2010年02月

2010年02月18日

テンション上がらず




 早朝、カーテンを開けると雪景色。

 また関東では雪になったが、その雪もあっという間に融けてしまった。

 まだまだ日中は気温が上がらない。

 風がないだけでも救われる。

 ブログを移動してから、まだまだテンションが上がらず、書きたい記事も書く気になれない。

 その一番の原因は以前のブログを一切いじることができない状態が続いているからだが、いつになったら一般(ライブドア以外)ブログに移行できるのか、ということである。

 その際、今まで使用してきたブログパーツを移動できるのか。

 過去の記事を抹消することも考えたが、5年間もの間、書き綴ってきたものを簡単には消せない。

 そんな思いの残るブログをあっちに移動、こっちに移動っていうのもどうかなって思うんだけどね。

 パソコンに長けてる人にとっては大きな問題ではないかもしれないが、何とかシステムを覚えた人にとっては一大事なのだ。

 面倒なことがいくつも重なっているので、僕のような人たちも少なくないのではないだろう。



 今月後半は仕事も詰まっていて、プライベートを楽しむ時間がなかなかない。

 ちょっと大変だが、こればかりはしかたないか。






shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年02月17日

K三叔父からの手紙≪後編≫




 関東は今日も寒い一日だった。

 2月に入ってから日照時間が極端に少ないように思う。

 例年だと冬の関東といえば寒いのは当たり前だが、青空の広がる湿度の少ない日が続くわけだが、今年は雨も多いように思う。

 さて、ライブドアのブログに移行したのはいいが、ブログパーツなど付けるのがまた一苦労。

 このBLOGを見に来てくれている方のほとんどはあし@タグふれんずからだと思うのだが・・・、

 前のブログに張り付けてあるブログパーツを外すことすらできない状態(記事が書けないのは当たり前だが、それ以外のことも一切できずにいるわけ)なのだ。

 そのため、あし@で来られている方は多分以前のブログでしか見られていないような気がする。

 タグふれんずも以前のブログからはずすことができないため、パーツは取り付けてあるが入れない状態だ(とほほほ)。

 まぁ、しばらく様子を見るしかないな。

 それでもブログだけは書き続けていかなきゃ(ってテンションはかなり下がっているんだけどね)。



K三叔父からの手紙≪後編≫



 2月6日は妻M子四十九日法要でした。

 準備途中での入院でしたので、後のことは二人の息子Y志M志に任せていましたが、何とか出られないかと医者に頼んでいました。

 院長も担当医も看護師もみんなM子の担当だったので、すっかり顔なじみだったこともあり、家に帰っても絶対安静を条件に2月5日の日中に退院することができました。

 退院の際はY志しゅんちが東京から来てくれました。

 入院前に手配していた仏壇もちゃんと飾られてあり、6日の法要もY志M志の努力で何の心配もなく無事終えることができました。

 茨城県近辺の近親者でT子M博S代一家とO家でしたが、東京方面からは甥のS夫妻しゅんちが出てくれました。

 あとはT治(K三叔父の弟)の墓の隣に準備してある墓地にお墓を建てるだけで一先ずカタがつきそうです。

 息子らの力を借りながら、慌てず、のんびり、ゆっくり、少しずつ進めていくつもりです。

 6月19日のいとこ会には、今度のことがきっかけで特別なことが生じない限り、Y志M志、そしてしゅんちも出席する予定でいます。

 またM子一周忌は年末にやる訳にもいきませんので、10月初旬にと思っていますが、何しろ北海道は遠くて、日程的なことを考えると最低3日間は必要となり、大変なことですのでこれも茨城県近辺者だけでささやかに行いたいと思っています。

 ついては6月19日のいとこ会に便乗して、(兼)偲ぶ会としていただき、M子の小さな写真を持参して参加させたいと考えています。

 具体策については別途万年幹事長K夫婦(K三叔父の甥夫婦)にお願いいたしたく思っています。

 更に、解散後の20日は実家に寄り、10時~11時にD寺でT次郎直系物故者一同にお経をあげてもらうよう、坊さんに依頼してみる予定です。

 この交渉はお手数ですが、Y久(K三叔父の末弟)にお願いします。

 6月にお会いできるのを大いに楽しみにしています。

 私もそれまで精々大事を取って、体を整えたいと思っています。

 まだまだ寒い日が続きますので、皆さんくれぐれも風邪などを引いたり、転んだりしないように気をつけてください。

 雑文長くなりましたが、近況方々お詫びとお礼まで。

 K三



 この手紙を読んで、僕は涙を流しながらも笑いが込み上げる内容のものだった。

 まだ、K三叔父にはいとこ会参加については明確な返事はしていないのに手紙文を読む限り、すでに僕は参加意向になっている(笑)。

 まぁ、僕としても参加する予定で考えてはいるんだけど、すでにこの手紙は大勢の親戚に出回っているので却下することはできないな。

 そして、叔父・叔母を含め、ほとんどの親族は北海道に住んでいるのだが、こういったものを陰で操っているのもK三叔父(笑)だったのか、と。

 兎にも角にもM子叔母の法要も一段落し、その後の叔父の体調はちょっと心配だが、2日前に電話をしたところ元気そうで安心してはいる。

 叔父からのリクエストのあった中華粥は従弟のM志が20箱購入したので(購入先の三芳PAはM志の家からかなり近い)とりあえず3月にでも送ってやる予定だが、それにしても毎日レトルトのお粥ばかり口にしていては健康にも良くないように思う。

 そのうち、男の手抜き料理でも作りに行ってあげるとするか。

 ちなみにT次郎とは僕にとっての亡き祖父の名前である。



shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「冬」編 

2010年02月16日

さらばドリコムさんよ!


さらばドリコムさんよ!



 5年と3カ月もの間、ドリコムでブログを掲載してきたのだが、去年突然ドリコムがライブドアに譲渡されるという連絡が入ってきた。

 今まで多くの不具合もあり、何度も退会しようと思いつつ、やはり自分にとっては使い勝手の良かったドリコムのブログ。

 しかも、僕のような年代の人間が今更ながら別のシステムについていけるかと大きな不安を抱えてきたこの数カ月。

 それが、突然今日からドリコムでの記事投稿ができなくなってしまって
・・・。

 いや、突然というと語弊が生じるか。

 一応、ドリコムさんからの連絡としてはライブドアに一括で引っ越しができる機能がついているので、ご希望の方は1月末日までに引っ越しをしてくださいとのことだった。

 とりあえず、ライブドアに引っ越しをしなければどうしようもない。

 ただ、今のところ僕にとってライブドアにはお気に入りのスキンがないことがかなりのネックでだった。

 背景は黒(これは必須ということ)で、できればサイドバーがない方がいい。

 もちろんカテゴリーなども見づらい状態で、これは自分で書きかえられるのかどうかの不安もある。

 そして、作成していく段階でもいくつかやりづらいものがあるが、これは慣れてくれば問題ないのかな。

 ただ、ドリコムさんからの報告としては、他社への移行希望者は数日後に一括で引っ越しできる機能ができるということらしいので、しばらくは何とかここで書き込みをしてみようと思っている。

 なかなか時間のない僕であり、その上技術が伴っていないので(まぁ、順応性がないっていうか)、ブログを続けていけるかどうか不安だらけだが。

 1月20日~2月15日の分は移行できていないので、そのまま元のドリコムさんにしばらく置きっぱなしになるだろう。

 とりあえず、今日からドリコムさんでは書き込みができなくなってしまったっていうことで・・・(涙)。

 今までお世話になった仲間たちがドリコムさんのブログを覗きに来ても、すでに記事を投稿できなくなってしまっていて、挨拶ができない状態なのだが、これからコツコツと挨拶していこうとも考えている。

 しばらくライブドアさんにお世話になりますので、どうぞよろしく~。






shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「冬」編 

2010年02月15日

K三叔父からの手紙≪前編≫







 今日は出勤前に携帯電話を買おうと決心し、池袋のヤマダ電機に寄る予定だった。

 2~3か月前からdocomoのカタログを眺めていたのだが、なかなか決心がつかず(値段もデザインも)にいた。

 ようやく欲しい機種が発売されることもあり、docomoに問い合わせてみると・・・、

 まだ発売日が決定されていないようです、との返事。

 あぅぅぅ


 2月発売予定としか書いてなく、ネットで調べても具体的な日にちまでは記されていない。

 ということで断念し(苦笑)、新宿の小田急デパートに寄ることにした(はて?)。







100215-01kiyoken.jpg

【崎陽軒のシュウマイ】







 いや、昨日のBLOGにも書いたが、茨城県に住むK三叔父からのリクエストである崎陽軒中華粥小田急デパートにあるのをネットで調べたので、そこにも立ち寄ることを考えていたのだ。

 崎陽軒は小田急デパートの地下2階、いわゆるデパ地下と呼ばれるところにあるのだが、相変わらずすごい人だ。

 こういうところは苦手なんだよなぁ。







100215-02kiyoken.jpg

【これは?(実は醤油差しなんだけど、箸置きにもできるのでは?)】







 ガラスケースに並べられているお粥は4種類のうち3種類しかない。

 スペース的に置けないので、販売していないらしい。

 こうなるとあとはネットショッピングの方がいいかな。

 まぁ、せっかく来たのだからと3種類のお粥シュウマイを買って職場に行くことにした。

 もちろんシュウマイは職場の仲間への差し入れ~







100215-03kiyoken.jpg

【シュウマイ(久し振りにおいしかったぁ)】







K三叔父からの手紙≪前編≫



 長らくご無沙汰して申し訳ありません。

 妻M子の闘病中、及び葬儀の際には皆さんから数々の励ましやらお見舞い、ご配慮を頂戴しながら、毎日が追い立てられるような落ち着かない生活の連続で、心にかかりながら御礼の便りもせず、誠に失礼の段、平にお許しください。

 そうした中で葬儀の際には年末も押し迫った多忙の中、それも遥々遠路のところを各家代表(?)の皆さん方多数お出で下され、また無事終了後の一晩、しばっち家の伝統に準じて、あたかもいとこ会内地版の如くゆっくり賑やかに過ごすことができ、気分転換に大いに役立ってくれました。

 また、お通夜には久し振りにT也(姪E子の長男)と隣り合わせの席で駄弁り合う機会にも恵まれました。



 今年に入って少しでも心の整理、けじめの一つにでもなればと、葬儀などの写真集を作成し、皆さんにお送りして多少ホッとしていた1月18日のこと。

 早朝5時に起き、爽やかな気分で新聞を読み始めて10分くらい立った時、突然背中全体が胴ッ腹に張り付いたような物凄い痛みに襲われ、居ても立ってもいられず、これは危ないと思い、這いずりまわるように救急車を呼び、到着するまでの間に火の元だけはとこたつや床暖房・エアコンなどを消し、携帯電話だけを持って救急車で病院に搬送されました。

 痛いのは頭ではなく背中だからということで、かかりつけのT病院に行くことになりましたが、救急治療室では「血圧224」「(総合病院の)H病院は満床だから転送はできない」「高齢だから手術はできない」などの医師の声を聞きながら、痛さに唸っていましたが、CTの結果心臓の傍の大動脈瘤 乖離(かいり)と診断され、そのまま入院することになりました。



 運ばれた部屋は妻M子が最期のときに入っていた部屋で一瞬驚きました。

 手術はできそうもないから、特別な治療の方法はなし、自然に乖離部分が固まって出血が治まっていくのを待つだけという極めて原始的なもので、降圧剤・痛み止め・栄養剤の点滴をしながら、絶対安静を指示されて10日間。

 その後塩分5gという、味もそっけもない高血圧食となり、トイレや洗面所は歩行可となったものの、依然として「絶対安静・りきむことはダメ」「あと2週間くらいがヤマ」とか言われました。

 医者には、「もう少し心臓に近い湾曲部だったらあの世行きだったかも」と脅かされていました。



つづく



 K三叔父のことはブログでも何度か書いているが、いつも繊細に日々の記録を残している。

 また親戚のことについても誰よりも心をかけてくれ、日々多くの人たちと連絡を取り合ってくれる人なのだ。

 そのため、遠方に住んでいながらも、叔父の姉弟や甥姪にも一番慕われている存在である。

 もちろん僕のようなひよっこにも幼い頃から愛情は平等に分けてくれていたと思う。

 それにしても叔父から来る手紙には何度泣かされたことか。

 罪な人でもある(笑)。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2010年02月14日

K三叔父のリクエスト







 今日はバレンタインディ

 だけど、まぁ僕には関係ないような・・・そんなイベントだが(淋しすぎる?)。

 帰宅途中で小さなかわいい紙袋を持っていた方は彼女からもらったり、これから彼氏に渡すプレゼントかな?

 そんな光景を羨ましく思いながら、帰宅。







100214-02choco.jpg

【こんな僕にも本当は(秘)】







 今朝、出勤してから携帯を見るとメール着信が入っていた。

 従弟のM志からだ。

 内容は・・・というと、

“おはよう。親父が頼んだお粥はけっこういい値段がするんだろうね?送料も見込んで赤字にならないようにしてください。”

 はて?

 M志の親父さん、K三叔父が僕に頼んだ?

 う~ん。

 法要が済んでから、K三叔父とは連絡を取ってな・・・、

 あれれ?

 もしかしたら・・・。



 このお粥というのは、四十九日法要の前日に退院したK三叔父にお土産で持っていった崎陽軒のレトルトの中華粥のことなのだ。

 仕事途中の休憩時間にM志に電話をすることにした。

「もしもし~、しゅんちだけど・・・。メールを見て電話したんだけど、おじちゃんが僕にお粥をお願いしたって?」

「うん。」

「もしかしたら手紙を送ったのかなぁ?」

「そうみたいだよ。」

「ここ数日、忙しくて郵便受けを見てなかったから。」

「そうかなって思ってたよ(笑)」

 M志が言うには、あれ以来、K三叔父があのお粥が気に入って晩酌のときに食べるとちょうどいいみたいなんだって、と。

 そんなに喜んでもらえたなんて。

 すぐにでも送ってあげたいのだが、お粥を買ったのは関越道上りの三芳PA(花和楽の湯に行った帰り道)なので、今週はちょっと無理だけど、できるだけ早めに買ってあげる約束をした。

 M子叔母が亡くなり、K三叔父は一人で生活している。

 週に1回程度は2人の息子が入れ替わりで実家に戻って食事を作ってあげているようだが、それでも叔父は自分で作らなければならないようなときもあるだろう。

 作るのが億劫なとき、体調がすぐれないときのために買っていった8食分のお粥がわずか1週間でなくなるっていうのはどういうことだろう(笑)。







100214-01kiyoken.jpg

【これです(笑)】







 僕は仕事を終え、家に帰ってから郵便受けを覗くと、不必要なチラシの間に一通の手紙が入っていた。

 それは四十九日法要の挨拶と自分の近況がパソコンで書かれた内容だったが、最後の1枚に、

『しゅんちくん

 先日貰ったおかゆを毎晩おいしく食べています。

 買って送ってください。』

と。

 人にお願い事をする叔父ではなかった。

 僕らにはいつも優しい言葉と愛情を惜しまずくれた叔父。

 そんな叔父がお願いするぐらいだから、早く買って送ってあげなきゃ。
 





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2010年02月13日

ガチャパン







 朝、家を出たらうっすらと雪景色

 昨日も寒かったもんなぁ。

 2月に入ってからの関東はちらちらと雪が降る日が多い。

 天候も不順である。

 早く春が来ないかなって思うこの頃だ。



 時間があまりないので今日はこんな写真でごまかすか(笑)。







100213-01gachapan.jpg

【ガチャパンとアンパン】







 先日夜遅くにジャスコで買い物をしたときに、売れ残ったパンの中に目を引くものがあったのがこのパン。

 一度は見るだけで通り過ぎたのだが、再び戻ってパンを手にした。

 値段も本来だったら180円ぐらいだったものが、最後の2~3個だったので105円で売られていたのでついつい買ってしまったものだ(笑)。

 あまりにもかわいすぎで食べるのがもったいなかったが、おいしかったよん。

 もうひとつはアンパン。

 これもGOODなお味~

 ガチャパンをアップで~。







100213-02gachapan.jpg

【どこから食べていいか迷うね】







 ムックもあればいいのだけれど。

 見当たらなかったな(あるのかどうかも分からない)。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「食物」編 

2010年02月12日

大涌谷名物黒ラーメン

 
100212-01hakone.jpg

大涌谷名物黒ラーメン

(2009年11月恒例&高齢・ほのぼの箱根3人旅編)




 大涌谷で7年長生きすると言われている黒玉子を食べたのはいいが、この時期にしては結構寒さが厳しく、ちょっとレストハウス(極楽茶屋)で休憩することにした。

 メニューを眺めて、僕はどうしても食べたいラーメンがあったのだが、喫茶店Cのマスター元俳優のH氏も嫌な顔をする。

 し、し、しかも・・・、彼らはあれだけ禁酒することを誓いながら、




 ですからぁぁああ。

 ちょっと暖を取ろうということで、入ったお店で気になったものがあり、僕としてはいろいろ迷ってたんだけど、ね。

 そうしたら2人のおぢさんが頼んだのが、ビール

 結局飲んでるし~。

 ぶぅぶぅ







100212-02hakone.jpg

【季節限定のビール】







 ビールを頼むなんて、許せないっ。

 もちろん優良ドライバー(はて?)の僕はそのビールに口をつけることなく、思わず興味を引いたのが・・・、







100212-03hakone.jpg

【極楽茶屋名物???】






 どこにいってもまず見比べるのがまずはラーメンだ。

 でも、このラーメン・・・。

 何かが違う。



 うひゃ。

 見たことある?

 麺が真っ黒だ。

 絵的に白いスープの中に黒いラーメンが浮かんでいるのはちょっと違和感があるね。

 自分でも半分後悔していたが、やっぱり極楽茶屋名物だけあって周りもほとんどの人が口にしているほどのラーメンだ。

 中にはドカッと温泉卵






100212-04hakone.jpg

【ほ~ら、麺が真っ黒だね】







 見た目だけが名物なのではなく、しっかりとおいしさも感じられたラーメン。

 ぜひ、大涌谷に来たら食べてみてくださいな。

 おぢさんたちにも一口進めたんだけど、苦虫をつぶしたような顔をしてかたくなに拒否されたんだけどね(あ~、もったいない)。



 というわけで、黒玉子黒ラーメンを食べた僕は大満足。

 不満はビールを飲めないことだったが、そこは後のお楽しみってことで。






 ・・・ 


2010年2月12日の日記

 今週は週の半ばに祝日もあり、慌ただしい。

 天気もあまりよくない。

 時間もあまりない。

 なかなかBLOGが先に進まない。

 でも、今日は休みで久し振りにCHO氏と会う。

 もちろんお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたのだが、BLOGが先に進めないのは酔っ払いのせいだ(爆)。

 明日・あさっても忙しい(涙)。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(神奈川)」編 

2010年02月11日

黒玉子にご対面







100211-01hakone.jpg

黒玉子にご対面

(2009年11月恒例&高齢・ほのぼの箱根3人旅編)




 山登りといっても、ほんのわずかな距離をちょっと登るだけなんだけどね。

 ここ大涌谷の名物といえば(昨日もかぶり物であったけど)黒玉子だけど、やっぱり階段を登って買いに行くところに意味がある。

 まぁ、階段はでこぼこなんだけど、ヒールの高い靴を履いて歩いている人もいるほどだから大したことはない。

 天気が良ければかなり景色もきれいなのだが、この日は雲の多い一日だったので、今一風景もよくなかったんだけどね。

 ちょうど、目的地に到着したら黒玉子を取り出しているところだったので、カメラでパチリ。

 なかなかこのタイミングに当たることもないんだよね~。

 それにしても人が多い。







100211-02hakone.jpg

【観光客でごった返す】







 観光客の多くは外国人

 アジア系の人が多いように感じる。

 多分、この写真の半分は日本人ではないと思うよ(笑)。

 いや、それぐらい外国語が飛び交っているってことね。







100211-03hakone.jpg

【黒玉子、ゲット~♪】







 早速、ここで黒玉子を購入することに。

 恒例の記念写真も写してはみるものの、やっぱり青空がいいなぁ。

 あ、これは黒玉子5個入りの袋でたしか600円ぐらいだったかな?



 で、ひとつ。

 卵の殻は真黒になっている。

 備え付けの塩をパラパラと振りかけて、パクッと食べる。

 んまぁ~い

 つい、2個目も。

 この黒玉子を一つ食べると7年長生きするとか。

 もし僕が90歳で死んだとしたら、本来の寿命は83歳ってことだね。

 でも、2個食べたから・・・(ふふふ)。







100211-04hakone.jpg

【中はもちろん白いです】







 大涌谷に来ると、ついついここまで登ってしまう悲しい性。

 もう何回も来ているのだから、わざわざ登らなくてもいいと思うんだけどね~。







100211-05hakone.jpg

【ススキの奥の・・・】







 わずかな時間だったけど、登りきった充実感(ってあったっけ?)を抱き、階段を降りることにした。

 最後の写真は駐車場なんだけど、やっぱり満車状態だね。










 ・・・ 


2010年2月11日の日記

 冷たい雨の一日。

 今日は祝日だが、僕は仕事である。

 電車もけっこう混んでいたので、仕事の人も多いようだ。



 そういえば、もうすぐ冬季オリンピックだね。

 若い頃はオリンピックってワクワクムードでテレビにかじりついていた時期もあったんだが、仕事仕事で忘れがち。

 前回は金メダル一つだったけど、今回はどこまでできるのかな。

 期待されている人はいっぱいいるけど、その期待にこたえられるように頑張ってほしいもんだね。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]
 


shibacchi0821 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(神奈川)」編 

2010年02月10日

箱根のキティちゃん







100210-01hakone.jpg

箱根のキティちゃん

(2009年11月恒例&高齢・ほのぼの箱根3人旅編)




 箱根~(ずいぶん前の話なんだけどね、やっぱりこれも中途半端で終わらせるわけにはいかないし・・・)。

 まぁ、僕のBLOGってこんなもんだから(苦笑)。

 前回は箱根湿生花園でススキを堪能した話だったんだが、やはり箱根に来たからには大涌谷まで行きたいね・・・ってことで、移動することにした。

 おぢさん3人の場合はやっぱり飲むのがメインの旅行になるので、電車を使ってくることになるわけで、そうすると大涌谷までの移動となると登山電車やらロープウエイを使う。

 結構交通費がかかるんだよね。

 で、3人だとレンタカーの方が割安ってことも学習(ここが猿とは違う、笑)したので、禁酒同盟を結んだんだけど、この二人(喫茶店Cのマスターと元俳優のH氏)の頭は何を考えているやら。

 しかし、さすがにこの日は行楽シーズンの真っ只中。

 平日だというのに道路は渋滞気味。







100210-02hakone.jpg

【ここまで来ていながら、渋滞だった】







 とうとう快適なドライブも目的地手前ではしっかり車は止まってしまう。

 まぁ、これも定番といえば定番だ。

 こんなときはロープウエイを待つのだって大行列だろう。

 車が渋滞の列で止まってから駐車場にたどり着くまでには2~30分だったから許せる範囲かな?







100210-03hakone.jpg

【極楽茶屋】







 さすがに外に出てみると標高差の違いからか、思った以上に寒い。

 箱根に限らず、こういうシチュエーションの場合、必ずと言っていいほど地獄とか極楽っていう言葉を目にするよね。

 ここのお店の名前は・・・、

 極楽茶屋・・・か(ふむ)。

 まぁ、地獄茶屋だったら、客の入りもよくなくなりそうだしね(笑)。

 そして、大涌谷に来たらまずは、







100210-04hakone.jpg

【黒玉子キティちゃん】







 そう、キティちゃんと記念写真だよね~。

 がははは

 前回来た時は確かかぶり物の黒玉子キティちゃんだけだったと思うのだが、なんとその隣にも新しいキティちゃんが並んでいてビックリ。

 しかもこの写真を写すまで、若者のグループが陣取っていてなかなか写真を撮らせてくれない。

 こんなところでも渋滞必至なんだわぁ~。



 ところが、こちらのキティちゃんは・・・







100210-05hakone.jpg

【からくり箱キティちゃん】







 あまり人気がないようで(苦笑)、誰も記念写真を撮っている風ではない。

 これだって箱根じゃ有名なんだよ。

 からくり箱・・・だっけ???(笑)



 こういう写真で喜んでいる僕の精神年齢といったら、多分10歳・・・、あ、いや、5~6歳といったところかな。

 まぁ、日本で愛されるかぶり物のキティちゃんですからぁぁああ

 立派なおぢさんだってレンズを向けている方、結構多いのですよ。

 さてさて、キティちゃんだけで終わらないように山登りでもしてみよ~(イエ~ィ)。






 ・・・ 


2010年2月10日の日記

 今日も天気は不安定。

 夜は雨になるとか、雪になるとか・・・、バッグに折りたたみ傘を忍ばせて仕事に出たが、結局は雨も降らずに明日以降に勝負か(笑)。

 金曜日に休みを取れば4連休という方も多いだろうが、僕はその金曜日だけが休み。

 祝祭日が忙しいからすでに時間が足りない状態。

 またBLOGが滞ってしまうかもしれないな。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(神奈川)」編 

2010年02月09日

男の手抜き料理(ポテト)







 いやぁ~、今日の関東は暑かったね~。

 普通にコートを着て家を出たんだけど、途中汗が出てくるような状態に。

 都心の最高気温が21度って。

 夜は夜で電車の中が熱気ムンムン

 隣に立っていた方は汗が噴き出ていたり、しかもその前にいた女性は、

 な、な、なんと・・・。

 毛皮のコートを着ていたわけ。

 うひゃ~、これって本人だけではなく、隣接している人にも大きな迷惑のような気がするんですけどぉ~。



 さて、今日は久し振りに男の手抜き料理でも・・・。

 健康にいいかどうかは保証しませんけどね。

 もともと芋料理が好き(というかポテトフライが好きなだけ)な僕だが、しっかりジャガイモを素揚げして作ることも多い。

 でも時間がないときは冷凍モンで済ませてしまうこともあるんだけどね。

 で、今日は男の手抜き料理だから(笑)、冷凍モンを用意。

 それから玉ねぎを1つ。

 にんにくを数個。

 これだけ、ね。







100209-01cooking.jpg

【材料はこれだけ】







 この3種類をお皿に乗せてラップをかけ、電子レンジでチンをする。

 冷凍のジャガイモが解凍されたらOK。

 フライパンに油をひいて中火でにんにくに焦げ目ができるぐらい焼いたら、くし形に切った玉ねぎとジャガイモをフライパンに入れ、塩・コショウで炒めるだけ。

 にんにくがホクホクしておいしいんだよ、これが。







100209-02cooking.jpg

【はい、出来上がり~♪】







 ちょっと余談なんだけど・・・。

 以前、中国産のにんにくを買って、数日放置しておいたら中から虫の抜け殻のようなものが出てきたことがあるんだよね~(しかも数か所から)。

 抜け殻・・・のようなものだから、虫なのかどうかわからないんだけど、それ以来恐くて、ちょっとお高めだけどやっぱり日本産のものを使用するように心がけている。

 もし抜け殻だったら・・・。

 その虫は・・・?

 どこにいったのかと・・・?

 想像するだけで恐ろしい。

 やっぱりまだまだ食物は中国産を控えた方がいいかな。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「食物」編