まるで民家のような鬼瓦がお出迎え

2008年02月20日

新しい街、着々と

 青空が広がり、気候も春めいていた今日一日。

 休みということで久しぶりに近所の温泉へ。

 近所といってもJRで2駅先になるのだが・・・。

 朝も目覚し時計をかけずに寝たので10時までぐっすり寝てしまったわけで、寝すぎたためか体の節々が痛い。

 歳だなぁ(ぼそっ)。

 今日は温泉の話・・・というよりも・・・。

ff45c91d.jpg

【先頭車輌で運転士気分】

 近隣の温泉に電車で出かけるときはいつも2両目と決めているのだが、今日は先頭車輌の一番前に乗ることに・・・。

 電車の中でカメラを出すってすごい勇気のいることで(笑)、先頭車輌だとお客さんも少ないだろうと思ってのこと(これが案外正解だった)。

 さて、僕がどうしても写したかったのは・・・これ

484d9501.jpg

【新しい街】

 以前、BLOGでもチラリと書いたことがあるのだが、隣のM駅とその先のY駅の間にまもなく新しい駅が誕生する。

 それに伴って、駅の周りには大きなビルが続々と建ち始めているわけだ。

2542229d.jpg

【3月15日】

 そこで電車から写せるものなら写してみたいと思って、カメラを取り出したのだ。

 実は以前から何度かカメラをポケットに忍ばせていたのだが、さすがにそばに人がいるとカメラを取り出す勇気が出てこない(小心者なのだ)。

 今日が絶好のチャンス

 空も青空・・・。

 
 3月15日に新しい駅が誕生するのだが、それまでに街は生まれるのだろうか。

9b4e7fe1.jpg

【まだまだ建設途中】

 この街の駅前には多くのビルが建ち始めているが、イオン以外はなかなかわからない。

 それにしてもここはうっそうとした雑草が生えていた地域だったはずなのに・・・。

 人間の力力こぶというのはすごいね。

 この先、この街はどんな形で生まれるのか、ちょっと楽しみである。

b6035b90.jpg

【駅のそばにある温泉】

 ここは、駅のホームの上。

 ちょうどホームから温泉が見えたので、写真を一枚。

 がははは。

a292760f.jpg

【そしてワンパターン】

 どうもこの雑誌は僕を虜にしているようだ。

 いやいや、本当に歴史嫌いの僕がここまでこうなるとは・・・人生長く生きてきてここまで歴史に興味を持つかなんて、考えてもいなかった。

 それもこれもこの雑誌のおかげかな。

74d0a6a7.jpg

【おまけ】

 まぁ、この雑誌を読むときにここのポテトフライがなければ始まらない。

 たまには違うものを頼んでBLOG用の写真を撮りたいとも思うのだが、それ以上においしいものがわからないのだぁ~。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]




at 22:03│Comments(0) 「冬」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
まるで民家のような鬼瓦がお出迎え