第三章~運河倉庫にて(其の二)第三章~夜の小樽

2010年07月19日

第三章~運河倉庫にて(其の三)







第三章~運河倉庫にて(其の三)

(2010年6月北海道にて、いとこ会+プチ観光編)



 晩飯で3日間もブログで引き伸ばすのもどうかって笑っている人もいるだろうね~。

 自分でも開いた口がふさがらないっす(汗)。

 で、昨日アップした食材の数々をまとめて写せば一回で済んじゃうとは思うんだけどなぁ(ぼそっ)。






100719-01hokkaido






 こうなるわけ。

 手前左にあるアスパラのサラダ以外はセットで一人前~。

 この前のブログでも書いたのだが、従兄のY志はあまり海鮮系が得意ではないので、この料理を2人前頼む必要もなく、僕らにとってはこれで充分なんだけどね。

 僕もお酒を飲むと食べ物は質素で構わない。

 ただ、ここは北海道~

 せめて目で楽しむっていうのも必要なわけで(汗)。

 お値段???

 いくらに見える?

 一人前で3500円ぐらいだと思う、よ(記憶が曖昧っす)。






100719-02hokkaido






 これはアスパラのサラダ

 Y志が興味を持ったもののひとつ。

 しかも、彼はこのサラダを2皿も(爆)食べきっていた。

 健康的な奴なのだ。

 僕がこのお店を選んだ最大の理由は、






100719-03hokkaido






 これで~す。

 ドアップで写したから、でかいように見えるがそんなことはない。

 その名も白貝

 小さい頃によく食べていた貝である。

 大きさは7~8cmぐらいかな。

 平たくて貝殻はほとんど白だね。

 一番大好きな食べ方は肉の代わりに入れるカレーライス

 今で言うとシーフードカレーというのかもしれないが(笑)、当時は肉なんてなかなか入ってなくて、この白貝を入れてることが多かったような記憶がある。

 ホタテよりも、アワビよりも、僕はこの白貝が一番好きだったな。

 しかもこの日は入り口前に白貝3個、350円って書いてあったのに、店員さんは、

 すいません、白貝残り2個しかないんですけど~って。

 僕は2個でも1個でもよかった。

 この貝と再会できただけで満足だったからね(ちとオーバーだけど)。

 探してもなかなか見つけられなかった涙ものの貝なのだ。

 さて、それらの具材を網の上で・・・、






100719-04hokkaido






 焼いて・・・。

 焼酎!

 僕はあくまでもビール一辺倒なんだけど、ときどき少しだけ人様の焼酎に口をつける。

 一口で充分なんだ(焼酎が嫌いなわけではなく、ビールが好きなのだ)。

 ほらっ、ジンギスカンも・・・。






100719-05hokkaido






 焼けてきたよ~

 食べよっ、食べよっ。

 ジンギスカンも北海道独特の料理だね。

 Y志のジンギスカンの食べ方のイメージは、鍋(独特の鉄板)の上に野菜を敷いて、その野菜の上に肉を乗せると思っていたらしいが、実はそうではない。

 ジンギスカンはあくまでも肉がメインで、鍋の上に広げるように肉を乗せながらひたすら食べる。

 それを何度も繰り返していると、肉の脂が回り(低い部分)に溜まってくるんだよね。

 けっこう脂の量が多いので、こういう形(チンギスハーンの兜のイメージだと聞いたこともある)になっていることで、脂が回りに落ちる。

 その脂を利用して野菜を炒めるのだが、当時はジンギスカンにはモヤシぐらいで、せいぜいタマネギを乗せる程度だった(記憶)。

 しかもジンギスカンに一番合うのが、具や海苔のついていない(塩)おにぎり!

 これがサイコ~なんだよ。

 夏になると、祖父母の家の庭に茣蓙(ござ)を敷いて、親戚連中2~30人でやるジンギスカンが最高に楽しかった記憶がある。

 これは僕のいとこ連中もかなり強烈に印象に残っているようで、ジンギスカン=祖父母宅での思い出のようだ。






100719-06hokkaido






 お~、白貝もパックリ開いているぅ~。

 この白貝は味付けなどをする必要がない。

 もう、ヨダレがぁ~。

 ペロリと食べられるのだ。

 あぁ~、白貝が2個しかないなんて・・・とほほほ。

 もう、ビールが止まらない。



 実は、この食事を僕の親しい友人・知人に写メで送ってあげたのだ(笑)。

 もちろん、札幌T夫叔父の家に宿泊しているK三叔父M志にも!

 がははは。






2010年7月19日の日記

 いやぁ、疲れたぁ。

 夏場の3連休いや、3連勤・・・いやいや実際には13連勤は堪えるなぁ。

 いくら忙しくても13連勤は、ね~。

 それでも無事に終わったから良しとしようっか。

 でも、残り6連勤あるからね~。

 身体は慎重に休ませてあげないと、ね。

 無理しないことが一番だね。



 というか、仕事が終わって、

「今日も夜は気持ちいい風が吹いているかな?」

なんて思って外に出てみると、異常に暑い。

 電車を降りて、家まで歩く道が長い。

 なんだぁ~、この暑さは?

 家に着いて、シャツを脱いだら・・・。

 背中は汗~。

 暑すぎるよぉ。

 今夜は熱帯夜かな?







shibacchi0821 at 23:53│Comments(2)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 北さん   2010年07月20日 17:04
飛べない白鳥に代わり飛んできました。

しかも、それがジンギスカンの臭いがしたからぁ♪

飲み食い三昧に仕事三昧!?ご苦労様。(@_@)

数年越しの飛べない居残り白鳥はただしたすら泳ぎ専門です。

だから、スイミングクラブで代役しようかなと泳いでくるかもしれません!?

ありえないことですが、その時はかわいがってやってくだされ!?

2. Posted by しゅんち→北さん   2010年07月21日 10:40
 どもども~。

 うひゃぁ~、暑い!暑い!
 こんな暑さの中で白鳥が関東に来たら大変です。

 そうなんですか?
 白鳥は泳ぎ専門なんですか?
 飛ぶことはもう諦めちゃったんですかね~。

 三陸では北さんに次いで(?)、この白鳥もアイドルでしょうね。
 また、白鳥の情報、楽しみにしています(北さんのことも、ね)。

 ではでは~。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第三章~運河倉庫にて(其の二)第三章~夜の小樽