第四章~鰊御殿(其の一)第四章~拝啓、千春さま

2010年07月23日

第四章~鰊御殿(其の二)







第四章~鰊御殿(其の二)

(2010年6月北海道にて、いとこ会+プチ観光編)



 今日も鰊御殿の話を・・・。

 鰊御殿と呼ばれたこの大きな建物の中で網元は生活をし、また多くの漁師も寝泊まりしていたのだろう。

 以前、僕の親やその世代の人たちに鰊漁の話を聞いたことがあるが、その当時、町の海岸にはニシンが溢れんばかりに上がってきたという。

 魚好きの猫でさえ、そのニシンを口にすることなく、そっぽを向いていたという(笑)のだから、その量は想像を絶する。

 脂の乗ったおいしいニシンだが、この時代のニシンの用途の多くは食用ではなかったというのを聞いてちょっとびっくり






100723-01hokkaido






 北海道で鰊漁が栄える前の話にさかのぼる。

 その当時、関西などでは綿の栽培が盛んに行われ、その肥料として東北地方で獲れるイワシが選ばれていた。

 そのイワシも次第に獲れなくなり、次にターゲットにされたのが北の地域で獲れるニシン。

 つまり、食用としてではなく、綿の肥料にされるためのニシンだったということなのだ。

 漁をするのは男の仕事だが、水揚げされたニシンをさばくのは女の仕事。

 そして、その報酬として一日働くとお金ではなく、モッコ2杯分のニシンが与えられたのだという。

 きっとその時代はニシンを持ち帰って保存用に身欠きにしんを作ったのだろう(これは僕の推測であるが)。






100723-02hokkaido






 これは漁夫が寝泊まりした場所だが、鰊御殿の約半分は網元の家のスペース(ビックリするほど広い)であり、この漁夫用の部屋は3段ベッドのようになっていて、雑魚寝するのが精いっぱいのスペースである。

 しかも血の気の多い若い漁夫とくれば、いろんな問題もあったようだ(笑)。

 そこで漁夫には博打をするな』『争いをするななどの禁止令が書かれてあり、かなり厳しい生活を強いられていたという。

 また、この寝室の下が土間になっていてその奥が台所になっていた。






100723-03hokkaido






 ここは船頭間(どんな仕事をしていたのかはわからない、笑)。

 今では多くの用具が並んでいるだけ。

 右側にある四角い木の箱がモッコと呼ばれるもので、この中に魚を入れて背負うわけだ。






100723-04hokkaido






 今ではこの浮子と呼ばれるガラス玉もプラスチック製になっているので、貴重品のひとつだね。

 アンティークな商品として売られたりしているが、昔は海に行くと海岸によく落ちていたなぁ(集めておけば今頃は・・・なんてね)。

 鰊御殿の中にはまだまだ不思議な空間も多かった。

 2階には隠れ部屋なんていうのもある。

 やはりその当時、大漁だと、それを嗅ぎつけた強盗による窃盗なども多発して、網元が隠れるようなところも・・・。

 いつもそうなのだが、僕はこういう場所に来ると、その時代に生きた人々の気持ちを考え、ひとりでワクワクしてしまう。

 不思議ちゃんなのだ(がははは)。






100723-05hokkaido






 鰊御殿から見える高島湾

 外に出ると、雨も上がり、ちょっとムシムシとしていたが、海風が心地よい。

 鰊御殿の軒下にはツバメの巣があり、多くのツバメが鳴きながら慌ただしく飛んでいた。

 なんか変だ!

 と思ったら、その巣の中には沢山のひな鳥がいて、そのひな鳥を狙っているギャング・・・。






100723-06hokkaido






 シャチホコではない(鰊御殿の屋根の上)。

 この2羽のカラスが何度もひな鳥のいるツバメの巣に奇襲攻撃しようとして失敗している。

 小さなツバメの親も必死だ。

 これ以上は襲われませんように~。






100723-07hokkaido






 珍味に目がない僕は鰊御殿でついつい買い物~。

 昨日も幾つか紹介したけどね(笑)。

 身欠きにしんの味噌漬け~

 そして、






100723-08hokkaido






 これはニシンの昆布巻き

 北海道から戻ってきたら、毎日ニシン三昧になるのは必至かぁ~。

 ちなみにニシンの昆布巻き、本当においしかったですよ。






2010年7月23日の日記

 早朝、地震が・・・。

 僕は夢の中で、

“うわぁ~、揺れている~。地震だぁ~。”

って思っているだけで、慌てる様子はない。

 まともに頭の中で計算しているわけではなく、夢の中だからもちろん起きることもなく。

 だけど、後でニュースで地震のことを知って、

“あ、あれは夢ではなかった。”

って。

 多分、あのとき大地震が起きても、僕は寝ていただろうな。

 それにしても連日猛暑が続いている。

 もちろん今日も汗が。

 しんどい日々である。

 13連勤も今日で11日目。

 明日、あさっては週末で忙しいが、何とか気力だけで乗り越えてきた。

 がんばるどぉ~。







shibacchi0821 at 23:51│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第四章~鰊御殿(其の一)第四章~拝啓、千春さま