湯巡り万華鏡(三)湯巡り万華鏡(四)

2006年09月20日

秋晴れの一日

 わぁ、久しぶりの青空ぁぁぁ

 秋晴れっていうのはこういう空のことを言うのだろうって思うほど、久しぶりに澄みきった空気だった。

 こんなにいい天気だというのに、仕事は・・・

 通しですショック

 実は今日は銀行回りもあったので、その帰り道に近所のR公園に立ち寄ってみた。さすがに人は多くはないが、中にはカメラを持って花などを写している人もいた。

 春には桜の咲く公園も夏やこの時期は緑の葉っぱであり、何を写そうかなぁってウロウロしていたら、なんとブラシノキというオーストラリア原産の花が咲いていた。

 最近では日本でも珍しくはないのだろうけれど、僕にとってはなんだか懐かしいような・・・そんな思いでカメラを向けていたら、一眼レフを持った50代後半のおぢさんが近寄ってきて、声をかけてきた。

「めずらしい花ですね~。」
「・・・そうですね。」
「花を写すのが趣味ですか?」
「いや、そういうわけではないのですが、オーストラリアの花が咲いていたので・・・。」
「そうですね。私も一緒に写していいですか?」
「あ、はい。」
みたいな会話をしていた。

 気づいたら、そのおぢさん・・・を被写体にして写真を撮り出した。これには参ったな。

 大体、僕は自分が写真に写ること自体あまり好きではない。

 こんな不細工な顔を写しても・・・うへっ・・・。

f167d087.jpg

【ブラシノキと青空】

 グラスを洗うブラシのような形をしているブラシノキ・・・。そうえいば、オーストラリアでは当たり前のように道端にも咲いていた。

 華やかさはないけれど、よく見るとずっしりとしていて存在感はあるのだ。

8fb8e65a.jpg

【アップでどうぞ】


 ささ、仕事に戻らなきゃ・・・ってなわけで、一日中この空間にいたいなぁって思いながら、職場に戻ることにした。

 この天気、続いてほしいね~。





[去年の今日のブログを見る]




at 23:51│Comments(0) 「自然」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
湯巡り万華鏡(三)湯巡り万華鏡(四)