パースの記憶(4-7)パースの記憶(4-8)

2007年03月19日

竜宮城でのんびり(其の七)

 今日は休日ということで、やっぱり昨日の予測通り、家の中でゴロゴロしていた。

 これじゃいけないっていうのはわかっているんだけど、ついついそうなってしまう。その上、昼寝付きってやつだね。

 夕方から始まる東京タワーの再放送を見ているうちに寝てしまい、今日が最終回(月9)なので、今まで見ていなかったところを見ていたんだけど・・・途中で寝入ってしまうなんて不覚である。

 それでも最終章を見ることができ、少々満足気味。

 僕のような親不孝者(色んな意味で)が見ると、主人公のマー君が素直に甘えたり抱けたりするのが少々羨ましい。

 心の中で親を思っていても態度で示すなんて一生できないと思うわけで、でもこのドラマを見ていたら少しは見習わなきゃ後悔するときがくるかもしれないって・・・心のどこかで受け止めるドラマだった気がする。

 僕もオカンが息を引き取るシーンでは涙が出たが、きっと日本中では多くの人々が涙したのではないだろうか。

 久しぶりに感動したドラマである。

 コブクロの・・・聞いているだけで本当に切なくなる曲だね。

 さ~て、竜宮城も今日を入れて、あと2回ほどで終了予定。今日は食事を中心でアップしようと思う。

 露天でのんびりと湯に浸かった後は、ランチタイム

 実はホテル三日月のランチはバイキング。しかも、色んなところでバイキングを口にしたが、僕は自分が食べたバイキングで、ここのバイキングが片手に入るほどおいしいと思っている(値段的にも)。

 しかも、お客さんが少ないからといって、料理がなくなり次第減らしていくようなことはしない。

 これって嬉しいことだよね。

 三日月のランチのために朝から胃袋にはなぁ~んにも入れていない僕は、まずは昼間っからビールジョッキをオーダー(お酒は別途料金)。

a017e539.jpg

【ランチ第1弾】

 左のお皿には明太麻婆小魚の酢漬け白身魚の煮物。手前はビーフシチューで奥がムール貝のトマトソース煮

 ムール貝のトマトソース煮はやはりパースで食べたチリマッスルが頭から離れなくて、飛びついたものだが・・・。

 やはり好みの味ではなかった。

 どちらかというと、日本人好みの甘めの味。やはり貝は煮込みすぎると硬くなるので、これだけはバイキングよりもその場で作ってくれた方がいいね。

afd02ccc.jpg

【ビールで木更津に乾杯!】

 このバイキングでいただくレストランも温泉と同じ方向を向いているので、景色は美しい。さらにビルとしては5階に位置しているので、下で見るよりもさらに広く感じる。

 2度目のホテル三日月・・・再会にかんぱぁ~い乾杯

48d853f6.jpg

【ランチ第2弾】

 左の小鉢にはイカとアオヤギの刺身。右のお皿には煮物卵焼きほうれん草グラタンシュウマイを少量で・・・。

 ビールも2杯目ジョッキジョッキになると、さすがに頭がぽわ~んとなってくる。

 それでもついつい目が食べたくなるんだよね~。

 胃袋と相談する前に、すでに・・・。

b19ba0e8.jpg

【ランチ第3弾】

 左がホワイトカレー(アサリご飯とどっちにするかかなり迷った結果)、右がミートボール焼き魚・・・写真には写っていないが、フルーツも乗せておいた。

 いやいや、普段は本当にこんなに食べないんだよ。実は、到着してすぐにすっぽんぽんで体重計に乗ったら60.2kgだったのね。

 あ~、あと0.3kg痩せていたら、目標に達したのに~。

 と思っていたんだけどね・・・。ランチ終了後に体重計に乗ったら61.5kgに増えていたよ。やっぱり中ナマ2杯で1kgなんだね~。

 体重1kgって結構簡単に変わるものなんだなぁって思った瞬間である。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59│Comments(0) 「旅行(千葉)」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
パースの記憶(4-7)パースの記憶(4-8)