レトルトカレー談義(第一弾)レトルトカレー談義(第三弾)

2010年09月22日

レトルトカレー談義(第二弾)







 今日の関東は夏!

 特に埼玉県(僕が住んでいる)は35度って?

 秋ではない。

 お昼前にベランダの窓を開けると熱風が・・・。

 うひゃぁ~。

 午後に外に出てみると、汗ばむほど。

 まぁ、こんな天気も今日までと言われているのだが、はたしてその通りなのかどうか。

 ということで、今日は休日(2連休)。



 さて、この夏、避暑のつもりで軽井沢に行ったときの帰り、例の三芳PASARでカレーフェアをやっていて、そのときにググッときたレトルトカレーを三品買ってきたわけ。

 で、今日はその内の一品を・・・。

 実は偶然にも車内でラジオを聴きながら運転していたら、仙台の牛たんカレーの話で盛り上がっていて、

“ふ~ん、ちょっと食べたいなぁ。”

なんて思っていたわけ。

 あの牛たんが口の中でとろけるってどういうこと?

 比較的牛たんって堅いイメージがあるからね。

 そうしたら、たまたま偶然に目の前に現れたのが、これ。






100922-01curry






 まるでラジオのパーソナリティが僕の行き先を案内しているようなタイミングで現れた牛たんカレー

 もうこれは買うしかない、って思ってね(爆)。

 でも、これらのレトルトカレーって高いんだよなぁ。

 ちなみにこのカレーは630円

 ちょっと手を出しづらいよね。

 でも、これはその辺のコンビニには売っていないだろうし、今買わなきゃ、次にいつ巡り合えるか・・・って。






100922-02curry






 忙しい夏、ときにはレトルトも仕方ない。

 またブログネタにでもなれば・・・と思って買ってみたんだけど。

 ふむ。






100922-03curry






 僕の中での評価は今一つ高くない。

 お値段は高めだが、レトルト独特の味が先にしてしまう(食感っていうのかな)。

 そして、牛たんの何がおいしいのか・・・つまり、カレーの具として牛たんを入れたところで、それほど美味ってこともなく。

 いや、牛たんカレーを本場で食べたらおいしいのかもしれないが。

 つまり、このカレー、特にインパクトがない普通のレトルトだったってこと。

 まぁ、話のタネってことで。








shibacchi0821 at 23:55│Comments(2)TrackBack(0) 「食物」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふうちゃん   2010年09月23日 03:12
むふふ♪
私、ネイティブ仙台人。

コチラの牛タンやさんには大抵カレーもあるよ。

で、確かにとろっとろに柔らかく煮込まれた牛タンが入ってます。(私はカレーをチョイスする事はめったにないんですけどね。ニオイだけでお腹が満タンになっちゃうから)

タンシチューは美味しいなぁ。

ドライブの足を伸ばして仙台へ遊びに来てくださいっ。
有名店じゃない、穴場の美味しい牛タンやさんをコッソリご紹介しますよ~。
2. Posted by しゅんち→ふうちゃん   2010年09月23日 05:17
 どもども~。

 うわぁ~、そうだった~(って、何が?)
 そういえば、ふうちゃんは仙台でしたね~。
 本場の人がそばにいたんだ~。

 ラヂオでも『とろっとろ』って言ってたのも思い出した。
 だけど、このレトルトのタンはそうでもなかったんです(笑)。
 やっぱり本場のカレーを食べに行かなきゃだめですよね~。

 いつも東北道を走ると仙台まで○○kmという標識を見て、
「仙台は遠いなぁ。」
って思っちゃうんです。
 故郷の北海道に車で帰るときにフェリーを使うために仙台に立ち寄ったことが数回あるだけ。
 なかなか東北に足を運べずにいる僕です。
 そのうち、東北巡りをしてみようかな。
 そのときはぜひ、穴場紹介お願いします(ぺこり)。

 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
レトルトカレー談義(第一弾)レトルトカレー談義(第三弾)