星空の下の露天風呂雪明りの路

2010年01月31日

三芳PAのPasar

 
100131-01pasar.jpg

三芳PAのPasar

(2010年1月ほっこり温泉編)




 埼玉県小川町にある花和楽の湯でほっこりして、夜遅くに帰る途中。

 ようやく関越自動車道の上り線の三芳PAに寄ることにした。

 朝、下りの三芳PAに立ち寄ったが、噂のPasarは下りにはないのでご注意を(体験済み)。

 特にお腹が減っていたわけではない。

 三芳PAがどれだけ変わったのか、ちょっとだけ覗いてみたかったわけだ。

 いや、ちょっとだけではない。

 かなり変わっていて、前の面影がない。







100131-02pasar.jpg

【イルミネーション】







 最近高速道路のSAPAもブルーのイルミネーションで飾られているところが多くあり、ちょっと心に優しい空間である。

 Pasar三芳(関越道)以外にも幕張(京葉道路)や羽生(東北自動車道)にもできているのだが、この意味を調べてみたら、

 Pasarという名称は、パーキングエリアの略称PA、サービスエリアの略称SA、リラクゼーションの頭文字を組み合わせて作った造語である。

 インドネシア語の「市場」、スペイン語の「立ち寄る」という意味も持つ。

と、ウィキペディアに記されていた。








100131-03pasar.jpg

【フードコート】







 まず嬉しいのは、何といってもフードコートになっていること。

 しかも、このフードコートに出展されているお店って、その界隈で有名なお店だっていうのが凄い。

 地元で有名なお店がこの空間に揃っているわけだから、一軒一軒食べてみるのもいいかもしれない。






100131-04pasar.jpg

【広い空間】







 今回はフードコートを覗く程度だったが、もちろんフードコートの奥にはお土産のコーナーもある。

 さらにはお弁当や総菜などまで・・・。

 一見、デパ地下のような錯覚にも陥る。

 もちろん何かを買うつもりではなかったのだが(笑)。



 シュウマイで有名な崎陽軒を覗いてみると、ちょっと目をひいたものがあった。

 う~ん、どうしよう?

 迷っているなら、買っちゃおうっかぁ。






100131-05pasar.jpg

【イルミネーションの先にはお月さま】







 というわけで、まず職場にお土産として買ったのは、月餅

 職場のアルバイトに中国人が2人いるんだけど、よく食について語ることがある。

 中国で有名なお菓子って何?

 って聞くと、月餅も有名なお菓子の一つだという。

 で、この月餅を目にして、

「うわぁ~、信じられない。」

と大笑い。







100131-06pasar.jpg

【月餅】







 月餅にチョコレート味なんて中国にはないって(笑)。

 日本は色んな味にアレンジしちゃうんだよ、って説明しておいた。

 もちろんマンゴー味などもあって、味を楽しませてくれるんだろうね~。



 そして、もう一つは・・・。

 これ。







100131-07pasar.jpg

【レトルト食品】







 お粥

 先日、叔父が緊急入院していて、心配なのだが、今のところ命に別条なしってこと。

 で、今週末(2月5・6日)は叔母の四十九日で茨城県に行くのだが、叔父が入院しているのでお見舞いも兼ねる予定。

 いつも頭の中で何かを買って行ってあげようって思っていたんだけど、なかなかアイディアが浮かばずにいた。



 叔母が亡くなって、叔父は一人暮らしになってしまったのだが、努力家の叔父のことだから食事だって自分で作っていただろう。

 いつも食生活が気になっていた。

 当初は病気になるなんて考えていなかったから、いろんな食材を持って行ってあげようと思っていたのだが、今は入院中の身。

 ここ数日、頭を悩ませていた。

 叔母が亡くなる数週間前にお見舞いに行ったときに、ゼリーを持っていったのだが、このときはすでに叔母は食べ物を口にすることはできない状態だった。

 口にできるものといえば、アイスクリームかジュースだけ。

 僕がお見舞いに行ったときにはカルピスウォーターを口にして、

「おいしい。」

って、笑顔を見せてくれた叔母。

 でも、僕はずっと後悔していた。

 何にも口にできない叔母のことを知らずに渡したゼリーをジュースに替えたかった。

 だから、叔父が物を食べられるうちにできること・・・。

 僕が女性だったら・・・、いや、料理が得意な人間だったら・・・、手作りの総菜などを作っていってあげるのだが(笑)、人に食べさせてあげられるようなものは作れない(苦)。

 毎日考えていたのだが、目の前に現れた数種類のお粥。

 これ、これ

 これなら入院中の叔父も喜んでくれるに違いない。

 4種類のお粥を各2箱ずつ購入することに~。

 おいしいって言ってくれるかな?



 というわけで、小川町の花和楽の湯の日帰りドライブはおしまい。

 ふぅ、何とか1月中に記事が終了できて胸を撫で下ろしているところだ。 






 ・・・ 


2010年1月31日の日記

 今日は妙に暖かい一日だった。

 実は、夕べちょっと飲んで帰って(最終電車)、その上、寝つきが悪く睡眠不足気味(3時間しか寝ていない)だったので、仕事がきつかった。

 気合だけで乗り切った一日である。

 その上、なぜか夏場並みに忙しく、しんどかったぁ。



 今日はぐったり眠れそうである。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]

[5年前の今日のブログを見る]


shibacchi0821 at 23:50│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(埼玉)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
星空の下の露天風呂雪明りの路