秋の味覚(1)大観覧車の意味

2007年10月23日

秋の味覚(2)

 休日を目一杯楽しんだあとの仕事は少々辛い。

 それでもいつもと同じように朝を迎え、人混みの中をすり抜け、出社しなければならない。

 救われるのは、秋の空・・・ぐらい。

 今日は朝からちょっとイライラモード怒る

 危なく爆発ロケットしそうになっている自分に気がつく。

 朝礼のときに、学生時代に勉強した言葉をみんなに伝えてあげる。

 ボスと指導者の違い(実は十箇条あるが)。

 ボスは部下が揃ってから出てくるが、指導者は部下が来る前に先に待っている。

 僕はこの言葉が大好きである。

 どうにかこの言葉を伝えたときにその怒りも納まった気がする。

 僕はボスにはならない。


秋の味覚(2)(横浜編)


 う~ん、松茸の仄かな香りが漂ってくる。

 あまりにも香り高いので、廻りに移るのが勿体ない・・・ような気がする(笑)。

 で、土瓶蒸しの蓋を開けてみると~。

7aa7f89d.jpg

【松茸の土瓶蒸し、オ~プン】

 口にするよりも香りを嗅いでいる方がおいしいような気がする。

 それにしても秋全開っすね~。

47eeed47.jpg

【秋の代表作】

 秋になればだれもが一度は口にする秋刀魚

 最近は刺身にしてもおいしいね。

 で、焼き魚はこれ~。

101d4cd2.jpg

【鯖のみりん干し】

 この間、大洗(茨城県)で目にしたみりん干し

 どうしても食べたくなってしまい、万葉倶楽部でオーダー。

 もうこうなると飲めや歌えや・・・。

 ということではないが、昼間っから呑兵衛さんになってしまう。

309dd67a.jpg

【平日の店内は・・・】

 自分が考えていた以上に万葉倶楽部は全体的に落ち着いた雰囲気で、かなりリラックスできる。

 ビールを3杯ジョッキジョッキジョッキ飲んで食で秋を楽しむことができた。

 こうなるとどうしても横になって休憩をしたくなる。

 階を移動し、リラクゼーションルームへ・・・。

6a71280e.jpg

【階段の途中】

 ベッドに横たわり軽く眠りについたと思ったらあっという間に1時間半も寝ていたようである。

 あ~このままもう少し眠りに入りたい。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 21:40│Comments(0) 「旅行(神奈川)」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
秋の味覚(1)大観覧車の意味