第五章~小樽のルタオ第五章~佐藤水産に巡り合う

2010年08月02日

第五章~ラーメン泰我







第五章~ラーメン泰我

(2010年6月北海道にて、いとこ会+プチ観光編)



 小樽にはまたしばらく戻れそうにない。

 わずか1~2日では小樽の良さもまだまだわからないだろうが、僕にとっては故郷であり、思い出の宝箱の紐を緩めることができたように思う。

 運河沿いから高速道路に入り、一路千歳空港へ。

 青空が広がる。

 高速道路の気温表示は25度を超えている。

 6月にしては暑い。






100802-01hokkaido






 途中、何度もH樹ちゃん(従兄)から携帯に電話が入る。

「今、どこ?」

「あと、何分ぐらい?」

 心配症はしばっち家の血筋のようだ(笑)。



 高速道路を降り、H樹ちゃんと合流。

「とりあえず、レンタカーを返しに行こうか。」

と、そこからはH樹ちゃんのテリトリーだから(笑)、その後ろをついていく。






100802-02hokkaido






 小樽で借りたレンタカーもここ千歳で乗り捨て~。

 北海道の道路を走っていると、多くのわナンバーとすれ違う。

 旅行者の多くはレンタカーで北海道を楽しんでいるのだろう。






100802-03hokkaido






「しゅんち、まだフライトまでは時間があるよね。」

「う・・・、うん。」

 本当は千歳空港で買い残していたお土産を買う予定でいたのだが、それを口に出して言えない(小心者の僕である)。

「まだお昼ご飯を食べてないでしょ?」

 そういえば、お昼どころか朝から食べていないことに気づく(笑)。

「ラーメンでも食べようよ。」

H樹ちゃん



 少しでも北海道を感じてもらいたいから、いろいろと考えてくれて本当にありがと~。

 H樹ちゃんの車に乗り換え、向かったお店は・・・。






100802-04hokkaido






 ラーメン泰我さん。

 もちろん僕にとっても初めてのお店だが、最近千歳ではかなり有名だという(興味のある方は上の名前をクリックしてね)。

 もちろん北海道では味噌ラーメンのイメージが強いが、僕はこれを頼んだ。






100802-05hokkaido






 何ラーメンに見える?

 塩ラーメン?

 いやいや、実はこのラーメンは醤油ラーメンなのだ。

 その名も、

 ゆず醤油~

 この醤油は白醤油という、ほとんど色のない醤油で、柚子の風味が北海道の初夏を感じさせてくれる。

 うひゃぁ~、旨すぎ~

 やばい。

 尾を引くってこういうことをいうのかもしれない。






100802-06hokkaido






 最近食べたラーメンの中では断トツかも。

 HPを見てもわかるのだが、この柚子醤油ラーメン・・・、人気ランキングも2位なんだって。

 で、1位は・・・、

 H樹ちゃんY志が食べた赤味噌ラーメン!

 何度も書くけど、僕は味噌ラーメンが苦手だから食べることはできないけどね。

 このときは残念ながら時間に余裕がなく、赤味噌ラーメンは写真には撮れず、ちょっと心残り。

 まぁ、HPにしっかり載ってるので、そちらでどうぞ~。






2010年8月2日の日記

 暑い、暑い。

 ほんとに暑い。

 というのは僕の職場の話。

 じ、じ、実は先週の土曜日に空調機能がいかれちゃって、ホールから体育館まで冷房が効かない状態。

 ただ救われるのは事務所やロッカーなどは快適なんだけどね(笑)。

 事務所から一歩ロビーに出ると、汗がドバァ~ッと出てくる。

 修理業者もお手上げ???ってどういうこと?

 もちろん日中は外も暑い。



 ところが夜にはちょっと強い、涼しい風が通り過ぎる。

 なんだ?

 この風は?

 ちょっと気味が悪い。

 今週は9連勤。

 しかも平均すると一日11時間労働が続く。

 ぶっ倒れませんように~(敵は外気温だけどね)。







shibacchi0821 at 23:54│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第五章~小樽のルタオ第五章~佐藤水産に巡り合う