イトコ会の手紙パース造幣局で歴史を学ぶ

2010年04月08日

小さな豆腐屋さん







 ようやく春らしい天気が感じられる関東である。

 朝、カーテンを開けた瞬間に曇り空だとなかなかテンションが上がらないことが多いが、青空だと多少疲れが残っていても、

「よっしゃぁああ、今日も頑張るとするか!」

って気持ちになる。

 最近はそんな青空にはほとんどお目にかかれなかったが、今朝は爽やかな青空だ。

 こういう天気・・・、しばらく続いてくれないかなぁ。






100408-01sakura






 この写真はJR中野駅北口スタバの脇で撮ってみたものだが、中野駅前の通り(中野通り)の北側はずっと桜並木が続いている。

 僕の職場へは残念ながらこの桜並木の方面ではないのでなかなか足を運ばないのだが、今日は久し振りの青空だったのでちょっとだけ立ち止まってカメラを出してみることにした。

 もう桜の季節としては緑の葉が出始め、ピークを過ぎているのかもしれないが、花びら舞う風景が好きな方にはいいかもしれない。

 JR高架下を過ぎた南口方面にはこれだけの桜並木はない。

 これだけの・・・ではなく、ほとんど桜の風景は見当たらない。






100408-02sakura






 残念ながら(?)僕はこの方面を歩いて出勤することになっている。

 せめて春ぐらい、桜並木を通って仕事に出かけたいものだ(がははは、無理!)。



 最近は時間があるときにちょっとだけルートを変えたりして、できるだけ楽しいものを発見しようと試みることも多い。

 で、前々から気になっていたのが、小さな豆腐屋さん

 その豆腐屋さんの前を通ると香ばしい匂いがしてきて購買意欲をそそられるわけ。

 いつか買ってみよう!

 そう思ってかれこれ数ヶ月・・・。

 今の時代、豆腐なんてスーパーで手軽に買えるが、この香ばしい匂いは昭和の時代に何度も経験してきたもの。

 どこか懐かしい。

 何故か西岸良平の漫画、三丁目の夕日的な懐かしさが込み上げてくる。

 今日は思わずお店の前に立ち、声をかけてしまった。






100408-03tofu






 これが、その豆腐。

 一丁260円也

 ちょっとお高めだが、ずっと気になっていた豆腐。

 しかも、この豆腐・・・特選(だから高い)!

 お店のご主人さん、

「これでいいんですか?」

と怪訝そうに聞いてきた。

 僕のような人間が特選と記されている豆腐を本当に買うのかっていうような顔で・・・(苦笑)。

 ついでに、






100408-04tofu






 これも買った(がははは)。

 各250円也

 この揚げ豆腐の匂いがたまらなかったのだ。

 これらを肴にビールをクイッと・・・想像するだけでたまらない。

 でも・・・、



 これから出勤するんですけどぉ~(涙)。







shibacchi0821 at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) 「春」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イトコ会の手紙パース造幣局で歴史を学ぶ