お宝が眠ってるかもちょっと、不満

2008年09月16日

入道雲ニョッキニョキ

 関東の夏空って、いつもはっきりした青い空ではない。

 今年は8月のほとんどが曇りか雨だったわけで、青空を眺めた記憶が少ない。

 9月になったら少しはスカッとした空を眺められるかなぁ、なんて思っていたが、いい天気が続かない。

 相変わらず、はっきりしない空である。

 気がついたらあっという間に9月も半ばを過ぎ、本来なら秋の風が吹く頃なのだが・・・、それもほとんどない。

 それにしても今年は雷の多い関東の天候だった。

 大体こんな空のときは夕方から夜にかけてドド~ン雷とくるのである。







a5666c4c.jpg

【まるで夏の空のよう】







 ちなみに上の写真は8月の空ではない(ついこの間)。

 今年は海水の温度も高いようで、その影響からかこんな天気が多いようだ。

 もう日本は温帯ではなく、熱帯に属するのではないかと思う。

 関東はケッペンの気候区分でいうと温帯湿潤気候に属するのだが、『熱帯モンスーン気候(南アジアなどの気候)のような気がする。

 雨季・乾季に分かれて、雨季には集中豪雨が多い。

 まぁ、夏だけしか考えていないんだけどね~。







[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:32│Comments(0) 「自然」編 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
お宝が眠ってるかもちょっと、不満