心にいっぱいの宝物もうひとつの宝箱

2008年07月28日

さよならモンキーマイア

31fd03cf.jpg

さよならモンキーマイア

(パースの宝物2004年6月)







 食事が終わって、再度浜辺に降りてみたら人の数は少なかったが、どうもまだイルカがいるらしい。

 11時を過ぎているにもかかわらず、イルカは沖に帰らず、人間のお相手をしてくれている。

 いつもなら餌を渡すと沖に行ってしまうのだが、僕が過去に見た中では最も長くいたように思う。

 もうすぐ集合の時間だ。

 モンキーマイアのゲートの前で、送迎スタッフの人に記念の写真(昨日のBLOGでアップ済み)を一枚写してもらい、バスに乗り込む。

 この3日間の思い出を振り返って、淋しい想いとは違う、言葉では言い表わせられないような感情が沸き起こる。

 それでも時間には勝てない。

 いよいよ出発だ。

 さよならモンキーマイア

 そしてありがとうモンキーマイア

 これが僕の最後の言葉だったような気がする。

 僕はシャークベイエアポートバスに乗って、モンキーマイアを後にした。

 昨日、涙の止まらなかった道を空港に向かって走っていく。

 モンキーマイアからデナムまでの道のり、約25kmは車では15分足らずだが、歩くと8時間はかかる。

 僕にとっては10年という時間の重さを感じた旅行でもあった。

 そして、この道には他の人にはわからない僕だけの夢の架け橋があり、ようやくつなぐことが出来た旅行でもあった。

 さらに今回の旅行でも小さな宝箱を埋めてきた場所にもなった。

 ずっとずっと昔から僕が夢見ていた場所だから、またここに来たいから・・・。

 想い出を入れた宝箱はまだしばらくここに置いていこう。







4a0cb9bc.jpg

【空港の裏手から写したデナムのウィンドミル】







 空港での手続きを終え、搭乗を待っている間、はるか遠くにデナムのウィンドミルが小さく見えた。

 昨日カメラに取り損ねたものだ。

 僕はどんなに小さくてもいいから、あのウィンドミルを写したくなり、空港の裏口から、見晴らしの良い場所を探してシャッターを押した。

 まるで、空港の吹き流しがメインで、申し訳なさそうにはるか遠くに見えているのが、デナムのウィンドミルである。

 それでもそれは僕にとっての主役であるのは言うまでもない。






温泉 ・・・ 温泉


2008年月日の日記

 うひょひょ。

 今日は2週間振りの休み。

 休みって本当に大切だなぁって・・・やっぱりいい仕事をするためには、自分がしっかりリフレッシュしていてこそ、できるんだなぁって思う。

 若い頃は休みも取らずにがむしゃらに働いていた。

 仕事が大好きだったから、休みもいらないと思っていた時期もあった。

 事実、有給休暇なんて年に1度取ったかどうか・・・。

 今?

 今は有給休暇どころか、月に2度あればいいほうである。

 いや、休日の少なさに不満があるためにBLOGを書いているわけではない。

 休日があってこそ、また明日から笑顔で仕事ができるってこと。

 というわけで、朝気づいたら11時。

 ここ最近睡眠不足だったから、頭痛がひどかったんだけど、しっかり寝たら頭痛も吹っ飛んだ。

 午後、温泉に行って、入浴前に体重計に乗ったら、

「おっと~、60.25kg!」

 ずっと63kgだった体重が、やっぱり・・・ね~。

 でも、相変わらず60kgを割ってくれない。







57ba7f4a.jpg

【のんびり、湯ったり~】







 2週間振りの温泉だったんだけどね、露天に大気浴っていう空間があるんだけど、そこにビーチベッドが並んでる。

 スッポンポンで日焼けできるってわけ。

 まぁ、そこは別として、さらに仮眠所でも3時間もぐったり寝てしまい、元気な身体になって帰宅~。

 今日はいつもより湿度も低く(感じ)、気温もちょっと低かった(といっても暑いのには変わりないのだが)せいか、しっかり休みを満喫できた気がする。

 これから夏本番。

 ここからが過酷な日々の連続になるのである。

 まぁ、先を見ずに明日を一日ずつクリアしていこうか。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:30│Comments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
心にいっぱいの宝物もうひとつの宝箱