2010年09月

2010年09月30日

ドーナッツ談義、ではない







 僕にとっては昨日から4連休を取っているのだが、特に前半の2日間は予定もなし。

 まぁ、ぐったり寝転びながらの生活をしていたわけ。

 昨日は比較的天気もよく、洗濯物を干したりもしたが、今日は再び雨。

 雨の日は部屋も暗くなり、日中から何にもする気になれないんだよね~。



 今日のおめざ~(ってわけではない)。






100930-01manneken






 何だかもう今となっては懐かしい気がするんですけど~。

 ベルギーワッフル

 これはスタッフのK君からの差し入れ~。

 一時期流行ったよね、これ。

 最近、僕の頭の中にはベルギーワッフルは消えていたんだけど、その食感も懐かしい。






100930-02manneken






 このツヤ・・・、この味・・・、おいしかったです。



 明日、あさってと一周忌法要のため、留守にしてしまう。

 天気がちょっと心配だが、できることなら秋らしく爽やかになってもらいたいものだ~。








shibacchi0821 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月29日

ドーナッツ談義(第三弾)







 今日から4連休

 僕にとっては夏休みのようなもの。

 仕事柄、夏休みがなかなか取れない僕だが、ちょっとシーズンをずらして取れるときに取るわけだ。

 とはいえ、今日はほとんど家にいた状態。

 せっかくの休みだというのに、どうも上手に眠れない。

 3、4時間ぐらい寝ると起きてしまうんだよね。

 これって病気かな(笑)???

 あ~、思いっきり10時間ぐらい寝ていたい。



 さて、今日もちょっとドーナッツの話。

 暑い夏のある日、職場の君が奥多摩にバイクで出かけ、お土産として買ってきてくれたのが、






100929-01chitoseya






 これ!

 ちとせ屋さんの卯の花ドーナッツ

 もともとちとせ屋さんは豆腐屋であるが、その豆腐から出たおからをドーナッツにしたもの。

 もちろんメインは豆腐。

 油揚げや生揚げなどもある。

 ドーナッツはおからから作るので、当然豆腐が出来上がってからの調理となるわけで、販売は午後から行っているらしい。






100929-02chitoseya






 さっそく、箱を開けてみるとこんなにいっぱい!

 うひゃ~、いつもありがとね(W君)。

 このドーナッツ、1個90円とお安い。

 ドーナッツ以外にも豆乳ソフトクリームなどもあるらしいが・・・。






100929-03chitoseya






 お味?

 とってもシンプルでおいしい。

 これがおからで作られているなんて、言われなきゃわからない。

 ドーナッツに限らず、おからって結構いろんなものに使えるかもね。







shibacchi0821 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月28日

ドーナッツ談義(第二弾)







 今日の関東は午前中は雨で、テレビを見ている限りでは数多くの地域で注意報が出ていたが・・・。

 僕が出勤する時間にはほとんど雨も上がっている状態だった。

 せっかく傘を持って行ったのに差さずに終わってしまった。

 嬉しいんだか、悲しいんだか・・・わからない。

 今週は仕事がほとんど休みの僕である。

 夏場に休めなかったからね。

 まぁ、それ以外にもいろいろ理由はあるが、月末・月初となると休み明けが大変かな(それも仕方ない)。

 でも前半2日間はほとんど用事もなく過ぎてしまいそう。



 数日前のことだが、フロレスタのジャガイモのドーナッツをどうしても食べたくなり、高円寺に住んでいるスタッフに10個ほど買ってきて貰うようお願いした。

 もし・・・ジャガイモのドーナッツが売ってなければ、別のものでも構わないと付け加えて。

 じゃぁ~ん。






100928-01floresta






 ココアネイチャー(プルーン)、それから・・・、それから・・・。

 あぅ、やっぱり高円寺店ではジャガイモが売ってなかったらしく。

 季節のドーナッツなのか、店舗によって販売していたり、していなかったりするのか・・・、それは僕にもわからない。






100928-02floresta






 輝くチョコレートドーナッツ

 僕はあまり色んなものが乗っていると本来の素材がわからなくなってしまうので、どちらかというとシンプルなものが好きであるが。

 このチョコ、結構おいしかった。






100928-03floresta






 ココナッツミルキーもおいしそう。

 どうせ、こういうのは甘いだけなんだろう、なんて思っていたら、ほとんど甘さがなく、ココナッツの風味だけが残る。

 フロレスタのドーナッツって、どれもがシンプルに素材の味がしっかりしている。

 他にもアールグレイシナモンなどもあるが、どれもが仄かな香りを残すだけのシンプルなドーナッツ。



 このフロレスタの姉妹店、どちらかというと東側よりも西側に多く、主に近畿・中国地方に集中している。

 関東では東京に5店舗、神奈川に1店舗のみ。

 なかなか手に入りづらいのだが、僕の周りには偶然にもフロレスタ近辺に住んでいる人もいるので、また食べたくなったらお願いしようと目論んでいる(笑)。





 



shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月27日

温泉でぐったり







 今日は休日だったが、朝から終日雨。

 この雨、明日まで続くらしい。

 今週はあまり天気も良くないような噂が・・・(これ、関東の話)。

 午前中は部屋でゴロゴロしていたが、久し振りに午後から温泉にGO。

 雨だから利用客も少ないと思いきや、そんなこともなく結構平日の昼間だというのに大勢の利用客で賑わっていた。

 僕の温泉の目的の一つにビール食事がある。

 しかし、だ。

 ここの温泉のお食事処、3時から5時の間は中華専門の料理人さんが休憩のため、ラーメンを含む中華料理のオーダーがストップされる。

 僕はここのラーメンが大好きで、それを目的に食べに行くのだが・・・。

 もちろんそれは願うことがなく(夕方4時ぐらいに行ったので)。

 仕方なくビールのおつまみのポテトフライを頼むと、

「すいません、それも中華なんですよ。」

「はっ?」

 ポテトフライが中華???

 そんな話、聞いたことがない。

「意味わからない。」

って、ぶっきらぼうに言うと、

「ポテトフライに降りかかっているのが中華の素材で・・・。」

 なんか意味不明(だと思わない?)。

 結局、生ビールを一杯飲んで出ることにした。






100927-01onsen






 休日に温泉でのんびりするのが楽しみな僕だが、食することも目的に含まれているわけで・・・。

 今日はこれ一杯って・・・とほほなんだよね。






100927-02onsen






 これはある日の食事。

 もちろん大好きなラーメンだが・・・。

 この写真を見ていたらさらに食べたくなってきたぁぁあああ。

 そして、これが・・・、






100927-03onsen






 例のポテトフライ

 もちろんこれもある日のポテトフライだ。

 いやぁ~、おいしいんだよ、これが・・・。

 何が降りかかっているのか知らないが・・・(苦)。

 今週、もう一度行ってみようと思ってるところなんだけど、実現するかな?







shibacchi0821 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月26日

ドーナッツ談義(第一弾)







 寒い一日。

 あっという間に秋が深まっている関東である。

 今日も天気は悪い。

 日中は晴れてはいたが、夜は雨。

 秋晴れって来るのかな?



 今日も仕事であたふたしていたが、睡眠不足状態のまま、ちょっとだけ飲んで帰ることに~(結局最終電車だった)。



 さて、ここ数日はレトルトカレー談義続きだったが、今日から数日はドーナッツでも・・・(笑)。

 特にドーナッツが大好きってほどではないんだけど、無性に食べたくなるときってあるんだよね(ないか?)。

 もちろん昔はミスタードーナッツが定番で大体どこの駅前にでもあった記憶があるんだけど、今の住まいのそばには見当たらない。

 ミスタードーナッツは種類も多かったので、目を楽しませてもくれていたっけ。

 数年前から日本に上陸したクリスピードーナッツ

 その当時は店頭に並ばなければ購入できないほど日本人を翻弄させたが、最近は並ばなくても買えるようだね。

 僕は特にそれがおいしいと思ったことはない。

 でも、最近僕の中のブームは、






100926-01floresta






 フロレスタのドーナッツ。

 この写真は6月に写したもので、このときに食べたのが初めて。

 左に見えるのがシンプルなプレーン

 フロレスタのプレーンなドーナッツの本当の名前はネイチャーと呼ばれている。






100926-02floresta






 そして、お皿の左側に乗っているドーナッツは季節のドーナッツと呼ばれたもので、このときはジンジャー

 ジンジャーといえば生姜

 生姜をドーナッツに???

 おそるおそる食べてみると、これがかなりおいしい

 ドーナッツの上に砂糖のかたまりのようなものが見えるが、それはジンジャーで、写真では見づらいが、生姜の繊維もしっかり入っている。






100926-03floresta






 これは8月に買ったものだが、実は僕が買ってきたわけではない。

 このフロレスタ、都内には5軒しかなく職場のそばにもないので、スタッフに買って来てもらったものである。



 いつも購入してもらうのは世田谷区の三宿池尻店だが、杉並区の高円寺店、葛飾区の新小岩店、板橋区の大山店があり、HPを見てびっくりしたのは世田谷区にはもう一軒、祖師ヶ谷大蔵店もあるようだ。

 しかもこのときは2度目だったので、写真に写すのも、






100926-04floresta






 こんな程度で、この後、みんなで食したのだが(笑)。

 右の袋の中に入っていたドーナッツ。

 これが・・・、

 ジャガイモのドーナッツ(ひとつだけ)という季節のドーナッツが入っていたので、数人で一口ずつ食べたんだよね。

 そうしたら、それがすごいショッキングな味~

 今まで口にしたことのないもので、みんなで、

「旨~い。」

「何だぁ~、この味は・・・。」

「旨すぎ~。」

と感動の言葉。

 なんと、ジャガイモのドーナッツ・・・塩味なんですけどぉぉぉおおお



 あああああ~、写真に写しておけばよかったぁぁあああ(涙)。






shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月25日

レトルトカレー談義(第五弾)







 ここ数日寒い日が続いてますが、体調を崩してませんか?

 今日は午前中はあまりいい天気ではなかったけれど、午後からは天気も快復~。

 でも寒かった。



 つい数日前までは暑さに耐えきれず、いい加減にしてくれ~って思っていた気候も、急激に寒くなり、いくらなんでもこうやって温度差が激しいと身体がついていけないよね。

 今年も秋は短いのだろうか。



 レトルトカレー談義もひとまず今日でおしまい。

 むか~し、インスタント食品が出回り、カレーもレトルトで発売された頃(はて、いつ頃だったっけ)画期的なアイディアだと感動したことがあるが、今ではほとんどの料理をレトルトでも充分味わえる時代になった。

 あの頃は物珍しさもあってか、新製品が出されるたびに口にしていたような気もする。

 カレーって案外作るのは面倒なんだよね。

 レトルトだと、ついお手軽だから学生の頃は食費が底をつかないうちに買いだめしておいたことも。

 だけど、僕はどうしてもひとつだけレトルトカレーの好きではないものがあった。

 それはじゃがいもがおいしくなかったこと

 今でもそう思うことがある。

 たとえば、残ったカレーを冷凍したものを再び解凍したときのじゃがいも。

 あれはあまり食感がよくないが、それに似た感じがするのだ。

 最近は僕も学習能力が備わってきたせいか(ん?そんな能力ついていたっけ?)冷凍するときはじゃがいもを極力入れないようにしているが。



 さて、今日ご紹介するカレーは・・・。

 ちょっと怪しいカレー






100925-01curry






 これも三芳PASARカレーフェアで買ったものだが、名前がすごい。

 真夜中のカレー(630円也~)。

 パッケージはうなぎの絵なんだから、本来ならうなぎカレーでいいのだが、カレーにウナギを入れる発想が凄すぎる。

 あ、うなぎが入っているのではなく、うなぎの肝が入っている。






100925-02curry






 で、よ~く見てみると野菜などはほとんど見当たらない。

 じゃがいももたまねぎも感触はない。

 思った以上にうな肝は数が多い。






100925-03curry






 どこかうなぎの味もするのだが、カレーにうなぎの組み合わせって、やっぱり考えられないかな。

 ただ、こういうのは受け狙いだからね~。

 パッケージの説明書きには、

 ・・・夜食にいかがですか?ついでに・・・

 だって(爆)。



shibacchi0821 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月24日

レトルトカレー談義(第四弾)







 今日も寒い一日。

 とはいえ、今週はみんなが休日の日は仕事で、みんなが忙しく働いている日は休日だった僕である。

 ということは、今日は休日で(笑)。

 いや、本当は仕事がチラッとあったんだけどね。



 まぁ、それはどうでもいいことで・・・、今日もレトルトカレー談義(笑)。

 このカレーもコンビニで購入。

 ちょっとおいしそうに見えたので、2つ買ってみることにした。






100924-01curry






 どうせレトルトだからそんなに味に期待していたわけではない。

 完熟トマトって書かれていれば、ちょっと気になるわけで。

 僕が自分で作るカレーもトマトを入れたりすることあるんで、結構おいしくなるんだよね。

 パッケージのようにしっかりとした野菜が残ってるわけではないと思いながらご飯の上に乗せてみると、






100924-02curry






 ナスもジャガイモも思った以上にしっかりとした形になっている。

 味も悪くはない。






100924-03curry






 トマトの風味もしっかりしていて、値段の割にはおいしい。

 もちろん、同じ日に食べたわけではないが、






100924-04curry






 ジャガイモのスパイシーカレーもなかなかだった。

 しかもこちらにはヤングコーンが入っていて。

 うひゃ、ヤングコーンって何だか懐かしいような気がする。






100924-05curry






 こんなに毎日カレー談義しちゃってるけど、この時期、毎日食べていたわけではないですからね~。

 もともとカレー好きの僕なんだけど、どうして夏になるとカレーが食べたくなるのか・・・。

 週末、またまた忙しくなるけれど、何とか乗り越えなきゃ。

 


shibacchi0821 at 21:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月23日

レトルトカレー談義(第三弾)







 今日は秋分の日

 しかし、関東は朝から(いや、深夜から?)雨模様。

 日中は雷雨で、かなり近く(職場の)で雷鳴が・・・。

 後で聞いた話だが、数百メートル先で落雷があった模様。

 ニュースなどでは千葉県のグラウンドなどでも落雷があり、多くの人たちがその被害に遭っているとか。

 雷ってやっぱり恐いね。



 祝日は僕にとってはやっぱり天敵

 もちろん今日も仕事だったので大した話題はない。

 ということで、今日もカレー談義(笑)。

 今日のカレーももちろんレトルトなんだけど、こんなのはどう???






100923-01curry






 これも軽井沢の帰りに寄った三芳SAPARのカレーフェアで買ったもの。

 値段は525円也~。

 しかもいかすみだからね~。

 名前はさらにいかすみブラックカレー

 うひゃぁ~、ちょっと恐いっす(見た目が)。






100923-02curry






 ちょっとアップにしてみたが、この世のものには見えない。

 恐ろしい食べ物に見えてしまう。

 おそるおそる口にしたのだが、カレーに違いない。

 このルーの黒さで中の具がほとんど見えないが、イカさんの輪切りがいっぱい入っている。

 やっぱりシーフードってことかな。

 まずくはないのだが、どこかイカ臭い(変な表現だな、笑)っていうか、生臭い。






100923-03curry






 アップにしてもほとんど中は見えない・・・か。

 あ、このご飯、ちょっとお焦げがあるんだけど、みなさんはお焦げ好きですか?

 今の若者は嫌がる人も多いけど、僕はご飯にお焦げがあると多少食欲がそそるんだよね。

 だから、ご飯を炊くときはお焦げモードにしてしまう(笑)。

 遠い昔、まだジャーがなかった頃、よくお焦げを食わされたものだ(懐かしいなぁ)。



 まぁ、今回も話のタネってことで・・・(笑)。









shibacchi0821 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月22日

レトルトカレー談義(第二弾)







 今日の関東は夏!

 特に埼玉県(僕が住んでいる)は35度って?

 秋ではない。

 お昼前にベランダの窓を開けると熱風が・・・。

 うひゃぁ~。

 午後に外に出てみると、汗ばむほど。

 まぁ、こんな天気も今日までと言われているのだが、はたしてその通りなのかどうか。

 ということで、今日は休日(2連休)。



 さて、この夏、避暑のつもりで軽井沢に行ったときの帰り、例の三芳PASARでカレーフェアをやっていて、そのときにググッときたレトルトカレーを三品買ってきたわけ。

 で、今日はその内の一品を・・・。

 実は偶然にも車内でラジオを聴きながら運転していたら、仙台の牛たんカレーの話で盛り上がっていて、

“ふ~ん、ちょっと食べたいなぁ。”

なんて思っていたわけ。

 あの牛たんが口の中でとろけるってどういうこと?

 比較的牛たんって堅いイメージがあるからね。

 そうしたら、たまたま偶然に目の前に現れたのが、これ。






100922-01curry






 まるでラジオのパーソナリティが僕の行き先を案内しているようなタイミングで現れた牛たんカレー

 もうこれは買うしかない、って思ってね(爆)。

 でも、これらのレトルトカレーって高いんだよなぁ。

 ちなみにこのカレーは630円

 ちょっと手を出しづらいよね。

 でも、これはその辺のコンビニには売っていないだろうし、今買わなきゃ、次にいつ巡り合えるか・・・って。






100922-02curry






 忙しい夏、ときにはレトルトも仕方ない。

 またブログネタにでもなれば・・・と思って買ってみたんだけど。

 ふむ。






100922-03curry






 僕の中での評価は今一つ高くない。

 お値段は高めだが、レトルト独特の味が先にしてしまう(食感っていうのかな)。

 そして、牛たんの何がおいしいのか・・・つまり、カレーの具として牛たんを入れたところで、それほど美味ってこともなく。

 いや、牛たんカレーを本場で食べたらおいしいのかもしれないが。

 つまり、このカレー、特にインパクトがない普通のレトルトだったってこと。

 まぁ、話のタネってことで。








shibacchi0821 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)「食物」編 

2010年09月21日

レトルトカレー談義(第一弾)







 世間の3連休は僕にとっては忙しい時期で、睡眠も満足に取れてなかった。

 その反動で今日は一日、家でゴロゴロ。

 ほとんど寝たきりの状態

 本当は温泉にでも行って癒してこようと思ってたんだけど、睡魔が強い。

 あまりにも寝過ぎたせいで、頭痛が~。

 最近こんなこと(睡眠不足)が多くて嫌になっちゃうよ。

 いや、この頭痛尋常じゃなく痛くてのたうちまわっていたんだけど、ようやくさっき治ったような気がする。

 もちろん風邪を引いてるわけではない。

 原因は(何度も書くが)睡眠不足で、その後、何度も寝たことにある。

 寝疲れっていうやつだ(苦笑)。



 さてさて、この一年振り返ってみると(ってまだ早いのだが)、ブログの中では僕の旅行記を中心に、生活面では天気の話題が多いことに気づく。

 旅行記は主に関東周辺で、日帰りができるような場所ばかりであるが、主に那須高原(栃木県)、軽井沢(長野県)、大洗海岸(茨城県)などなど。

 そして、北海道に帰省したことやら、過去のパース旅行・・・。

 あ、このパース旅行・・・、今年の4月か5月のブログで中途半端になっているはず。

 多分、北海道に帰省したあたりから、北海道の話題を中心で書いてしまっていたので、パース旅行記が。

 あと、1~2日分を残したまま、放置状態にされているはずだぁ~。

 いつも気にはなっていたんだけどね。



 そういえば、僕の職場のK子は10月中旬にパースにワーホリで一年渡豪することが決まっている。

 彼女のために僕の持っている資料を渡したり、写真をCDに焼いてあげたり、まるで僕は自分が再び渡豪するのではないかという勢いで情報を与えてあげているのだが、何せまだホームステイ先が決まっていないようで。

 僕自身も年内の小旅行とかドライブはほとんど未定であり、10月初旬に昨年他界した叔母の一周忌のためにちょこちょこっと出かける程度に留まっている。

 これからは話題に乏しくなるので、再びパース旅行記の残務処理(笑)でもしていこうと考えているところである。

 それまでの間、何かでつなぎとめてみるとしよう、か。

 ・・・ということで、レトルトカレーだぁぁあああ(どんな発想だ???)。



 いや、僕は案外昔からカレー好きで、料理といえばカレーっていうところがあったんだけど、この夏、自分でカレーを作ったことがない。

 なぜなら、冷蔵庫が・・・。

 つまり、カレーって大量に作った方がおいしいでしょ?

 でも、冷蔵庫の調子が悪かったから、そのカレーを鍋ごと保存もできずにいたわけで、まさかこの猛暑の中、常温で保存したら恐ろしいことになるのは過去に数回経験しているし、ね。

 で、この夏はかなり久しく口にしていなかったレトルトカレーを何度か食べていたわけ。

 そんなつまらない写真を載せながら、カレー談義に花を咲かせてみようと・・・(花、咲くかな?)。



 第一弾は、これ!






100921-01curry






 今年はどこに行ってもラー油の話題ってこと欠かせないよね。

 こんな話題になる以前、僕は島ラー油をお土産にもらったことがあるんだけど、そのラー油をかけて、ヒ~フ~しながら食べたにもかかわらず、また食べたくなる衝動に駆られていたことも多かった。

 最近は食べるラー油っていうやつも出回っていて、僕も1~2度話のタネに食べたが、だから何なんだ?って(笑)いう思いしか残ってなかった。

 ある日、コンビニで見たのが、ラー油カレー(ふむ)。

 カレーにラー油???

 どう、その発想???

 あまりピンとこないね~。

 で、買うつもりもなかったんだけど、裏面を見て購買意欲をそそられたわけ。






100921-02curry






 盛り付け方の2と3の文面に・・・ね。

 購入した客に使う言葉ではない(怒)。

 もっとお上品な言葉を使え、って昔なら販売業者からクレームでも来そうな言葉を使う所が現代の発想なのだろう、か。

 ぶっかける

 っていうところが、売りなんだろうね。






100921-03curry






 はい、出来上がり~。

 ぶっかけてみました。

 うん、昔のレトルトとは一味もふた味も違う。

 いや、ラー油のせいではない。

 さすが、レトルトとはいえ、それなりのお値段だし、比較的おいしい。






100921-04curry






 これ、特にラー油がなくてもおいしいカレーだと思うよ。

 レトルトのわりには・・・。

 結構満足度の高いカレーである。







shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)「食物」編