第四章~ドロップス食べる?第五章~かま栄さんのカニ甲羅

2010年07月30日

第五章~小樽最後の日







第五章~小樽最後の日

(2010年6月北海道にて、いとこ会+プチ観光編)



 朝起きてみると青空~

 ようやく6月の北海道!って感じになってきた。

 僕が生まれてから18年間は北海道の四季を過ごしてきたわけだが、大学に行くために東京に出てきてからは北海道に戻ってきたのはほとんどが夏である。

 もちろん、何回かは春も、秋も、冬も帰省はしてるが、それは数える程度である。

 6月の北海道で一番思い出すのは教育実習の3週間かな?

 遠い昔のことである。

 日差しが柔らかく、ほとんど毎日が青空だった気がする。

 この日はそんな青空。






100730-01hokkaido






 小樽駅側の歩道から写したホテル、ドーミーイン

 残念なことに2日目の午後から3日目にかけてあまりいい天気ではなかったのだが、最終日にようやく青空が戻ってくれただけでも良しとしなきゃね。

 夕べ(旅行3日目)、千歳市に住む従兄のH樹ちゃんから電話が入る。

「明日、何時ぐらいに千歳空港に着くの?」

「2時ぐらいに(飛行機が)発つから、できれば12時ぐらいには着いていると思うんだけど。」

「車は借りたの?」

「うん。一応、千歳空港で乗り捨てする手続きは取ってある。」

「じゃ、札樽(さっそん)自動車道を千歳空港で降りて、数百メートル先に物産展の駐車場があるからそこで待ち合わせしよう。」

「ありがと~。」





100730-02hokkaido






 どうも今回は僕らが決めてきたスケジュールがことごとく崩されてしまう。

 最近は北海道に足を踏み入れてなかったせいだろう。

 若い頃に帰省してもこんなにいとこ連中(おじ達も含め)が手取り足取り世話を焼くなんてことがなかったんだけどね。

 ということもあり、Y志と朝から慌てて小樽の駅前を走り回ることに(笑)。



 実は昔から憧れていたブログのひとつにaquaというブログがあり、その管理人さんは小樽の方

 写真にウットリしちゃいますよ(ぜひ、ご覧下さい)。

 このブログを見ていると時間が経つのを忘れてしまうほどなんだけど。

 そのお方、小樽かま栄さんの本部長さんらしく(笑)、この旅行中に何とか寄ってみたいと(できればお会いしたいと)思ってはいたのだが、なかなか時間が取れない。

 で、昨日、駅前の通りを歩いていたら、第一ビルにあるじゃないかぁ~。

 僕としては小樽運河の並びにある店舗に行きたかったのだが、この日も時間がないので第一ビルに。






100730-03hokkaido






 まだ、朝だというのに多くのお客さんが行き来している。

 小さなスペースしかないが、何を買おうか迷ってしまう。

 というのも、量的にはいっぱい持って帰れないわけで、今回は少量にしておいたのだが。

 購入した蒲鉾はこの3種類。






100730-04hokkaido






 左からきんぴら揚げ』『カニ甲羅』『小樽揚げ

 実は僕はあまり練り物が得意ではない。

 好き嫌いが激しいわけではなく、どの練り物を食べても本来の食材の味があまりよくわからないわけで、いろんな種類の練り物を食べてもどれもが同じ味に感じてしまうわけ。

 だから蒲鉾っていうのは一種類で充分って思っていたんだけどね(これはスーパーなどで売っている商品のことかも)。






100730-05hokkaido






 ある日の食卓。

 もちろん名前に惹かれて買った小樽揚げ(315円)。

 あまり期待してなかったのに(失礼)、このお値段でこのお味にビックリ。

 生姜醤油で食べるのはもったいないかも。

 そのままガブッと食べた方がいいかもしれない。






100730-06hokkaido






 これもある日の食卓~(笑)。

 きんぴら揚げ(4枚パックで714円)。

 これも味が濃い。

 味付けしない方がその素材がよくわかって、おいしいかもしれない。

 食感だってシャキシャキしているのがいい。

 蒲鉾って奥が深いかも、よ。 
 




2010年7月30日の日記

 午前中はぐずついた天気も、午後には青空が覗き、更に強い日差し。

 また暑い夏が戻ってきたような関東。

 今日は休日。

 夕べは何故かなかなか眠れず、気づいたら外が明るくなっていて、更に焦ってしまう。

 結局、朝方ようやく眠りに着いたと思ったら2時間後にはチャイムで起こされる(涙)。

 今日は北海道から取り寄せたラーメンが届く日だったのだぁ~。



 夕方は久し振りにCHO氏と会い、ビールを飲む。

 いつもCHO氏と会うと、許容範囲を超え、飲み過ぎてしまう。

 夏のビールはやっぱりおいしい~。

 ところでCHO氏、腰痛が辛そうだったが、あまりひどくなりませんように。







shibacchi0821 at 23:50│Comments(2)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆ~ちゃん♪   2010年07月31日 12:03
北海道帰省の旅も最終章ですね。
小樽駅の駅舎、昔の横浜駅(東口)にそっくり♪
今は跡形もなく大きな駅ビルや地下街、そごう等が建ち並んでますが、当時はこんな雰囲気でした。
社会人になって数年した頃に取り壊され、寂しい気持ちになりました…。

海鮮、加工品、お菓子、肉、お酒、なにもかも美味しい北海道♪
その中でも身欠き鰊、干したコマイ(氷下魚)を常に持って旅してました♪
ちょっとお腹が空いたとき、コマイをしゃぶってました。
夜はお酒の友にも…♪


今日は真夏がぶり返してますね…。
まだまだ夏♪
暑いけど、頑張れそうです。

2. Posted by しゅんち→ゆ~ちゃん♪   2010年08月01日 00:51
 どもども~。

 毎日(先日はちょっと涼しかったかな)暑いですね。
 今日も本当に外にいるのが辛かったです。

 我が故郷、小樽の話も残すところあとわずか。
 小樽の駅は昔から大きく変わっていないように思います。
 レトロな街として成り立っている小樽ですから、なかなか新しい雰囲気などは拒絶されているのかもしれませんね(そこが売り!)。

 僕もよくコマイをしゃぶっていましたが、どうして干物って海の匂いがするんでしょうね~。
 どこか懐かしいと思えるのは、最近口にしていないってことかなぁ。

 小樽もずいぶん観光化され、お土産も食べ物もどんどん進化しています。
 ゆ~ちゃん♪も時間に余裕ができたら、ぜひぜひ北海道にまた出かけてみてください。

 ではでは~。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第四章~ドロップス食べる?第五章~かま栄さんのカニ甲羅