レトルトカレー談義(第二弾)レトルトカレー談義(第四弾)

2010年09月23日

レトルトカレー談義(第三弾)







 今日は秋分の日

 しかし、関東は朝から(いや、深夜から?)雨模様。

 日中は雷雨で、かなり近く(職場の)で雷鳴が・・・。

 後で聞いた話だが、数百メートル先で落雷があった模様。

 ニュースなどでは千葉県のグラウンドなどでも落雷があり、多くの人たちがその被害に遭っているとか。

 雷ってやっぱり恐いね。



 祝日は僕にとってはやっぱり天敵

 もちろん今日も仕事だったので大した話題はない。

 ということで、今日もカレー談義(笑)。

 今日のカレーももちろんレトルトなんだけど、こんなのはどう???






100923-01curry






 これも軽井沢の帰りに寄った三芳SAPARのカレーフェアで買ったもの。

 値段は525円也~。

 しかもいかすみだからね~。

 名前はさらにいかすみブラックカレー

 うひゃぁ~、ちょっと恐いっす(見た目が)。






100923-02curry






 ちょっとアップにしてみたが、この世のものには見えない。

 恐ろしい食べ物に見えてしまう。

 おそるおそる口にしたのだが、カレーに違いない。

 このルーの黒さで中の具がほとんど見えないが、イカさんの輪切りがいっぱい入っている。

 やっぱりシーフードってことかな。

 まずくはないのだが、どこかイカ臭い(変な表現だな、笑)っていうか、生臭い。






100923-03curry






 アップにしてもほとんど中は見えない・・・か。

 あ、このご飯、ちょっとお焦げがあるんだけど、みなさんはお焦げ好きですか?

 今の若者は嫌がる人も多いけど、僕はご飯にお焦げがあると多少食欲がそそるんだよね。

 だから、ご飯を炊くときはお焦げモードにしてしまう(笑)。

 遠い昔、まだジャーがなかった頃、よくお焦げを食わされたものだ(懐かしいなぁ)。



 まぁ、今回も話のタネってことで・・・(笑)。









shibacchi0821 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) 「食物」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
レトルトカレー談義(第二弾)レトルトカレー談義(第四弾)