2008年10月

2008年10月21日

慰霊碑のそばで

f1565ec0.jpg

慰霊碑のそばで

(パースの宝物2004年6月)







 (昨日・おとといはキングスパークからパースシティを一望できるスポットで写した写真を紹介したが・・・)

 さらに奥に行くときれいに刈られた芝生が広がる広場がある。

 ここから見るパースシティも美しいが、まず目に付くのは慰霊の碑

 このキングスパークにある慰霊の碑にある炎はいつまでも耐えることがない(写真上)。

 僕はこの炎を眺めているのが好きだ。

 なんだかこの周りに来ると気持ちが妙に落ち着くのである。

 しばらくその前にかがみ込んでこの炎を眺めていた。

 ゆっくりと炎を写真に納める。







bd091af8.jpg

【慰霊の碑】







 勿論、第二次世界大戦ではオーストラリアも多くの被害を受けた。

 そして、このキングスパークの最も美しい風景の広がる場所にあるのが慰霊碑

 慰霊碑の後方に広がるのがスワン川である。







1511ec08.jpg

【いつまでも平和でありますように】







 上の写真↑は慰霊碑の正面だが、裏側に回ると戦争で命を落とした人々の名前が刻まれている。

 全部読み上げているわけではないが、やはり残酷な時代に生まれた人たちが戦争の犠牲者となってしまったことで、この空間にいるだけで、平和の大切さを改めて感じる。

 心の中で冥福を祈った。








53c547a1.jpg

【すばらしい空間】







 そして、僕は最後に心の中で、またいつかこの地に戻ってきたいという思いをつぶやいた。

 この地に眠る人々に平和な世界を知ってもらえたら、どんなにいいだろう。





太陽 ・・・ 太陽


2008年10月21日の日記

 10月も後半に差し掛かっているが、日中の気温は軽く20度を超えている。

 まだ今年も2ヶ月以上残っているが、ふと今年を振り返ってみると今月が一番穏やかな気候に感じる。

 雨の多かった春・夏。

 特に夏場はゲリラ豪雨という言葉が生まれたほど(昔からあったかどうかは知らないが)、毎日恐ろしい雨の日の連続。

 しかし、やっぱり今年はどう考えてもおかしい。

 9月・10月といえば台風の季節だというのに、まだこの秋、台風が来ていない。

 いい天気が続くのは嬉しいが、何か恐ろしい気もしてくる。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:11|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月20日

自然豊かな都会

9b64a846.jpg

自然豊かな都会

(パースの宝物2004年6月)







 上の写真も勿論パースシティである。

 手前には大きな森のような木々。

 ここも公園になっている。

 そのさらに手前が丘になっていて、その場が今僕が立っているキングスパークなのだが・・・。

 こうやってみると都会でもしっかりと緑を大切にしている国だなぁってこともわかっていただけるだろう。

 中央に高層ビルがあるが、その左下に同じような高さのビルが並んでいるのがお分かりかな?

 上の写真を拡大してみたのがこれ↓







3c44d4b5.jpg

【2007年に~】







 左のクレーンが見えるが、その並びにあるビル。

 ここはマウンツベイビレッジと呼ばれるコンドミニアム8棟。

 このコンドミニアムの一番右奥に宿泊したのが去年(2007年)だったのだが、このときにはまさかそこに宿泊するなんて思いも寄らなかった。

 ただ色鮮やかなパステルカラーのビルを見ながら、こういうところに泊まってみるのも悪くないなって思っていたのは事実である。







2b3bebdf.jpg

【スワン川も一望できる】







 パースシティの右側にはスワン川

 まるで海のように見えるがれっきとした川である。

 遥か遠くは小高い丘陵になっていて、景色もとにかくすばらしいの一言。

 そして、

 ようやく分厚い雲が切れかかり、青空が・・・。



太陽 ・・・ 雲


2008年10月20日の日記

 唐突ですが、

 みなさんはジャガイモが好きですかはてなはてなはてな

 僕はこの間まで特に好きだとか嫌いだとか考えたことがなかったんだけど、ね。

 ジャガイモって肉じゃがやカレーライスに入る野菜のひとつぐらいにしか考えてなかったんだよね。

 その上、北海道出身ということで男爵イモが当たり前で、ここ数年は荷崩れしないメークインが主流だったような気がする。

 だけど、メークインはあんまり好きではないので好んで食べることはなかったんだけどね。

 しか~し、最近ちょっと口にして、こんなにおいしいジャガイモがあるのかって思った品種がある。

 それが、これ!






7976f7ce.jpg

【じゃがバター】







 写真で見たってわからないよね~。

 北あかりっていうやつ。

 北海道産だよ、これ。

 男爵よりも煮崩れせず、甘さがある。

 ホクホク感もいい。

 近所のスーパーでは品種を書いていないので、買うことはないのだが、北あかりとわかるとついつい手に取ってしまうほどおいしい。

 で、じゃがバターを1つ作ってみた。

 ジャガイモをよく洗い、軽く拭いたらラップで包んで電子レンジで4分。

 はい!出来上がり!

 この冬、ちょっとはまりそうな一品になりそうである。







[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:53|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月19日

圧巻パースシティ

23d751fe.jpg

圧巻パースシティ

(パースの宝物2004年6月)







 キングスパークから見るパースのシティは圧巻である。

 これが青空だったり、夕焼け空だったり、星空だったら、本当に圧巻なんだけどね。

 今回の旅行でのパースシティは比較的雨雲に覆われていて、思ったような写真は撮れなかったんだけどね。

 自然には逆らえないしね。

 それでもやっぱりキングスパークから臨むシティは何度見ても心が洗われる気がする。

 夏でも秋でも冬でも僕の好きなスポットのひとつである。







71ac5a34.jpg

【都会だよ、やっぱり】







 ほんとはね、絶対春が一番いいと思うんだよ。

 だけど、南半球の春9月から11月ぐらいで、最も僕にとっては長期休暇を取りづらい時期でもある。

 ワイルドフラワーが咲き乱れる時期だから、一度はそんな花に囲まれてみたいんだけどね。

 未だにその期間だけパースに足を踏み入れたことがない。







de4c72e6.jpg

【パースシティ】







 ちょっとウィキペディアパースを検索してみた。

 パースは、オーストラリア連邦西オーストラリア州の州都である。

 人口は2004年6月に150万人を超え、同州では最大、オーストラリアでは第四の都市である。

 街は大変美しく「世界で一番美しい都市」と言われることもある。

 と紹介されている。







90a7120d.jpg

【緑も多い都市】







 初めてパースに行ったときには100万人強だった人口も10年ぐらいで150万人を越えているってすごいね~。

 なぜこんなに増えたかって?

 それは西オーストラリアには豊富な資源が多く、たとえば財宝(笑)、それを掘り起こそうとするお金持ちが大勢移住しているからなんだよね~。

 まだまだ未知なる土地ってわけだね。







太陽 ・・・ 太陽


2008年10月19日の日記

 気持ちいい風だね。

 こんな日がしばらく続いてくれると嬉しいんだけどね。

 今日は朝からびっしり仕事だったので、それほど書くこともない。

 ちょっと睡眠不足だから、そろそろ寝なきゃ。

 ではでは~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:52|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月18日

森林浴にいいかも

133c640b.jpg

森林浴にいいかも

(パースの宝物2004年6月)







 キングスパークの入り口であるフラッシャーアーベニューをゆっくりと歩く(写真上)。

 このあたりを含め、車で来るとただ通り過ぎるだけの道だったが、この広い公園には実はいろんなスポットがある。

 景色はいうことがないほど美しいが、緑多く、花々が咲き乱れ、森の空間にはいくつものオブジェがあり、多くの人を楽しませてくれる。







fc2a2c45.jpg

【大きな木なんだよ、これ】







 それを見た方がいいのかどうかは興味があるかないかの問題だが・・・。

 ユーカリの木が立ち並ぶフラッシャーアーベニューを歩きながら何度も何度も、

「あ~、青空だったらどんなにいいか・・・。」

と、そればっかりを考えながら歩いていた。

 この通りの途中にある物を写真に撮ってみた。







01b62e70.jpg

【誰だったかなぁ】







 キングスパークに行くたびにモニュメントや像などをしっかり眺めて、名前を記憶してくるのだが、そう簡単に覚えきれず、誰の像なのかは不明(苦笑)。

 記憶力低下ってやつだね(一人で納得)。

 パースに関わりのある人だということだけは確かなんだけどなぁ~。

 広大なキングスパークのほんのわずかな部分でしかないが、もっと奥に歩いていけばもっと多くのモニュメントなどもあるのだが。







358213c4.jpg

【ビクトリア女王像】







 キングスパークを徒歩で回ったら、一日では回りきれないのではないだろうか。

 それほど多くの時間はないのでパースの景色が一望できる丘の方に向かって歩いていくことにした。





太陽 ・・・ 太陽


2008年10月18日の日記

 M君が亡くなり、今日がお通夜、明日が告別式という連絡が入ってきたのは昨日の夜。

 しかし、僕は両日共に行けるわけがなく、心苦しい思いで一日を過ごした。

 せめて最期の別れにM君に声をかけてあげたかったのに・・・。

 僕以上にM君と親しかったU君も別の部署の責任者格のために、彼も涙を飲んだに違いない。

 僕ら2人以外の仲間は今日、または明日、M君にお別れをしに出かけるとのこと。

 Kちゃんに心を託して、僕の分まで声をかけてくるように伝えたが、遠い空の下・・・僕の言葉、聞いてくれたかな。

 M君、君が群馬県から東京に出てきて、一人暮らしを始め、学生生活を大いに楽しんできたはず。

 大学の仲間がどんどん増え、僕らの職場にアルバイトでやってきたのは今年の初めだったね。

 おとなしい性格で、仕事もしっかりとこなしはじめた頃、僕らの異動があり、3月には別れの挨拶をしたばっかりだった。

 君がバイク好きだったことを知ったのはその後で、バイクについて語ることはなかったね。

 たまに前の職場に行くことがあり、そこで会っても小さい声で

「こんにちは」

と言う君は相変わらずのはにかみ屋さんのように思えた。

 その度に、僕は

「頑張ってる?」

と声をかけたのを覚えているかな?

「ここでの仕事が嫌だったら、いつでも声をかけてくれよ。」

 忙しい夏が過ぎ、僕もめまぐるしい時間を過ごしていたから、最近はちっとも声をかけていなかったのが後悔だな。

 それにしても仲間ってすごいね。

 3月まで一緒に仕事をしてきた仲間やアルバイトの多くは4月に辞めてしまったというのに、みんな君の最期の別れに行ったらしいね。

 人間関係が希薄な都会の人々が多い中、命の大切さはみんな知っている。

 仲間の大切さを知っている。

 その仲間たちのためにも天国で見守ってあげてくれよ。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:00|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月17日

命大切に

 訃報が届いた。

 今年3月までいた職場のアルバイトM君が交通事故で亡くなったというのだ。

 僕が異動のために送別会をやってもらったときにも後ろにちょこんと座っていたM君

 仕事中も活発な奴らが多い中で、彼は控えめな存在

 未だに詳しいことはわからないが、大学のサークルで奥多摩にツーリングに行っている途中でのバイク事故であるらしい。

 教え子を含め、何人かの若い命が消えたのを見てきたが、若者の死は心が痛む。

 僕が異動になった後にも、お互いに何度かメールを交わし、“もしそっちの職場が嫌だったらこっちに来い(スタッフ不足もあったので)。”って送っていたが、彼はしばらくの間、前の職場でアルバイトを続けていた。

 今でも前の職場には月に何度か足を運んでいるのだが、最近はあまり顔を合わせることもなかった。

 性格的には消極的で自分の意見を全面的に前に出すようなことがなかったM君のことだから、無謀な運転をしていたわけではないと思う。

 それにしても、やっぱり若い命

 ご両親やご家族の方たちの気持ちを考えると心が痛む。

 今日1日、ずっとM君のことを考えていた。

 もし、そのときにツーリングなんてなかったら・・・。

 もし、1分出発するのが遅かったら・・・。

 もし・・・。

 もし・・・。

 もし・・・。

 タイミングがずれいていたら・・・。

 と、いろんなことを考えていても、彼はもう戻ってこない・・・。

 何だか若者が先に逝ってしまうなんてだんだんと耐えられなくなってしまう。

 これから多くの出会いがあって、楽しみ喜びがあって、何度も“生きていてよかった。”って思うことがあって・・・ゆっくりと人生を振り返る時間があったはずなのに・・・。

 M君、ちょっと早すぎるよ。

 彼は自分の命と引き換えに多くの仲間に命の儚さと、命の大切さを教えてくれたのかもしれないけれど、せめてその仲間たちの人生を天国で見守ってあげて。

 合掌。







[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:47|PermalinkComments(0) 「仲間」編 

2008年10月16日

坂道を歩こう

edb949ce.jpg

坂道を歩こう

(パースの宝物2004年6月)







 旧国会議事堂をさらに登って行くとキングスパークの入り口がある。

 上の写真は坂道の途中で見えるハイウエイ。

 リーダーヴィル編でも書いたが、ハイウエイとは言っても有料道路ダメではない。







6ddcf260.jpg

【やっぱり曇り空】







 風はほとんどないが、この時間になってもまだまだ曇り空。

 やっぱり青空には出会えないのかな。

 それでも明るく感じるのはお国柄だろうか。







94f9e8f3.jpg

【ここを曲がると】






 坂道を登りきると、この標識

 左に曲がるとキングスパークとなるわけである。

 そういえば、パースは比較的坂道の多い都市である。

 広大なオーストラリア大陸のわりにはってことなんだけど、ね。

 そんなに急な坂道ではないが、緩やかな坂道が多い。

 もちろんキングスパークは丘の上にあるので、この辺りは想像以上に斜度がきつい。

 やっぱり車で行ったほうがいいかも・・・ね(苦笑)。






ジョッキ ・・・ ジョッキ


2008年10月16日の日記

 仕事が終わってから、ちょっとだけ飲んで帰ることに~。

 職場のそばにあるステーキハウス『KENNEDY』ではステーキやハンバーグなどALL半額なんだけど、ステーキ類が僕の目的ではない。

 目的の一番はビール~♪

 で、必ず頼むのがこれ!







f3d2873e.jpg

【ポテトフライ】







 そ、そ。

 よく行く温泉でもポテトフライはかかせない。

 だけど、ハンバーガーショップなどで売っている細いポテトフライはあまり好きではない。

 しかもこのポテトフライ、普通の味ではない。

 アンチョビ味なのだ~。

 アンチョビといえば、どうしてもパスタをイメージしちゃうんだけど、ポテトフライにすると、多少冷えても最後までおいしく食べられる。

 はまっちゃうよ。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:59|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月15日

やっぱりキングスパークに

8d6e9f4c.jpg

やっぱりキングスパークに

(パースの宝物2004年6月)







 僕はリーダーヴィルを後にして、パースに戻ることにした。

 この10日間はいつもの旅行と違う・・・、そう、いつもと違う観光客になっていることに気づいた。

 今までの旅行だと多くの仲間と再会し、酒を飲んだり、遊びに出かけるという、いわゆる地元民に混ざっていたが、今回は数多くの観光スポットも目にすることができた。

 そう思っていたら、急にキングスパークから見るパースシティの景色が見たくなった。

 キングスパークといえば、過去6回のパース旅行でも必ずといっていいほど初日に行っていた観光スポットである。

 その丘の上から眺めるパースの街は本当に美しい。

 今回の旅行ではパースにいることがほとんどなく、頭の中からキングスパークの事は消えていたのは事実だった。

 少し時間もあるし、急ぐ必要はない。







56dd102e.jpg

【どうしても写したかった旧国会議事堂】







 バスでも行ける場所だが、あえて歩くことにしたのは、自分の足でしっかりと距離感をつかみたかったことと、今回の目標を少しでも近づけるためだったからである。

 僕はパース駅で降りて、そのままキングスパークまで歩いていくことにした。

 はるか遠くに見える小高い丘、いつも車で連れて行ってもらっていたから、距離感がない。

 遠いのか近いのか、皆目見当がつかず、感で歩いた。

 時間にして約2~30分、それほど遠くない場所にあった。







4ac877b3.jpg

【薄っぺらい建物なんだよなぁ】







 マルコルムストリートを登っていくと、よく観光パンフレットにもある旧国会議事堂(Parliament house←訳し方がこれでいいのかどうかわからない)が右手に見え、いつも車で通るたびに眺めるだけで通り過ぎていたので、今回はそれをしっかりと写すことができた。

 それにしてもこの建物、薄っぺらい建物で、過去にどういう用途があったのかわからない。

 単なる門だったのかもしれない。

 今度、聞いてみることにしよっと。





太陽 ・・・ 雲


2008年10月15日の日記

 忙しい日々も終わり、またのんびりパース旅行記を書きながら、楽しかった日々を思い出すことに・・・。

 それにしても、この旅行でのパース滞在中はあまり天気が良くなく、曇り空が多い日だったなぁ~(しみじみ)。

 とはいえ、日本の・・・いや関東の天気に比べたらはるかに晴天率が高いんだけどね。

 ご興味のある方はせめて写真だけでも眺めてやってくださいね~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:58|PermalinkComments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

2008年10月14日

初鍋~♪

 祝日を含む週末も終わり、今日は久しぶりに休日

 若い頃は休日となると朝早く目が覚めていたのだが、最近は睡眠不足が続いているために、休日はいつも以上に目覚めるのも遅い。

 その上、睡魔が何度も襲ってくる。

 仕事ばっかりしているからなぁ~。

 休日があっても少ない上に連休も取っていない(今年度は未だに一度も2連休を取っていない)から、どこかに遠出をすることもない。

 今まで生きてきてこんな状態は初めてだと思う。

 これだもの、旅行好きな僕にとってはストレスも溜まるよね~。

 今日は日中いつもの温泉で身体を癒してきたが、ちょっと早めに家に戻ってきて、久しぶりに夕方を自宅で過ごした。

 で、作ってみたのがこれ↓







fa8e546a.jpg

【この秋、初鍋~】







 これから寒くなると鍋が一番だね~。

 冷蔵庫に余っている野菜を入れればいいしね。

 今回は初めてだったので、キムチ鍋にしようと思って豚肉を入れたんだけど・・・。






14c97413.jpg

【これは・・・】







 まぁ、出汁変わりに昆布茶を小さじ1杯。

 中身は豚肉・白菜・えのき・厚揚げ・しいたけ、かな。

 まぁ、ほとんど定番ってこと。

 一人鍋だから山盛りに入れたんだけどね。







3350d2a8.jpg

【はい!出来上がり】







 山盛りの野菜も火を通すとこんなに減ってしまう。

 結局ポン酢で食べたんだけど、ここ数年、ポン酢で食べることってなかったのでさっぱりしていておいしかったよ。

 この秋冬も鍋料理が多くなりそうな予感・・・だな。







[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 22:23|PermalinkComments(2) 「食物」編 

2008年10月13日

あわや遅刻

 あぅ・・・。

 やっぱり・・・ね。

 そう思ったんだよ。

 朝、5時50分に起きているんだけど、ここ最近の睡眠不足がたたって、目が覚めたのが7時ちょっと前。

 いつも6時35分に家を出るので(朝から仕事のときは)、完全に遅刻だよ~

 駅まで走り、乗換駅でも走り、職場まで・・・。

 ところが・・・。








cbeeef01.jpg

【地面にはかわいい絵が】







 職場に着いたのは7時58分

 セーフ~

 何故だか、乗り換えのタイミングがばっちりで、自分でも驚き。

 っていうか、こんな出勤の仕方はもうこりごりである。

 実際には遅刻をしていなかったけれど、心の中では反省反省






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:22|PermalinkComments(0) 「生活」編 

2008年10月12日

空気が気持ちいい

 朝から晩まで室内で仕事をしていると、外がどんな状態かわからないときがある。

 青空が見えていても暑いのか、それとも寒いのか・・・。

 朝早く、夜遅い時間は(通勤じかんだったりするので体感できるわけで)ちょっとヒンヤリする程度ではあるが、日中は・・・。

 チラッと表に出てみたら、爽やか~。

 空気が気持ちいいっ







0c0bb408.jpg

【中野通り(中野サンプラザ横)】







 この3連休もなんとか2日目クリア

 しか~し、睡眠時間が短いので、身体が悲鳴をあげている。

 1分でも長く寝なきゃ。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:21|PermalinkComments(0) 「秋」編