2011年05月

2011年05月21日

節電ムード







 今日も暑い一日。

 まだ5月だというのに、これだけ暑いとこの先ちょっと不安になってしまうね。

 湿度が梅雨時に比べると低いので、まだ過ごしやすいとは言えるが、これからどんどん湿度が高くなってくるから・・・、どこまで節電できるかなぁ。



 我が職場も節電ムード

 廊下なども蛍光灯を一部取り外したり、事務所のエアコンも設定温度を高めている。

 昔と違って今の建造物って機密性が高いから、熱がこもってしまうとさすがに辛いわけで。

 通常であれば点けっぱなしにしているトイレや洗面台に備え付けてある蛍光灯は全て消したりもしている。

 僕自身、一度こういうことをやると、ついつい熱中してしまう性格のようで、あれもこれも消したくなってしまう(省エネ人間なのだ)。



 我が家の節電は・・・、というと・・・。

 4月の使用料は3月に比べると約3分の1まで落ちていて、ちょっと嬉しい気分。

 これから暑くなるからちょっと心配だが、できるだけ維持していきたいものだね。

 そうやって電気代を節約しているにもかかわらず、東電では値上げしようとしているわけだから矛盾しすぎているようにも思うのだが・・・。







shibacchi0821 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2011年05月20日

K子のパース便り №12







 あっという間に週末だ。

 毎日、時間に追われているような気持ちが続いている。

 昔はもっと一日が長かったような気がするのだが・・・。



 今日も暑い一日。

 部屋にいるときはエアコンなしでも過ごしやすいのだが(仕事が遅番系だから午前中は家でゴロゴロしているわけ)外に出ると気温差が激しい。

 まだ25度前後だというのに・・・。




 さてさて、K子から送られてきたロットネスト島の残りの写真もアップしておかなきゃ、ね(昨日の続き)。






110520-01lotto

【ロットネスト島(4)】






 真夏のロットネスト島のビーチでも多くの人がいるわけではない。

 日本じゃ、ちょっと考えられない風景だ。

 しかもこんなにいい天気(写真を見るだけで判断するのはどうか、とは思うが)なのにね。

 そう・・・、

 ここは本土ではないから一日に入島できる人数だって限られているからだろうね。






110520-02lotto

【ロットネスト島(5)】






 彼女のメールには、『私は海で泳いではいない』との文面があり、もったいなぁぁいって思ったわけで、しかも真夏のロットネスト島に来たのなら一度は海に入らなきゃ・・・って、代わりに入ってあげたい衝動に駆られる。

 インド洋に面したロットネスト島であるが、やはりすぐ南は南極海。

 海流の向きによっては、水温もずいぶんと低くなるようだ。

 僕自身も何度か海に入ったが、長く入っていられないほど冷たかった記憶が残っている。

 外気温は40度近くなっていたのに、ね。






110520-03lotto

【クォッカ】






 このかわいい動物はクォッカといって、驚くことにこの島にしか生息しない。

 見た目はカンガルーを子犬程度の大きさにしたような動物だ。

 K子もこのクォッカに遭遇したんだね。

 もちろんカンガルーやワラビーと同じ有袋類だ。



 ロットネスト島の由来はこのクォッカから来ていて、初めてこの島に上陸した人がこの島に住む動物をネズミと勘違いしてラット(ネズミ)のネスト(巣)の島と発声したことからついたと言われている。

 ネズミにしてはちょっと大きいが、かなり人なつこくて食べ物を差しだすとどこからとなく出てくるのだ。

 僕なんか、地べたに置いておいたディパックに顔を突っ込んで物をあさろうとしているクォッカに悩まされたけどね。



 K子からの写真を眺めていたら、もう一度パースに行ってみたい衝動に駆られている自分がいる。

 そういえば、そろそろ彼女もアルバニーからパースに戻ってくる時期だろう。

 また面白い写真を送ってくれるのを楽しみにしているんだけどなぁ。







shibacchi0821 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) パース便り2011 

2011年05月19日

K子のパース便り №11







 日中、一時間ほど仕事で外に出ていたのだが、今日は汗ばむほどの陽気。

 暑かった。

 それでもまだ真夏とは違い、空気は乾燥しているからいいが・・・。

 この先、湿気を含んだ空気が身体にまとわりつく季節のことを考えると、やっぱりしんどくなるよね。

 今年は夏を歓迎したくない気持ちだ。

 節電問題はどう乗り切るかってことを考えるだけで憂鬱になる。



 昨日のブログではパースに住む友人Sの奥さんのT子からのメールを書いたが、今日は再びワーキングホリデー中のK子のメール

 とはいえ、昨日、一昨日送られてきたものではない。

 南半球が真夏だったときに送られてきたものなのだが、すっかり写真をアップするのを忘れていた(汗)。



 彼女がパースで生活を始めた頃に、応援メールを何通か送り、僕自身が経験した幾つかの観光スポットを紹介しておいたのだが、その一つにロットネスト島という島を推薦しておいたのだ。

 ある程度パースの生活に慣れ、時間に余裕があったら是非夏の間に一度は行ってみるといいよ、と伝えておいたのだが、やはり彼女もずいぶんと興味があったようで・・・。

 ロットネスト島というのはパースの西、インド洋に浮かぶ島である(もちろんブログでも何度か紹介しているが)。






110519-01lotto

【ロットネスト島の地図】






 これはロットネスト島のパンフレットをスキャナーで取り込んだもので、折り目がついているのだが(笑)。

 過去に数回、この島に足を運んでいるが、主に行っているのは地図の北東(右上)のピンキービーチというところである。

 桟橋から徒歩でも15~20分程度か。

 また2004年にはレンタサイクルで赤いラインの部分をサイクリングしたこともある。

 K子には自分の知っている範囲でロットネスト島を紹介しておいたのだ。

 しかし・・・。






110519-02lotto

【ロットネスト島(1)】






 彼女から送られてきた写真は、見たことのない風景の写真ばかり(汗)。

 それでもこのゴツゴツした岩と白い砂のビーチはロットネスト島に違いない!

 さらにはこの海の青さ。

 関東に住んでいる僕にはこの海の青さが目の毒だ。






110519-03lotto

【ロットネスト島(2)】






 この頃から彼女からのメールは英文でしか来なくなってきていたので(なかなか日本語の使えるPC環境ではないのだろう)、詳しいことは書かれていないのだが、ロットネスト島の南側のビーチだと書かれていたので、サイクリングで廻ったときの途中のビーチかと想像できる。

 またビーチには多くの人がいないので、東側や北側ではないことも想像できる。






110519-04lotto

【ロットネスト島(2)】






 こんな風景を目にしていたら、今日本で起きている惨状なんて想像できないよね、きっと。

 日本にいなくて良かったのかもしれないな。

 明日も残りの写真をアップする予定だ。







shibacchi0821 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パース便り2011 

2011年05月18日

T子からのメール







 今日は仕事が休みだったので、GWの狭間に行って以来2週間ぶりに近場の温泉に行ってきた。

 それなのに・・・、

 途中で、デジカメを忘れたことに気付いたが、時すでに遅し。

 まぁ、よく来る温泉だから別にいっか~。



 爽やかな気候で、お風呂も内湯より露天の方が気持ちいい。

 ちょっと長く入り過ぎたせいか、日中から飲むビールがおいしいっ


 最近ではこんな時間が至福のひとときと感じるようになってきているわけで・・・(苦)。

 帰宅後、メールチェックをすると・・・、

 久し振りにT子からのメールが。

 T子とはオーストラリアのパースに住む友人Sの奥さんである。

 友人Sと一緒に仕事をしたのはかれこれ10数年前のこと。

 彼が日本に来てから5年間同じ職場で仕事をしていたわけだが、その間に付き合っていた別の部署のT子と結婚。

 それ以来、僕も何度かオーストラリアを訪ね、そのたびにお世話になりっぱなしだったわけだが。

 数日前に久し振りに友人S宛てにメールを送ってみると、返信はT子からだったのだ。

 その一部を抜粋。



 しばさん、こんばんわー!!

 お久しぶりです。

 Sは仕事が忙しくってメール返信するのに時間がかかるから、私が勝手に返信してます。

 彼を待っているといつになるかわからないから。。。(苦笑)

 勝手にやって怒られるかもー。。。

 さて、日本は本当に大変なことになってしまいましたね。

 私もはじめの方は泣いてましたが、今はもう祈るしかないです。



 それから北海道に行ったり来たりって書いてあったけど、お母さんの具合でも悪いんですか。

 大丈夫ですか?

 みんな元気でいること、願っています。

 久し振りに雪の写真素敵でした。

 ありがとう!!



 私たちは子供が小さくて、しかも全部男だから毎日戦争のように忙しくて、クレイジーな日々を過ごしてます。

 私もなかなかメールを見る機会がなくって。

 ホントに、子供を寝かした後は、私たちゾンビみたいで、私なんかすぐベッドに行く毎日です。



 Sは子供の世話が終わった後に、夜コンピューターで仕事をしている毎日です。

 夫婦でゆっくり話す時間もなかなかないですが、みーんな元気に仲良くやってます。

 今年で結婚12年になりましたー!!

 はやーい!



 日本もいつか家族全員で行きたいねって、夢のような話はしてるけど、5人家族になると現実にはきつくて行けません。

 私も働いてないし、お金なーい!!!(笑)

 もう何年も帰ってないよー。

 放射能のことが起きてからはもっと行く足が遠のいてしまったって感じ。

 私一人で帰るのはいいけど、子供はねー。

 しばさんもお体、気をつけて!


 T子



 友人ST子も忙しそう(汗)。

 T子の実家は僕の住む町の隣町にある。

 地震のあった日、その近くを通ったので立ち寄ろうかとも考えたが、それどころではなかったしね。

 放射能問題はほとんどない県だが、それでもオーストラリアではどのような報道がされているのか・・・ちょっと恐い。



 パースに最後に行ったのは2007年だからかれこれ4年振り。

 僕もメールを億劫がって年に1~2度程度しか送っていない。

 友人S宛てに送るメールは英語とひらがなを混ぜたものになるので、さらに億劫なのだ。

 ひらがなだと意味が繋がらなかったり、ついつい難しい日本語(外国人にとっては)を使って、また訂正したり、説明を入れたりと、しんどいんだよね。

 T子も子育てに追われている身。

 それでもこうやってT子から返信が来て、安心。

 そうだ!

 これからはT子宛てに送って、彼女が友人Sに英訳してあげればいいんだな(ふふふ)。



 もう4年も英語で話をしていないから・・・すっかり忘れているし。

 今回友人Sにメールを送ったのは、職場仲間のK子を紹介してあげようと思ってのこと。

 僕自身がパースに行けない代わりに一度ぐらい友人ST子に合わせてあげられたらなぁって、計画中なのだ。

 実現するかな?








shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パース便り2011 | 「温泉」編

2011年05月17日

歳を取ったと感じる瞬間







 最近、疲労が蓄積された状態で、なかなか疲れが取れない。

 やっぱり歳だなぁぁあああ(ぼそっ)。



 皆さんは、「歳だな」って感じるのはどんなときですか?

 と、唐突に質問しちゃってますが・・・(笑)。



 よく聞くのは、

 立ちあがるときや座るときによいしょと言ったときに歳を感じるって。

 まぁ、僕の場合は若い頃から口癖だったような気もするのだが・・・。



 僕自身が歳だなぁって感じる瞬間は・・・、

 たとえば、

 肉より魚がおいしくなってきている。

 説明する話がくどくなってきている。

 お笑い系の番組よりニュースや国会答弁を好んで見るようになってきている。

 流行が鈍感になってきている。

 階段の上り下りがきつくなってきている。

 などなど・・・、

 挙げればきりがない(笑)。



 小さい頃に親が懐メロを聞いているのを見ていて、どうしてそんな歌がいいのだろうって思ったことがある。

 実際、僕が今好んで聴いている歌の多くは自分が10代や20代に聞いた曲だったりして(汗)、それを聞くと無性に若い頃の思い出が蘇ってくる。

 昔を懐かしむようになってきているってことは歳を取ったってことだよなぁ~(しみじみ)。

 親と同じ道を歩いているって苦笑するときがある。



 最近では疲労回復の遅さ・・・。

 昔なら一晩眠ればケロッとしていたものだが、もうそれはない(笑)。

 必要以上の体力を消耗した日の翌日は身体がだるくて仕方がない。



 この間、職場で、

「今、100mを全力で走ったら何秒ぐらいで走れる?」

っていう質問で話に花が咲いた(くだらない話なんだが)。

「俺は15秒ぐらいかな。」

とは若い連中。

「多分、20秒はかかるかと・・・。」

 これも若い連中(充分、若くないって、笑)。

「100m行かないうちに、歩きだすか止まるよ。」

 これは僕よりちょっと下の年齢層。



 僕は心の中で答えてあげた。

「途中で死ぬ・・・と思う。」

ってね。



 ちなみに人生最速だったのは18歳で計った11秒9が僕の輝かしい記録だった。

 もちろん陸上部だったわけではないし、スパイクなどは履いていないんだけど、自分なりに立派な成績だったと思ってる。

 でもこんなことを職場で話したら、ふ~んと鼻であしらわれ、誰も聞いてくれそうにないので我慢して心の中で押さえておいた。



 あ~歳を取ったなぁ・・・。

 ブログを書いていてもそう感じた瞬間だ。







shibacchi0821 at 23:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 「職場」編 

2011年05月16日

K子のパース便り №10







 メールチェックをしていたら・・・、

 おっ!

 久し振りにK子からメールが・・・。

 K子とは去年の秋に職場を退職したスタッフで、現在ワーキングホリデーを利用して西オーストラリアに行っている仕事仲間である。

 あの大震災後、お互い全く連絡を取れずにいたのだ。

 実はK子の実家は茨城県で、やはり今回の大震災で被害の大きかった地域の県なので、それも心配ごとの一つではあった。

 幸いにも彼女の実家は内陸側だから津波による被害などはなかったが、未だに地震が多く発生しているので予断は許せないとは思うのだが・・・。

 地震発生後、僕も彼女にメールを送るどころではなかったので、ついついおざなりになっていたのは事実だ。

 それでも2~3通は送っていただろうか。



 ところが、彼女からの返信はまったく途絶えてしまっていたのだ。

 もしかしたら彼女の実家で何かあって、日本に戻ってしまったのではないだろうか、と脳裏をよぎる。

 まぁ、そうだったら、そのうち連絡は来るだろうが・・・と思うようにしていた。



 ただ、震災前に彼女から、

『パースを離れて3ヶ月ほどアルバニーでピッキング作業をしてきます。』

という内容のメールを受け取っていた。



 アルバニーとは西オーストラリア州の南に位置し、パースから400km南下(位置的にはパースの南東)した海に面した町である。

 人口はわずか25,000人ほどの小さな町(パースは150万人)で、それでも西オーストラリア州第6位の人口だという。

 アルバニーに面している海は・・・南極海

 彼女は地球のほぼ真下にいるっていうわけだ(笑)。

 気候も当然ながら寒いだろう(涼しい???)。

 それでもパースと同じ地中海性気候に位置してはいるが、緯度が低い分だけ平均気温も下がっているはずだ。



 僕も昔、アルバニーより西になるが、南極海に面したオーガスタという町まで行ったことがあるが、真夏だというのに寒くて長袖のトレーナーで暖を取った記憶がある。

 5月ともなると秋から冬の気候に変わってきているはずだ。



 当然生活環境も変わり、PCが自由に使える図書館やネットカフェのような場所も多くはないだろうし、近くにあるとは限らないのでなかなかメールをチェックできるチャンスがないのが大きな理由でもあったようだ。

 もちろん日本で起きた大地震はニュースで知っていたとは思うが、地球の裏側にいると多くの情報が入っていたわけではないだろう。

 彼女からのメールは以下の通り・・・。



 Dear Shiba-san

 

 Hello.I'm so sorry I couldn't check E-mail.


 and make you worry about me....sorry.

 

 I'm fine, and still in Albany.


 I'll go back to Perth may be 2weeks later. and I wanna look for another work in there.

   

 I'm realy realy worry about Japan. But I can't do anything...sorry

 

 How's your life and work???


 I hope your life will be peaceful

 

 See you!!




 うひゃ、英語だよ、英語!

 最近英語がもうわからなくなってきてるんだけど~(涙)。

 まぁ、あと2週間ぐらいでアルバニーを離れ、パースに戻ってくるっていうことが書かれているね。



 元気そうなK子からのメールでちょっと安心した、って話(笑)。







shibacchi0821 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パース便り2011 

2011年05月15日

清々しい一日







 ここ1、2日は爽やかな気候の関東である。

 早朝家を出たときにはブルッとするような寒さだが、冬の寒さとは違い、湿度の低い空気にブルッとしたわけで、それが心地よい。

 日中も暖かい一日だったのだろうが、残念ながら仕事で外に出ることもなく、夜になる。

 帰宅途中、外の空気に触れ、夜の空気の清々しさを感じながら歩いていたのだが、空に浮かぶ月が霞んでいるのを見て、明日は曇りかな~ってちょっと溜め息をつく。

 最近の関東は清々しい日が長続きしない。

 昔は5月というのは五月晴れといって、清々しい青空の日が多かったんだけどね~。

 あれよあれよという間に梅雨になってしまうのかな?









shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「春」編 

2011年05月14日

怠慢なブログでごめん







 週末は相変わらず忙しく、なかなかPCに向かっている時間がない。

 一日が通勤と仕事で追われてしまうわけで・・・。

 まぁ、今日に限らず週末のブログは相変わらずこんなもんで・・・。

 寝なきゃ。







shibacchi0821 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「生活」編 

2011年05月13日

今日はパスタ DE サラダ







 実は昨日、今日と2連休だったのだが、天気も悪く、ほとんど家から出ないで生活をしていた。

 昨日は昼間にスパゲッティを作ってみたのだが、パスタ系は単価がお安くていい。

 イタリアン好きの僕にはうってつけのランチだ。

 やっぱりスパゲッティはトマトソースがいい(個人的に)。

 まぁ、ランチというには質素なのだが・・・(笑)。



 最近、そう多くパスタを作ることもなくなったのだが、作るときには少々多めに茹でるようにしている。

 いや、それを全部食べるわけではない。

 作った量の四分の一はパスタでサラダを作るのだ。

 同じ日にパスタ続きは辛い(からい・・・ではなくつらい)から、翌日に食べたりね。



 で、今日の夜は・・・、






110513-01pasta

【こんなものですけど】






 お酒のつまみになっちゃうんだけどね。

 手前は、豚肉と長ネギの炒め物。

 ちょっとアップにしてみる?






110513-02pasta

【豚肉と長ネギの炒め物】






 まぁ、これはサクサクっと炒めて、玉子を絡めただけなんだけどね。

 玉子は炒め過ぎないのがコツかな(笑)。

 そして、今日のメインは・・・、






110513-03pasta

【パスタサラダ】






 メインというわけではないが、こうやって残り物をサラダにしてしまうことが多いような気がする。

 もともと、こういうのが好きなんだよね。

 簡単だしね!



 さて、週末は再び忙しくなる。

 気を引き締めて頑張るとするか。









shibacchi0821 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 「食物」編 

2011年05月12日

帰宅







帰宅

(2011年2月7日~9日 冬の北海道、写真で綴る一人旅)



 2月初旬に帰省した冬の北海道の記憶も今日で終わりを迎える。

 ダラダラと書き続け、3ヶ月(唖然・・・)。

 途中、東日本大震災があったり、GWで時間が取れなかったりはしたものの・・・。

 いやぁ、ほんとにダラダラ書きすぎだよ、って言われそう(笑)。



 東京に戻ってから食べたラーメンは北海道のラーメンに負けないほどおいしくいただけた。

 満腹になった僕がちょっと気になったのが帰りの交通






110512-01haneda

【アーチの先に見えるのは羽田第一ターミナル】






 いつもなら羽田空港からモノレールに乗って帰るのだが、何だか足腰がつかれているような気もして、そのあとの満員電車を想像すると億劫になって来ていた。

 近くの駅まで送ってくれるバスはないものか・・・、と思い、調べてみたら・・・。

 あった!あった!

 僕の住む町の隣駅まで行くバスがあるではないか。

 今回は混雑した電車より、のんびり座って行けるバスを選ぶことに。






110512-02haneda

【初めて乗ります】






 実は空港から帰宅するのに今までバスを利用したことがない。

 どんな感じなのかわからないが、一度ぐらいは体験してみようか・・・、ということで、チケットを購入してバスを待つことにした。






110512-03haneda

【バスに乗り込もう】






 普段はSUICAを使っているから、定期代分を差し引いて使用するとJRの方がお得なわけで、高速バスは割高になってしまうが、バスで帰宅することにしてみた。

 大型バスなのに、利用客はそれほど多くもなく、のんびりと一人で座席に乗り込み出発。

 別に帰りは何時になっても構わないっていう思いもあったので、帰宅するにはのんびりしていていいかもしれない。



 北海道の帰省はほとんど一人の行動だったが、久し振りの冬の北海道を堪能できただけでも「よかった」という思いでいっぱいだ。

 このブログを書き終えた今日から1カ月後にはまた北海道に戻ることになっている。

 もちろん今回もエアチケットはインターネットで購入したのだが、冬のように往往・・・ではなく、しっかりと往復をチェックしながら・・・。

 大丈夫だと思っているのだが・・・。






110512-04otaru

【LeTAOのチョコレートはおいしい!】






110512-05otaru

【一人でパクッといただきました、ふふふ】






110512-06otaru

【これもLeTAOの・・・クッキーの詰め合わせ】






110512-07otaru

【左の箱は個人で、右の箱は職場にお土産用】






 左の包みには四角い箱に入ったクッキーは3種類、右の包みには6種類。

 その内の一つが上の写真のハスカップ味。

 去年、いとこからもらったmorimotoのハスカップ味のチョコレートクッキーにちょっと似ている。

 いや、見た目は白い恋人のハスカップバージョンっていう感じかな。

 すっごいおいしいクッキーだ。

 ハスカップ味以外にもミルクとかストロベリーとか10種類ぐらいあって、その箱をチョイスして、こうやって包んでくれるわけだ。

 また6月に行ったら、おもしろい(?)お土産を紹介できるかな?



 あ、ちなみに6月は恒例のいとこ会に参加するためなんだけどね。

 また小樽談義になるかな。







shibacchi0821 at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年02月)」編