第三章~小樽運河(其の二)第三章~運河倉庫にて(其の一)

2010年07月16日

第三章~小樽運河(其の三)







第三章~小樽運河(其の三)

(2010年6月北海道にて、いとこ会+プチ観光編)



 運河沿いに並ぶ大きな倉庫には魅力的な(笑)お店がいっぱい。

 もちろん北海道小樽に似合ったお店ばかりが並んでいるのだが、なんと!

 びっくりドンキーも!!

 がははは。

 いやぁ、実は僕は隠れびっくりドンキーファンでもあるのだが(爆)。

 ここ数年、足を踏み入れたことがないが、無性にハンバーグが食べたくなるとよく行ったことがあったなぁ。

 安いし、値段の割においしいし、ねっ。

 まぁ、わざわざここまで来てびっくりドンキーには入らないけどね(ごめんよ~)。



 で、ちょっと魅力的だなぁ~って思ったお店をチェックしてみたので、ど~ぞ(そのお店を知ってる方や食べたことのある方からの情報が頂けると嬉しいけどね~)。

 魅力的なお店として悩んだのが・・・、






100716-01hokkaido






 魚まる(UOMARU)。

 魅力を感じたのは単純に名前だったんだけど(笑)。

 何となくおいしそうな名前。

 この名前を見ただけでヨダレが~。






100716-02hokkaido






 お寿司と炭焼きかぁ。

 やっぱり小樽といえばお寿司だし、新鮮な魚だし・・・、候補の一つだなぁ(と心の中でつぶやく)。






100716-03hokkaido






 小樽倉庫№1

 ビール好きの僕にはたまらないロゴマークがついていて、ここでも立ち止まってしまう。

 お店の前にあるドラム缶を活用したテーブル。

 爽やかな夏の夜にはここでビールを飲むのも乙なもの。

 これまた魅力を感じる風景だ。






100716-04hokkaido






 小樽地ビールの醸造所が見学できるのも嬉しい。

 が、この時間。

 それよりもビールを飲みながら、食を楽しみたいものだ。






100716-05hokkaido






 魅力的な地ビール

 このケースの前でジ~ッと眺めていたのはもちろん僕の方である。

 そして、






100716-06hokkaido






 おれの小樽

 名前がいい!!

 ちょっと覗きたくなる。

 だけど、ここって回転寿司かぁ。






100716-07hokkaido






 この暖簾がたまらなくいい!

 暖簾を売ってください(っていう気持ちの方が強かった)。

 どれも魅力的なお店が並んでいて、どこに入っていいか2人とも悩んでいた。

 そして、僕の気持ちをグラッとさせたのが、






100716-08hokkaido






 この黒板に書かれた2種類の料理だった。

 これについては明日のブログで~









2010年7月16日の日記

 梅雨明けって???

 今日???

 関東は朝から青空~♪

 しかも、空が澄み切っていて、関東の夏空って感じではなかった。

 それにしても暑い、暑い。

 地域によってはゲリラ豪雨による災害が。

 ニュースを見ていると切なくなる。

 田んぼに流された車やあり得ない映像のトラックの・・・まるで墓場のような映像。

 恐いなぁ。

 関東だっていつそうなるか。

 僕の職場のそばには神田川がちょろちょろと流れているが、それだってゲリラ豪雨が襲えばどうなるかわからない。

 気をつけよう、って呼びかけるしかできないけどね~。







shibacchi0821 at 23:46│Comments(2)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 北さん   2010年07月17日 20:12
北三陸摩訶不思議!?

誠に考えられないぐらい、前代未聞の降れどもいえ通り雨。

大変な皆様には申し訳ないぐらいです。m(__)m

それにしても小樽は蛍以上、しゅんち以上(失礼)魅惑的で素敵ですねぇ♪

2. Posted by しゅんち→北さん   2010年07月18日 00:30
 どもども~。

 僕が北三陸の市日が好きなわけ、少しはわかっていただけることでしょう。
 海の幸が並ぶ市日の写真を見ていると故郷の小樽を思い出すのです(当然、小樽では市日のような模様し物は見たことがないのですが)。

 新鮮な海の幸が並んでいるだけで、満足しちゃうんですよね~。
 あ~、いつか、いつか…。
 三陸の市日、行かねば~。

 北さん、そのときは案内してくれる???

 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
第三章~小樽運河(其の二)第三章~運河倉庫にて(其の一)