ラウンドハウスの歴史久しぶりのミートパイ

2008年05月27日

オブジェに感動

8fb6dfe3.jpg

オブジェに感動

(パースの宝物2004年6月)







 道標を見ていると、だいたい行きたい場所が記されている。

 それを頼りに次に行ったのは目的の一つでもあるEシェッド・マーケット(E-Shed Markets)である。

 すでにマーケットはオープンされていたが、すぐそばにロットネスト島(Rottnest Island)行きのフェリー乗り場があるのに気づき、しばらく表にいることにした。

「このままロットネスト島に行ってもいいんだけどなぁ・・・。」






d65b392d.jpg

【Eシェッド・マーケットの歩道には無造作にこんなオブジェ】







 今回の旅行でロットネスト島に行かないことにしたのは、季節の問題だけの理由である。

 夏だったら絶対に行って、泳いで、遊んで楽しんじゃうんだけど、やはりこの時期の海の水は冷たいのだ。

 まぁ、仕方ないことだ

 冬なんだから、ってことで断念してしまったのである。

 以前、夏にロットネスト島に行ったとき、フリーマントルから乗るお客さんのほとんどがマウンテンバイクを持ち込んでいたのを思い出した。

 この場所に溢れんばかりの人とマウンテンバイクがフェリーを待っていたのだ。

 そのときはパースから乗船していたので、船の上からの景色しかみておらず、見る角度によっても全然違う世界に見える。

 しかも今は冬・・・。数えるほどの人しかいない。

 のんびりと周りを見渡していたときだった。僕の目にオブジェが飛び込んできた(写真上)。

「あ!あのオブジェだ!」






129ff424.jpg

【カ、カ、カメラが・・・盗まれるよ~】







 実は僕がパースに来る前に見ていたあるホームページ(今は閉鎖されている)にこのオブジェの写真が載っていて、それがフリーマントルにあるということだけは知っていた。

 そしてどうしてもそれを探し出してカメラに納めたいと思っていたものなのだ。

 今、僕の目の前に立ち並んでいるのである。動悸が高鳴る。うれしさのあまり写真を撮ることを忘れ、それをひとつひとつ眺めてしまっていた。

 青空に浮かぶオブジェは旅行前からずっと僕を引きつけていた。

 それを見つけ出すことも今回の小さな目的であった。まさか・・・。






d3f15086.jpg

【ボディボードで遊ぶ少年とロットネスト島の灯台】







 まさか、ここにあるとは思っていなかったのである。

 もちろんその後、青空にお似合いのオブジェを丹念にひとつひとつカメラに納めた。

 感動の瞬間だった

 しかも、今、この瞬間・・・青空であることに感謝した。

(オブジェの写真はこの後のブログでも数点アップする予定です)






ラーメン ・・・ ラーメン


2008年5月27日の日記

 今日はかなり疲れ気味。

 代々木と中野で仕事をこなしたのはいいが、ちょっとオーバーヒートかな。

 腰・膝が重い。

 今夜はぐったり眠れそうだ。

 さて、昨日は真名井の湯という温泉に出かけ、思っていた以上にサービスに納得しなかったのだが、食事はまぁ、おいしかったかな。

 どうしてもシンプルな醤油ラーメン(中華そば)に目が行く。






b9a490f3.jpg

【真名井の湯の中華そばはおいしいっ!】







 味噌ラーメンを食べられない僕だが、中華そばには目がない。いろんなトッピングもいらない(安っぽい人間なのだ)。

 最近は塩ラーメンにも興味を持っているが、初めて入る店(場所)では、まず中華そば。これで僕は判断することが多い。

 これって偏ってるかな?




[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:10│Comments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ラウンドハウスの歴史久しぶりのミートパイ