青空の下のラウンドハウスオブジェに感動

2008年05月26日

ラウンドハウスの歴史

8d42f8da.jpg

ラウンドハウスの歴史

(パースの宝物2004年6月)







 ラウンドハウスのそばにあるカフェテラスでは残念ながら朝食を食べれず、再びラウンドハウスに戻ることにした。

 どうも満足に写真を写していないような気がしたのかな。

 まぁ、デジカメだから失敗したらあとで消せばいいか、みたいな思いをついつい持ってしまうんだよね。

 インド洋を見渡せる美しい風景の中にあるラウンドハウス

 これって、何だと思う?






661b4e7a.jpg

【ラウンドハウスの一番高い部分】







 実は西オーストラリアでは最古の刑務所(跡)。

 こんないい場所に建てられているなんて不思議だよね。

 実はこのラウンドハウスがこの場所に建てられている最大の目的は、囚人を船で運んできてすぐに収容できる位置にあることで輸送の手間を省き、さらには陸地ですぐに逃げ出さないために港のそばに建てたっていうわけだ。






5527bb78.jpg

【ボートハーバーの奥にはインド洋】







 本当は今立っている場所の下にフェンスがあり、そのフェンスの中には独房があるのだが、そのフェンスが開くのが10時30分ってわけ(残念)。

 もちろん囚人たちはこの美しい景色を見ることはできなかったのだからかわいそうだね。

 囚人としてではなく、観光客の一人としてこの場所に立てる幸せ・・・、当時の囚人だって後悔していたと思うなぁ。






6a0389d2.jpg

【灯台から先がインド洋】







 シーズンになるとこの灯台のそばでも多くの人々が釣りをしている。

 のんびりと釣りを楽しむなんて時間がないのが観光客の辛さだね。

 そんなことを思いながら、ひとまずラウンドハウスを後にすることにした。





温泉 ・・・ 温泉


2008年5月26日の日記

 休日ということで、今日は久しぶりに温泉に出かけた。

 久しぶり・・・というのは、いつもよくいく温泉ではなく、ちょっとだけ遠出で出かけたという意味なんだけどね。

 まぁ、県内ではあるんだけど、朝までどこに行くかは迷っていた。

 で、決定したのは真名井の湯。







acc34603.jpg

【風呂上りの空(真名井の湯)】







 富士見市方面で、相変わらず道が混んでいて到着したのは1時間半後。

 ここの温泉にも炭酸泉水があるということで行ってみたのだが、う~ん想像していたものよりもちょっと違う・・・ような・・・。

 しかも一番きつかったのは休憩所がないこと。

 いや、あるにはあるんだけどね。

 会員になっていなければ利用できないし、その上、岩盤浴など(これも会員?)に申し込んでいなければ、休憩所が使えないなんて・・・。

 僕の中ではかなりポイントが低いって感じたな。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 21:10│Comments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
青空の下のラウンドハウスオブジェに感動