パースの記憶(7-4)パースの記憶(7-6)

2007年06月29日

パースの記憶(7-5)

 夕方から降った雨・・・これがまた中途半端っていうか。

 高温だった日中・・・まだまだアスファルトは暑くなっていたわけで、そこに中途半端な雨・・・おかげで、その後はムワァ~ンとした熱気が肌にまとわりつき、5~6分も外にいたら汗がジワァ~だもんなぁ。

8f47071e.jpg

【ポピーの咲く道~その1(足利フラワーパークにて)】

 で、マンションのドアを開けて、目が点

 部屋に電気が点いている~。

 ど、ど、どろぼ~

 ではなさそうだ(笑)。

 どうも誰かが入ったわけではなさそうだ。

 朝、出勤するときにリビングルームの電気を点けっぱなしにしたようなのだ(アチャァ~)。

 多分・・・今までそんなことをしたことはなく、ましてや今朝だって焦って家を出たわけではない。

 うひゃ~、こんなバカなこと・・・もう二度としません

7e955af3.jpg

【ポピーの咲く道~その2(足利フラワーパークにて)】

 あ~、それでも電気で良かった~。

 これがガスだったり、を掛けていなかったりしなかっただけよかったと思わなきゃ・・・ね。


飛行機パースの記憶(7-5)飛行機


 キングスパークにはビクトリア女王を始め、数人の偉大な人物の銅像が建っている。

 ひとつひとつその銅像を紹介するほど、僕はパースの歴史には詳しくはないが、それぞれに大きな意味があることぐらいはわかる。

 まさか・・・一般市民が銅像にはなっていないだろうからね。

1348495d.jpg

【銅像と青空】

 これはロードフォレスト卿の銅像でパース出身の初の大統領なのか、西オーストラリア州首相なのか・・・う~ん、わかりませんな。

 それにしても青空がとにかく似合う景色なのだ。

bdce1938.jpg

【芝生の景色が涼しげ】

 さらに奥に進むと人工池のある広い芝生に辿り着く。

 平日ということもあり、人々は少ないが、休日だからといって特別に多いわけではないのがオーストラリア・・・かな。

 でもこの芝、かなりの斜面のある場所なんだよ。

 しかもゴミはもちろん、落ち葉がほとんど落ちていない。これはね、やはり定期的に清掃車が入っているからなのだが、この広大な敷地、何日がかりで掃除するんだろうね(こんなことばかり考えてしまうわけだ)。

 ちょっと人工池のそばまで降りてみることにした。

713013ef.jpg

【鳥たちにとっても憩いの場】

 まるでゴルフ場だね。

 この人工池の噴水も規則的に水が噴き出し、ちょっと涼しい気持ちにさせられる。同じ暑さでもアスファルトの上と芝生の上では全然感覚が違う。

 僕はこの人工池の周りをゆっくり一周回ってから、大きな木の下のベンチで休憩をした。

 目にやさしい緑の多いキングスパークに乾杯乾杯・・・だね。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59│Comments(2) 「旅行(パース2007年)」編 

この記事へのコメント

1. Posted by ふうちゃん   2008年06月30日 23:50
ペリカンさんの写真に見惚れていたら、突然のエラー。
丁度記事を更新なさったところだったのかなぁ・・・。
いつも綺麗な写真ですね~。
2. Posted by しばっち→ふうちゃん   2008年07月01日 23:45
 どもども~。
 コメントありがとうございます。
 そ、そ、それにしてもマニアックなページを見ていたのでしょうかぁ?
 このページ、2007年1月に行ったパースの思い出のページです(がははは)。
 で、で、でも嬉しい~。
 まだまだいっぱい写真が載りますので、ぜひ写真だけでも楽しんでくださいね。
 僕の写真、ド素人のバカチョンカメラですから、ちっとも美しくないのですが、努力賞ってことで(笑)。
 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
パースの記憶(7-4)パースの記憶(7-6)