2005年12月

2005年12月21日

年の瀬

 ホント、毎日が寒いね。

 身体が硬直しているのが自分でもよく分る。今日は幾分寒さが和らいだとはいえ、朝晩は身にしみる。

 まだまだ冬は始まったばかり・・・。

 今年のスキー場は雪不足の心配もいらないことだろうな(最近は12月の時点では雪不足気味だったからね)。

 ここ数年は12月にはなかなか雪が降らず、特にスキー好きの僕にとってはイライラもした時期があったけど(最近はスキーにはいってないが・・・)、ウィンタースポーツ派の人々にとっては今冬は楽しい年になりそうだね。

 だけど仕事に行くにはこの寒さ・・・泣きたいほどである。

 今日もびっしり仕事が詰まっていた(ちなみに明日も・・・)。

 指導は今日が最終日・・・。

 子供たちは寒さもなんのその・・・。

 プールに来る途中ですでに水着姿だったりして・・・ありえなぁぁぁい

 サンダルで来る子供もいる。

 この寒さだというのに・・・。

 見ている方がブルブル震える。

 なかなかユニークな子供たちが多く、楽しい。

 来年も元気な姿を見せてほしいものだ。

c5b1afb7.jpg

【雪のような花】

 この時期にモワァッと咲く花がある。名前は知らないのだが・・・まるで雪が積もったように見えるから不思議。

 さて今日も寝なければ・・・明日が心配である。

 (なんだかんだと忙しく、このブログをアップするのも当日ではないのだ・・・)

 おやすみ~ZZZ




at 23:59|PermalinkComments(0) 「冬」編 

2005年12月20日

時間がないのだ

 ブログを書きたいのに時間がないのだ。

 真っ暗な空を見上げて北風に立ち向かいながら駅まで歩く。

 電車では立ちながら寝る・・・(だんだん特技になりつつある)。

 空が明るくなりはじめ、新宿あたりで朝らしくなる。さらに電車に乗っている間に朝日が差す

 これが僕の出勤のときの状況である。

 退社のときは・・・すでに暗くなった道を自転車こぎこぎ・・・。

 電車に乗るが、もちろんこの時間の上りは余裕で座れる。座った瞬間に頭を垂らした状態で眠りに入る

 新宿に着いても目が覚めず、ほとんどの人が降り立った後、ふと目が覚め、あわてて(このときの姿は滑稽だよ~ん)電車を降りる。

 新宿からは下り線・・・当たり前だがギュウギュウ詰めの電車に乗るのだが、時には駅員が背中を押さないと乗車できないときもある。

 憂鬱だよ困った電車

 ポマードたっぷりのおぢさんにかち合ったときは・・・呼吸困難に陥るときがあるものダメ

 あ~ロケット

 も~だめだ。

 おやすみぃぃぃぃZZZ

 おっと・・・忘れてた。

 写真・・・写真・・・

eed4b2df.jpg

【新宿高島屋~♪】

 本当は駅を降りてそばまで行きたいのだが、家路に早く着きたい思いに負けて、ホームからカメラでカシャッ。

 街はクリスマスで賑わってるね。



at 23:59|PermalinkComments(0) 「生活」編 

2005年12月19日

祝・400回記念

 街はクリスマスの雰囲気でいっぱいになってきているね。

 住宅街にもイルミネーションで飾っている家が何軒かあって、寒い夜もほのぼのとした気持ちでそこを通り過ぎる。

 ところで・・・な、な、なんとこのブログ・・・今日で、
 400回を向かえることになったのだ。

プレゼントプレゼントプレゼント 祝・400回記念 プレゼントプレゼントプレゼント

ひゅ~音量ジャンジャン鐘ピ~炎パ~ンクラッカーパチパチ拍手


 実はつい2,3日前まで、このことに気づかずにいたわけで、ビックリしている。なんだかあっという間だね。

 正直言って、ドリコムを何度もやめようって思った。

 僕の周りでもやめていった人たちは少なくはない

 その大きな原因重さにあるのだが・・・。

 特に深夜にブログを書こうと思ってもなかなか入れなかったりね、入って書き終わってから保存ができなかったりね・・・。

 あれには何度も泣いたよ汗汗汗

 だけどドリコムをやめたら、ブログを書くのもやめるような気がするので、どこかで惰性気味に書いていた時期もあったかもしれない。

 ここ最近はそれを覚悟で書いていることも多いけど、これからもできるだけ続け、遠い将来これが遺言にでもなれば・・・楽しいかも幽霊本



 さてさて、最近の僕のブログはパース行きのことでいっぱいになっている。

 生活のほとんどが仕事だから、ほんのささやかな楽しみを見いだして書いているわけなんだけど・・・。

 その上、大寒波が来ていて、毎日ドクロまで凍るような思いでいるから、せめて心の中は真夏のパースを思い浮かべて暖かくなりたいっていう願望も含めてるんだけど。

 思い出のどこかにってあるよね。

 パースから電車で2~30分のところにフリーマントル(Fremantle)という街がある。ここはヨットのアメリカズカップなどでもかなり有名らしいが、小さな港町だけあってシーフードがおいしい。

 やっぱりオーストラリアに来て、僕が食べたショッキングな食べ物はこれ(↓)

26f49d49.jpg

【チリマッスルだけははずせない】
 
 このチリマッスルは、そのフリーマントルという街で食べたものだが、簡単に作れる(気がする)。

 今まで貝の料理といえば、寿司などの生ものだったり、焼きハマグリだったり、サザエの壺焼きだったり・・・。

 だからこういう味付けにはちょっとショッキングだったわけだ。スパゲッティのペスカトーレなどはもちろん食べていたけど・・・ね。

 僕はトマトソースの料理が大好きだから(スパゲッティでいえば)ペスカトーレのような味付けで大丈夫だと思うんだよね。

 イタリアン料理・・・楽しみだ。 

 ちなみに写真の左はフィッシュ&チップス

 淡泊な白身魚のフライとおイモさん。

 食べきれなかったんだよなぁ。 



at 23:59|PermalinkComments(0) 「記念」編 

2005年12月18日

スニーカーはナイキ

 いやぁ、さぶかったね~ダッシュ

 泣きたいぐらいさぶかったよ、ほんと・・・汗

 早朝5時、唸るような風の音で目が覚める。
「え?これって風の音?」
って我が耳を疑ったほどだ。

 6時・・・まだ真っ暗な中での出勤・・・。

 恐いほどの北風が肌身にしみるわけで、途中で戻ってこようかななんて思ったよ。

 まだ、この大寒波・・・続くの?

54012d63.jpg

【職場のツリー】

 職場にもクリスマスツリーは飾られている。普通のもみの木だけど2.5mぐらいの高さかな。いっぱいぶらさがっているサンタさん・・・☆の形をしていてかわいい。

 今風の青いライトだったり、白いツリーだったり・・・ではないけれど、これはこれで味がある。


 さてさて、今日もこの寒さの中で、頭の中は真夏のパースのことをチラリと思い浮かべている。

 僕は基本的にスニーカー好き

 で、持っているシューズは全てナイキであるが、半分以上はパースに行ったときに買ってきたものだ(ずいぶん前だなぁ)。

 ちなみに残りはナイキの社割(50%で購入できる)で・・・。

 ナイキのシューズは自分の足に合っているから履くのだが、気に入ると安物でもずっと履いている。

 で、何故パースか・・・というと、スビアコ(Subiaco)という街にナイキファクトリーという店があり、ここのシューズは定価よりかなり安いからである。

 日本で10,000円するものも5,000円以下だったりするからね~。ついつい買ってしまうんだ。そのためにスーツケースの半分は空けて行くわけ。

 最近、赤のシューズと黒のシューズがちょっといかれてきているので、今回は是非ともスビアコに足を運びたいって思っている。前回(2004年)は行ってないからね~。

c6c34fdc.jpg

【どんな意味?】

 シューズに「超」ってどんな意味なんだろうね。

 前にスビアコのナイキファクトリーに行ったときに、ちょっと気になったシューズがあったのね(上の写真とは無関係)。

 それはクリケット用(オーストラリアでは有名なスポーツ)のシューズだったんだけど、僕はそのときキラ~ン電球と閃いたわけ。

「このシューズだったら日本では誰も履いていないな。」
って・・・。

 で、それを手にしてオージーの友人に、
「これを買おうかな。」
って言ったら、
「多分・・・やめた方がいいよ。」
と言われた。

 何故かって?

 理由は、日本には芝生になっている場所が少ないから靴底があっという間に痛んでしまうから・・・ということだった。

 そう、クリケットはそういう場所でのスポーツだからデリケートなシューズらしい。

 さ~て、今度の旅行でナイキのシューズ、買うことになるのか・・・。まずはスビアコに足を運ぶことから始まる。



at 23:59|PermalinkComments(2) 「旅行(パース2006年)」編 

2005年12月17日

スワンバレーのワイナリー

 今夜からまた厳しい寒波が来るらしい(明日が憂鬱だ)。

 関東は冷たい空っ風が吹くだけだけど、日本海側は大雪に見舞われる。しっかり暖かくして寝なきゃ・・・ね。

 今日は11時までぐったり寝ていた。こんなこと最近はない。ときには2~3時間で起きることもある。疲れているんだな。知らず知らずのうちに・・・。

 今週から来週にかけて仕事がかなりハードになる。どちらかというと忙しいという意味ではなく、拘束時間が長くなるってことね。

 アルバイト連中故郷に帰ったり、クリスマスを理由に休んだり・・・(これ、マジ頭に来るよね。クリスマスだから仕事休みますって・・・半分以上は見栄を張ってる)。

 おかげでクリスマスイブ(24日)もクリスマス(25日)も社員は全員出勤・・・その上、通しだよ。全員・・・ね。

 社員は誰も理由をつけられない・・・のだ。

 最近の学生は優雅だね・・・。苦学生なんて今更呼ぶような人いないんだな(死語かなぁ)。

 まぁ、クリスマスは僕にとっては特別なものではないので休みがほしいとかは思わないのだが、せめて勤務時間をもう少し短くしてもらいたいものだ。

 なぜなら連続通しの仕事では睡眠時間がないからだ・・・。身体が持たないど困った幽霊

 人間、寝溜めできたらどんなにいいだろうね。

 さ~て話は変わるけど、またまたパース行き・・・。

 パースに行くからにははずしたくないのがワイナリー巡り

 時間があればパースより南下したマーガレットリバー(ワインの名所)まで行ければいいのだけど、それは時間的に無理なのでパスしなければならない。

 前回(7度目の渡豪)2日間掛けてスワンバレーのワイナリーを点々と廻ってみたのだが、全部のワイナリーには寄っていない。

 行きたくても行けなかった場所をいくつかピックアップしておくことと、前回行ったワイナリーでちょっと気に入ったところには再訪したいものである。

 特にサンダルフォードワイナリーの中にあるレストラン・・・このパンとディップはたまらなかった。今、見てもヨダレがタラ~リ・・・。これはもう一度食べたい一品である。

f9e97b89.jpg

【再び味わえるのを楽しみに】
 
 ディップは左からツナ・オリーブオイル・サワークリームだったと思うが、どれをつけてみてもおいしい。

「こういう食べ方もあるのか。」
って感動したものである。 

 ホテルはオージーの友人が勤務しているホテルに1~2泊すれば宿泊代も安くなる。海辺のそばではないからこのときは海辺のアクティビティは断念するとして、プールでいいか。

e58c63ba.jpg

【ホテルのプール】

 2004年の旅行は6月(秋)だったからプールに入ろうとする客はもちろんいない。

 夏はきっと賑わうんだろうなぁ。

 少しずつ具体的に決めていかねば、あんまり時間がない・・・。

 焦り気味・・・。



at 16:20|PermalinkComments(4) 「旅行(パース2006年)」編 

2005年12月16日

パースへの募る思い

 少し穏やかな一日・・・だったかな。

 1月のパース旅行を決心してから数日・・・。もう頭の中はパースのアクティビティでいっぱいだ。

 正直言ってまだ具体的には決まっていない。(えええっ

 ツアーは敬遠して、やっぱり自分の行動に合わせて宿泊場所も決めていきたい。もちろんオージーの友人がいるから彼らには協力してもらうつもりだが・・・。

 前回のパース旅行が僕にとってはドラマチックな想い出が多かったので、それ以上のドラマはないと思っているし、望んではいない。

 今回は楽しめることを思いっきり楽しみたいと思っている。

 また過去7回の旅行で足を運んでいない場所(またはアクティビティ)に少しでも行けたらいいと思っている。

 ブログでもパースの体験や想い出を何度か書いてきたのだが、今度の旅行の夢を含めながら少しずつアップしていこうと思っている。

 渡豪2回目は南極海に出会う、7回目はモンキーマイア再びを大きなテーマに旅行してきた。

 その他は仕事がらみだったり、特別大きなテーマも持たずにオージーの仲間に会いに行ったり、あるときは24時間カジノだったり(苦笑)・・・してきたのだが、今回も話の流れで急遽行くことになった部分もある。

 いや、ほんと・・・来年パースに行こうなんて全く考えていなかったから。

a7e0e543.jpg

【大好きな写真の1枚】

 パースのモールからの景色だが、この夕日・・・たまらないね。パースの街の中からもこんなに美しい夕日を見ることができる。

 しかし、テーマなしに出かけた旅行って国内・海外問わず想い出にならないことも多く、せっかくの大金(?)をつぎ込んで出かけるなら、より良い想い出ができるように、一つでも・・・小さくてもテーマを考えていくべきかなって思っているわけだ。

 そこで、今回のテーマは悩みに悩んだ末・・・、

夏・ロットネスト島

で行くことにしよう。

 ロットネスト島は過去にも2回行っている。

 1度目は泳ぎに・・・。このときは気温43度という猛暑に襲われ、海に入っているときが幸せだったが、頭は直射日光で手で押さえていた記憶が今も残っている。いやぁ、水の中はすっごいきれいだよ。シュノーケリングぐらいはしたほうがいいね。

 2度目はサイクリングで島内一周を目標に行ったのだが、思ったよりも時間がかかり、半周程度で戻ってきてしまった。5月(秋)だったのに、かなり暑くて、思った以上にアップダウンが激しかったな

 ビューポイントにはコテージも建ち並んでいる。

 その横を通るたびに、
「いつか・・・、いつかここに泊まってみたい。」
「ここでBBQをしてみたい。」
という思いがあった。

 だからできることならロットネスト島を日帰りではなく、1泊2日にしてみたいのだ。

 パースに住むKENママさんにロットネスト島のコテージについて訊ねてみることにした。

 さっそく返信記事が・・・。



 さ~て、ど~するか・・・(考えているときが楽しいのだ) 



at 23:59|PermalinkComments(0) 「旅行(パース2006年)」編 

2005年12月15日

エアチケットの不思議

 某旅行会社に電話携帯をしてみた(隠す必要もないが・・・)。

 内容は航空券購入ツアー申し込みについて・・・だ。

 ネットで調べると、

 航空券Aパターン・・・カンタス航空利用で122,000円
 航空券Bパターン・・・航空会社未定81.000円
 ツアースタンダードクラス・・・カンタス航空利用でホテル付き119,000円
 ツアーデラックスクラス・・・カンタス航空利用でホテル付き127,000円

 である。

 このパターンで考えると航空券Aパターンはなんとなくもったいないなぁって思うんだよね。だけど直行便を考えるとBパターンの航空会社未定というのは信用がおけない

 たしかに安いのだが・・・。

 カンタス航空を利用したいという条件でツアーを組んじゃってもホテル代込みだから安くあがる・・・って思って、その辺を聞いてみようと某旅行会社に電話を入れてみたわけだ。

「できることならトランジットなしで直行便を利用したいのですが・・・。」

「航空券のみを購入する場合とツアーを利用する場合はツアーの方が安く感じるのですが・・・。」

「また航空会社未定というのは当日でなければわからないんですか?」

 すると返ってきた答えは、
「航空会社未定というのは実はカンタス航空なんですよ。」

 えええブタびっくり

80cfbc1e.jpg

【夕暮れのパース】

 これもワーホリ中のK君からのプレゼントの写真である。キングスパークから見下ろすスワン川・・・この丘にあるキングスパークは観光スポットのひとつでもある。

 航空会社未定81,000円カンタス航空122,000円は同じだということ・・・はてな

 そうなのだびっくり 

 どう思う?

 いやいや41,000円も差があるんだよ。

 カンタス航空がいいって決めつけて122,000円にしていたら大損だったわけだ

 すぐネットで申し込まずに電話して聞いてみるもんだな。

 この差額分でホテルを決めていくのがいい。

 ツアーだとホテルの心配もいらないけれど、やっぱりどこのホテルになるかは当日現地に行かないとわからない。

 デラックスクラスのホテルもいいホテルがあるけれど、やはり自分としてはもう少し悩みたいところ・・・。

 ということで、航空会社未定(実はカンタス)のエアチケットの購入を優先で考えていくことにした(予約は後日・・・)。

 さて、いよいよスケジュールを作っていかなければならない。

 今までの旅行をもう一度振り返りながら、じっくり考えてみよう。

 2004年6月の旅行(↓)は時間があったので遠方まで行けたが、今回はそうはいかないな。



 自分のHPの見直しでもしてみよっか・・・うひゃペンギン



at 23:59|PermalinkComments(0) 「旅行(パース2006年)」編 

2005年12月14日

99%決定の兆し

 寒波・・・すごいね。

 特に日本海側・・・大雪だって・・・。

 大丈夫ですかぁ?日本海側で生活をしている方たちは・・・。

 南半球の話だけど・・・。

 う~ん困った西オーストラリア・・・のパース行き・・・。

 う~ん・・・困った

 ほぼ、決定しそうだ・・・困った

 ここ2~3日、かなり悩んでいた。いや、今も悩んでいる。

 悩んでいるんだけど、どこかで決心している・・・複雑だ。

 本当は1週間の休暇が取れたら別の国に行きたいっていう思いがある。できるならヨーロッパも考えてみたんだけど、この時期の北半球はやっぱり冬だしね~

 どうせ行くなら南国って思っちゃう。

 格安ツアーでグアムサイパンでもいいかなって思っていた。

 時差の少ないところがいいよね~、やっぱり。

 グアムのPIC・・・楽しいんだよね~ラブ(ってプールサイドで3日間寝てばっかりいたのはナイショです)。

 まだ、チケットの手配はしていない。

 手続きをすればGO飛行機である。

d84bbb83.jpg

【キングスパークから眺めるパースの街】

 西オーストラリアのパース行きが決定すれば8度目の渡豪である。

 7度の渡豪のうち、(11月~3月)に行ったのは4回(4月~6月)が2回(7月~8月)が1回である。

 本当は(9月~10月)にワイルドフラワーを見に行くのが夢なのだが、仕事柄なかなかその時期に行くことはできそうにない。

 ワイルドフラワーを見に行くのは、きっと老後(冥土の土産に)・・・にでも行こうと思う。

 また夏の時期に4回渡豪しているが、海で泳いだのは2月に行ったときの1回だけ。

 今回は1月中旬(1月9日~15日)だから、真夏・・・である。思いっきり夏休みなのだ。

 まだ、スケジュールはおろか航空券の手配もしていないので、どうなるかわからないが、旅行というのは行くまでが最も楽しいのである

 スケジュールを決めたり・・・ね。

 いやいや、今一番悩んでいるのは航空券なんだ。

 正直に言うとツアーの方が微妙に安いし、直行便で行きやすい。時間の少ない僕にとっては経由便よりも直行便にしたいという思いがある。

 航空券だけだと、安いのはあるが、希望の航空会社にはならないかもしれないし、経由便(たとえば台湾だとかタイだとかのトランジットになるとそれだけで時間のロスが生まれるわけで)になるパターンだ。

 いや、シンガポール航空は好きだから・・・それも考えているんだけど、それもトランジットで3~6時間取られるのは間違いない。

 で、ツアーにしちゃえば・・・、カンタス航空をゲットできるし、ホテルも悩む必要はない。

 ほとんどが自由行動(オプショナルツアーに参加しようとは思っていない)だから、それのほうがいいかなぁ。

 ちなみに過去7回、ツアーで行ったことはない。
 


at 23:59|PermalinkComments(0) 「旅行(パース2006年)」編 

2005年12月13日

いってらっさぁぁぁい

 つい3日前に雪の話を書いたと思ったら、今日、都心でも初雪が降った。

 ガセネタ・・・なんて書いたから神様も怒ったのだろうか・・・怒

 午前中は青空だったのに急に黒い大きな雲が上空に現れ、職場の窓の外を見たら雪が舞い落ちているのに気づいた。

 この冬一番の寒さになった。

 全国的に寒波が来ているとのこと・・・いやぁ、例年より寒いのかな。

52912ede.jpg

【マスター】

 地域に根付いてもう○○年。この界隈では人望も厚いマスターである・・・が、口も悪い。

 で、客もムキになって話をする。そこのやりとりが楽しいのだが・・・。

 って、本当はこの花を写そうと思っただけなんだけど、
「マスター、邪魔・・・!」
「いいじゃん、後ろを見てるから。」

 この花・・・百合だよね。それにしても花びらがエビぞってるんですけど~。


 遅番だったので、喫茶店Cに寄る。

「寒いねえ。」

「そう?」
 
「マスターはいつも店内にいるから気づかないだろうけど・・・。」

「そんなに寒いんだ?」

「マスターだって鼻水すすってるじゃん。」

「・・・。」

「雪、降りそうな空だよ。」

 そんな会話をして出勤したら本当に雲雪雲が・・・ぱらついてきたのだ。

 まぁ、時間にして3分ぐらいだったかな・・・。

 喫茶店Cには古くからの常連客が多い。

 歯医者の先生・元映画俳優のおじいちゃん・新聞屋さん・居酒屋のマスター・銀行マン、もちろん優雅に暮らしている(?)世田谷の奥様方・・・店内に入れば必ずといっていいほど誰かがいる。

 出勤前に寄ってコーヒーを飲んで、たわいもない会話をして出て行くときには、その常連客が必ず声をかけてくれる

いってらっさぁぁぁぁい。」
と・・・(↓常連さん)。

ブタサルウサギニワトリネズミ猫犬ヒヨコ・・・赤ちゃん・・・宇宙人いってらっさぁぁぁぁい





at 23:59|PermalinkComments(0) 「生活」編 

2005年12月12日

今日もお元気ですか?

 朝6時・・・真っ暗月

 玄関のドアを開けてみるとまだ空は夜明けの気配もないほど真っ暗である。

 よくよく空を見ると雲が広がっているようだ雲雲雲

 風も冷たい。

 日に日に寒くなってきている。

 今朝は4℃・・・。こんな寒いときに限って仕事も通し(8時~22時勤務)なのだ。

 これだけ寒いと、プールの利用客も多くはない。それでも毎日通ってくる高齢者の利用客にはできるだけ声をかけてあげるようにしている。

「今日もお元気ですか?」

 ここ数年、プールは泳ぐという認識から歩くという場に変わってきている。水中ウォーキングと呼ばれる運動である。

 老若男女・・・誰もがプールの中でウォーキングをしている。むしろ泳いでいる人の方が少ないかもしれない。

 目的は運動不足解消だったり、ストレス解消ダイエットリハビリと様々である。

 真剣に取り組んでいる人もいれば、ペチャペチャと世間話をしながらウォーキングをしている人もいる。

 陸上でもそうだが、世間話をしながらウォーキングしている人のほとんどは中年のオバチャンである。

 なかには杖をついてくる利用客もいる。プールに入るのも難儀の技。

 車椅子で入ってくる人も多い。もちろん施設内はバリアフリーになっているし、専用の入・退水通路もある。

 それぞれが目的を持って利用しているのだが、一番大切なことは、高齢者の方が家に閉じこもらないこと。プールじゃなくてもいいから、家から出ることに楽しみを見いだすこと。

 家から出て、街を歩くだけでも(自転車でも)充分な運動になるのだ。

 家にこもってしまったり、会話がなくなってしまわないようにしていかなければいけないのだ。

 そこが大切なこと・・・。

 中にはおもしろいおじいちゃんもいる。

「よっ、にいちゃん(必ずこう呼ぶ)、いい男だねええ。俳優の○○っていうのに似てるよね。うん、かっこいい!」

「あ・・・、はぁ・・・、ありがとうございます(いやいや、全然似てないし・・・)。」

 褒められて嫌な思いはしない。

 ニコニコ笑顔で僕の横を通り過ぎる。

6f51d4d4.jpg

【プールを公開しちゃいました】

 室内プールだけど、25mプール以外に流水プール・ウォータースライダー・幼児用プール・ジャグジーなどがある。


 しばらくしてそのおじいちゃんが別のスタッフと話をしているので遠目で見ていると、声が聞こえる。

「よっ、おにいちゃんはいつ見ても、かっこいいねええ。女にモテるんだろうね~。」

“え?みんなに言ってるのかよ・・・。”

 名物おじいちゃんである。

 その日一日が楽しいと思えるように・・・

 少しでも痛みが軽減できるように・・・

 健康が維持できるように・・・

 僕は多くの高齢者の利用客に、
今日もお元気ですかはてな
と声かけをしていきたいのだ。

お、元気だよびっくり
笑顔笑いを見たくてね。



at 23:59|PermalinkComments(0) 「生活」編