最後の晩餐(苦)パースに宝物を残して

2008年10月25日

再びパース空港で

a06d0380.jpg

再びパース空港で

(パースの宝物2004年6月)







 レストランのサイモンズを出てから、Jさんは最後にキングスパークから見るパースの夜景をプレゼントしてくれた。

 2年前の時にはキングスパークにはライトアップされた色とりどりのライトが浮かんでいたが、今日はない。

 ほとんど真っ暗なこの丘から、今、僕は最後のパースに別れを告げている。

 いつ見ても美しいこの街の灯りがまた僕を待っていてくれてるような気がした。

 いや、僕はまたこの街に来るだろう・・・そう約束をして車に乗り込み、パースの夜景に別れを告げた。

 写真上はパースの夜景キングスパークから撮ったものだが、やはりド素人

 もっと光を入れられればいいのだが、バカチョンデジカメではこれでも精一杯の景色なのだ。







f1ff9fa0.jpg

【空港の駐車場】







 空港に着くまでの間、楽しかった旅行の想い出を振り返りながら、郊外の暗い景色を目を懲らしながら見ているのが精一杯でもあった。

 パース空港について、この旅のスタートと同じ位置に立つ。ここから始まったパースの旅もここでおしまいだ。







4220da3a.jpg

【夜のパース国際空港】







 受付カウンターで、帰国の手続きを取り、最後に2階の喫茶店でコーヒーをすすった。

 別れの時間は刻一刻と近づいてきた。

 僕は夏に会えるであろうJさんに、

「ありがとう」

の言葉を残し、それ以上の言葉が出てこなかった。







f40ec4c7.jpg

【搭乗手続きをする】







 いつも、いつの時代も、別れはつらい。

 大きく深呼吸を繰り返しながらも、旅行の締めくくりの時間を味わっていた。

 Jさんも毎年、夏(日本の)になると日本に来る。

 そのたびにあるとんかつ屋さんで食事をするのだが、それがJさんの最も楽しみにしていることらしい。

 ぜひ、また実現したいものだ。







雲 ・・・ 雲


2008年10月25日の日記

 天気予報では今日は晴れ間も出るということだったが、多分青空は出なかったと思われる関東(今日はほとんど地下2階にいたからね)。

 帰り(23時頃)にはチラッと雨が降ってきているような感じだったが、明日あたりから晴れてくれるのかな?

 明日も早朝からびっしり仕事だから空を見上げるのは朝だけになりそうだなぁ。

 明日一日頑張れば、月曜は休み~(本気で嬉しい)。

 がんばるぞぉ~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]


at 23:15│Comments(0) 「旅行(パース04年?)」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最後の晩餐(苦)パースに宝物を残して