おいしい生たまご先手必勝

2006年04月18日

バインズの夕陽

 待ちに待った休日~。

 疲れた体をコンニャクのようにぷるんぷるんにしながら(何と言えばいいかわからん)、グッタグタするだけの一日。

 いや、そんなことしてられない・・・。

 洗濯もしなきゃだめだし、掃除も・・・(ううぅぅ、独り身の男は主夫しなければならん)。ご飯も作らなきゃ出てこない。

 っと、几帳面すぎる性格に産んでくれた母親を怨む毎日である。

 いやいや、几帳面な性格にしたのは母親でも誰のせいでもない。

 きっとA型だから・・・、A型の人はこ~だあ~だと書かれている本を読んでいるうちに、きっとマインドコントロールされた自分が一番いけないのだ。

 ぐ~たらしているA型の人はいっぱいいるのだぁぁぁあああ。

 今日の関東は晴れマーク太陽だけど、実際には青空はほとんど出ていない。

 どうも黄砂のせいらしい・・・。

709b527d.jpg

【パースに住む友人Sの家の裏庭】

 西オーストラリアの州都パースから車で3~40分内陸側に行ったところに住む友人Sの家に行ってびっくり。庭が自然公園と一体化しているからどこまでも庭なんだよね~(笑)。

 夕焼け空を眺めながらBBQパーティ。楽しい時間が過ぎていく。


 で、またまた少しではあるが、パース旅行記のHPを作成し、公開に成功(?)したのだ。成功・・・って?

 まぁ、ひとつひとつの積み重ねが出来ているうちはいつでも成功なんだよね。

 HP作りをしていると、パース旅行での一挙手一投足が事細かに浮かんできて、また旅行をしている気分になる。自己満足なんだよね~、それって。

 でも、自己満足は大切なこと

 また、今度も頑張ろうっていう気持ちになるからね。

 旅行って天気や体調によって大きく左右されるよね。僕はそういう意味もあり、あまりツアーっていうのが好きではない。

 その時の天気で中止したいこともある(日常生活でも・・・)。体調が悪いときには動き回りたくない。

 だから今回の旅行も他人から見れば行き当たりばったりというところもあるが、実は結構天気予報には敏感に反応しながら動いていたのである。

 なかなか海にいったり島に渡ったり出来ずにいて、ストレスたまりっぱなしでもあったんだけどね~。でも、ひとつひとつがとても貴重な体験でもあったのだ。

 ある意味、ありきたりの旅行の部分と、他人には出来ない旅行の部分・・・そういうのを噛み合わせて、自分らしい旅行が出来ている気がするのである。

 スワンバレーのワイナリーから帰ってきた僕がひんやりした空気の中で泳いだホテルのプールは1年半前(当時は初冬)からの夢だったし、友人の家族との再会も夢の一つであった。

 オーストラリアでは定番のフィッシュ&チップスを囲みながらの楽しい時間・・・。迫り来る黒い雲・・・の下でもその時間を大切にしながら笑顔でいられた夜。

 それだけで満足の行く一日だったのだが・・・。





[去年の今日のブログを見る]




at 20:29│Comments(0) 「旅行(パース2006年)」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おいしい生たまご先手必勝