宝の持ち腐れコレクション『G』(2)

2009年09月24日

コレクション『G』(1)

 今日はちょっと汗ばむ陽気。

 9月は想像以上に天気の良さに驚く。

 台風とか雨とか・・・って、まだ先だっけ?

 と思うほど、過ごしやすい日が続いている。

 そんないい天気だというに、最近はほとんどどこにも出かけていない。

 カメラ小僧(たとえおぢさんと言われても)の僕は最近カメラを持って出かけることが少なくなってきている。

 で、今日は僕のコレクションを~。

 というか、最近、押入れやクローゼットに押し込んだ箱などを整理し始めていたら忘れかけていたものがドバァ~ップレゼントと出てきたりして・・・。

 もちろん、コレクションとして残してあるものもあるけど、中には捨てたくても捨てられないものもある。

 そういえば、最近は購入していないけれど、一時は馬鹿がつくほど集めまくっていたものもある。

 その中のひとつが腕時計

 とはいえ、金ぴかに輝く時計でもなければ、宝石が散りばめられている時計でもない。

 僕が今でも愛用しているのが、baby-G

 今、使っているbaby-Gは・・・。







05ae2a9f.jpg

【一番お気に入りのbaby-G】







 これは、ずいぶん昔にグアムに行って買ってきたもの。

 かれこれ10年かな?

 今じゃ、電波時計が主流なんだろうけど、これは太陽電池

 最近は充電がうまくいかずに画面が思うように出てこないこともあり、そろそろ寿命かな、なんて心配している。

 今は一番見やすくて、どんなときにもこれを離すことはない。

 もちろんbaby-G以前はG-SHOCKを愛用していた時期も長い。







c5e68f8e.jpg

【G-SHOCK(その1)】







 実は僕がを愛用したのにはわけがある。

 僕は社会に出たときから水泳を中心としたスポーツ関係の仕事をしてきているのだが、どうしても水周りにいることが多い。

 そういう意味ではの時計は重宝しているわけだが、若い頃は普通にアナログ時計をすることが多かった。

 自分が腕時計をしているのを忘れて、プールに飛び込んでしまい、何度も時計をダメにしたことがある。

 一番辛かったのは、ちょっと奮発して買った腕時計を1週間足らずでダメにしたとき。

 もちろんこれもプールに飛び込んで~。

 これは桁が違っていたし、若い頃の収入を考えたら・・・。

 あれには泣くに泣けなかったほど。

 で、それをきっかけに防水性重視G-SHOCKへと移っていったのだ。

 値段も手ごろだし、いろんな機能が付いていて、ちょっとしたブームになっていたよね~。







446a2562.jpg

【G-SHOCK(その2)】








 僕の記憶では・・・。

 同じG-SHOCKでも、耐水性によって値段がかなり違っていたような気がする。

 でもスキューバでもやらない限りは、どうでもいいようなんだけど、あの頃は誰もがそういうことにこだわっていたんじゃないかな。

 まぁ、僕の周りにはスキューバ小僧が多かったので、そうだったのかもしれないが。

 ところがある時期から僕はG-SHOCKダメを使用しなくなる。

 もちろん、その原因は・・・。

 baby-Gまるの登場なのだが。

 一番の原因は、その大きさにあった。







20fd67d7.jpg

【G-SHOCK(その3)】







 実はG-SHOCKの機能性には大満足の僕であったが、ひとつだけどうしても辛いことがあったのだ。

 それは手首を甲の側に曲げたときに、どうしても時計が甲に当たってしまうこと。

 たとえば、腕時計をしたまま腕立て伏せをすると・・・。

 一時はアザができてしまうこともあった。

 ちょっと大きすぎるんだよなぁ







f632535a.jpg

【G-SHOCK(その4)】







 しかも時代が進むにつれて、いろんな機能を取り付けて横に広くなったG-SHOCK(写真その3)まで発売してきたし。



 それでも、G-SHOCKでも、baby-Gの大きさのもの(写真その4)も発売されたりしていたんだけどね。

 そんなときに目に付いたのが、baby-Gである。

 この話・・・、明日も続く。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:11│Comments(0) 「趣味」編 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
宝の持ち腐れコレクション『G』(2)