComments(1)「食物」編 

2004年12月26日

癒し

 関東の冬らしい日曜日。

 寒いけど風も強くなく、まぁ、過ごしやすい一日である。

 夕べは突然、の誘いがあり、飲みに出かけた。酒は嫌いな方ではない。

 若い頃はへべれけになってしまうまで飲んだことも多かったが、最近は許容範囲を超えるまでは飲まない。ついつい翌日のことまで考えてしまう。

 二日酔い対策ってことかな。 

 今日は平凡な一日だったから、これといって書くこともない。う~ん・・・何を書こう。

 好きな音楽のことでも書いてみようか。

 音楽を聴くことは大好きだ。好きなジャンルはこれといって絞ってはいないが、ニューミュージック系は好きである。うるさいものよりは静かなものを好む。

 まぁ、バラード系ってことかな。

 ミュージシャンでいえば、「スピッツ」「ゆずはなんとなく、昔懐かしい匂いがするので好んでよく聞く。それから、「サザンオールスターズスターダストレビューなどはライブなどにも出かける。

 いやいやホントはもっともっといっぱいいるが・・・敢えて言うならこういったミュージシャンだろう。

 ここ数年は落ち着きたいときにはヒーリングミュージックもよく聴く。

 苛立っているとき、ストレスが溜まっているときなどは自然にそんな音楽を聴いている。あんまり意識しないで、部屋や車の中で流しておくぐらいだ。

 最も好きなのはトニー・オコナーというミュージシャンだ。

 オーストラリアに行ったときのこと。

 帰りの空港で余ったお金(A$)を使ってしまおうと思い、空港のショップに入ったらCDが並んでいたので、もっともオーストラリアを感じるCDを買うことにした。

 その中から一枚を選び、持ち帰ったのだが、それ以来行く度に必ず1枚ずつ買って帰るようにしている。 

 パソコンで日記を書いているときや、メールを送るとき、もちろんいろんなHPを眺めているときもこの人の曲を流しておくことが多い。

 眠くなるかもしれないが、とにかくいい。

 大陸を感じる

 大空を感じる

 森を、砂漠を、海を、宇宙さえ感じることもある

 まぁ、そんな癒しを味わいたい人は → ここ をクリックして、視聴してみて下さいな。

 CDジャケットの下に「視聴する」ってあるので、そこをクリックすると、一部の曲は聴くことができる。 
 

4fff7b1b.jpg

【樹木と12月の空】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今旬の冒険日記』

(天国と地獄の巻)


 昨日は4人パーティで、オーガを倒して「オーガの血」をゲットした。

85c3af9e.jpg

 夜はハイネでOEに挑戦だ。


 本当はDE用の防具にチャレンジしたかったが、ZELの枚数も足りず、前々からチャレンジしようと思っていた+6Bダマスカスソードで行うことにした。


 このBダマは、むか~し「あけひめ」から貰ったものである。


 ボクへのクリスマスプレゼントと意を決してツリーの前でチャレンジが始まったのである。

d99ee7a7.jpg


 そして、見事OEに成功したのである。これがそのときのSSである。


 ところが・・・


 もちろん今日は日曜日・・・その勢いで朝から冒険は始まる。午前中は、「我威唖」「アスレイム」と3人でDVCへ。



 午後は傲慢の塔41階を目指すことにした。いや、あんまり乗り気ではなかったが、まぁ後ろでチョコチョコやってようかとついていったのであるが、本日3度目の切断。

 その上、END・・・仕方ない・・・でも、ボクを助けようと「我威唖」も「アスレイム」もENDしてしまったのだ。

 あぁ、僕が行かなきゃ、もちろん切断死はなかったし、それを助けようとした2人も死ななくてすんだのだ。

 安全圏に達していない「今が旬」は当然レベルダウン(LV49の2%→LV48の90%)となる。LV49に達したときに安全圏になるまでは無理をしないように温存してきたはずなのに、こんな死に方では、なんだか落ち込む一方である。

 もっと意志を固く持って、しっかりとやっていくべきである。

 


at 13:06|PermalinkComments(1)「趣味」編 

2004年12月25日

聖夜


MERRY X’MAS FOR YOU


 「聖夜」って、何日の夜?

 クリスマスイブの夜?クリスマスの夜?

 最近は12月24日がメインっていう気持ちになることも多い。いったい本物は・・・どっちだ

2501700c.jpg

【メリ~クリスマス】


 ずいぶんとクリスマスにちなんだ写真を載せてきた。ボクが最も好きな写真はこれ(ドラえもんのサンタクロース)かなぁ。

 実はこれ、テレビ朝日のビルのウィンドー越しにディスプレイされていたもの・・・。ちょっと可愛いかなぁなんて思って写してみた。

 なかなか関東あたりではホワイトクリスマスというわけにはいかない。できることなら、雪の中のクリスマスを少しでもいいから味わってみたいね。

cdfbeb2b.jpg

【南半球のクリスマス・・・再び】

 オーストラリアを含め、欧米の国での一大イベントは、年越しよりもクリスマス!

 昨日、オーストラリアのパースに住む友人からまたまた写真が送られてきた。ここはノースブリッジ(northbridge)という地域で、昼よりも夜のほうが人が集まる街。

 中央には大きなツリーがぶら下がっているのが見えるかな。

 こうやって眺めているとサマークリスマスもちょっと味わってみたい気分だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今旬の冒険日記』

(オーガの血の巻)


 リネージュ仲間のみなさんMERRY X’MAS
 素敵なクリスマスを迎えてますか?

 下のSS、ちょっと加工して作ってみました。「今旬」から「リネ仲間」に心を込めて・・・。

ebbebf34.jpg

 ボク・・・?


 ボクのことは聞かないでください。いつもと変わらない朝ですからぁぁぁ・・・残念


 朝、目が覚めたのは、リネ仲間の「アスレイム」からのメールの着信音
「うわぉ、は、は、早すぎだぞぉぉぉ。」

 で、リネージュにINしたら、「おっちゃん(我がクランのプリ、おっさん王)」から、
「DVカムカム!!」
の言葉・・・。

b042df13.jpg

 で、オーガを叩いていると、
「お、オーガの血・・・??」
「い、いや、どうせネタ便箋・・・だろ。」
って心の中で思いながらももう一度、チャットウィンドーを読み直してみる。


 みんなもすぐには喜ばず、一瞬空白の時間・・・。
「う、確かに~~。」


 大声で、
やったぁぁぁ。」
 みんなで歓喜の声で始まったリネージュだった。うひょ~、ラッキーキラキラ

 今日は傲慢メインだったからアデナ稼ぎはほとんどできなかったが、初めての“M”単位のアイテムで、きっとこれももしかしたら、サンタの存在を信じているボクに(おぃ・・・クラッカークリスマスプレゼントプレゼントだったのかもしれない。

 長い間にはいいこともあるんだね。ラブ






at 18:17|PermalinkComments(0)「冬」編 

2004年12月24日

素敵なEVEを・・・

RRY X’M


 今日はクリスマスイブ

 TVなんかでも街のクリスマス風景の映像が流れていることが多かったし、ラジオや有線なんかもクリスマスソングで溢れていた。

 クリスマスを特別な日と思っている人も、そうでない人も・・・ロンリーカップルファミリーもそれなりにメリークリスマスって言えるといいのかもね。

 どうしても日本ではクリスマス商戦っていうイメージがあるけれど、そういうところに目をやらずに、素直にクリスマスの良さを味わえればそれが一番じゃないかな。

 誰でも子供の頃にはサンタクロースっているって思っていたし、そうであってほしいと思った頃ってあるでしょ。

 ボクは小さい頃は北海道に住んでいたから、雪国という環境もあってか、やっぱりサンタクロースって空を飛んでくるって思っていた。

 クリスマスの夜、雪明かりの中でずっと空を見上げていたことは今でも忘れない。

 シンシンと粉雪が降る寒い夜、積もる雪はキラキラと輝いていて、どこか遠くで“シャンシャン”と鈴の音が聞こえるような・・・夜、布団にもぐってもなかなか寝付かれなかったこともあったな。

 いつの頃からだっただろうか・・・。
「サンタクロースなんているわけないだろ。」
って思うようになったのは・・・。

 年老いても、たとえいないということが事実でも、心の中で夢を見てみるのもいいんじゃないかな

a8cb42df.jpg

【素敵な聖夜を・・・】

 今夜ぐらい、幼かった頃の純粋な思いをゆっくり振り返ってみてくださいね。 木 






at 03:16|PermalinkComments(0)「冬」編 

2004年12月23日

ちょっとお先に・・・

 今日は祝日・・・天皇陛下の誕生日(#⌒▽⌒)V

 でも、思いっきり仕事だし・・・。昨日以上に寒い一日だったな。
 だんだん、朝起きるのが億劫になってくる。

 そそ、今朝起きてTVをつけたら、この間行ってきた六本木ヒルズの映像が流れていた。

 街の街路樹が青のイルミネーションで飾られていて、これはこの間の日記にも写真を載せたんだけど、クリスマスムードたっぷりの映像だった。

 そのTV番組で言ってたんだけど、このイルミネーションは樹木にも優しく、なおかつ省エネになっていて、最近はけっこうこれを利用するのが多いらしい。

 写真や映像で見るよりも実際に見た方が美しい~。

 東京タワーも今日からクリスマスバージョンらしいが、ボクはそれを生で見るチャンスはなさそうだ。

 夜は一足お先にクリスマスパーティ

 まぁ、今日は23日だけど、そこはご愛敬(?ー+?)。

f59df3e3.jpg

【クリスマスにはやっぱりケーキ】


 電気を消して、キャンドルつけて、ちょっと奮発して・・・キャプテンサンタだったりするところがいいでしょプレゼント

 ・・・で、シャンパンで乾杯。その後はワイン、ついでにビール・・・。
 ちと飲み過ぎぃぃぃぃグラス

60dabeb1.jpg

【やっぱり大人のクリスマスはお酒から・・・】


 実は毎年12月23日は新横浜にある横浜アリーナで行われるスターダストレビューのクリスマスコンサートに出かけるのが恒例になっているのだが、今年はそのコンサートもないので、親しい友人とホームパーティをすることにした。

 スターダストレビューっていうグループを知っている人は案外マニアックかもしれないが、とにかく素晴らしいんだよなぁぁぁ。

 歌唱力抜群だし、トークは楽しいし、ね

 まぁ、大ヒット曲はないけれど(って言ったら失礼かも・・・)、聞いたことあるっていう人は多いはず。もう、ダマされたと思ってCDでもレンタルして聞いてみてほしい。 

 そんな楽しいコンサートも今年は見れなかったので、ささやかながらパーティで乾杯をすることにした。

 外は冷たい北風だったけど、ほんのささやかな幸せな時間だったかも・・・。

 




at 00:36|PermalinkComments(0)「生活」編 

2004年12月22日

ワーホリの勧め

 寒いね~。明日はもっと寒くなるらしい。

 夕べもあんまり眠れず、睡眠時間が4時間ぐらい。

 眠いんだけど、眠れんのよ。まいったねぇぇぇ・・・

 
 そそ、知人の子供の話・・・。子供っていっても、もう充分に大人(笑)。
 24歳の男性だけどね、知人(その親だけど)からの相談で、
「息子が海外に行きたいという思いもあるんだけど、どういう風にしていいかわからないんで、何かヒントになることとかを教えて~。」
ということが数日前にあった。

 ボク自身は多くの国を廻っているわけではないから、「ワーホリ制度を利用して、1年間その国で生活することができるっていうシステムの説明をしてあげたら、そのことを息子さんに話をしてみたんだって。

 ワーホリのできる国は限られているし、オーストラリアのパース近郊なら、地理的条件や気候、生活などもある程度わかるし、オージーや日本人の友人も生活しているので、バックアップできるし・・・

 仕事(といっても3ヶ月以内の)も友人を介して見つけてあげられるだろうっていう話をしたら、今その息子はオーストラリアへの1年間のワーホリ生活を夢見て日夜働いているっていうことだ。

 さて、ボクは・・・というと、もうすでにワーホリのできる年齢は超えているし、経験もない。どのような手続きをすればいいのか、一から一緒になって勉強していくしかない

 乗りかかった船だし、ゆくゆくは自分のホームページにも載せて行きたいと思っているから、ついでと言っちゃなんだが、そういった制度なんかも勉強したほうが得かなぁ、なんて思っている。

 ちょっと参考までにここをクリックplz → (#⌒▽⌒)V

f3ba06ed.jpg

【見てのとおりですからぁぁぁぁ♪・・・残念il||li _|~|○ il||li】

 まぁ、たまにはこんな写真もいいかなぁ、なんてね。空でも景色でもないけどね。
 波田陽区がここまでブレイクするなんて思ってなかったけれど、ね~。すごい、すごい

 






at 18:52|PermalinkComments(0)「冬」編