パースの記憶(7-5)おかしな家

2007年06月30日

パースの記憶(7-6)

 今日はのんびりとした休日を過ごした。

 まぁ、今日は・・・というよりも今日も・・・だな。

 午前中は窓を開けっ放しにして生活をしていたが、昼過ぎには汗がまとわりつくので窓を閉め、エアコンを点けた生活になってしまった。

89230c58.jpg

【藤棚~その1(足利フラワーパークにて)】

 そして、とうとう今日で6月も終わり

 ということは2007年上半期が終了ってことだよね。

 ついこの間まで寒かったのに・・・。

 ついこの間まで桜が咲いていたのに・・・。

 あっという間に一日が過ぎていくわけだね。これじゃぁ歳を取るのもわかる気がするよ。

 ところで年始に思い描いていた目標は達成できたかな?

 これから更に暑い夏が来て、物悲しい秋が来て、また寒い冬になるのかと思うと気が滅入る(って、話が先に進みすぎではないかい?)。

 いやいや、毎年そう思ってしまうんだわぁ~。

4badd2e2.jpg

【藤棚~その2(足利フラワーパークにて)】

 (この藤棚は5月に行くと藤の花ですごいらしい。今回はちょっと季節的にずれてしまったが見る価値大だなぁ。)


飛行機パースの記憶(7-6)飛行機


 キングスパークも奥に行くと別の顔が見える。

 幾つかの人工池があり、それは芝生の中にあるものもあれば、ブッシュの生い茂ったところにあるものもある。

 そして、公園内には意味のわからないようなオブジェもあり、それがあらゆる所に点在している。

fde9634c.jpg

【オブジェが池の中にも】

 パースの街の中にも多くのオブジェがある。それはビルの横だったり、歩道の真ん中だったり・・・オブジェ大好きな人は是非キョロキョロしながら歩いてみることを勧める。

 で、トボトボと人工池の周りを歩いているうちに何故かまたスワン川の見える丘の上に・・・。この建物はスワン川から見てもきれいな建物だが、こうやって上から見下ろすのもまたいい。

1cf7ad40.jpg

【スワン川の見えるポイント】

 ほとんど人がいないので、芝の上に寝そべって寝てしまいたい衝動に駆られるほどの空間である。

 毎日こんなところで生活している人々が羨ましいね。

041c06b4.jpg

【青空と緑の木々があれば大満足だね】

 そういえば、DNAタワーはまだなのだろうか。

 結構歩いているんだけどね。
 




[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 21:23│Comments(0) 「旅行(パース2007年)」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
パースの記憶(7-5)おかしな家