うろこ番屋の海鮮ラーメン(特別編1-2)morimoto再び(特別編2-1)

2010年08月10日

うろこ番屋の海鮮ラーメン(特別編1-3)







うろこ番屋の海鮮ラーメン(特別編1-3)



 今日も天気は雨。

 今週、夏休み(休暇)を取っている人はかなり多いのではないかな?

 少しでも天気に恵まれればいいのだけど、ね。






100810-01shinjuku






 これは数日前に中央線の車内から写した新宿の高層ビル。

 あまりにも空が青かったのでついつい通勤時もデジカメを片時も離さず、チャンスがあればと。



 ピンポ~ン♪

 ある日の午前中に家のチャイムが鳴る。

 受話器越しに、

「○×宅急便で~す。」



 そう・・・、ある日、僕は三鱗商会(うろこ番屋)についてインターネットで調べてみたのだが、やはりネット通販は行っていなく、電話で問い合わせてみることにした。

 カタログ請求もある時期に一定の人にしか送っていないらしく、6月に買い物をした僕はその枠から外れているようだった。

 多分冬になるとカタログが送られてくるとは思うのだが。

 それでもFAXでの請求はできるようで、それだけでもラッキー。



 職場でかなり評判が高く、何人かのスタッフが購入に便乗。

 で、こんなに~。






100810-02hokkaido





 がははは(笑)。

 このラーメンの味が忘れないうちに、と思い取り寄せてみた。

 か、か、買ったのはいいが・・・。

 この日以来、毎日、ラーメンの生活に~

 でも、何食食べても飽きがこない。

 ちょっと有名なラーメン店だと、6食で数千円っていうのも当たり前の時代。

 それに比べ、この値段っていうのはお買い得?






100810-03hokkaido






 ただね、北海道から関東への送料がちょっとお高めの1,650円

 一箱しか頼まなければ、かなり高くなってしまうので、今回はみんなに呼び掛けたわけだけど。

 きっと職場の仲間もみんなラーメンを食べる日々が続いているのでは~?



 ご興味のある方~。

 三鱗(サンウロコ)商会『うろこ番屋』

をクリックして、左下の電話番号に直接問い合わせしてみてはいかがぁ?






2010年8月10日の日記

 午前中は天気が崩れていたが、午後から少しだけ快復。

 猛暑日とまではいかないが、外にいると暑い。

 今日、仕事をしているとアルバイトのT君が泣きはらした(ような)顔で姿を現した。

 もちろん今日は仕事の日ではない。

「友達が亡くなりました。」

と。

 まだ25歳の若さで。

 街を歩いていて突然倒れて亡くなったという。

 もともと心臓が弱かったらしいが、毎日のこの暑さが原因のようで体力もそうとう弱まっていたんじゃないか、って。

 幼い頃からの一番の友達で、今でもよく遊んでいたという。



 若い死はいつ聞いても辛い。

 まだまだやり残してることがいっぱいあったろうに。

 生きたくても生きられない運命だったのかもしれないが、大切な仲間を失ったT君の気持ちを察すると言葉がでない。

 別れ際に伝えたのは、

「思いっきり泣いて、そのあとは友達の分まで笑顔で生きてやれ!」







shibacchi0821 at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道)」編 | 「食物」編

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
うろこ番屋の海鮮ラーメン(特別編1-2)morimoto再び(特別編2-1)