2010年09月

2010年09月20日

聞いてください、ウチの冷蔵庫の話を(2)







 そう、この話は9月3日(金)に実行した話なんだけど、ね。

 冷蔵庫の中を空っぽにして、コンセントを抜いたのはお昼頃。

 これが、僕の失敗の第一歩だったのだが。



 実はこの話を職場の仲間にしたところ、多くの意見は、

「いい加減に悩まないで、新しい冷蔵庫を買った方がいいと思いますよ。」

だった。

 そりゃぁ、僕も新しい冷蔵庫を買ってしまえば、それでさっぱりするってこともわかっていたんだけどね。

 万が一、購入後に、いや実は正常に使えました、ってことになったら悔しいわけで。



 しかも、今の僕にこの先3ドア以上の冷蔵庫が必要なくなることも考えられるのだが(苦)、やっぱり最低3ドアを考えると予算が~(涙)。

 どうして冷蔵庫って値段の幅が広いのだろう。

 2ドア程度だったら2~3万円ぐらいで買えるのだが、3ドアとなると7~8万円になる。

 その中間あたりが、あまりないんだよね(省エネ対応のものは特に)。

 その上、来年までには地デジ対応のテレビだって買わなきゃいけない(汗)。

 しかも実家にも・・・(涙)。

 これは約束したことだからいたしかたない。

 うひゃ~、この時期にテレビを2台と冷蔵庫・・・はかなりきついもんなぁ~。

 テレビもずいぶんと安くなったとはいえ、生活苦になっちゃうよ、全く。



 と、まぁ、職場の人間はいとも簡単に買い替えろ的に言うのだが。

 その日の夜に帰宅して冷凍室の扉を開けると、まだまだ霜は残っている状態で、唯一そこに入れておいたビールを飲んで眠りについたわけ。

 もちろん、翌日もそのままの状態で一日が過ぎるのだが(僕は仕事に出かけている)、帰宅したら冷蔵庫の床下部分が洪水に~。

 あ~、最も下の部分にある受け皿の水が溢れている~。

 今度は部屋の大掃除

 しかも深夜に。

 さらには翌日は早朝から出勤なわけで(笑)。



 まぁ、そんなことがてんやわんやと起こり、冷蔵庫の水がなくなっただろうと思われたのは9月5日(日)の夜のこと。

 僕は藁にもすがる思いで(ちと大袈裟???)、冷蔵庫のコンセントを入れることにした。

 これで、もし翌日何の変化もなかったら諦めるしかないな、と。



 と、と、ところが・・・。

 翌日冷凍室の扉を開けると・・・。

 ひんやり~

 いや、これは以前からひんやりしていたことで、問題は冷蔵室である。

 冷蔵室がひんやりしていなければ、僕が描いていた想像は覆されるわけで。

 おそるおそる冷蔵室を開けてみると・・・。



 あぁぁああああ。

 やっぱりだめかぁ~。

 ひんやりしていない。

 いや、

 ひんやりしていない気がする。

 いや、いや、

 ひんやりしているようにも思う。

 どっちだぁぁあああ。

 冷蔵室に手を入れる。

 う~ん、ひんやり・・・していない・・・か・・・な。

 更に頭を突っ込んでみる(がははは)。

 ん?

 なんとなく冷気が感じられる・・・。

 ・・・ようにも思うし、単に僕の錯覚かも。



 よくわからない。

 そうなって(正常に動いて)くれればいいという思いがそうさせるのかも。

 この日も決断できず、さらにその翌日、冷蔵室を開いてみると、

 ひんやり~(これは本当にひんやり状態だった)。

 うわぁ~。

 冷蔵庫が元通りになったぁぁあああ



 この一年間、僕が密かに悩んでいたことが、この日、結果として成功したわけで。

 でも、何でもっと早くにやらなかったんだろう。

 まぁ、ここまで結論付けることができなかったことがその理由なのだが。

 僕の家の冷蔵庫と同じような症状のある方は、一度しっかり霜取りをすることをお勧めしますよ。

 しっかり・・・ですよ、しっかり!!!

 ちなみに今の我が家の冷蔵庫は元気に活躍してくれています(霜もつかずに)。

 そして、もうしばらくはこの冷蔵庫と付き合っていけそうです。

 ちなみに・・・写真も写してみた。






100920-01cooler






 上が冷凍室、下が冷蔵室で、写真には写っていないがその下には野菜室がある。

 まぁ、マンション住まいなのでこれ以上幅の広い冷蔵庫を置くのは無理かな。

 横には戸棚でこれも黒(笑)。

 実は僕の部屋の家具はごく一部を除いてほとんどが黒

 タンスとかテーブルとか、ね。

 戸棚にある湯のみ茶碗にはしばっちの名前の一部が(笑)。






100920-02cooler






 冷蔵庫(冷凍庫も)の中はほとんど空っぽ。

 電源を抜く前に捨てちゃったものも多い。

 冷凍室の下の段の扉の付いている部分だけが冷凍室で、それ以外が冷蔵室状態だったんだよ、今まで(笑)。

 もちろんこの写真を写したのは復活後である。

 





shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年09月19日

聞いてください、ウチの冷蔵庫の話を(1)







 ちょっと聞いてください。

 あ、大した話ではないんだけど・・・。



 実は我が家の冷蔵庫が去年あたりから故障気味になりつつあり、そろそろ買え時かなぁって悩んでいたんだけどね。

 ごまかし、ごまかし、使っていたんだよ。

 どんな症状・・・かって?

 その冷蔵庫は3ドアで、僕のおぼろげな記憶では、

 学生時代から社会人になった数年間は2ドアだったので、それ以降のもの・・・だから、かれこれ○×年は経っているんだよね。

 ただ、今のように省エネ対応ではないし、冷凍室が中段にあるわけではないので、本当に電化製品としては長持ちしている方だと思うわけ。

 それで、上段が冷凍室、中段が冷蔵室、下段が野菜室なんだけど、あるとき突然冷蔵室と野菜室部分が冷えなくなってしまったわけ。

 冷凍室や冷蔵室には温度調整のメモリがあって、それらの調子がおかしいのかな?・・・って思い、いろいろやってみたんだけど、全然ダメだったんだ。



 ところが、どうしたことか冷凍室だけが生き伸びているんだけどね(笑)。

 しかも、この冷凍室部分・・・2段になっていて、その下段には更に扉(蓋)が付いているんだよね。

 で、何と!

 扉の付いている部分は冷凍室の役割をしていて、扉のない部分は冷蔵室の役割をするような状態になってしまったんだよ。

 わかる?

 どんな症状か。

 つまり、我が家の冷蔵庫の上段(冷凍室部分ね)だけが冷蔵庫の役割をするようになってしまい、それ以外(中段と下段)は常温状態。

 はぁ~(溜め息)。

 そろそろ寿命か(涙)。

 買い替えか・・・(さらに溜め息)。



 でね、納得がいかなかったんだよね。

 その症状ってある日突然起きたことなのだろうか、ってずっと考えていたわけ。

 いや、何らかの原因があったはず。

 いつも自問自答していたんだ。

 納得できずに買い替えるなんて、あまりにも悔しすぎる。



 ちなみに今年に入ってからももちろんだが、この夏もその症状で生活をしていたのは言うまでもない。

 冷凍庫の扉部分にビールを入れておくと、キンキンに冷えたビールになってくれていたし(でも凍ったりはしないわけで)、もちろん中蓋部分には肉なども冷凍できる状態。

 小さな冷蔵庫ってことだ(しかも1ドアの)。



 ところが、正常に作動していない冷蔵庫だから、冷凍庫部分にどんどん霜が付いてきて、その霜も頑固に貼りついているから簡単には取れない状態になって来てしまったわけ。

 このときに僕の頭をかすめたのは、こんな理論だったんだよね。



 冷蔵庫の仕組みってどうなってるのだろう?

 もし冷凍室で冷やされた冷気が、冷蔵室へ、そして野菜室へ降りていくのだとしたら、冷凍庫と冷蔵庫の間に何か異常が発生したのではないだろうか。

 そういえば、ある時期、霜取りをしようと思って一度電源を落としたことがあったっけ。

 そのときって、何時間ぐらいコンセントを抜いていたのだろう・・・。

 もし、しっかり霜取りをしないうちにコンセントを差し込んだとしたら、冷凍庫と冷蔵庫の間にはまだ凍った部分が残っていて、その状態のまま凍ってしまっていたとしたら、冷気の通り道がふさがれているのではないだろうか。



 もし、しっかり霜取りをしたらもう一度復活するかもしれない!

 そして、もし、それをやってダメだったら新しい冷蔵庫を購入しよう(と決心というか諦めというか)。

 数日前から冷蔵庫などに入っていたもののほとんどを処分し、庫内を掃除し、いざ実行に移すことに~。
 






shibacchi0821 at 23:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 「生活」編 

2010年09月18日

ちょっと補足~♪(お土産編)







ちょっと補足~♪(お土産編)

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)



 那須高原に出かけたのがつい最近のように思っていたんだけど、もうあれから1カ月弱経っているなんて・・・。

 そして、今日も相変わらず夏らしい気候だったもんだから、季節感がわからなくなっている(夜はそれなりに涼しくも感じたが)。

 そういえば、この間の那須高原で買ったパンの数々。






100918-01nasu







 あ、これは買ったパンとは違う(笑)。

 前回も今回もペニーレインで口にしたチーズフォンデュの残りを詰めてお持ち帰りしたもの~。

 那須高原に行った翌日に食べましたぁ。

 写真で見るとパンにカビが生えているように見えるけど、決してカビではない(汗)。

 ハーブが入っているパンなので、お間違えないように~。

 そして、






100918-02nasu






 これはブルーベリーのパン。

 中にはさっぱりしたクリームが詰まっていた。






100918-03nasu






 ナッツがいっぱい入った、ちょっと大きめのパン。

 一人じゃ食べきれないよ~。






100918-04nasu






 これが例の二口栗アンパン

 このパンの中に大きな栗も1つ入っているわけ。

 どれもが同じ大きさのお皿に乗せてあるので、いかに二口栗アンパンが小さいかわかるよね。

 う~ん、僕としてはペニーレインのアンパンはかなりお勧めしたいところ。

 そして、二口栗アンパンは小さめだけどちょっとお土産としてもいいかなぁって思ってる。

 結構ボリュームあるんだよ。

 ひとつ105円って、温泉まんじゅう並みだしね(大きさはその2倍ぐらいはあるよ)。






100918-05nasu







 これはチーズガーデンで買ったオレンジ風味のパウンドケーキ

 たまにはチーズケーキではなく、こういったものもいいかなぁなんて思ってね。

 普段なら農産物なども手にしてくるのだが、さすがに今回は時間がなく断念~。

 また、いつか高原野菜を買いに出かけたいものである。






2010年9月18日の日記

 今日から世間は3連休。

 火、水曜日に休日を取れば、6連休っていう方もいるだろう。

 僕はこの3連休は当然、3連勤となるわけで、休日はそのあとの平日。

 新宿駅でメールが。

 偶然にもCさんからだ。

 途中駅で降りてちょっと飲むことに~。

 楽しいんだよね~、Cさんと飲むと。

 今度、また遊びに行こうと約束をして別れることに。



 結局、家に帰ったのは12時を軽く回っていたのだが。

 明日も早いのでそろそろ寝なきゃね。








shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月17日

無事カエル







無事カエル

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)




 さて、今回の那須高原ドライブも今日のブログでおしまいとなる。

 あれもこれもと欲張りたくもなるが、今回のドライブで最後に立ち寄ったところは、






100917-01nasu






 毎回、那須高原の帰りに立ち寄っている定番(?)のチーズガーデン

 もともとはここのチーズケーキがおいしいという評判で、ついつい寄ってしまうわけで、買わずとも試食だけは欠かさない(爆)。

 でもね、ここの営業時間って結構短いわけで、ちょっと長めに遊んでしまうと閉店ってこともしばしば。






100917-02nasu






 だからといって、さん・・・慌てているわけではない(笑)。

 そして、ここのチーズケーキは御用邸チーズケーキというぐらいだから、皇室の方々も口にしたことがあるのかなぁ。

 クリーミーでおいしいんだよね。

 そういえば、この時期、皇太子ご一家も那須御用邸にいたはず。






100917-03nasu






 日中は雲が多かったのだが、夕方になるにつれ、その雲もどこかに。

 青空が広がってきたぁ~。

 まだまだ那須高原で遊んでいたかったんだけどね。



 店内に入り、まずはチーズケーキの試食~(爆)。

 このお店を知っている人は、ケーキを買おうが買うまいかなんてお構いなしに試食コーナーでパクパク食べるから、あっという間になくなってしまうわけ。

 競争率が激しいんだよ。

 おばちゃんたちなんて、ひとつやふたつじゃないからね。

 口に入れるの・・・。



 で、まぁ、ちょっとだけ頂いて、好物のチーズを流し見してみることにする。

 いつものパターンである。

 さすがに閉店近くなると人気のあるものはなくなりつつあり、今回選んだのは、






100917-04nasu






 こんなチーズだったりする。

 さんも・・・ここで数点手にしていた、かな。

 このお店も奥に行くと、ガラス越しにチーズケーキの工場を目にすることができる。

 こういう所って見ているだけで楽しくなってくるんだよね。






100917-05nasu






 チーズガーデンにはいつもチーズケーキやチーズ製品を目的として立ち寄るんだけど、ワインなども置いてあって、ちょっとグラッと購入意欲をそそられてしまう。

 まぁ、そこはじっと我慢して・・・と。

 そろそろ空も薄暗くなり始めてきているので車に乗り込んで帰宅することに~。






100917-06nasu






 さて、今回の那須高原・・・。

 最近は友人や知人とは出歩かなくなった僕であるが、かなり充実した楽しいドライブになったのは言うまでもない。

 サブタイトルにもなっているが、大人心をくすぐる!・・・そんな場所はトリックアートに限られたことではないが、今年の夏のように極端に暑いとき、または雨でアウトドアを楽しめないときなどはこんな場所に行ってみるのも一味違う楽しさを味わえると思うよ。

 いつもなら上りの高速道では睡魔に襲われること数回(笑)。

 そのため、ついついSAなどでグダグダと時間を潰したり、仮眠を取ったりする僕なのだが、今回はテンション高く、スムーズに帰ることに成功。

 これもさんのおかげかな。

 ありがとね、さん。

 今回も大きなトラブルがなく、






100917-07nasu






 無事カエルことができましたぁぁぁあああ~。

 ちゃんちゃん。






2010年9月17日の日記

 今週末は比較的暑いという天気予報の通り、今日は日中も暑かったが、夜も・・・歩いているだけで汗が・・・。

 この気温で9月だもんなぁ。

 しかも、もう中旬なんだよね~。

 まだ8月のような気持ちで、のんびり構えているんだけど、あと2週間もすれば10月だよ。

 何だか季節感がずれてしまっている。

 今日も仕事だけの一日だが、この週末、連休となるので忙しくなってしまう。

 ちょっとリキ入れて頑張らないと。







shibacchi0821 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月16日

ご満喫のペニーレイン







ご満喫のペニーレイン

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)



 ゆっくりとした時間の中で食べたおいしい食事も終わり、再び店内に入る。

 目的は、パンの購入である。

 ペニーレインのパンは通販でも購入できるが、数が少ないと高上りになってしまう。

 もちろん僕はそんな数を必要とはしていないので、見た目でおいしい菓子パンを数点買えばそれでよかった。

 僕が店内でウロウロとカメラを向けているうちに、早くもさんは購入済み。






100916-01nasu






 すでに右手にはペニーレインの緑の袋を手にしているCさんが眺めているのは、店内に並んでいるビートルズグッズ

 じっくり見ていては時間がないほどだ。






100916-02nasu






 ほら、ピアノの上だけでもこんなに~♪

 いやぁ、楽しいね。

 何だか、ちょっとだけ若い頃に戻ったような。






100916-03nasu






 ジョンレノンなんて、これだけの線で表現できちゃうんだから、僕でも描けるかも、ね。

 それだけインパクトのある人だったんだよね。

 音楽もキャラクターも。






100916-04nasu






 ビートルズのグッズも置くところが・・・。

 ほら!

 窓の上にまで。

 と、店内を眺めてばかりいないで、僕もパンを買わなきゃ。






100916-05nasu






 上の写真の右下には那須アンパンが並んでいる。

 これは前回買ったのだけど、茄子の形をしている大きなアンパンで、この中にはナント栗が3個も入っているんだよ。

 今回はその隣の小さな二口栗アンパンを数個。

 二口で食べられる大きさ(つまりそれほど大きくないってこと)で作られたアンパンで、この中にも大きな栗が入っていて、1個105円。

 安いっ!!!

 これも前回買ってるのだが、今回は多めに買って職場のスタッフにもお土産に~♪






100916-06nasu






 レジも大賑わい。

 だが、買っている方たちはオヂサンばかり~(笑)。

 いやいや、オヂサンにも人気のあるパンだってことだよね。

 僕もドッサリ(いや、ほんの数個)パンを買い込み、外に出ることにした。

 またしばらくは那須高原には来られない(と思う)。

 ということはペニーレインにも(涙)。






100916-07nasu






 良き思い出に、最後にここでも写真を。

 さんの手にもしっかりとパンが~(笑)。

 もう少し時間があったら・・・と、お互いに話をしていたんだけどね。

 トリックアートの館を楽しみ、食を楽しみ、本当は温泉などにも行きたかったのだが、そろそろ時間が・・・。






100916-08nasu






 駐車場の脇で見かけたトンボ。

 なんだかトンボを見ると秋が訪れるような気持ちになるのだが、今年はまだまだ猛暑日が続いている。

 ちょっと涼しげな写真にも見えるが、決してそうではない。

 そして、那須高原に来ると必ず寄る場所へと向かうことに~。





2010年9月16日の日記

 今朝、結構雨が降っていたらしいが、僕はここ数日の過ごしやすい気候のせいか、ぐっすり寝ている。

 仕事から帰ってくるのも遅いし、寝るのも深夜2時ぐらい。

 猛暑日が続いていた頃は、暑くて早朝4時、5時に目が覚めていたのだが、ここ数日は8時とか(笑)。

 日中も雨は何となく降り続いていた。

 そして、夜も。

 たまたま帰宅時間には雨が降っていなかったりして、ちょっとだけラッキーな状態だったりするんだけどね。



 最近、何人かの職場のスタッフがモバゲーの怪盗ロワイヤルの話題で盛り上がっているのを聞いて、僕もチラッとやってみたら、これが結構ムカつくんだよね。

 ほら、コマーシャルでやってるでしょ?

「ワナにはまったぁぁぁ。」

ってやつ。

 あれ、結構完成度の高いゲームだね。

 課金するとちょっといいアイテムが手に入ったりして。

 今、ゲーム業界の売上のトップらしいよ。

 ついつい課金したくなるもの。

 エスカレートしないようにしなきゃね。







shibacchi0821 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月15日

脇役も負けない!







脇役も負けない!

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)




 誕生日が同じ者同士で、ちょっと遊びに来た那須高原

 そして、こんな機会じゃなければお互いに誕生日を祝うこともないので、そんなに嬉しいわけではないが(年齢的に、ね)、まぁ、一応乾杯して、おいしい料理を突くことに。

 主役はあくまでも僕らだが(笑)、料理の主役は昨日のブログで紹介済み。

 さて、料理の脇役は、というと。






100915-01nasu






 彩り鮮やかな野菜たち

 左は野菜をグリルしたもので、茄子、赤ピーマン、ししとう、かぼちゃ、さつまいも。

 右には3種のピクルス。

 で、僕が一番お勧めしたかったのは、ハンバーグシチューの鉄板に乗っていた野菜たちなんだけど、下の写真前回のときのもの。






100915-02nasu






 これは、4か月前に来たときに食べたハンバーグシチュー。

 定番のグラッセなどが乗っているが、何といっても感動したのがカブなんだよ。

 え~、鉄板の上にカブ???

 って思ったんだけどね。



 濃厚なソースが口の中でしつこく感じた後に食べたカブ。

 これがすっごい爽やかで、さらにハンバーグをおいしくさせてくれていた。

 さんにはどうしてもこのカブを食べてもらいたかったわけで。

 ところが今回のハンバーグシチューには・・・。






100915-03nasu







「あれれ?」

 カブがない(涙)。

 季節によって乗せる添え物が違うんだね~。

 そして、はやっぱりとうもろこしってことかな。

 僕としてはカブを外してもらいたくなかった~。

 もちろん、僕が今回たのんだ料理にも、






100915-04nasu






 トウモロコシが(笑)。

 やっぱり季節によって楽しめるっていうのは、そういう意味では楽しいと思うけどね。



 これからはでしょ?

 って、ことはトウモロコシに代わって、

 まつたけ

 かもね(笑)。



 ん?

 じゃ、冬は?

 はて。

 それは、ぜひ那須高原に行った際に、ペニーレインにお立ち寄りくださいませ。






100915-05nasu






 僕自身、2度目のペニーレインだが、那須高原にはおいしいレストランがいっぱいあるだけに、競争率は激しいだろう。

 胃袋が一つしかないから、あっちも・・・こっちも・・・っていうわけにはいかない。

 おいしいハンバーグを食べたくなったらペニーレイン!

 ってことかな。

 あ、おいしいトマトシチューも、ね。






100915-06nasu






 こ~んな大きなポークが口の中でとろけちゃうんだよ~。

 ほ~ら、

 食べて!食べて!






2010年9月15日の日記

 気づけばあっという間に9月も半ば。

 数日前まで残暑で、なかなか夏気分が抜けずにいたので、9月の感覚を忘れていたのかも。

 そして、ようやく涼しくなったと思ったら、雷雨。

 これも昔なら真夏の夕立だったりしたと思うんだけどね。

 それでも今は過ごしやすい気候に感謝している。



 先日、職場のK子(スタッフは彼女のことを呼び捨てにしている、笑)が屋久島に行ってきた。

 途中、僕に写メが送られてきた。






100915-07yakushima






 お~、縄文杉~。

 なっつかしいなぁ~。

 僕自身、過去に3度屋久島まで行っているが、縄文杉にお目にかかったのは1回だけ(笑)。

 屋久島って本当に神秘的な島で、行けば行くほどその魅力に魅かれてしまう。

 海辺も楽しいが、屋久島の魅力はそれ以上に奥深い山々に入り込んでこそ感じることができる。



 数日前に屋久島で縄文杉の次に古いと言われている翁杉(おきなすぎ)が倒れたというニュースを目にした。

 翁杉は縄文杉を見に行く途中にある杉。

 で、驚いたのが、

 翁杉が倒れる数時間前にK子がその前に立ち、記念写真を写していたこと(笑)。

 これって凄いことかも。

 翁杉の最期を看取ったのはK子だったかもしれない。

 これから決してまっすぐ立っている翁杉の前では記念写真は写せないわけで。

 貴重な写真だよなぁ、それって。

 近いうちにK子からその写真をもらえる予定なので、もし手にしたらBLOGにアップしようっと(がははは)。







shibacchi0821 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月14日

主役が揃ってかんぱぁ~い!







主役が揃ってかんぱぁ~い!

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)



 僕は車を運転しているので、ここでビールを飲むわけにはいかない(涙)。

 今回は僕にとってもさんにとっても祝いを兼ねた日帰り旅行(まぁ、ちょっと大袈裟だが)。

 お互いの同じ誕生日に乾杯ってわけだ。






100914-01nasu






 うわぁ~、やっぱり向こうの器の方がおいしそうだなぁ。

 ぷはぁ~、って飲んでみたいわけで。

 でも我慢、我慢。






100914-02nasu






 ビールも陶の器に入っているとちょっと高級感があっていいね。

 こうやって陶器を写真に残しておくのも楽しいかな。

 さて、ペニーレインといえば、






100914-04nasu






 チーズフォンデュ

 これは外せない。

 もともとこれ狙いでペニーレインに来たわけで。

 前回ももちろん頼んだが、値段の割にすごいボリューム。

 2人でも食べきれなかったんだけど、見ているだけでも充分楽しい。

 最近、僕の周りでフォンデュ用のチーズがなかなか手に入らないので、ちょっと寂しいが。

 そして、さんにお勧めしたのは前回僕が食べたハンバーグシチュー






100914-05nasu






 アツアツの鉄板に乗った大きなハンバーグだ。

 ハンバーグもおいしいが、ソースもおいしい。

 ジューシーな肉汁がジュワァ~っと溢れてくる。

 僕も同じものにしようかと悩んだのだが、メニューを見てキラリと光った文字。






100914-06nasu






 那須野ヶ原ポークトマトシチュー(っていう名前)。

 大きくて深いお皿にたっぷり入っているのには驚きである。

 もともとトマトソースが大好きな僕であるが、豚肉がとろけてしまうほど柔らかく、濃厚な味。

 こりゃ、たまらん!

 食べても食べても減らないよぉ~。



 料理が揃ったところで、僕らの同じ誕生日に再びかんぱぁ~い。

 と、と、ところで、

 ちょっと気になることがあるんだけどね。

 これは前回ペニーレインに来たときとちょっと違うってことなんだよね。

 それは明日~(慌てない、慌てない)。
 




2010年9月14日の日記

 昨日から引き続き休日。

 で、今日も日中は部屋でゴロゴロしていたんだけど、お昼過ぎにはやっぱり温泉でゴロゴロすることに。

 で、温泉から出てから、施設内のお食事処でクイッとビールを。

 テレビでは民主党新代表を決める瞬間である。

 結果は大差で菅直人氏の当選。

 僕はね、どちらもそんなに期待はしていないが、もし小沢一郎氏になっていたら、いつも不透明な金のことが付いて回るだろうから、国民もそればかりを目の敵にするだろう。

 そういう意味では菅直人氏で良かったのかもしれないが、税金をくだらないバラマキに使ってもらいたくないものである。

 このことに触れると話が長くなりそうなので打ち切るが、住みよい日本ってこの先来るのかなぁ。

 不安ばかりが先立つ。







shibacchi0821 at 23:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月13日

緑に囲まれたテラス







緑に囲まれたテラス

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)




 那須高原のイメージとはちょっと違い、蒸していたこの日。

 前日の計画の中ではペニーレインのテラスで食事をしようかな、なんて思っていたが、朝から暑かったので仕方なくレストラン内で・・・と断念。

 しかし、30分待ちということで、それも仕方なしに待つことにした。






100914-01nasu






 これはテラス側から見たレストラン。

 パン売り場もビートルズグッズでいっぱいだが、レストランの中も秘蔵モンが並んでいるようだ。

 ビートルズファンといえば、やっぱり団塊の世代に差し掛かっているのか、やはり若者よりも高齢の方たちが多く感じるのは僕の単純な錯覚かな?






100914-02nasu






 待っている間のさん。

 そして、ここがテラス部分にあたるのだが。

 かなり広いでしょ?

 確かに人は大勢いるのだが、テーブルは空いている。

 あれれ?

 30分待ちなのでは?

 近くを通ったウエイトレスのお姉さんに尋ねてみると、

 室内が30分待ちで、テラスであれば座れますよ、とのこと。

 ちょっと蒸してはいるものの、我慢できないほどではない。

 30分待つよりも、テラスでいいかな。

 ねっ、さん???

 と声をかけようとしたら、






100914-03nasu






 あ、あ、あんなところに~(爆)。

 緑多いテラス、ちょっと雰囲気いいよね~。

 ついつい、見て回りたくなる気持ち、わかりますよ~。

 結局、レストラン内は諦め、前々から計画していた通り(笑)、テラスで爽やかに(?)食事をすることに。






100914-04nasu






 それにしても周りは家族連れやカップルも多いが、やはり高齢の方も多い(ほっ)。

 さすがに夏となれば、どこかにドライブに出かけた途中に立ち寄ってるのだろう。

 あ~、一人じゃなくて良かった。

 と、隣の席を見ると、






100914-05nasu






 ワンコを連れたお一人様~

 もちろん、ここはワンコ同伴でもOKで、他の席にもけっこうワンコ連れの人たちが多かったんだよ。

 ひとりでものんびり食事ができるレストラン。

 僕のような人間にはうってつけの場所である(わ~い)。



 さてさて、

 何を食べようか?





2010年9月13日の日記

 今日は休日(しかも2連休)。

 しかし、昨日の出来事があり、今日は朝からグダグダ。

 結局早朝目を覚ましてから3度も昼寝(笑)。

 睡眠不足がたたってのこと。

 まぁ、日中はこれといって用事もなかったので、PCに向かうか、テレビをボ~ッと見てるか、寝るか・・・それだけで過ごす。

 ところが夕方、結構な雨が。

 しかも用事があったので、外に出たときには雨は止んでいたけれど、雷が。

 どどぉ~ん。

 凄すぎる。

 恐い~っ。

 空一面が閃光で光るとすぐさま雷鳴が。

 あ~っ。

 このまま雷が当たるかもしれない、って思ったほどだ。

 夜に帰宅して、部屋が何かおかしいことに気づく。

 たしか、エアコンはタイマーをかけていったはず。

 たしか、PCも省エネモードにして、電源は切ってないはず。

 それなのに・・・。

 エアコンもPCも電源がOFFになっている。

 あれれ???

 もしかしたら、停電になっていたかも。







shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月12日

30分待ち







30分待ち

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)




 ペニーレインでの食事はかなりお勧めしたいと思うほど、僕にはお気に入りのお店。

 しかも、店内よりも広いテラスが高原を感じさせてくれる。

 というわけで、本当ならテラスで食事を考えていたんだけど、ね。

 やっぱり蒸し蒸しするんだよね~。

 かなり悩んでいた(店内で食事をするか、テラスで食事をするか)。






100913-01nasu






 もちろんここはメインの入り口だが、写真の奥にある看板の横からも入れるって思ってたら。

 入れなかった(笑)。

 ビートルズのアルバムジャケットがまるでトリックアートのように飾られていて、ちょっと苦笑(前回も苦笑)。

 テラスの方から直接入ることもできる。






100913-02nasu






 さん、おそるおそる中を覗きこむ。

 入口の扉を中に入ると短い廊下があり、高級感たっぷりのお店なんだけど、ちょっと躊躇してしまう。

 あれ?

 ここから入っていいのかな?

 って、思っちゃうんだよね。

 でも、大丈夫。

 ここが正真正銘、このお店の入り口ですよぉ~。






100913-03nasu






 いかつい顔のピエロがお出迎え~♪

 しかも店内、かなりの人がいて大賑わい。

 さすがに平日とはいえ、この日はまだまだ夏休みと呼ばれる時期だけあって、想像以上に多くの人々が訪れているようだ。






100913-04nasu






 入口を入って左にパン工房がある。

 最初の写真に写っているアビィ・ロード(Abbey Road)のアルバムジャケットの横がパン工房ってわけ。

 それにしてもおいしそうなパンがいっぱい。

 と、写真ではいっぱいないか。

 売れに売れているんだな、きっと。






100913-05nasu






 お店の中央にも菓子パンがいっぱい。

 特にいろんな種類のアンパンがあって、それを見ているだけでもかなり楽しい。

 まだ、お店に入ったばかりでパンを買おうという購買意欲が出てくるのだが、まずは腹ごしらえだよね。

 で、レストラン側に行くと、

 え???

 30分待ち?

 がぁ~ん(と聞こえたような)。

 予約表に名前を書き込み、30分待ちを覚悟することにした。





2010年9月12日の日記

 今朝、早く(3時50分)に携帯電話が鳴る。

 睡眠時間の少ない週末。

 僕はぐっすりと深い眠りの中だった。

 どうせ、間違い電話か何かだろう(怒)。

 携帯電話のパネルに並ぶ数字。

 登録してあれば名前が出るはずだ。

 しかし数字が並んでいるだけだ。

 こんな時間に間違い電話なんてしてもらいたくないものだ、と怒りに似た気持ちで電話に出ることなく、眠ろうとしていたら、再び、電話が鳴る。

 イラッ(怒)。

 仕方なく、携帯のボタンを押し、無言で耳に当てる。

「もしもし、しばっちさんでしょうか?」

「・・・」

「あの~、Nの父親ですが・・・。」

 Nとは数少ない高校生アルバイトの1人だ。

「実は夕べから家に帰ってきていないのです。昨日は仕事が終わってからまっすぐ家に帰ったかどうかおわかりでしょうか?」

 もちろん、定時に仕事が終わり、いつものように職場の前で別れたことを伝えたのだが。

 今度はこちらが心配だ。

「普段は外泊するときなど、連絡を入れるお子様ですか?」

「はい。」

 親からNに何度電話をしても出ないという。

 もちろん、その日に親と子の間でトラブルがあったわけでもない。

 仕事もいつものようにしっかりこなし、笑顔で別れている。

「ご心配でしたら、やはり警察に届けるべきではないでしょうか。もし、本人とご連絡が取れたら、何時でもかまいませんので必ず私にもお電話ください。」

 そういって電話を切ったのだが、今度はこっちが心配になる。



 結局、その後、僕も一睡もできず、悪いことばかりが頭に浮かぶ。

 彼と僕は職場から全く反対方向に別れる。

 彼の帰宅する道はちょっと狭い住宅街。

 人通りがないわけではないが、夜ともなればあまり一人で歩きたいとは思わない通りである。



 事件に巻き込まれたのだろうか。

 交通事故か何かか。

 Nは今時の高校生のイメージはない。

 スラックスを腰より下に降ろして、裾を引きずることもない。

 髪の毛を染めたり、ピアスなどもしていない。

 救急救命士を目指し、自分の夢を熱く語る子である。

 出勤時間もゆとりを持って、30分も前に来るような子である。

 もちろん、話を聞く限り、不真面目な生活をしていることは一切聞いたこともない。



 僕はそれから一睡もせずに早朝、家を出ることにした。

 最悪の事態が頭から離れない。

 万が一、命にかかわる事態になっていたら・・・。



 この日は過酷にも14時間の勤務だ(涙)。

 職場に着いてからも、悩んでいたことがある。

 電話をかけてみようか。

 メールをしてみようか。

 親が何度も電話をかけているのに、出ない。

 もし、彼が事故に巻き込まれていれば、誰かが携帯電話から連絡をする可能性もあるだろう。

 何か事件に巻き込まれていたら、それは難しいかもしれない。

 色んな事が頭をよぎる。


 そう思うとメールもできずにいたのだが、とにかく連絡をくれという内容のメールを送ることにした。

 小一時間が過ぎた頃、Nから携帯電話に連絡が入る。

「すいません。いろいろご迷惑をおかけしたようで。」

と。

「何していたんだ?」

「バイトの後、友達の家に泊ることになって、親にはメールを送っておいたんですけど、そのメールが届いてなかったみたいなんです。」



 声が聞こえただけで、ホッとした。

 事故や事件に巻き込まれていなくてよかった。

「だから、メールっていうのは相手からの返事を確実にもらう必要があるんだよ。」

と、説教に近い言葉を最後に携帯電話を切ることにした。

 僕もよくメールを使うが、相手からの返事がない(特に仕事関係)と心配ばかりしてしまう性格。

 特に緊急を要するときなどは、相手に届いているのかどうかさえ心配になる。



 とにもかくにも、何事もなくてよかったが、僕は今日一日、何度も睡魔に襲われながら仕事をしたのは言うまでもない。








shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編 

2010年09月11日

次に尋ねたところは







次に尋ねたところは

(2010年8月23日大人心くすぐる那須高原ドライブ編)




 トリックアートの館を出て、車で約10分ほど那須街道を走って、さらにわき道をくねくねと曲がったところにある、そこは前回の那須ドライブで立ち寄った・・・、






100912-01nasu






 ペニーレインである。

 違う店も考えてはみたが、実は僕のブログを読んでくれているさんもちょっと興味を持ってくれたお店。

 今回は僕にとってもさんにとってもちょっとしたイベントのドライブなわけで(同じ日に生まれた誕生祝いとでもいうか)、お互いにそんなに嬉しくもない誕生日を迎えてしまったので、やっぱりテンションをあげなきゃ、ね。

 で、那須高原の林の中にあるペニーレインがうってつけの場所かなぁ、と再び立ち寄ることにしたってわけだ。

 細かいことは4月、5月あたりのブログにも載っているけれど、話が重複してしまったとしても、そう多く目を通している人もいないブログなので、自己満足だけで書き綴っていってみようかと・・・。






100912-02nasu






 駐車場に車を停め、しばらくはペニーレインの周りを探索(とはいえ、広範囲ではない)。

 それにしても、那須高原の暑さは平地と変わらなかったが、午前中の青空もすっかり曇り空に変わってしまい、日差しが遮られている分、多少は過ごしやすくなっていたかもしれない。






100912-03nasu






 このペニーレインというお店はもちろんビートルズが大好きなオーナーの心意気が伝わってくるほど、ビートルズグッズがいっぱい。

 それを見るだけでも価値があるっていうことだね。

 そして、上の写真は愛犬も宿泊ができるイマジンドッグという名のペンション。

 もちろん隣の庭はドッグランにもなっている。

 愛犬を連れて旅行する人にとってはあこがれのペンションだろう。

 さんの家にもかわいい犬がいるというので、その内このペンションでの宿泊でも考えているのではないかなぁ?






100912-04nasu






 ペニーレインの横で、さんに写真を写してあげるよって声をかけたんだけどね。

 やっぱりトリックアートとは違って、ポーズがない!

 普通はやっぱりこういうポーズになっちゃうんだよね~(涙)。

 あ、さんの後方からお二人さんが・・・。

 ほら!

 緑の袋に入ったパンを持っている。

 うん、

 このペニーレインは実はパンでもかなり有名なお店で、旅行者の多くはわざわざパンを買いに立ち寄る人も。






100912-05nasu






 そろそろ、入りましょうかぁ~。

 ついつい入り口そばでも写真を撮ったりしていて、時間がどんどんなくなっていく。

 では、また店内でお会いしましょ~(続きは明日のブログで)。






2010年9月11日の日記

 少しは過ごしやすくなったかな、なんて思ったのも早朝だけ。

 日中は暑かったし、帰宅した夜も背中に汗がにじむほど。

 明日も忙しい。

 ってことで、今日もそろそろ寝ることにしようっと。







shibacchi0821 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「旅行(栃木)」編