2005年10月

2005年10月31日

ハロウィン

 今日はハロウィン

 こんな行事、日本ではいつから・・・?

 最近だよね。

 昔はハロウィンなんて、なかったもの・・・。

 しかも、案外何もわからず、“ハロウィン”って騒いでない?

 まぁ、バレンタインでもクリスマスでも・・・そしてハロウィンまでも・・・。

 少なくても数年前までは僕もそのうちの一人だったかな。

 ハロウィンって、キリスト教の諸聖人の日の前日の夜(10月31日)に行われる伝統行事でケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものなんだって。

 10月31日はケルト人にとっては一年の終わりの日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊魔女が出てくると信じられていたわけだ。

 これらから身を守る為に仮面を被り魔除けの焚き火を焚くわけ。

 31日の夜はカボチャをくりぬいた中にロウソクを立ててジャック・オー・ランタン(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が、
「Trick or treat.( お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」
と言いながら家を訪問するわけだ。

 家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。

 これって、日本でいう、お盆と同じようなものかな。

4300e3fa.jpg

【10月も終わり・・・秋の空】


 数年前にグアムに行ったときのこと。

 ハロウィンなんて考えてもいなくて、5日間休みが取れたので数人の仲間と、グアムに行くべ~飛行機ってことになり、のんびり海やプールで眠りこけるための旅行に出かけた。

 で、ショッピングセンターで買い物をしようと出かけてみると、たまたまハロウィンのデコレーションで店内が溢れていて盛り上がっていたのね。

 まだ、夕方なのに数件の店はシャッターを閉め始めていたので、なんとなく嫌な予感が・・・。

 ショップの人に尋ねてみると、
「今日は6時で閉店よ。」

「Oh!」

「ハロウィンなので、子供たちが大勢やってくるのよ。」

 あと、1時間・・・もない。

 あわてて買い物をすませると、ショップのシャッターがどんどん閉まっていく。

 中央の広場に行くと、所狭しと魔女ゴーストに変身した子供たちが大勢いる。

 これがまたかわいい

 幼稚園の子供がゾンビミイラになったり、中にはスパイダーマンなんかもいたっけ。

 女の子は妖精魔女が多いね。

 で、閉店した店の前に行っては、籠の中にキャンディなどを入れてもらっているのを見て、本場モンのハロウィンを楽しませてもらったことがある。

 日本じゃ、ハロウィンも商売戦略の一つだったりして、いやらしいよね~

 さ~て、明日から新しい一年の始まりだ。

 って、僕はケルト人か・・・はてな困った汗



at 23:59|PermalinkComments(0)「秋」編 

2005年10月30日

ブルーな一日

 なんとなく、ね。

 今日は朝からむかつくことが多くてね、職場でもほとんどしゃべらない状態だったんだけど、周りの人間が気を使っているのか・・・。

 自分でもほとんどそんな気持ちになることはないのにね。

 K君、
「しばっちさん、何かあったんですか?いつもと違うし・・・・。」
って、声をかけてきた。

「別に何にもないよ。」
って、普通に答えたが、やっぱ顔に出ているのかな

 いや、本当に何にもない。なさすぎる。

 なさすぎるので、仕事がつまらん。もっとみんな意欲持ってくれよ~、若いんだから

 当たらず、触らず・・・なんて、仕事としてはつまらん。

 ってなわけで、僕までブルーになっちまった。

 あ~、明日からはこんな思いを吹き飛ばせるよう、頑張ることにするわ。

3b6384d3.jpg

【青空と木の実】

 この写真、案外気に入ってたと思ったんだけど、なんだかピントがどこに合っているのか、よくわからない。

 今日の僕と一緒だね。

 やってることと、考えていること・・・ピントが合ってないんだよな。



at 23:59|PermalinkComments(0)「生活」編 

2005年10月29日

条件反射

 晴れの日が長続きしない。

 今日も午前中だけ晴れ間があったが、午後からは急に暗くなり、街はどんよりとしている。

 週末だというのに・・・。

 まあ、女心と秋の空・・・というわけだね。

 で、今日はあんまり書くことがないし、そんなときは写真で・・・。

a4a65973.jpg

【柿食えば~♪】

 これは数日前の出勤途中に写したもの。

 秋の果物・・・だよね。

 ・・・好きなんだよなぁ

 この道を通るたびによだれが出てくる。

 ちょっとジャンプすればもぎ取れる位置にあるからなおさらよだれが出てくる。

 じゅる~っ汗



at 23:30|PermalinkComments(0)「食物」編 

2005年10月28日

トンボのしっぽ

 やられたよ~困った

 仕事の帰り、小田急線に乗っていたら、車内放送が音量

“さきほど、原宿駅で人身事故が発生したため、山手線が止まっています。”

「なんだと~ぉぉ。や、や、山手線・・・か・・・。」

「自分の路線には関係ないから大丈夫かなぁ。」

「それに伴って、埼京線も止まっています。」

「ほへ・・・。」

 帰れないかも・・・。

 こうなったら地下鉄のハシゴ・・・で帰るしかないか。

 などと考えながら新宿に着くと、構内放送で、
“先ほど山手線、埼京線が復旧し、運転を再開しました。”

 あ~、よかったよ~ん笑顔ダッシュ

 どんな事故だったかわからないけれど、やっぱり電車の人身事故=死みたいに思っちゃうし、できればそういう事故はないほうがいいから・・・さ。

1458812f.jpg

【に~らめっこしましょ、あ~っぷっぷ落ち込み

 このトンボ・・・、この間のトンボと同じもの。

 カメラを向けている間も、ジッとしていたんでこんな写真も撮れた。

 正面から写すと、しっぽが見えないので何だか変だよね~。

 そういえば小さい頃はトンボを掴まえては、しっぽに糸をつけて遊ばなかった?

 まるで犬の散歩にように、糸を引っ張ってトンボを飛ばせておくのね。

 そのうちエスカレートして、糸を振り回しているうちに・・・。

 困った

 しっぽが注意

 きれたぁぁぁぁはさみ

 って、今の子供たちはそんなことしてるっけ?

 いやぁ、しないから・・・だめなんだよ。



at 23:59|PermalinkComments(0)「自然」編 

2005年10月27日

あと30cm長かったら

 日ごとに寒くなってくると、お風呂に入る時間も長くなってくる。

 まぁ、風呂嫌いな僕は夏場シャワーを浴びることが多い。しかも朝シャンだ。それが、ここ最近はやっぱり風呂・・・が気持ちいい。

 湯船があと30cm長かったら足も伸ばせてさらにいいのに・・・。

 いやいや、風呂嫌いっていってもね、単純に狭い風呂が嫌いなんだよな、きっと。

 温泉や銭湯に行くと、逆上せるほど長く入っているもの。

 よく、“あなたはどこから洗いますか?”っていう質問があるよね。

 昨日も、無意識のうちに身体を洗い終わった後に、どこから洗ったかを振り返ってみた。

 1番は髪の毛ね。次がだった。その後は上半身、下半身の順番だったな。最後は足のつま先・・・。つまり、上から下へと流れに逆らわずに洗うことが判明した。

 いや、自分としては髪の毛の次にだと思っていたのだが、どうもそうではなかった。何年もつき合ってきた身体なのに、よく知らなかったんだから、なんだか笑えるね。

 小さい頃は近所に銭湯があって、よく遊び感覚で銭湯に行っていたし、学生時代も銭湯だったが、やはり時代がどんどん変わるに連れ、銭湯も廃業するところが多くなった。

 今住んでいるところのそばには銭湯がないので、最近はそういうところに行かなくなってしまったが、銭湯の空間っていいよね。

 だから風呂嫌いだっていうわけではなく、家の風呂は、その狭い空間が嫌いなんだよ。

 いつも、入浴グッズでごまかしているのだが、それも束の間。

 洗い場も広けりゃ気持ちよく洗えるのだが、狭いと一刻も早く洗って、出てしまいたくなる。これって閉所恐怖症はてな

 ってわけではないと思うのだが・・・。

 それでも冬場は身体が温まるまで、のんびりと入っているんだけどね。

61c01bae.jpg

【秋の花、そして青空】

 今朝も、昨日からの雨が残っていたが、午後になり、晴れ間も出てくるようになった。

 明日は全国的に晴れになりそうだ。

 少し早めに(遅番だが)家を出ようかと思っている。



at 18:09|PermalinkComments(0)「生活」編 

2005年10月26日

ALWAYS

 雨・・・。

 しかも今日は休み・・・(ちなみに明日も・・・)。

 その上、相変わらず寝てばっかり・・・。

 雨だから、なおのこと外に出る気持ちにはなれないし、ね。

 身体が睡眠を欲しがっているのは充分わかっている。だけど、こんなに欲しがらなくてもいいんじゃないかぁ。

 通しの仕事を2日間やると、せいぜい4~5時間の睡眠しか取れない。

 昨日は3時間半しか取っていないから、そのツケが今日に回っているのもよくわかっているんだけどね~。

 最近、ちょっと気になる映画の話・・・。

 まぁ、昔はよく映画を観たけれど、最近は全くといっていいほど観ていない。DVDさえも観ていない。

 以前のBLOGでも書いたことがあるが、未だに僕の中ではONCE UPON A TIME IN AMERICAが一番印象に残っている映画である。

 映画館に足を運ぶのは洋画のみ・・・。邦画で行ったことがあるのは、高倉健の出る映画ぐらいだったと思う。

 若い頃は西部劇系戦争系を好んでよく観た。その後はSF系(パロディ物も含む)が中心だった。

 最近は何でもいいから観たいとは思うのだが、今の僕がもし映画館に行っても席に座るなり、寝てしまうだろうZZZ

 それでもちょっと気になるのが邦画のALWAYS 三丁目の夕日だ。

 ※予告編とメッセージボードは読んでるだけで、瞼の裏が熱くなります。

 西岸良平氏の長編ほのぼの漫画(コンビニでよく売ってるよね)を読んでは癒されている僕にとって、気になる映画である。

9e953e52.jpg

【三丁目の夕日】


 この本、何度も読み返しているのだが、廊下のクローゼットに何冊置いてあるのだろう。

 数えたことがないので、まぁ50冊か、60冊か・・・。

 しかもどのテーマを買ったかを忘れていて、2冊(写真に写っているのだけでも「五月晴れ」「さくら」がダブっている)買ってしまっている物もあるほど・・・。

 決して金銭的には豊かとはいえない時代だが、心は今よりも豊かだと思うわけよ。

 今みたいに時間に追い回されることがなく、夢だけはいっぱいあって・・・。こんな時代はもうこないのかなって思ったりもする。

 せめて、映画の世界の中だけでもいいから、ゆっくりとした時間を味わってみたいと・・・、

 思わないはてなはてなはてな

 
祝日野球祝日P.S. あの~、千葉ロッテマリーンズさまぁ、日本シリーズ優勝おめれとん祝日野球祝日




at 18:37|PermalinkComments(0)「趣味」編 

2005年10月25日

イカ刺し

 さすがに今日は泥のように寝ていたようで、起きたのは8時・・・。

 いいね~、遅く起きた朝は(っていう番組、あったね)。

 今日は1時半出勤(ずいぶんと中途半端だな)だから、のんびりして10時に家を出る。

 今日も秋晴れで、爽やか・・・。ほんの少しだけ、駅に向かう道を変えて、青空をカメラに納めながら歩いた。

 ほんの少しなのに、景色が違って見える・・・。

 こういうことって必要だよね。

a057ed17.jpg

【こうやって止まるのは難しいんだぞ】


 それから、久しぶりに喫茶店Cに寄った。

 これも最近は通しで仕事をやっていたので、喫茶店Cが営業していない時間に横目で通り過ぎていたし、そうでない場合は自分が休みだったりで、なかなか寄ることがなかった。

 店内に入ったとたん、マスターがイカを手に持って
「よっ、しばっち・・・今日はいいイカが手に入ったんだよ。」

 って、ここはいつからイカを出すようになったんだぁぁぁ?

「(そのイカ)ナ~ニ、すんのぉぉぉ?」

「これ?急にイカ刺し食いたくなって・・・。」

「おいおい。」

 マスターは料理が好きだから、いつでも店で手の空いているときは何かを作っているんだよね~。

 まぁ、生臭さが店内に充満しているわけではないからよしとするか。

 そのイカを見ていたら、自分も食いたくなってきた

 そのうち、僕もイカ刺し作ってみるか。うん熱燗



at 23:59|PermalinkComments(0)「食物」編 

2005年10月24日

オリオン座

 空には満天の星・・・と言いたいが、ここ埼玉ではそんなに美しい星空を見ることはできない。

 それでも、東の空にオリオン座が横を向いた状態でかすかに光っている。

 オリオン座は冬に代表される星座だ・・・ということはもうすぐ・・・。

 それもそうだよね。

 10月も残り1週間強・・・。

 故郷、北海道ではそろそろ初雪の知らせも聞こえてくるだろうに・・・。

809a7a3f.jpg

【都会の夜には星がない】


 昨日、今日と2日連続で14時間労働(1日当たり)だったので、足腰がビリビリしている。

 昨日は日曜だったから電車も座れたのだが、さすがに今日は深夜11時を過ぎても大勢の人がいる。

 当然座る事なんてできないし、ね。

 踵(かかと)が痛いよ~

 しかも睡眠時間は夕べが3時間半だから、立っていても寝れるほど睡魔が襲ってくるわけで、弱音を口に出すわけにいかない分、このBLOGで声を大にして言わせてもらう

 これも少しではあるがストレス発散方法なのだ。

 そんな疲れた身体でも、道中、星空を見ながら帰ってくるっていうのは、少しは癒される思いだ。

 まぁ、今日はしんどいということで、この辺で終わりにするか・・・。 



at 23:59|PermalinkComments(0)「秋」編 

2005年10月23日

事件は現場で起きる

 数日前の話だが、早朝、出勤途中の話。

 JRから小田急線に乗り換えるために改札口を通って、7~8段の階段を下りている最中、背後でものすごい足音が・・・

 ちらりと振り向くと若い男性5人がものすごい勢いでこっちに向かって走ってきた。

 はてな

 朝早くからとんでもない速さで走る若者たちを見て、
“おふざけはほどほどに・・・。”
みたいなことを心の中で呟いた途端、先頭の男がつまずいて、前のめりに転んでしまい、手に持っていたであろうディパックが飛ばされ、転がっていったわけ。

 はてな

 するとその後方を走っている4人の男性のうち、3人がその男にとびかかり、覆いかぶさった状態になった・・・。

“危ないなぁ・・・。”

 今の若者たちのやっていることも冗談にもホドがあると思いながら、ちょっと危険に感じたので、横目で見ながら少し離れるように歩き、もう一度振り返ると、なにやら叫んでいる

はてな

 はっきりは聞こえないが、どうも先頭を走っていた男は何かをしでかしたらしい。

19f2d90e.jpg

【小田急線新宿駅の構内には中居くんが・・・】

 話は全然違うが、小田急線つながりということで、今日の一枚はこれ!

 菊花賞のポスターだが、菊をあしらった中居くんがいっぱい(?)いる。こうやってみると菊に見えるもんだね。これ、なかなか受けましたぁ~(笑)。
 

 3人は、その男の手首やら足を押さえ、
「な~に、やってんだよ。この野郎!」
みたいなことを言ってるのだ。

 最後に走ってきた男性は、前に飛ばされたディパックを大切そうに抱え込み、立ちつくしている。

 3人に掴まえられた男を起こし、駅長室(もしくは警察)に連れて行こうとして、僕とは反対方向に歩いていった。

 彼らはどこからやってきて、どんな状況だったのかはわからない。

 想像力豊かな僕は、こう考えるのが妥当だと思った。

?犯人Aは小田急線、急行新宿行きに乗っていた。

?被害者Eは同じ電車に乗っていて、荷物を手放した状態で(たとえば、上の網棚に乗せていたとか)眠っていた

?終点新宿駅に着き、扉が開くと同時に、犯人Aのディパックを盗り、急行の止まるホーム(2F)から各駅の止まるホーム(1F)に走って逃げた

?それを見ていた(車内にいたかホームにいたかは不明だが)は犯人A追いかけた

?犯人Aは少々太り気味で逃げ切れず、ご用

?は盗まれたディパックを持ち、事件が解決へ

 それにしても、こういったことは数多くあるのかもしれないが、間近で見たのはもちろん初めてである。

 やっぱり、当たり前だが、事件は現場で起きるものなのだ・・・。



at 23:59|PermalinkComments(0)「生活」編 

2005年10月22日

読まず嫌い・・・か

 最近は、時間的に忙しいとか、眠いからとかっていう理由をつけては、自分の身体を甘やかしていることを、感じることがある。

 確かに昔は休日になると家にはジッとしていられなくて、どこかに行っていたものだ。

 たとえ、それがパチスロでも買い物でも・・・ね。

 今じゃ、ギャンブルしなくなったし、買い物もできるだけまとめて買っているからこまめにはしない。

 酒もあんまり飲みに行かなくなったし、ね。

 んじゃ、何やってるのかって?

 確かにパソコンに向かっていることは多いな。

 やりたいことはいっぱいあるんだけどね。家にのんびりしている方がいいなって思ってしまうから、老化現象を早めてしまうかもしれないね。

 TVも、“絶対にこれを見たい!”っていうものがあんまりないしね。話題に追いついていけなくなるぞ~って戒めてはいるのだが・・・。

 で、最近ね、職場のアルバイトのMちゃんが、
「しばっちさん、この漫画おもしろいですよ。」
って、単行本を手渡した。

「知ってますか?」
「・・・。」
「TVでもやってるんですけど、私、はまってるんですよ。」

 表紙を見ただけで、興味はなく、かといって興味ないから返すのも素っ気ないと思って、
「あとで、ちょっと読んでみるよ。」
「は~ぃ。」
と、彼女はいつもの笑顔で、そばを離れていったわけ。

 それから2~3日、その本も放置しておいたんだけど、ちょっと休憩時間に暇を持て余していたので、読んでみることにしたわけ。

 1ページ目、う~ん、絶対こういうのは読めないな

 2ページ目、こういう内容興味ないんだよな

 3ページ目、これって小学生中学生が読む本でしょ。

 4ページ目、絶対、ダメだ~

 5ページ目、っぷ笑い汗

 なんだ~、これ・・・。

 お、お、お、おもしれぇぇぇえええ

 っぷ。

 そっ、その本はやっぱり子供向けのこの本だ。

824259cc.jpg

【ケロロ軍曹は楽しいぞ】

 読めば読むほど、バカバカしくて笑える。

 ドラえもんでも、忍者ハットリくんでも(ふるっ)、ハクション大魔王(ひぃ~、時代が・・・)でも、何でもいいのだが、実在しないようなキャラクターの漫画を好んで読むことはない僕にとって、このケロロ軍曹は論外だったはずだ。

 もちろん、Mちゃんが持ってこなければ、このケロロ軍曹の存在さえ知らなかったわけで。

 いや~、ハマりすぎてしまい、このフィギュアまで買ってしまっている自分に驚きだ。 

 もう、疲れていて何にもする気がないときにちょこっと目を通すだけで癒される(?)キャラのケロロ軍曹・・・ちょっとお薦めだな。

 カエル好きとか、爬虫類好き、みたいな人にはいいかも・・・ね。

 あ、ちなみにTVは見てはいない・・・が・・・。



at 21:50|PermalinkComments(2)「趣味」編