2006年02月

2006年02月28日

湯河原では桜?

 2月も今日で終わりだね~。

 天気だけを考えるとやっぱり1月も2月もそれほど変わらないような、つまり寒い日が多くて、これから3月だという気持ちの切り替えがまだできていない。

 今日だって結局は寒い一日だったし(しかも夜は雨が降り出してきている)、今週は天気もあまり良くないというのだから、今年の春はまだまだ先なのだろうか。

 桜前線は去年並みか~と気象庁では予想しているようだが、それによって僕の休日は大幅に変わるのである。

 ・・・はてな

 あ、もちろんヒミツ・・・。

 桜の写真を撮りたさに、一昨年は鎌倉まで行ってきた。去年は時間がなくて職場のそばで我慢した。

 今年は母校のそばで写したい・・・。これは第一希望であるが、職場のそばもすごい桜だからもちろん、そこでも撮るだろうけど・・・。

 どれもが同じような写真になってしまうのが素人の僕の写真でもある。

 だからこそ、最もいい時季に写してみたいのだぁぁぁ。

 ・・・と、喫茶店Cでコーヒーを飲んでいると、常連客のおっちゃんが元気よく入ってきて、
「桜の木だぞ~。」
ってマスターに見せていた。

 いや、確かにまちがいなくなのだが、そのおっちゃんは湯河原の人らしく、湯河原ではすでに桜が咲いているって・・・。

 ええええ~。

 ホントなのかな。

1b7a9775.jpg

【チーズ、好き?】

 って、ぜ~んぜん文章と写真はかけ離れているわけで・・・。

 今日みたいな雨の日はこれといってUPする写真がないんで・・・。こんなんで、許してもらうしかない・・・。

 チーズ大好きな僕はこんなのを見て、結構、満足しているのだ。
 


[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「冬」編 

2006年02月27日

パースの風

 オリンピックも今朝の閉会式で終了した。

 華やかなスポーツの祭典だっただけに、オリンピックが終わるとガックリしてしまう。今度は何に目を向ければいいのだろ~。

 結果的には女子フィギュアスケートの金メダルがひとつという結果だったが、僕は久しぶりにウィンタースポーツの醍醐味を感じることができ、なかなか満足のいくものだった。

 スノーボードクロスとかカーリングとか、新しい競技が増えていく中で熱中できるスポーツが増えてくるとさらに嬉しい。

 さてさて、昨日・今日と休みだったからかなりグッタリとしながら生活をしていた。やっぱりHP作り(パース旅行)に力を入れたいのだが、ついついTVを見たり、ちょっとだけ身辺を整理したりで、どれも集中できずに今日も終わりそうだ。

 まぁ、天気もいいわけではないしね・・・男の休日なんてこんなもんだよ。

 ってわけで、今日のBLOGもパース旅行の写真で、HPに掲載していないものを数枚UPしてみることにした。

712b8079.jpg

【スワン川からイーストパースを臨む】

 手前はボートハウスのようにも見えるけれど、スワン川に浮かぶダンススタジオじゃないかなぁ・・・なんて、いつも通り過ぎるだけだから、気にしてなかったんだけど、ね。

 空の青さを感じてくれるだけで、充分満足だなぁ。

 スワン川の対岸(サウスパース側)では多くの人がウィンドサーフィンを楽しんでいる。

27410a7a.jpg

【高層ビルにパースの風】

 僕はスワン川から見るパース市内の高層ビルの風景が好きである。

 パースは青空もいいが、本当は星空も美しい。それを見せられないのが残念ではあるけれど・・・。

 バカちょんカメラではなかなかむずかしいのだ。

55ae35ce.jpg

【ロンドンコートから見上げたパースの青空】

 いつもロンドンコートに来るとその路地が狭いこともあり、結構暗く感じていた。その上、曇り空だったりすると(2004年はそうだった)、ただのギフトショップ街でしかなくなってしまう。

 空がこんなに青く、ロンドンコートが明るく写ったのは初めてかもしれない。



[去年の今日のブログを見る]




at 15:54|PermalinkComments(0)「旅行(パース2006年)」編 

2006年02月26日

HPさらに更新中

 見たはてな

 トリノの回転競技・・・はてなびっくり

 いやぁ、気づいたらもう朝方だったよ。

 皆川健太郎4位もすごかったけど、湯浅直樹7位にはビックリした。

 皆川健太郎の1回目は全体の3位、2回目は9位だった。1回目の3位でかなりクローズアップされただろう。

 湯浅直樹は1回目17位と出遅れていたが、2回目は3位だったのだから、これはすごいことだよね。

 残念ながらメダルまで、皆川健太郎0.03秒だったけど、これはスケートの岡崎朋美0.05秒と同じ悔しさがあるね。

 でも、アルペン界はこれをきっかけに変わってくるんじゃないかな。

 入賞者2人にやっぱりおめでとうを言いたい。

 僕もスキー好きの一人、小学生時代からアルペン競技の大会にも出たりしていたから(うまくはなかったが)、その恐さも知っている。

 だから、あのスタートをする瞬間の心臓の高鳴りは見ているこちらにまで伝わってくる。

 感動をありがとう

 そして本当にご苦労さまぁぁぁあああ。








82214604.jpg

【ベルタワーから見たバラックストリート】







 本当は今日、勤務の日だったんだけどね、休みをもらってしまった。ちょっと頑張って働き過ぎ・・・なもんで、ね。(ちなみに明日も休み)

 で、あったりまえのようにHP作りに励むことにした。

 とにかく写真が多すぎて、選別していくのが大変である。

 それほどいい写真はないのだけど、1枚でもHPで使えそうなものを選ぶってことに時間がかかるのだ。

 上の写真・・・この通りを徒歩5~6分直進すると、街の中心になるんだからいかに自然が多いかわかってくれるよね~(HP未公開)。








0b1eee28.jpg

【ジェッティでランチ(halo)】







 ちょうど写真では見えないけれど、すぐ左がスワン川になっている。

 爽やかな昼下がりにビールを飲むなんて、いいと思わないジョッキはてな(HP未公開)

 まぁ、こんな青空の写真で良ければ、下のタイトルをクリックしてみてね。








[去年の今日のブログを見る]




at 21:31|PermalinkComments(0)「旅行(パース2006年)」編 

2006年02月25日

卒業ソング

 最近、音楽を聴くときにアーティストだとか楽曲だとか気にしないで流して聴いていることが多い。

 聞き流す・・・ってことだね、それって。

 今の歌って意味のわからないものが多かったり、音にこだわっているだけのものも多いし、何といっても叙情感がない。

 しかも誰が歌っているのはてなっていうグループ名だったり、個人名も日本語でないのがあったりして、正直言ってみんなおんなじ」「だれかの真似にしか取れない。

 日本語のいいところってその言葉の意味の奥深いところなのである。

 以前、言葉の意味で覚えるのが日本語で、音で覚えるのが英語だと聞いたことがある。

 今の日本も欧米の真似ってやつかな。

 確かに僕らが漢字を覚えるときにも、その由来だとか意味を理解しながら勉強をしてきたが、英語は話している人の口の動きで覚える。

 僕が外国に行って英語を話すと、発音が上手ではないので意味が通じないと自信がなくなり、ついつい下を向いて話してしまうのだが、そうすると口を見せろって言われる。

 それはの発音なのか、「の発音なのか、下唇を噛んでいるのか、舌を巻いているのか・・・などを見たいためだ。

 僕らの年代(どんな年代でつかぁぁぁ?)というのはどちらかというと、歌詞の意味に感動したり、情景を思い浮かべながら音楽を聴くことが多いと思う。

f062549c.jpg

【もうすぐ春】

 この季節になるとやっぱり卒業ソングを耳にすることが多い。

 その時代に合った卒業ソングというのもある。

 この歌は僕らの世代ではない・・・紺色のブレザーでもなかったし、シャッター音というのはきっと携帯だろう。

 だけど、歌詞の多くの部分に共鳴する部分がある。

 あの日の「がんばれ」音符音符音符

 皆さんに聞こえてくるがんばれは・・・はてな

譜面卒業の日譜面

song by サスケ

d6a261ed.jpg


通い慣れた ゆるやかな坂道を 今 自転車で走る
紺色ブレザーの 仲間たちの 肩を叩いて 最後の「おはよう」

落書きだらけの 机の前では 響き渡る シャッター音
ざわめきかき消す チャイムが流れて 誰もが一瞬 瞼閉じるけど

そう 僕ら これから 別々の道を歩いて 新しい日々の中で
夢のカケラを つなぐたびに みんなの笑顔が 背中 押すだろう 



体育館の隅に 忘れられたままの 汚れたバスケットボール
聞こえてくるのは 仲間たちの 声をからした あの日の「がんばれ」

屋上へと続く階段を 一段跳ばしで 駆け上がる
夕陽の中の 街並みを ゆっくり 見渡す まぶしさに 目を細めて

そう 僕ら 明日がどんな道だとしても それでも必死になって もがくだろう
夢の扉を叩きながら あふれる思いを 叫び続けるよ



ひらひら舞う花 今 桜のとき
季節が行き 散ってしまっても
またここで巡り会える



そう 僕ら これから別々の道を歩いて 新しい日々の中で
夢のカケラを つなぐたびに みんなの笑顔が 背中押すだろう

そう 僕ら これから別々の道を歩いて 新しい日々の中で
夢の扉を 叩きながら みんなの笑顔を 思い出すだろう

みんなの笑顔を 思い出すだろう


 音楽を視聴してみたい方は上のジャケットをクリックして、卒業ソング・コレクションをクリックすればフルモードで聴けるよ(ただし、3月31日まで)。

 社会に出て、学生時代の想い出もどんどん薄らいできているが、この歌を聴いていたら少しだけ素直に学生時代に戻れたような気がした。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「趣味」編 

2006年02月24日

忘れかけていた感動

 日本国民が待ちに待った金メダル・・・女子フィギュアスケートの荒川静香さん、おめでとう。

 実は僕は早朝4時半(これって早朝?)に起きて、LIVEで全て見ていたのだ。

 勿論、安藤美姫4回転にチャレンジする姿を見たかったし、村主章枝表情豊かな(泣きそうな)演技も見たいと思った。

 もちろん外国勢の有名選手(スルツカヤやコーエン)も必見だと思っていた。

 安藤美姫は何が何でも4回転をするだろう・・・上位を狙うにしても、狙わなくても、きっと彼女の意志は固かったに違いない。

 成功すればさらに上を狙えたのかもしれないが、結果は転倒に終わった

 それにしてもその心意気に感動をしたのだ。

 その後は体力もかなり消耗して、壁に手をついてしまったり、再度転倒もあったのだが、やはり、あそこでチャレンジをしなかったら、大きな後悔がついてまわっていくことになるだろう。

d8291b3c.jpg

【4回転着氷か・・・しかし、このあとに転倒】

 彼女のことだ・・・きっと4年後BIGな選手になってオリンピックに出てくるのではないかな。

 密かに村主章枝の銅メダルっていうのもあるかもしれない、なんて思っていた。

 スルツカヤもコーエンも転倒していたから、そんな順位も期待してしまったのだが、やはりショートプログラムのわずかな得点差が銅メダルに手が届かなかったようだ。

c1e3ee97.jpg

【演技を終えて】

 彼女の顔はいつも泣きそうだ・・・と思うのは僕だけではないはず。 

 荒川静香は淡々と滑っているように思ったが、本当に美しい姿勢でアピール度も高かった。

8f3e419f.jpg

【イナ・バウアー】

 簡単そうに見えるが、すごいんだろうね。こういった演技の一つ一つの積み重ねが金メダルにつながっていったわけだ。

 女子フィギュアでアジア人が金メダルっていうのもだということで、すごい快挙なのだろう。すごいね~。

 忘れかけていた感動・・・本当にありがとうと言いたい。

(※ビデオからの写真なので画像がよくないのは許していただきたい。)

 きっと大勢の人のBLOGではこの金メダルについて書いていることだろう。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:46|PermalinkComments(2)「冬」編 

2006年02月23日

iL CHIANTI

 最近はあまり飲みに行くこともなくなった。

 家でも飲まなくなったし、職場でも案外付き合いが悪い方である(苦笑)。

 まぁ、通勤時間が長いことなどもその理由ではあるが・・・。

 1年振りに友人Cと会うことになっていたので、久しぶりに池袋で待ち合わせをした。

 お互い仕事が忙しいことを理由に疎遠になっていくのは好きではない

 できるだけチャンスがあれば、会えるよう努力はしていきたい。

 僕は別に料理などにこだわらないのだが、やっぱりどんな料理が好き?と訊ねられたら、イタリアンって答える。

 う~ん、和食もいい・・・か。

 いやいや、中華も好きだし・・・。

 あ~、結局は無国籍・・・ってやつかなぁ。

 と、悩んでしまうほど、まぁ・・・結局何でもいいのだけど、ね。

 でも、やっぱりイタリアンは気になるほうだなぁ。

 ということで、イタリアン専門の店に行くことにした。

 久しぶりの再会にビールジョッキで乾杯をし、その後、ワイングラスに進む。

2d9d12e5.jpg

【森のサラダ】

 ここの店のドレッシングおいしい。久しぶりにサラダがおいしいと思えた瞬間である。

 でも、メニューに書かれている料理の名前があまりにもかわいらしいので、オーダーするのにはちょっとはずかしい

7b03d2ee.jpg

【ムール貝のベネチア風】

 魚介料理も好きだから、ムール貝とか聞くと無性に食べたくなる。

 これ以外にもチーズの盛り合わせトマトソースの料理などテーブルいっぱいに久しぶりに楽しい夜でもあった。

 この店の名前・・・?

50d94fd0.jpg

【iL CHIANTI】

 イル キャンティ池袋店の店内から写したので、文字が逆さまだね。

 イタリアンに興味のある方、上の店名をクリックすればHPを見ることができるので是非ご覧あれ~。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「食物」編 

2006年02月22日

偶然の場所

 仕事が終わってから、事故で入院している君の病院に見舞いに行くことにした。

 不思議なことに、彼が緊急で入院した病院は職場からかなり遠い場所にあるのだが、この病院・・・実は僕が大学1年生のときに入院した病院でもあった。

 まさか、その病院にまた行くことになるなんて思ってもいなかった。

 彼の経過は良好ではあるが、一部記憶が戻らない(事故の前後の記憶の一部が思い出せない)という。また、その一瞬に硬直したであろう首の筋肉の痛みが取れないぐらいで、それ以外には異常が見られないので、近いうちに退院する。

 ひとまず元気な姿を見て一安心・・・。

 そして、この病院は僕の母校のすぐそばにあるわけで、(チャリンコをこぎこぎ行ったので)帰りにその母校のそばを通ることにした。

338dbe49.jpg

【母校と夕焼け空】

 大学の前のバス停のそばにはコンビニができたりしているが、それ以外は大きな変化はない。

 もちろん校内には入っていないから、キャンパスはどうなっているかはわからないが、この校舎で多くのことを学び素晴らしい仲間とも知り合えた。

 社会に出てからも何度か足を運んだことがある。

 それは人生がうまくいっているときよりも、そうではないときの方が多かったと思う。

 やっぱり、原点に戻って自分の人生を振り返るには一番いい場所であったのだ。

 ここに来ると僕は最初に入学式を思い出す。

 親元から離れ、期待不安の入り交じった生活が始まる第一歩がここから始まったのだ。

 そのときのことを思い出すと不思議とポジティブになれるのだ。

 桜舞い散る入学式だったのを今でもしっかりと覚えている。

“今年の桜はこの場所で写そう。” 
 そう思いながら、母校の横を通り過ぎた。

 僕は彼の入院によって、この場所に戻ってきて、少し力を分けてもらった気がする。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「冬」編 

2006年02月21日

バインズの風

 今週はあまり天気が良くないようだ。

 “寒くなるかなぁ”なんて思ったけど、思ったより寒さは感じることはなかった。しかし、空はやはり曇り空・・・。

 職場も昨日の事故を引きずってか・・・かなり曇り空・・・っていう感じだった。

 まぁ、ああいう事故があったのだから、それはそれでみんなが何かを感じてくれなきゃ困るわけだ。

 起きた事故は仕方ない・・・と思うしかない・・・で、終わってはいけない。

 それを教訓にしていかなければ・・・。

 20歳そこそこの若者にそれを伝えるのがむずかしいのであるが・・・。

 時間をかけていくことにしよう。








abfa2c0d.jpg

【バインズの夏】







 ホテルの入り口の右側は黄色い花がきれいに植えられている。マリーゴールドかなぁなんて思っているんだけど・・・色が黄色すぎるのは品種の違い?

 で、まるでこの写真・・・メインだったり、だったりするのではなく、もっと遠くに写っているオーストラリアの国旗をどう撮るか・・・なんて考えながら写したものである(HP未公開)。









360bb90e.jpg

【風になびく】







 真っ青な空を見上げていられる幸せ・・・。

 写真で「風」を感じてもらうのはなかなかできないが、風にたなびく国旗で少しは感じてもらえるかな。

ブラックボーイズ(という名の木)も2本の角を伸ばして、国旗の付いているポールまで伸びようとしているのだろうか・・・。

 ホントに爽やかな風が心地よかった(HP一部公開済み)。





  
[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「旅行(パース2006年)」編 

2006年02月20日

雨に落ち込む

 雨・・・。

 冷たい雨の一日だった。

 しかも今日はあまりいい一日ではなく、僕個人が忙しい一日でもあったのだが、勤務終了後にちょっとした事故があったりで、その対応に追われてしまい、精神的にヘトヘト状態になっていた。

 アルバイト連中がふざけて、その中の一人が後頭部から床に落ち、一瞬意識がなくなり、救急車を要請するという事態に・・・。

 深夜1時頃に電話が入り、検査結果は「異常なし」だったので、ようやく安心して寝ることができたが、事故はいつ、どんな状態で起きるかわからない。

 何事もなく終わったからよかったものの、やはり頭だから・・・心配ではある。

 明日は一度気を引き締める意味でも、若いアルバイト連中には厳しく忠告することにしようと思う。

 雨で、気持ちも落ち込んでいるときは・・・青空がいい

 今日もパース旅行のときの写真を2枚・・・。

cbad729a.jpg

【真夏なのに赤い葉の木】

 バインズリゾートホテルの周りを歩いていたら緑の木々の中にポツンと赤い葉をつけた木を見つけた。目立ちたがりの木なのかもしれない。

 写真ではわからないだろうけど、背の高い木なのだ(HP未公開)。

fa5371da.jpg

【中庭の噴水】

 ホテルの中庭の中央に噴水があり、ベランダの窓を開け、耳を澄ますと水の流れる音が心地よい。ついついそのそばまでいって写したくなってしまった(HP未公開)。

 ここのゾーンはこの噴水のある中庭に面していて、噴水の周りは小さな葡萄園になっている。空間の使い方が作られた自然・・・って感じがしないのが何ともいい。

 同じ景色でも青空のときは、さらにいいよね。

 特に落ち込んでる今日みたいな日には・・・。


[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「生活」編 

2006年02月19日

HP更新!

 8日ぶりの休日・・・。

 今日も朝からPCにらめっこ・・・。パース旅行記のHPをこつこつと作っていたんだけど、終わったのは夜9時

 実はぐだぐだしながら作っていたんだけどね、写真を選ぶのって時間がかかるんだよね。

 是非、写真だけでも眺めてね~。本当はもっといっぱい入れたかったんだけど、ね~。




 今回はまだ2日目。

 パース空港で友人と再会し、宿泊先のバインズリゾートホテルでの散歩の景色なんだけどね、どれもがお気に入りの写真ばかりで、選ぶだけで手こずっていたわけ。

 ちなみにバインズ(今ではこの近隣は地名ともなっている)は、日本で言えば東京とか大阪の真ん中にある高層ホテルではなく、長野県や山梨県の爽やかな高原の大きなペンションといった方がイメージが近いと思う。

 たった数時間のアクティブもそれを文章にするとなると1日かかるんだから、もしかしたらHP作りをしているときの方が楽しく旅行気分を味わっているのかもしれないな。

bdfa7d31.jpg

【ブレイクダンス】

 う~ん、これは2本の木を重ねて写してみたんだけどね、なんかダンスをしているような・・・阿弥陀如来像のような・・・不思議な写真になった。

 バインズリゾートホテルのゴルフコースで写したものである。(HP未公開写真)

8a2ab6ea.jpg

【あまりにも空がきれいで】

 この花は、もしかしたらワイルドフラワーKangaroo Pawなのかなぁ。

 もしかしたら違うかもしれない・・・西オーストラリア州のワイルドフラワーに詳しい方教えて~。

 バインズの周辺にはいっぱい咲いていたな。

 ワイルドフラワーと呼ばれる花はむやみに取ってはいけないというルールがある。多分罰金が課せられるようになっているはずだ。

 オーストラリアでもワイルドフラワーと呼ばれている花はどこにでも咲いているものではないからだ。(HP未公開写真)

 さてさて、今週も明日からまたかなり忙しくなるのはすでに承知の上・・・だからこそ、今日ものんびりしておきたかった。

 プライベートの時間が少ない中で、1年ぶりに友人と会う約束をしたりで・・・また睡眠時間の少ない週になりそうだ。

 がんばるとするかダッシュ



[去年の今日のブログを見る]




at 20:54|PermalinkComments(6)「趣味」編