秋の味覚(2)横浜赤レンガを歩く

2007年10月24日

大観覧車の意味

 朝夕もずいぶんと寒くなってきたね。

 未だにシャツとパンツだけで寝ているしばっちです。

 11月に向けてイベントも多く、朝から晩まで汗かきながら(冷や汗だよ)仕事をこなしているが・・・実は思ったよりも進んでいない。

 ちょっと焦り気味

 なのに・・・今日は休み~(笑)。

 今月は休日のほとんどがどこかに出かけていたので、精神的にはストレス解消ができているが、肉体的には疲労が抜けていない。

 まぁ、僕の場合は部屋でゴロゴロしていることが最も疲労回復の源なのである。


大観覧車の意味(横浜編)


 1時間半も眠りについた僕は最後にもう一度温泉で汗を流すことにした。

 サウナは3種類・・・通常のサウナ黄土サウナハーブスチームサウナである(女性用には黄土サウナはなく塩サウナがある)。

 乾燥しているサウナは苦手で、いつも顔全体にタオルを巻いてジッとしているのだ。そうすると5分しか入れないサウナも10分ぐらいは入っていられる。

 どちらかといえばスチームサウナの方が室温もちょっと低めでお気に入り。

 最も苦手なのが水風呂

 心臓の弱い(?)僕にとっては水風呂にどっぷり浸かっている人を尊敬してしまうのだが、何度チャレンジしても膝より上に進むことができない。

 なので、僕の場合はサウナと露天の往復を何度か繰り返すのが定番。

 外の爽やかな風が吹き出した汗を冷やしてくれるってわけ。

 さて外も暗くなってきたので、そろそろ万葉倶楽部ともお別れである。

bb8d6669.jpg

【大観覧車・・・17:21】

 僕の中での万葉倶楽部の評価はかなり高かった。

 その最大の原因は(たまたま・・・なんだろうが)走り回るような子供もいなくかなり大人の空間を楽しめたこと。

 お風呂も食事も空間も・・・考えていた以上によかった。また機会があったらのんびりとしてみたいものである。

d060c938.jpg

【落ち着いた雰囲気もいい】

 万葉倶楽部を出るとヒンヤリとした風が通り過ぎる。

 海風が心地よい。

 そういえばこの風・・・。

 パースの風に似ている。

 しかもパースの冬の涼しげな風・・・。

 ほんのりと潮の香りのするところまでが似ている。久しぶりに大好きなパースの雰囲気を重ね合わせながら歩いてみる。

c34841af.jpg

【大観覧車・・・17:32】

 この大観覧車は万葉倶楽部を出てから写したものだが、僕はようやくこの観覧車の意味が理解できた。

 何を理解したかって・・・。

 この大観覧車、時計なんだよね~。

 いやいや、それはわかっているんだけどね・・・。デジタルで表示しているからね・・・。

 そうじゃなくって!

 大観覧車全体時計だってこと!

 通常は一番外側の青白いライトが秒針になっているんだよ。つまりスポーク部分は全部で60本ってわけ。

 で、リズムはわからないが・・・(たとえば10分おきとか30分おきに)花火のような光の演出があるってこと。

 上の写真はちょうど演出中ってわけね。

 気づくのが遅い???

 昼間じゃわからないよね~。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]




at 23:59│Comments(0) 「旅行(神奈川)」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋の味覚(2)横浜赤レンガを歩く