写真がないぞぉぉぉ~CD整理中

2005年02月25日

浦島太郎

 北海道に住む伯母が亡くなった。

 母親の姉にあたる人である。小さい頃はよく遊びに行き、かわいがってもらった。田舎に帰るたびに、会いに行き、近況を報告していたのだが、会うたびに小さくなっていって、
「今年も会えたね。」
と、子供のような笑顔で迎えてくれていた伯母である。

 早くに伯父(旦那さん)を亡くしていたが、気丈に頑張って生きてきた人だ。

 僕がひとつ歳を取るごとに、廻りの人も同じように取るのだが、久しく会っていない人は、昔のままのイメージである。会えた喜びと一回り小さくなった何とも言えない切なさ・・・。

 家族や親族はいつまでも元気でいるんだという錯覚。何とも言えない思いである。

 故郷に残っている親族もどんどん歳を取っていき、いつのまにか浦島太郎のような人間になりつつある自分。

 今年の夏は故郷に戻り、近況を報告してこよう。

 でも、そこにはあの笑顔を絶やさない伯母はもういない・・・。

 墓前でもいいよね。ゆっくり話をしにいくからね。

42c5b6d8.jpg

【春まだ遠し】


 まだまだ寒い日が続く。

 その上今頃になってインフルエンザの流行・・・。健康一番でインフルエンザを吹き飛ばしていこう。







at 00:59│Comments(0) 「生活」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
写真がないぞぉぉぉ~CD整理中