夏空夏の風物詩

2009年08月25日

明野のひまわり畑

80743596.jpg

明野のひまわり畑

(2009年8月10日明野ひまわり畑ドライブ編)


 中央道の須玉ICで、高速道を降り、目的地の明野ひまわり畑まで緩やかな坂道を登る。

 このあたりで有名な場所はやっぱり小淵沢清里だろう。

 何度か足を運んだことのある場所ではあるが、この明野のひまわり畑は僕にとっては初めての場所。

 坂道を登っていく途中でも雨はフロントガラスに当たっている。

 それほど多い量ではないのだが、

 やっぱりか~。

 せっかくここまで来たのに、なぁ。

 こんな天気だから、見学に来ている人なんていないのかも・・・。

 なんて思いながら、駐車場まで運転していくと、けっこう車の数も多い。

 平日で、雨でも、やっぱり観光地には人々が集まる夏。

 ちょっと一安心(笑)。







9d1db809.jpg

【ひまわり畑はこちら~】







 車を駐車場に停める頃には雨も上がっていて、ラッキー・・・か。

 周りを見てみると、傘を持ちながら歩いている人も。

 地面も、ついさっきまで雨が降っていたような痕跡が残っている。

 空は今にも雨が降り出しそうな雲が広がっていたのだが、傘を持たずにひまわり畑まで歩くことに・・・。







ffa50f55.jpg

【どこがひまわり畑なのか?】







 ところが、写真を1~2枚写した頃、雨がポツリ。

 またポツリ。

 やばいかな?







1dff0618.jpg

【まだ三分咲き???】







 さらにポツリ、ポツリ。

 雨脚がだんだん速くなってきているような・・・。

 これは、降ってくるか。

 一度、車に戻り、傘を持っていくことに。

 車に戻るときにはけっこう雨も強くなってきて、周りにいた人も屋根のあるところに移動。







a4dccae0.jpg

【遠くの景色がちょっと残念だな】







 で、車から傘を取り出し、再度ひまわり畑に行こうと数歩歩いていたら。

 また、雨が止む(苦笑)。

 傘を持って歩くべきか、否か。

 悩む。







dccfff8d.jpg

【太陽に向かいたい】







 仕方ない。

 いつ降ってもいいように、結局は持って歩くことにしたのだが、それから小一時間雨が降ることはなかった(がははは)。






太陽 ・・・ 太陽


2009年8月25日の日記

 今日もいい天気だが、それほど不快感はない。

 今日は午前中、職場に行く前にいろいろと所要で歩き回り、職場に着く前にはへとへと(苦笑)。

 まぁ、忙しいってことはいいことだ。

 夜は職場の仲間とちょっと飲んで帰ることに。

 ちょっと飲むとはいえ、仕事が終わるのが22時だから、結局は最終電車になっちゃうんだけどね。

 うひゃ。

 僕もタフだなぁ~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:59│Comments(2) 「旅行(山梨)」編 

この記事へのコメント

1. Posted by 茶々   2009年08月28日 08:53
おびただしいひまわりの数が、シネマスコープフレームにぴったり。
空模様が残念でしたね。
2. Posted by しゅんち→茶々さん   2009年08月29日 07:59
 どもども~。
 ひまわりの季節も過ぎているのに、遅ればせながらの写真。
 そ~なんです。
 せっかくのひまわりも青空がなくて、ちょっと残念でした。
 でも、高原に広がるひまわり畑の空間は壮大でした。
 今度行くときは(少なくても1年後になるけど)、神様に青空を希望しておきます。
 あ、もう少しひまわりの写真があるので、お楽しみに~。
 ではでは~。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夏空夏の風物詩