2006年01月

2006年01月31日

雨・・・だね

 朝からどんよりとした天気。

 予報では雨・・・。

 うん、ぴったり当たっていたね。

 気温も思った以上に下がらず、汗ばむこともしばしばあったけどね。

 いやぁ、それにしてももう1月が終わる。早いね。

 この1ヶ月、僕の頭の中はオーストラリア旅行のことが中心だったけど、実際に日本にいる間は、毎日が寒さとの戦いだったような気がする。

 職場は暑いよ。いつも30度前後の空間で仕事をしているからね。

 だけど、一歩外に出ると、どこにも寄らず(一部除いて)まっすぐ帰宅したくなるほど、寒さ疲労でいっぱいだった。

 めいっぱい仕事だったからね・・・。

 毎日、硬直した身体をほぐすだけで精一杯。

7cdafe6c.jpg

【新宿の夜】

 2月も予報ではかなり寒い日が続くという。

 体調には気をつけていかねば・・・。

 今日も平凡な一日ではあったが、明日は久しぶりの休日。きっと一日中、グッタリゴロゴロしているのだろうな。



at 23:59|PermalinkComments(2)「冬」編 

2006年01月30日

続・病は気から・・・

 昨日、花粉症にかかっているMちゃんのことを書いたんだけどね・・・。

 今日、家を出て駅までテクテクと歩いていると、なんだか鼻の奥むずがゆい

 クシャミが出そうだが、なかなか出てこない。

 空を見上げ、鼻をくねくねさせると、

「っくしょん・・・。」

 1回、2回、3回・・・とクシャミ連発

 電車に乗っても、クシャミが止まらない。

“え~、風邪?”

 嫌な予感・・・。ずっと鼻の奥がむずがゆい。しばらくすると、またクシャミ。それ以外の症状(例えば頭が痛いとか熱っぽいとか)はない。

 電車を降りて、職場に行く間もクシャミが連発。

 職場に着いた途端、クシャミが止まる。

 室内だとクシャミが止まるって・・・やっぱ、花粉症なのかなって不安がよぎる。

189a63c9.jpg

【ちょっといたずら・・・】

 最近、出勤時間が時間的に暗かったり、忙しいせいもあり、なかなか青空の写真を写しに行く機会がない。休日も少なかったから、たまの休日も寝てばっかりだし、写真があんまりない。タイトルと写真はぜんぜんマッチしていないのは許して~。

 チョコ好き(といっても毎日食べてるわけではないが)だったり、パッケージでついつい買ってしまうこともあるんだけど、安くて、それなりにおいしいのが一番いいね。

 燃えている「LOOK」はちょっと加工してみたものだ。


 昨日は、病は気から・・・なんて書いて、その上、自分は花粉症ではないだろうなんて思っているのだが、ちょっとあやしい。

 しかも仕事帰りにもまたクシャミが再発(っぷ)。

 表に出るとクシャミか~。

 まだ目が痛いなどの症状があるわけではないから、どこまでを信じていけばいいのかわからないが、マスクだけは用意しておいた方がいいかもしれないな。

 っくしょん風邪



at 23:59|PermalinkComments(0)「冬」編 

2006年01月29日

病は気から・・・

 まだ1月だというのに、すでに花粉症鼻水目のかゆみで苦しんでいるMちゃん

「つらいよ~。」

 出勤するなり、この挨拶・・・。

 しばらくすると、鼻の下を指さして、
「もう、鼻をかみたくないよ~。鼻の下が痛くて・・・。」
「クシャミのしすぎで頭も痛い・・・。」
「トイレットペーパーを腰につけて、歩かなきゃ・・・。」

 集中力もなくなってしまうよね~。

 3月とか4月なら大勢の人たちが花粉症で苦しんでいるのを見てきたが、花粉症の症状を身にしみて味わったことのない僕にとっては、その苦しみを感じ取ってあげられないのだ。

 しかも毎日、寒い日が続き、久しぶりに今日は10度以上の気温になったわけだけど、それだけの気温の変化で、すでに花粉が飛び回っているのかって、不思議に思うよね。

bd4643bd.jpg

【朝日】

 実は僕の場合、みんなが杉花粉で苦しんでいる間はその症状はないのだが、ここ1~2年、その後目がウルウルしてくるんだよね~。クシャミ連発もある。

 でも、それが花粉症の症状なのかどうかは、未だにわかっていない。

 花粉症ではないびっくりってきっぱり思うことが大切なのかもね。

 病は気から・・・でしょ。

 だから、そうではないって思うことが大切なのかなって思っているわけ。

 あ、花粉症って病なのかな。

 それにしてもMちゃんの症状は重症だよ・・・。見ていて辛いもの・・・。

 今からこんな症状だと、3月とか4月はどうなっちゃうんだろう。



at 23:59|PermalinkComments(0)「冬」編 

2006年01月28日

地球は広い

 久しぶりの遅番・・・。

 というわけで、睡眠時間はいつもの2倍・・・9時間も眠ることができた。

 しかし、まだ寝てもいいと言われれば、その2倍は寝られそうな状態なのだ。

 9時にベッドから起きたが、な~んにもする気がしないから、出勤時間までシャワーを浴びて、あとはTVを点けてボ~ッとしてるだけ。

 いや、それにしても部屋に陽が入るというのはいいね~朝日

 少しでも時間があるんだからHP作りでもしなきゃ・・・と心の中の僕が叫ぶ。

 しかし、中途半端な時間ではどうしてもいい文章が浮かんできそうにないから、ついつい先延ばしにしてしまう。

 これを世間では言い訳というらしい。

81340534.jpg

【青空・・・だけで満足してしまう】

 まだしばらくはこういう生活が続くだろうから、HP作りも休日でなければできないでいるのだ。

 オーストラリアでの出来事が薄れていってしまうのが恐いなぁ。自分で写してきた写真でさえ、のんびり眺めることができていないから・・・。 

 ただ、確実にオーストラリアに行ってきたといえることは、僕の身体は日焼けして背中の皮が剥けて、まだら模様(?)になっていることが証拠である。

 海で数時間しか焼いていないのに、こんなになるなんて・・・って、やっぱり日本の夏とは違うね。オゾン層破壊も身近に感じてしまうほどの紫外線なんだろうね。

 が、しかし・・・やっぱり今年のパースはやっぱりいつもとは違うようだ。

 夏にはほとんど雨が降らないので、芝などは枯れてしまうから目に映る景色は一言で言うと茶色一色(ちょっと大袈裟だけど)なんだけど、今年は頻繁に雨が降ったり、気温も思った以上には上がっていないので、まだまだ青々とした芝が目につくという。

 たまたま僕が行ったときだけではないらしい。

 生活する人にとっては恵みの雨だろうし、暑さに参ることも少ないだろうけど、旅行者にとってはちょっと物足りないかもしれないね。

 ちなみにオーストラリア大陸の東側は猛暑汗だとか・・・。

 おんなじ地球に住んでいるのに、東と西北と南では考えられないほどの気温差があるんだろうね(当たり前か~笑)。



at 23:59|PermalinkComments(0)「自然」編 

2006年01月27日

ムール貝のスープ蒸し

早いね~、もうすぐ1月も終わるんだよね~。

 オーストラリア旅行から帰ってきて、あっという間に10日も経ってしまった。それにしてもこの10日間、日本はカチンコチン寒い日々が続いている。

 そしてまだまだこの寒さは続きそうな気配である。

 職場でも風邪かインフルエンザにかかっている人間が数人いる。その菌が充満していなければいいのだけれど、やっぱりそれが心配でもあるわけだ。

 睡眠不足が続いているので体力の低下が最も心配されるし、それによって菌がすっぽり身体に入ってくる可能性もあるわけだ。

 その菌に勝つためには体力がなければならないわけで、今の僕の体調では完璧に負けることだろう。

 そうならないためにも睡眠を充分に取りたいのだが、なかなかそうはいかない。

 ここ最近のシフトはかなりきついわけだ。

 とにかく睡眠時間が取れないのは、人気アイドル並み・・・である。3時間とか4時間とか・・・。

 あとは、電車の中で寝まくっていたり、職場でのちょっとした時間のほとんどは眠りに入っているわけ。

 で、そんな少ない時間の中で、久しぶりに友人Yと会う約束をしていた。

 約束の時間には間に合いそうになく、1時間ずらしてもらうようにメールを打っておいて数週間ぶりの再会。

 最近めったに行かなくなったファミレスのデニーズへ・・・。

 本当はビールでも飲みたいのだが、飲んだらコロッと寝てしまいそうだし、明日も朝が早いから食事だけに留めておくことにした。

 久しぶりのデニーズはメニューもずいぶんと変わっている。

 はてな

 ムール貝はてな

 食べたいなぁ・・・びっくり

 いつもならメインだけなんだけど、ムール貝に引かれ、サイドオーダーも・・・。

 出てきた一品はこれ、これ・・・

7b461b96.jpg

【地中海風ムール貝のスープ蒸し】

 うまっにっこり

 コンソメにホールトマトの酸味がほのかに広がる。そして、このフランスパンにスープをしみ込ませて食べるとさらにおいしい。

 ちょっと塩味がきついかもしれないが、僕はしょっぱいものも大好きなので、これには妙に満足してしまったわけだ。

 たかがファミレス・・・されど、ファミレス。

 それにしてもこのスープ、いったいどうやって作っているのだろう。必殺料理人の頭の中はスープの材料をどうしても知りたいのだが・・・。



at 22:36|PermalinkComments(0)「食物」編 

2006年01月26日

ちょっと心配なこと

 先日のことだけど・・・。

 常連客にFさんというもうすぐ70歳になるおじいちゃんがいる。おじいちゃんとはいっても外見はちっともよぼよぼしていない、紳士である。

 身なりもきちんとしている。天気のいい日はサングラスをかけ、一見50代後半に見えるかっこいいおじいちゃんである。

 平日のほとんどは必ずプールで健康のためにウォーキングを中心に泳いだり、他の常連客と楽しく話したりして過ごしている。

 最近は必ず僕のところに来て、手を振ってくれたり、握手をしてくれる。世間話もよくする。

 で、たまたま僕が事務所で仕事をしていると、受付のMさんが、
「プールで泳いでいたお客さんが、体調の不調を訴え、今ロビーの椅子に座っているのですが・・・。」
と伝達してきたので、ロビーに目をやると、なんとそのFさんが椅子に座っていたのだ。

 すぐに駆け寄り、
「Fさん、どうしたんですか?」
と訊ねると、
「いやぁ、僕はちょっと高血圧で、どうも気分がすぐれないんだよ。」
「薬は?」
「毎日飲んでるんだけどね。(水の中を)歩いていたらなんだかめまいがしたような気がして、今日は(プールを)30分でやめたよ。」

 顔色も悪くないし、言葉もはっきりしているが、プールでそういう症状になったのは初めてで、本人はショックみたいである。

 さらに、
「これから息子が向かえに来てくれるんで、それまでここにいるから・・・。実はね、昨日マージャン6時間やっちゃってね~。」
「遊んでばかりだから、血圧上がったんじゃないんですか~?」
「かもね~。確かに正月からあんまり体調よくなかったんだけどね。風邪気味で・・・。」

 って、風邪気味でも毎日、プールに無理してきていたの・・・?

「ダメですよ~。確かにプールでの運動は健康にいいけど、無理は禁物ですよ。」
「はいはい。あ、でも、昨日マージャンやってたことは息子には言わないでくれよ。」

 ・・・。

 どうも息子は恐いらしい・・・。僕はちょっといたずらに、
「いやいや、言わなきゃ・・・。」
と、ふざけて口にすると、真顔になって、
「言ったら困るよ。うちの息子、うるさいから・・・。」

 言わない言わないダメ

b6dbb841.jpg

【ベランダから見た雪景色】


 30分ぐらいしたら、息子さんが車で向かえに来たので、自分の自転車は置いて帰ったのだが、もう3日間も自転車も置きっぱなしだし、トレーニングにも来ていない。

 毎日、毎日休まずにきていたFさんだから、やっぱり淋しいし、ちょっと心配でもある。

 せめて連絡があればそれだけで安心するんだけど・・・ね。



at 23:59|PermalinkComments(0)「生活」編 

2006年01月25日

故郷のにおい

 イギリスに住む僕の親友Tから手紙CDーROMなどが送られてきた。

 去年の10月に日本に一時帰国し、数年ぶりの再会に喜び合ったのをまるで昨日のように覚えている。

 そして、そのCDーROMの中に故郷の写真が数枚入っていた。

 最近は故郷にも頻繁に帰ることもなくなり、ましてや小学校や中学校なんかには社会に出てから行った記憶もないのだ。そんな写真までCDに焼き付けて送ってくれたのだ。

 家の周りは本当に田舎である。

 そして、写真は実家から小学校へ向かう道の途中の景色を織り交ぜながら進んでいく。

5a934072.jpg

【故郷の空・・・2004秋(PHOTO BY T)】


 送られてきた写真の一枚である。僕は幼い頃、この山が富士山だと思っていた時期がある。

 故郷は小さな田舎町・・・。この道にもこの景色にも多くの想い出が残っている。

“この道を友人Tといつも語り合いながら歩いていたんだよなぁ。”

 小学校時代の多くの想い出の残る道・・・

 には野に咲く花を摘んだり蝶を追いかけて歩いた道

 には青い空を見上げながら汗をかいて走り回った道

 にはどんぐりや栗の実を集めながら上った山道

 には長靴いっぱいに入るほどの深い雪の中を掻き分けながら歩いた道

 中学校時代にもお世話になった道・・・

 2人で思春期の悩みを相談しながら歩いた道

 意見が合わなくて、喧嘩をして前後に歩いた道

 スポーツや勉強に夢を追いかけていた道

 高校進学・・・将来の人生設計まで語り合いながら歩いた道

 とにかく兄弟以上に仲の良かった親友Tとの想い出の足跡が残っている道でもある。 

 きっとあいつも帰郷し、その道を歩いたのには深いわけがあったのだろう。もしかしたら何かの決心をしてきたのかもしれない。

 多分、彼も大人になってからその道を歩くなんてことはほとんどなかったはずだから・・・。

 きっとその道も今冬は深い雪に覆われていて、その道を通る小学生や中学生は大変だろう。

 でも、だから強くなれるんだよね。

 僕も親友Tから送られてきた写真を眺め、故郷のにおいを感じ、タイムマシンに乗って過去に戻ってみたいと思った。

 時間に追われて生活をしている今の自分に疲れているのかもしれないが、やはり故郷はそんな僕を癒してくれるのだ。 



at 21:10|PermalinkComments(0)「仲間」編 

2006年01月24日

早寝・・・しなきゃ。

 ホント、寒い日が続いているね。

 もう、毎日カチンコチンになりながら通勤するのが嫌になってきたよ。マフラー顔を半分埋めながら歩いているんだけど、いつになったら顔を出して歩けるのだろう。

 もっと寒いところがいっぱいあるのはわかるんだけど、ひ弱な僕(?)にとっては、関東の寒さも身にしみるってわけだ。

 いつまで続くの?この寒さ・・・。

 久しぶりに早めに家に戻ってきたが、やっぱりショボショボしている。

 ブログも書くことが思いつかず、今日はこれにておしまい・・・としよう。

d265b0fd.jpg

【足跡】

 この間の雪が降った日に足跡を写してみた。降り始めたばかりの朝・・・。今日は日陰はまだ凍った場所が多いが、そろそろ雪も溶け始めている。

 もう雪は降らなくていいよ~



at 21:16|PermalinkComments(0)「冬」編 

2006年01月23日

オリンピックまで・・・

 昨日、一日中寒かったので、TVをチラチラ見ながら生活していたんだけど、もうすぐトリノオリンピックが始まるんだね~(2月11日から)。

 オリンピックイヤーは僕もついつい見入ってしまうほどTVに釘付けになってしまうんだけど、どうも時間的に忙しかったせいか、それとも情報が少なかったせいか、今年はオリンピックがあるという実感があまりない

 興味がなくなってきたのだろうか・・・。

 どうもそうではなくて、今までほとんど情報がなかったからで、特にアルペン好きの僕にとっては回転競技などの番組などがほとんどやっていないのが残念である。

 そんなこともあってか、ついつい頭の中にはトリノオリンピックに対しての実感がないようなのだ。

 どうしても日本人が活躍している競技がメディアに流れるのだが、期待できる競技としては『フィギアスケート』『スピードスケート』『スノーボード』『モーグル』か・・・。

 『ジャンプ』も尻上がりに調子が良くなっているようだが・・・どうだろう。

bdf75ca3.jpg
 
【寒い一日】

 レンズも曇っていて、楽しい写真ではないのだが・・・、早く色のついた景色になってほしいなぁ。

 これからどんどんトリノオリンピック熱も上向きになるかもしれないが、応援できる限り、TVを見ながら応援していこうと思っている。



at 23:59|PermalinkComments(0)「趣味」編 

2006年01月22日

寝過ぎでしょ

 朝、久しぶりに7時に起きた。

 いいね~、朝日が昇った後に起きるのは・・・。最近はまだ真っ暗な中で起きていたからね。

 で、TVを点けて、洗濯をして、普通の生活だったんだが、TV番組はどこもライブドア(H氏)やヒューザー(O氏)のことばっかり・・・。

 ふと睡魔に襲われ、ベッドに横たわるとそのまま眠りに入り、再度起きたときには夕方の3時・・・こんなに寝たのはいつ以来だっただろう。

 天気はいいが、外はまだ寒い。日中もほとんど凍った雪が溶けてはいない。部屋もいつもより暖かくはならない。

 それでも数少ない休日を利用して、HP作成に取りかかる。しかし、あいかわらず、操作方法がわからず、ほとんど先には進んでいない。

 まぁ、2004年6月の旅行のときもHP作成に取りかかったのは半年後だったからなぁ。それよりは少しでも速いペースでできればいいか・・・。

 それにしても明日も寒いらしいので、路面凍結には十分注意していこう。

331a01cb.jpg

【雪だるまを作ったはいいけれど・・・】

 夕べ、駅までアルバイトの子とテクテクと歩きながら帰ったんだけど(滅多にないこと)、その途中で・・・見つけたスノーマン

 いやいや、メインはスノーマンじゃなくて、その後ろの車なんだが・・・、当然このスノーマンは関東の冷たい空気で一夜を過ごせば、凍るわけで、そうなったらこの車・・・出られなくなるんじゃないの?って壺にハマって笑わざるを得なかった。

 寒い夜、もし3人の男の笑い声笑顔にっこり笑いが聞こえていたら、それは僕らですからぁぁぁ。



at 19:00|PermalinkComments(0)「冬」編