M子叔母の一周忌ON泉でOFF呂

2010年10月05日

法要も無事終了







 10月だというのに25度もあった関東。

 しかもムシムシするほど。

 最近の日本は梅雨シーズンが夏を挟んで2度もあるようで・・・。

 鬱陶しいね~。

 爽やかな秋・・・、来ないのかな???



 さてさて、茨城のM子叔母の一周忌の続き~(とはいってももうほとんど書いちゃったかな)。

 まぁ、僕の場合、こういったこと(親族の集まり)があると、最近ではカメラマンにしか思われていないようで・・・(爆)。

 しかもK三叔父は僕にこう言う。

「お前の撮った写真は食べ物ばかりだぁぁああ。」






101005-01ibaraki






 そうは言っても・・・、

 ほら、これを見てれば秋を感じるでしょうが(笑)

 ここ数年、プライベートではほとんど人間を被写体にしたものがないから、ついつい食べ物やら空を中心とした風景ばかり。

 苦手なんだよね、人間を写すのも・・・写されるのも・・・。






101005-02ibaraki






 右は北海道からやって来てくれたT夫叔父だが・・・、左は・・・、

 その甥っ子(僕にとっては従兄にあたる)のちゃん。

 もうすっかり髪の毛も真っ白だ。

 二人で並んでいても叔父と甥というよりも、兄弟にさえ見えてしまう。

 つい数十年前までは大人と子供の関係だったんだけどね(笑)。






101005-03ibaraki






 秋を感じるような食事を頂き、一通りの儀式も無事終了。

 朝、合流した親戚の人たちは最寄りの駅で降り、再び別れることに。

「今度は来年のいとこ会かな、会えるのは・・・。」



 僕は着替えの荷物などをK三叔父の家に置いてあったので、そこに戻ることに~。

 翌日は日曜日で仕事を休むわけにはいかず、帰宅することになるのだが、K三叔父は残ってもらいたいようだ。

「(お酒を)飲んでから帰ってもいいんだぞ。」

「そんなことしたら、明日起きれなくなっちゃうから・・・。」






101005-04ibaraki






 四姉妹・・・ではない(笑)。

 M志(K三叔父の次男坊)の奥さんと3人の美女(と、書いておかなければあとで袋叩きにされるかも)。

 左からT美M子(M志の奥さん)、M幸S美





101005-05ibaraki






 こっちは・・・、左からT夫叔父M志(従弟)、Y志(従弟)、K三叔父

 そして、昔からこうやって必ず写真を撮っていたのが、ここの家のしきたりなんだよなぁ。






101005-06ibaraki






 いつもここにはM子叔母が笑顔で後ろに座っていたんだけどね。

 叔母がいなくなり淋しくはあるが、いつまでも淋しがっていては前に進めない。

 遺された僕らが笑顔で生活するのを、M子叔母は望んでいるはずである。



 この後、僕は帰宅するのだが、残った面々はこの日も再び凛屋さんで飲むことにしているらしい(笑)。



*****



 今日、仕事中に携帯電話にK三叔父から電話が。

 無事T夫叔父も北海道に戻ったことと、その足で僕の実家にも行ってきたようで・・・、その話をしたかったようだ。

 母も最近、年老いてきたせいか体調がすぐれない。

 本人はいたって元気なのだが、それでもあちらこちらが痛むようで、ちょっと弱気になっているのも心配だ。

 できることなら仕事を調整して、再び北海道に行かなければならないかな。







shibacchi0821 at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 「秋」編 | 「食物」編

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
M子叔母の一周忌ON泉でOFF呂