風呂場の空間嫌いポン酢で生ガキ

2010年01月15日

紅葉の箱根湿生花園

80be0744.jpg

紅葉の箱根湿生花園

(2009年11月恒例&高齢・ほのぼの箱根3人旅編)




 朝食を終えてからチェックアウトの時間ぎりぎりまで部屋でごろごろしていたが、そろそろ出発の時間。

 ホテルの良し悪しは別として、比較的安価で食事にも満足でき、まぁ、何よりも僕にとってはゆっくりできたことが一番だったと思う。

 再び、ロビーの十津川警部(西村京太郎の色紙)をじっくりと眺めていざ出発。







fa9ebe29.jpg

【十津川警部、お元気ですか?】







 普段、箱根に遊びに行くと強羅大涌谷方面を目指すのだが、今回はちょっと目的を変えて千石原中心を回ることにしていた。

 3人で何度か箱根を旅行しているが、登山電車ロープウエイなどを使って移動するよりもレンタカーの方が安上がりということに行きつき、前日に駅前でレンタカーの予約をしておいた。

 実際には当日、箱根湯本富士屋ホテルの駐車場でレンタカーを受け取るので、ホテル明日香を出てから富士屋ホテルに直行。



 他の2人は車を運転しないので、僕がドライバー

 こんなとき車の中でビールジョッキでも飲まれては悔しいので(笑)、禁酒条約(?)を結んだのだが、この人たちはそんなことお構いなし。

 ぶぶ~怒(←ブーイングでしょ)。



 さてさて、まず立ち寄ったところは箱根湿生花園

 ここは入場料金700円(小学生400円)。

 この旅行はまだ11月だったので入場可能だったが、実は12月~3月中旬までは休園しているのであしからず。

 この時期に訪れる観光客の目的はやはり紅葉だろう。







15722f17.jpg

【紅葉を楽しみながら】







 ところが最近の気候は暖かいこともあってか(すでに11月だというのに)、考えているよりも紅葉の度合いが少ない気がする。

 最初のうちは3人で歩いていたのだが、やはり他の二人もカメラ片手に思いのまま歩きだす。

 お互いの距離が適当に離れている方が気が楽なわけ。







f27e01d8.jpg

【バカチョンでもこれぐらいは写る】






 元俳優のH氏は一眼レフで本格的にカメラマンを装っているが、僕はいつになってもなんちゃってカメラマンだから、ね。

 それにしても湿生花園の広いこと。

 歩いているだけで疲れるほど、充分ハイキングコースになっている。

 何が救われたかって・・・?

 この湿生花園のほとんどが平坦だってことかな。







c9bca459.jpg

【ハイキングルート】







 すれ違う観光客の中にはヒールの高い靴を履いている人もいる(笑)が、それでも充分楽しめる場所なのだ。

 ただ、ちょっとしんどいのが、進路の矢印のとおりに歩いても意味がわからなくなること。

 つまり、あまり矢印は当てにならないってことね。






太陽 ・・・ 太陽


2010年1月15日の日記

 今日もまた別の従兄のS郎から電話があった。

「CD、ありがとうね。家族でしっとりしながら見たよ。」

「うん。」

「でもさぁ~、犯罪だよ。」

「ん?何が?」

「お前の顔。」



 はて?

 自分ではそうは思っていないのだが、やっぱり長い年月が経っているわけで、あちらこちらと変化があるのも当然。

 やっぱり若い頃は美しいもんだね(笑)。







80d7613c.jpg

【僕の従兄弟の中では最年少のM博とS代】







 彼らだって、今ではすでに立派な大人に成長していたんだけどね(笑)。

 僕がピカピカの20歳のときかな、この写真。

 まだデジカメなんてない時代(っていつ?)だから、写真もついついこんな記念写真風だよね~。

「これがしばっちです。」

って言って自己紹介するには今となっては犯罪かもね。

 一年に1度あるかないか、BLOGで自分の写真を載せているが、やはり今の写真を載せる勇気がない(苦)。

 っていうか、ほとんど自分の写っている写真なんて持ってないのでお許しを~(笑)。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


at 23:24│Comments(2) 「旅行(神奈川)」編 

この記事へのコメント

1. Posted by ゆ~ちゃん♪   2010年01月16日 21:08
湿生花園はよく行きます。
馴染みのなかった仙石原ですが、最近覚えた林道コースだと仙石原へ出てきてしまうのです。
でも、思った以上にいいとこが多いので気に入ってます♪
湿生花園には高山植物まであるので、登山してた頃を思い出します。
若き日の写真、時代を感じさせます。
男の二十代の写真って、どこか尖ったものを感じますよね。
自分の二十代の写真でさえ、殺気を感じたりします…(笑)
写真って貴重なものです。
大切にしたいです。
2. Posted by しゅんち→ゆ~ちゃん♪   2010年01月18日 04:45
 どもども~。
 ゆ~ちゃん♪にとっては箱根は庭のようなものでしょうね~、きっと。
 僕も何度か足を運んでいますが、なかなか千石原方面には行く機会がなく、まともに見たのは今回(昨年11月)が初めてです(通ったことはあっても)。
 最近、スキャナーをようやく買ったので、昔の写真を整理してるんですけど、出てくるわ、出てくるわ(汗)。
 懐かしさのあまり、スキャンせずに見入っていることばかり(苦笑)。
 やっぱりゆ~ちゃん♪もそう思いますか?
 僕なんて、人さまには見せられないような写真もどっさり。
 処分しなきゃ(がははは)。
 ではでは~。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
風呂場の空間嫌いポン酢で生ガキ