iL CHIANTI卒業ソング

2006年02月24日

忘れかけていた感動

 日本国民が待ちに待った金メダル・・・女子フィギュアスケートの荒川静香さん、おめでとう。

 実は僕は早朝4時半(これって早朝?)に起きて、LIVEで全て見ていたのだ。

 勿論、安藤美姫4回転にチャレンジする姿を見たかったし、村主章枝表情豊かな(泣きそうな)演技も見たいと思った。

 もちろん外国勢の有名選手(スルツカヤやコーエン)も必見だと思っていた。

 安藤美姫は何が何でも4回転をするだろう・・・上位を狙うにしても、狙わなくても、きっと彼女の意志は固かったに違いない。

 成功すればさらに上を狙えたのかもしれないが、結果は転倒に終わった

 それにしてもその心意気に感動をしたのだ。

 その後は体力もかなり消耗して、壁に手をついてしまったり、再度転倒もあったのだが、やはり、あそこでチャレンジをしなかったら、大きな後悔がついてまわっていくことになるだろう。

d8291b3c.jpg

【4回転着氷か・・・しかし、このあとに転倒】

 彼女のことだ・・・きっと4年後BIGな選手になってオリンピックに出てくるのではないかな。

 密かに村主章枝の銅メダルっていうのもあるかもしれない、なんて思っていた。

 スルツカヤもコーエンも転倒していたから、そんな順位も期待してしまったのだが、やはりショートプログラムのわずかな得点差が銅メダルに手が届かなかったようだ。

c1e3ee97.jpg

【演技を終えて】

 彼女の顔はいつも泣きそうだ・・・と思うのは僕だけではないはず。 

 荒川静香は淡々と滑っているように思ったが、本当に美しい姿勢でアピール度も高かった。

8f3e419f.jpg

【イナ・バウアー】

 簡単そうに見えるが、すごいんだろうね。こういった演技の一つ一つの積み重ねが金メダルにつながっていったわけだ。

 女子フィギュアでアジア人が金メダルっていうのもだということで、すごい快挙なのだろう。すごいね~。

 忘れかけていた感動・・・本当にありがとうと言いたい。

(※ビデオからの写真なので画像がよくないのは許していただきたい。)

 きっと大勢の人のBLOGではこの金メダルについて書いていることだろう。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:46│Comments(2) 「冬」編 

この記事へのコメント

1. Posted by ゆたぴ   2006年02月26日 13:11
皆川選手、惜しかったぁっ!!!
100分の3秒なんて・・・残念
2. Posted by しばっち   2006年02月27日 00:48
うんうん、見た見た~。
夜中に見てたよ。
本当に惜しかったね~。
やっぱ、アルペンは楽しい~なぁ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
iL CHIANTI卒業ソング