2007年09月

2007年09月30日

一日の終わり

 雨の日曜日・・・関東は17~8度ってところだな。

 寒かったよ、うん。

 やっぱり20度を下回ると寒く感じる。

 その上、朝からほとんど降り止むこともなく雨が続いていたから尚更のことだね。

 実は夕べ、ほとんど眠れず(これといった理由はない)に出勤。電車のシートに座ると睡魔に襲われるから、お客さんが少なかったけれど座らずに耐えた。

 おかげで足腰が鍛えられガタガタである。

 それでも月末だったし、忙しかったので逆にそれが救われたかな。

 2007年も早いもので4分の3が過ぎ、明日からいよいよ10月だね。

 10月になると日本のシステムが少し変わる。

 緊急地震速報がTVの画面に映ることになる。

 また郵政民営化が実施されるので、払込手数料などが一部変わるが、この先どんなサプライズが待っているか・・・楽しみでもあり、不安でもある。

 こうやって日本という国は少しずつ変わりつつあるわけだ。

 さて、箱根にちょっとドライブ旅行で出かけ、BLOGに掲載しただけで、すでにリアルで約10日が経過している。

 たった一日のことをこんなに長く書くなんて、読んでいる側もきっと飽きてくる頃だろう(無視してやってくらさいな)。

 それもこれもデジカメという奴がいけない!うんうん。

 昔、デジカメなんてない時代、カメラ小僧と呼ばれるほど写真好きで十数万円の一眼レフを手に入れて旅行に出かけていたが、いつの間にやら、その重さに耐えきれず(?)手に持つようになったのは使い捨てカメラ

 使い捨てカメラがどんどん進化していく中、PCの普及と共にデジカメなるものが出現し、想い出作りの為にどんどんとシャッターを切るようになってしまったわけだ。

 カメラマンの友人の息子がいて、その息子が言った一言・・・。

「お父さんはカメラを覗いて想い出を写真に残すのだろうが、僕は心の中に想い出を残したい。」

 この言葉にはグサッと来た。

 それでも僕は写真を撮り続けているんだけどね・・・。


一日の終わり(箱根編)


 バイキングビールでお腹も満たされ、部屋に戻る途中でフロントに立ち寄るが、人の気配がほとんどないので写真を一枚・・・。

165eb40e.jpg

【きれいなフロント】
 
 日本のホテルはフロントも比較的狭かったりするのだが、ホテルの第一印象はやっぱりフロント周りだよね。

 きれいなフロントだとそれだけでまた宿泊したくなるもの。

 というわけで、一度部屋に戻り・・・ホテルの温泉へ。

a92916fd.jpg

【温泉は何度入っても気持ちいい】

 が、しかし・・・カメラはここまで。

 結構人も多かったので、結局、中は写せず、のんびりと箱根の夜を満喫した。

 僕はあまりマッサージなどを受けたことがないが、今回は夏の疲れを取る為に受けてみることにした。

 これがまた気持ちよく、すっかり眠りの世界に入ってしまうほど・・・。

 あ~、起こさなくても良かったのに~。

0694e861.jpg

【絵本の世界】

 マッサージルームの前にあるのがこれ!

 ちょっとした癒しの空間だよね。絵本がずらりと並んでいる。

be3659d1.jpg

【でっかいフクロウが眠りを誘う】

 というわけで、箱根の一日が終わろうとしている。

 今日はあまり天気が良くなかったのだが、それでも傘を差すほどの雨ではなく、まぁまぁ楽しく過ごせたようだ。

 明日は青空が広がることを祈りながら・・・。

 眠りの世界に入ったとさ・・・。




[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月29日

気軽にバイキング

 暑かった昨日とはうって変わって、今日は朝から雨雨

 風も冷たく日中の気温は20度を下回っていたようだ。

 ジャケットのボタンをはずしていると寒く感じるほどで、しっかりボタンを留めての出勤。

 今日は土曜日だったなんて・・・電車に乗るまで気づかないでいた。

 明日も朝から忙しい。

 あ、パ・リーグは日本ハム2連覇ですね~。

 一応、北海道出身の僕としては、北海道のチームが優勝するというのは嬉しいものだ・・・が、やっぱり巨人5年振りに優勝してくれることの方がはるかに嬉しいのだが・・・。


気軽にバイキング(箱根編)


 食事のスタイルはバイキングが一番気楽でいい。

 自分で食べられる分をお皿に盛ればいいし、嫌いなものを残すよりはきれいに食べることのほうが気持ちがいい。

 ところがやっぱり目に見えるもの全てがおいしそうに見えてついつい、あれも・・・これも・・・となるから厄介だ。

57689ca6.jpg

【レストラン通路も楽しい】

 入り口を入ると長い廊下があり、大きなガラス越しに厨房が見渡せる。

 いかにも洋風レストランの厨房

 ビンに詰められたパスタが僕の心をくすぐる。

 こういうのに弱いんだよね~。

b488fa7f.jpg

【シェフ・・・いただきま~す】

 更に奥に行くと、食器も並んでいる。

 こんな絵柄のお皿で食事をしたら楽しいね~。

 ハーブやスパイスなど・・・食事をするよりもこっちのほうが興味があったり、ね。

b9be55e5.jpg

【しばっち的盛り付け例】

 というか、バイキングは大好きなスタイルだけど・・・。

 どうしていつもセンスがないのだろう

 こんな盛り付けしかできないのだ。

 僕はどちらかというと生野菜があまり好きではない。食べないわけではないが、好んで食べようとはしない。

 ご飯を食べる前に・・・ここでも・・・。

3503635e.jpg

【かんぱぁ~い】

 がははは・・・飲んでばっかりっすジョッキ

 というかピントがビールではなく、その奥のフクロウくんですな。

 ご愛敬ってことで・・・すんませんです。

 これらはほとんどビールのおつまみとして胃袋に入っていったんだけど、主食は何だったけ???





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月28日

ディナーの前に

 もう異常気象ってやつかなぁ?マジで!

 9月も終わろうとしているのに、この暑さ・・・真夏だよ、真夏!

 30度を軽く超えているんだから・・・。

 とはいえ、明日からは涼しくなるようで、この暑さは今日だけ・・・。

 極端に寒くなってほしくはないけれど、秋らしく爽やかになってくれるといいなぁ~。


ディナーの前に


 ユネッサンを出たのは6時過ぎ。

 テクテクと歩いて、すぐ下のホテルまで移動し、チェックイン(手続きはすでにしてあるので鍵だけ受け取って)。

 箱根に限らず、ホテルって正面から見るとエントランスが1階にあるのに、そこが5階になっている・・・みたいなところってけっこうあるよね。

 ここ、小涌園もそうなんだよね。

 で、お客様の部屋は3階になります・・・って言われて、エレベーターに乗ったときについつい、上に行こうとする僕。

 違うんだよね~。下だよ~、下!

9c34c265.jpg

【やばっ】

 せっかく部屋を写してみたのに・・・。

 水泳パンツが・・・。

754f0450.jpg

【今日の疲れをこの部屋で・・・】

 そ、そ・・・そろそろ夕食時間である。

 のんびりしていられない(笑)。

a5f6a59a.jpg
 
【浴衣とスニーカーの組み合わせ】

 レストランに行くと受付で

「ただいまの時間は混雑しているために20分ぐらいお待ちいただくことになります。部屋でお待ち下さればお電話でお呼びいたします。」

と言われ、戻ろうと思ったんだけどね、せっかくカメラを持っていたのでエントランスに行って写真を撮ろうかなって思って写した一枚がこれ(↑)。

 こんな格好している人といえば・・・。

a8a806a8.jpg

【エントランス中央は花がきれいに】

 日本人じゃないよね。

 そう、外国人の団体様ご一行でしたぁ。インド人が多かったなぁ。

 いやいや中国・韓国からの旅行者も多く、もちろん欧米の人もいっぱい。

 もしかしたら、日本人よりも多かったのでは・・・。

f44b736b.jpg

【食事の前に】

 中途半端な時間だったので、部屋に戻らずにロビー横にあるラウンジで大人の時間を・・・(っぷ)。

 ここでもかんぱぁ~い(って誰にしているかって・・・)。

 ほら、ビールの奥にいる外国人の方たちに・・・(あははは)。

 しばらくするとレストランからラウンジ(予め変更の連絡をしておいた)に連絡が入り、テーブルの準備ができたというので、席を立つことにした。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月27日

ココロの洗濯

 もう季節としては十分にのはず。

 やはり夏に比べれば涼しくはなっている。

 そう思って、今日はこの秋、初めて長袖のシャツを着ていったのだが・・・。

 日中よりも夜の方が蒸し暑い気がする。

 僕は汗っかきではないのだが、背中に汗の跡が・・・。関東はまだまだそんな季節である。


ココロの洗濯(箱根編)


 水着ゾーンで楽しんだ後は・・・のんびり温泉に浸かることに・・・。

 ユネッサンの水着ゾーンと裸ゾーンでは基本的に別料金となっている。もちろん共通券もあるが・・・。

 そのため、水着ゾーンは5階、裸ゾーンは3階になっていて移動しなければならないのだが・・・これがまた複雑(もちろん裸での移動はできましぇん)。

 ただでさえ、水着ゾーンのユネッサン湯~とぴあも移動するには渡り廊下を歩かなければ移動できないし、僕のような方向音痴の人間には結構しんどい部分もある。

 で、裸ゾーンの呼び名は森の湯

3a35c3d2.jpg

【男風呂の入り口】

 ところが・・・中に入ってみると・・・。

 思った以上に人が多くて、“これじゃぁ、写真は無理だな。”と、それこそこんなところでカメラを出したら、ほとんど犯罪になりかねない。

 で、残念ではあるが・・・森の湯はHPでご覧あれ~。

 中に入ると広い内湯があり、外には段差になっている露天風呂、そして樽風呂がかわいい。樽風呂がかわいいっていうよりも、そこに入っている人の姿が妙にかわいいっていうか・・・漫画チックでおもしろい。

 この頃になると空も少し明るくなり、雨はすっかり上がっていたのでサウナも含め、1時間半もぐったり(?)湯に浸かっていた。

 温泉は無臭で硫黄が苦手な方にもお勧めである。

 お風呂から上がってちょっと休憩。

df1e70e8.jpg

【休憩所の裏庭には・・・】

 気になったことがひとつあり、それは休憩所の裏庭に何故か古ぼけた家のような建物がある。

 どうも民家のようなのだが、どうしてここにこんな建物があるのか僕の中での不思議が・・・かなり昔の建物のように思う。

 それが、この施設とつながっているようなのだ。

 う~ん、ちょっと謎めいている

284fbf02.jpg

【かわいいっ】

 帰り際に見上げたら気づいた道標・・・かわいいというか恐いというか・・・グロいっていうか。

 おもしろっ魚にっこり 

19c1786c.jpg

【また遊びに来ま~す】

 ハイシーズンはここがビッシリになるほど人々でごったがえすんだろうが、今日のこの時間は閑散としていた。

 こういう場所はオフシーズンに限るね。

a8634188.jpg

【お土産は・・・】

 普段温泉などに出かけてもあまり買わないのだが、思わず入浴剤をいっぱい買ってしまった(一袋150円也)。

 入浴剤の種類?

 もちろんラーメン風呂ってやつも含め10数種類ね。職場の人たちでラーメン風呂に入れない人のために・・・ね。

 それからは自分のために。

 この写真はショップにあった試食品だが・・・桜のにおいがほんのりとする塩を衝動買い(がははは)。

 最近塩にハマッている。

 温泉って人が多すぎるとストレスにもなるが、ほどほどの人数で入っているとココロの洗濯ができる空間だよね。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:40|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月26日

遊びのあとは・・・

 今日は、昔の友人とちょっと飲みに出かけてきたので、今・・・すでに眠いっすよ~

 普段、滅多に飲まないから・・・身体の隅々までアルコールジョッキジョッキジョッキが染み込んでいる感じがする。

 そういえば、高校時代の友人も大学時代の友人も・・・久しく会っていない。みんな元気でやっているのかなぁ。

 今でこそ携帯やPCでメールってことも頻繁だが、あの時代はそういうものはなかったしね~。

 連絡を取りたくてもどこにいるのかほとんどわかっていないんだよなぁ。


遊びのあとは・・・(箱根編)


 湯~とぴあゾーンにはコーヒー風呂ワイン風呂以外にも五右衛門風呂岩風呂などもあるが、やはりお客さんが多く、なかなか写真を写すチャンスがない。

 あんまりジロジロと見ているのも変だし、レンズを向けられるのはもっと嫌だろう。

 そんなこともあり、多くのお風呂がありながらもなかなか写すことができず僕的にはちょっと欲求不満が残っているのだが・・・。

e7fc120b.jpg

【炭焼き小屋?】

 山間にあるこの小屋は・・・。

 屋根の上にはでっかぁ~い炭があるのがおもしろい。

 中に入ってみると・・・。

c7b9de82.jpg

【炭風呂】

 真っ黒いお湯の入った炭風呂

 籠の中にも炭が入っている。

 炭のマイナスイオン効果遠赤外線効果が加わり、柔らかい肌ざわりで、体が芯から温まるお風呂。

 きっと、真冬に入ると効能がアップするんじゃないかな?

641a0a46.jpg

【茶上がり処】

 これはおもしろいね。

 お風呂から上がったら、ここで火照った身体を冷ますこともできる。床面は少し暖かくなっているかな?

 こんな所が2~3ヶ所用意されている。

2a2c1360.jpg

【間欠泉】

 多くのお客さんはお風呂にはいるのに夢中で、こんなところに間欠泉があっても見向きもしない。

 ちょうど横切るときに間欠泉から蒸気が噴き出してくる時間だったので、カメラを持って待ちかまえていたら・・・出てきた、出てきたぁ~。

 うん、音もせずに蒸気が噴き出してくるから見落としてしまうかな。

 雨も小雨に変わり、ほとんど降ってはいなかったんだけど、ちょっとお腹が空いてきたなぁ。

 ということで室内に戻ることにした。

 室内には25mプールフードコートなどもあるので、そこでお腹を満たすことにした。

 本当はこのユネッサンにイタリアレストランアンティパスタ(この間、軽井沢で行った赤いカルボナーラで有名な)があるのは事前調査で知ってはいたのだが、フードコートで軽く食事を取ることにした。

 で、まずは・・・。

880f4bf1.jpg

【かんぱぁ~い】

 やっぱり車を降りたら、これに限るジョッキにっこり

 渇いた喉に潤いを~

 で、おつまみと昼食兼用で・・・。

adea7970.jpg

【ちゃぁしゅぅめぇ~ん】

 チャーシュービールジョッキのおつまみに・・・。

 最近は醤油豚骨だったり、スープに味を凝らしているが、ここのラーメンはかなりシンプルでおいしい。

 かなり久しぶりに食べた味。中華そばの味だな。

 さ~て、満腹になったことだし、残すところは森の湯だね。

 箱根に来たらやっぱり温泉ってことで・・・。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 21:49|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月25日

お風呂いっぱい

 ふぅ、頑張った

 この一言に尽きる。

 朝、電車の遅れもあり、その分、いつもより乗車人数が多い。普段なら座れなくても人との隙間があるんだけどね・・・今日はそうはいかなかった。

 前半は事務所での仕事で、今まで溜まっていた仕事をこなそうと思っていたのに、来るわ来るわ・・・。

 どうして、みんなそんなに一度に仕事をくれるの?

 自分でやってくれよ~(涙)。

 結局、自分の仕事は何一つできていない。

 後半は指導・・・。

 現場での仕事はしんどいけれど、嫌なことは全て忘れられるから僕にとってはある意味、ストレス発散の場でもある。

 明日は休日で一日のんびりしていようと思ったが、夜は友人に誘われ、飲み会である。

 最近は飲み会とか、やってないから・・・楽しみのような・・・そうでないような・・・がははは。

 まぁ、付き合いが悪いんだよなぁ、僕という人間は・・・。 


お風呂いっぱい(箱根編)


 実は湯~とぴあゾーンはユネッサンと同じ水着ゾーンに含まれているが、どちらかといえば、お風呂主体の空間である。

 三日月ホテルの竜宮城のお風呂にも多くの種類のお風呂があるが、ここも負けてはいない。

 雨も降ったり止んだりの天気だが、平日にしてはお客さんの数も少なくはなく、カメラでお風呂を写すのも大変。

 変なおぢさんに間違えられたら嫌だしなぁ。

 できるだけ人がいないところでシャッターを押したり、結構気を使いながら回ってみたのだが・・・。

ecaf9003.jpg

【本格コーヒー風呂】

 外に出ると最初に辿り着くのがコーヒー風呂

 低温抽出する粗挽きネルドリップ式(写真左上)のコーヒー風呂で、実際にスタッフの人が挽いているのを目にすることができた。

 このお風呂、かなりいい匂いで、思わず飲みたくなってしまった。

 コーヒー好きにはたまらないかも・・・ね。

65154a46.jpg

【露天ワイン風呂】

 きれいなワイン色のお風呂で、ほんのりとワインの匂いが気持ちいい。美肌効果も期待できるらしいよ(僕には関係ないが・・・)。

 それにしてもこのボトル・・・デカッ!なんと全長3.6mのワインボトルなんだって。

 そして、一日数回本物の赤ワインを投入するらしいが、残念ながらそのチャンスには巡り会わなかったな。

798776f8.jpg

【緑茶風呂】

 う~っ、ピントが合ってなかった。

 結構小さめのお風呂なので、人が5~6人も入ると写真も撮れずにいたのでかなり焦って写した一枚である。

 かけ湯には、地物の名産足柄茶を使用していてカテキンもたっぷり。丹沢・箱根山麓一帯は、その気候・風土がお茶栽培に最適の場所なんだって。

 そういえば、すぐ隣はお茶の産地、静岡県だね。

 だけど、僕はどうしても緑茶風呂は苦手だな・・・お茶の匂いの中に苔の匂いが混ざっているような・・・そんな気がして、ね。

ab59312c.jpg

【酒風呂】

 本物のお酒が大きな酒樽からぽたぽたとしたたり落ちる酒風呂

 これもいい匂いで飲みたくなってしまう(アルコールなら何でもいいのかぁ)。実際には飲めないので要注意。

0952952f.jpg

【色はバスクリン】

 緑茶風呂から流れてくるお風呂だが、人がいっぱい。

 コーヒー風呂にしろ、ワイン風呂にしろ・・・考えてみたら、本来は飲み物であって、そのお風呂に入るってことは、まるで自分がカップやグラスに入っているのと同じ感覚だよね。

 ある意味、鬼太郎の目玉オヤジと一緒だな。

 さて、もう少し、上に行ってみることにしよう。







[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:40|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月24日

シャボン玉とんだ~

 うひゃっ、結局、今日は朝一からラストまで仕事詰めで~。

 その上、最終電車電車かい。

 しんどいっす。

 さらに明日は本来遅番だったのに~、朝から通しで仕事っす。

 明日の朝・・・起きれるかなぁ(かなり心配しながらも・・・BLOGを書く根性だけは残っているようだ)。

 実際にはすでに0時を過ぎているんだけど、ね。

 この3連休を楽しんだ方も明日からは通常の生活・・・がんばろ~ね~。


シャボン玉とんだ~(箱根編)


 ユネッサンゾーンで最も大きなのは地中海をイメージした神々のエーゲ海と呼ばれるスパ。

 まるでプールのよう・・・。

 もちろん、ただお風呂に浸かっているだけでも楽しいだろうが、この大型スパの中には種類の異なるジャグジーが8ヶ所もあり、それを移動しているだけでも楽しい。

b45f63ef.jpg

【上から見ると】

 20分に一度、音楽噴水シャボン玉のショーが始まる。

 ちょうど上にいたら噴水がスパ全体に飛び散るのが見えた。

ea2222ea.jpg

【光とシャボン玉~】

 きれいだね~。

 楽しいね~。

 僕・・・?

 まぁ、楽しんでいるよ・・・うん。

64f027ca.jpg

【下に降りてみる】

 飽きがこないね。

 ぼーっとお湯に浸かっていても気持ちがいいしね。

 だけど、やっぱり子供が多いのは気になるね~。

 外に出てみることにしたが、ユネッサンに来る前以上に雨が強く降ってきている。

 こんなはずではなかったんだけどなぁ・・・。

 外にも幾つかのお風呂などがある。

00d820cc.jpg

【ロデオマウンテン】

 ロデオマウンテンと呼ばれるスライダーは全部で3コース。そういえば、これと似たようなスライダーで今年の夏にどこかで事故があったよね~。

 滑る部分の一部に亀裂が生じ、そこに腕が挟まった事故を思い出した。

 ふしぎな洞窟とか龍の水辺などなどテーマに沿ったお風呂がいっぱいあるが、雨も降っていて、ちょっと足を入れる程度に留めておいた。

 まぁ、お風呂というよりは水上公園っていう感じかな?

e5180b31.jpg

【ボザッピィのジャングルジム】

 小さな子供たちが楽しめる温水プール

 こんなプールがあったら子供たちは飽きが来ないね。

 結構大粒の雨が降り出してきていたのに、室内に戻ろうとしない子供たち。お父さん・お母さん、ご苦労さまです。

 真夏の暑い日は大勢の子供たちで賑わうのだろうね~。

 さ~、ユネッサンゾーンはこの辺にして・・・湯~とぴあにでも行ってみることにするか。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月23日

あついゼッ、ベイビー

 今日はあまり天気が良くなく、気温も下がり、涼しくなるとのことだったので、それを真に受け止めてジャケットを着て職場へ行ったのだが、ムシムシする暑さ

 確かに日中の気温は25度ぐらいにはなっているんだけどね。

 周りの人はまだまだ半袖シャツだし・・・まぁ、サラリーマン風の人は多くは見かけないが(世の中3連休だしね)、それでもジャケットなんか着ている人はほとんどいない。

 もう、騙されたって感じだな。

 明日も朝からビッシリ仕事だよん(涙)。

 頑張るとするか!


あついゼッ、ベイビー(箱根編)


 受付をすませ、ロッカーで水泳パンツに履き替える。

 まず向かったのはユネッサンゾーン(水着ゾーン)、しかもドクターフィッシュの足湯の時間で、早速並ぶことにした(これは人気が高い)。

22fbdba1.jpg

【体験!体験!】

 ちょうど並んでいたら目の前には水槽が・・・。

 この魚・・・学名はガラ・ルファといい、水温も37度ぐらいあっても平気で生きている。

 見た目はメダカのような魚である。

 このお魚さん、角質をパクパク食べてくれるので女性には大人気

15225ddd.jpg

【角質が大好物だよ~♪】

 身体に着いている塩素を一度洗い終わって、丹念に足を拭いてから足湯に入れると同時にお魚さんは一斉に足に寄ってきて、突き始める。

 これがまたくすぐったい

 本来は30分コース(別料金なのかな?)だが、これはあくまでも5分の体験コースとなっている。

 僕は足の甲にちょっとした傷があり(靴擦れのような小さな傷)、そこを集中的に突いてくる魚がいて、5分も足を入れているうちにヒリヒリと痛くなるほど傷口が開いてしまって・・・これがまた、後で大変なことに・・・(とほほほ)。

f1987cf8.jpg

【ラーメン風呂】

 この時期のイベントのひとつにラーメン風呂があるのをHPで見ていて密かに楽しみ(?)にしていたわけで・・・。

 このラーメン風呂はなんつっ亭とのコラボなんだけど・・・なかなかアピール度が高い。

 想像してごらんよ。

 ラーメンどんぶりに人が入ったら・・・どんなイメージかなぁ。

 なると・しなちく・わかめ・ゆで卵・チャーシュー。

 そんなのは入ってないんだけどね。

9605b7bf.jpg

【子供たちがいっぱい】

 どんぶりに見立てたお風呂の上にはラーメンが・・・。

 色はかなり醤油豚骨に近いね。匂いも何となくラーメンの匂いがする。

 そこへ、スタッフがどんぶりを持ってやって来て、子供たちの掌ラーメンを・・・。

7ba74bd0.jpg

【見て見て~ラーメンだぞぉ~】

 確かに掌にはラーメンが・・・。

 その掌に今度は小さなオタマに入った濃縮スープをかけてくれる。あまりにもリアルだったので、スタッフに、

「これって本物なんですかぁ?」

26e9347c.jpg
 
【ジャグジーを見ると】

「いえいえ、あくまでもラーメンに見立てた入浴剤ですよ。もちろんスープも入浴剤です。」

 あはっ

 そりゃそうだよね~。

 それにしてもアイディアが楽しいね

 ジャグジーを見るとまるで煮詰まったラーメンスープに見えるのは僕だけだろうか・・・。

02458913.jpg

【あついゼッ、ベイビー】

 今日は平日。

 それなのに子供たちの多いこと、多いこと。

 ど~してぇ~???

 どうでもいいことだけど、僕はなんつっ亭のラーメンはかなり苦手である。

 あのマー油が・・・ダメなんだなぁ。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:15|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月22日

ユネッサンで遊ぼっ

 世の中、今日から3連休であるが、僕は今日だけ休日で、家でゴロゴロしていることにした。

 世の中の休日にはできるだけ遊びに行かないというのが、僕のステータス(?)。同じ料金で遊ぶなら平日の方がお得感があるからだ。

 いやいやお金だけの問題ではない

 むしろ時間の使い方・・・かな。たとえばディズニーランドに行ったとしても日曜日なんかでは乗り物に乗る時間以上に待ち時間が長かったりするでしょ?

 もう、あれってうんざりだよね~。

 平日だったら待たずに乗れることだってあるもの。

 なぁ~んてここ数年、行ったこともないけどね(ディズニーシーがオープンした年が最後だからかれこれ5~6年かな)。

 というわけで、今日は洗濯して、寝てた(爆)。


ユネッサンで遊ぼっ(箱根編)


 箱根湯本から宮ノ下まで行き、左に曲がると目的地が近い。

 ちょうど富士屋ホテルのパン屋さんピコットはそのT字路の脇にあり、ちょっとだけ立ち寄ることにした。

e688d47d.jpg

【宮ノ下のピコット】

 中に入るとここでもかなり売り切れていてフランスパンのバケットが1本しかなく、他のお客さんに取られる前にゲット(笑)。

 あとは僕の大好きなレーズンパンさえゲットできればそれでOK。

 それにしても富士屋ホテル・・・一度でいいから泊まってみたいね~。

 僕のような一般庶民の下に位置する人間にとってはちょっと憧れのホテルである。

2ac76608.jpg

【富士屋ホテル・花御殿】
 
 いつか、いつの日か・・・泊まってみたい花御殿

 なんか・・・千と千尋の神隠しに出てくるような建物だな。まぁ、夢を持ってカメラを向けてみただけ。

 T字路を左に折れ(実際には道なりなんだけど)、クネクネとした坂道を登っていくと、ようやく目的地のユネッサンに到着~。

 宿泊するのも箱根小涌園だから、まずは小涌園の駐車場に車を停め、フロントで手続き。

 チェックインの時間よりは早めだったので、ユネッサンの入場券などをもらって、そのままユネッサンに・・・。

859f660b.jpg

【ユネッサン到着~♪】

 ユネッサンは大きく分けると5つのゾーンに別れているようだ。

 ユネッサン湯~とぴあ森の湯岩盤浴散策ゾーンである。まぁ、ごく一般的にはユネッサン・湯~とぴあ・森の湯の3ヶ所なのかな?

c461d872.jpg

【キャラはスパネコ】

 入り口には顔の四角いスパネコがお待ちしている。

 あちこちに立ち寄ってきたから、時計はすでに午後1時。まぁ、今日はこれがメインだからあとはのんびりした時間を過ごせばそれで大満足~。

 では中に入ってみるとしよ~。

aaa4ae6b.jpg

【フロントの天井】

 天井なんてどうでもいいじゃん・・・(激怒)。

 がははは、だって今日は晴れるって予報で言っていたのに、晴れるどころか雨までポツポツと降ってきたから、青空を写してないんだよぉ~。

 これで我慢しておくれ~。

 というわけで、今日はここまで~(なんというブログ???)。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 22:55|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編 

2007年09月21日

箱根湯本で買い物~♪

 一泊二日での箱根旅行もあっという間に終わり、今日から普通に仕事。

 ・・・なんだけどね・・・今日一日頑張れば明日も休みだったりする(笑)。

 僕の場合、どうしても火曜金曜はそう簡単には休めないわけがある。休めないというよりも休みたくないってことかな。

 だから金曜日に休むことができたら4連休だったんだけどね~(う~ん残念)。

 9月も後半だというのに暑い炎

 そろそろ秋の気配が漂ってきてもいいのだが・・・地球温暖化現象だからなのか・・・。


箱根湯本で買い物~♪(箱根編)


 海老名SA小田原漁港に立ち寄り、いよいよ箱根湯本に到着・・・したのはいいが、ここもまるで軽井沢の駅前のように車を止められる場所がない。

 車を数台止められる有料駐車場はどこも満車である。

 商店街の歩道も人で溢れている。

 今日って平日なのにね~。

 どんどん商店街から遠ざかってしまい、もう一度Uタ~ン

 そうしたら、チラッと見た看板・・・湯本観光駐車場。駐車場としては平坦な場所ではないが、覗いてみると20台ほど入れるようだ。

 しかもここは無料のようだ。

 その上、ラッキーキラキラなことに一台分の空きがあり・・・。

 やったぁ~。

 というわけで、車を停めることに成功。今度から箱根湯本に車で来たときにはここの駐車場に停めることにしよっと。

fbd28442.jpg

【ロマンスカー】

 新宿から出ている小田急線箱根湯本は終点駅となる。

 新宿から箱根湯本までロマンスカーだと約1時間半で着くわけだから、日帰りのときはロマンスカーでビールジョッキを飲みながら移動するのもいいね。

 車だとお酒が飲めないからね~。

1c61f451.jpg

【あじさい橋】

 そういえば箱根は紫陽花でも有名な場所が多い。

 今年の梅雨の時期にもテレビでやっていたなぁ。箱根登山電車から見る紫陽花は最高なんだって。

 しかも夜はライトアップされているというから見応えあるだろうなぁ。

 今度は6月頃に電車で来てみるのもいいかもしれないね。

 あじさい橋の下を流れているのは早川

 早川を渡ると箱根湯本駅前ってことだ。

d79516d1.jpg

【早川】

 実はこのとき、少しだけ雨が降っていたので心配していたが、特に今回は箱根湯本ではちょっとした買い物をしたくて寄っただけだったので、簡単に済ませることにした。

 その一つは富士屋ホテルのパンである。

 あじさい橋を渡ると通りの右側にあるピコットがそれだ。

 しかし、さすがに人気があってか、すでに店頭には目的のパンが売り尽くされ、店員に尋ねてみると宮ノ下にもあるというので、そちらに行ってみることにした。

082f4cf1.jpg

【竹いち】

 で、一番の目的は国道1号線上(商店街)に位置するすり身団子で有名な竹いちである。

 しかし、ここの店・・・どうもかなり有名らしく、すり身団子は前日までの予約がなければほとんど買うことができないようだ。

 店頭に並んでいる分だけが販売されているわけで、今日はまだ少し残っていたので買うことに・・・。

 本当は帰りに買いたいものだったんだけど・・・帰りはこの道を通らないからクーラーボックスに入れておくことにした。

94e9978e.jpg

【さすがに人気店】

 ついでに店頭にあったいかの塩辛も購入。その名も男の塩辛ってやつ。もちろん女の塩辛っていうのもあるが、ちょっと口にしてみたらかなり甘めだったので、グッと辛めに作られた男の塩辛のみを購入。

 さ~て、ここでも目的のひとつも購入できたのでそろそろ出発だぁぁああ。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:46|PermalinkComments(0)「旅行(神奈川)」編