モンキーマイア巡り、か赤い大地を歩く(1)

2008年06月28日

モンキーマイアの浜辺で

90285bce.jpg

モンキーマイアの浜辺で

(パースの宝物2004年6月)







 (今日はモンキーマイアの海辺を写真で紹介しようと思う)

 モンキーマイアの周辺はこのリゾート地を除いたら、あとは何にもない世界である。

 どうしてこの地をリゾート地に選んだのか、それは僕もわからないが、それでもきっとそれなりの理由があるのだとは思う。

 1km右にずれていても、左にずれていても景色はそれほど変わりはないはずなのにね。

 上の写真はモンキーマイアの桟橋の写真で、朝夕はこの桟橋の左側に野生のイルカが集まってくるのである。

 それにしても水平線があまりにもきれいで、ついつい見惚れてしまう理由がわかるでしょ?

 そして、その桟橋の反対側から写した写真がこれ↓






bc2f7a13.jpg

【モンキーマイアの桟橋】







 この日は驚くほどにシャーク湾には波が立っていない。

 湾とはいえ小さな港ではないし、対岸が見えるほど小さくはない。

 それなのに波が全くないのだから、驚きの連発である。

 目の前に海がありながら波のざわめきもなく、時間が止まって感じるのも無理はないだろう。

 前に来たときにもこんな静けさだったかなぁ、って頭の中で思い出そうとしても、今この瞬間の驚きに圧倒されて思い出すことができなかった。






7163cd0f.jpg

【岸辺を歩く】







 モンキーマイアの水辺は特に何かがあるわけではなく、単調な海岸が続いているだけである。

 海には観光用のボートなどが数隻浮かんでいるだけで、夏の時期はもちろん泳ぐこともできる。

 この日ももちろん暑い日ではあったが、海の水は海水浴ができるほど温かくはない。

 やっぱり季節は冬といえば冬ってわけだ。 






e4a7af91.jpg

【物悲しく感じる】







 まだハイシーズンではないのか、それほど多くの人々が滞在しているわけではなく、海辺にいる人も多くはない。

 プライベートビーチって感じかな。

 できることならシャーク湾一帯をボートで移動してみたいものだ。






ブタ ・・・ ブタ


2008年6月28日の日記

 今日は朝から晩までびっしりと仕事。

 明日も・・・である。

 せっかく昨日は90歳のおじいちゃんからパワーをもらってきたのに・・・どうも気分がネガティブである。

 そんなときはやっぱりブログで爆発させるべきか・・・。

 いやいや、そんなことはやっぱりできない。

 本当はあれも書きたい、これも書きたい・・・っていうテーマもあるのだが、時間にゆとりができたらにしようっかな。

 明日も早いので、今日はこの辺で。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:08│Comments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
モンキーマイア巡り、か赤い大地を歩く(1)