ON泉でOFF呂K子の送別会

2010年10月07日

歳を取るのが早いと痛感







 ようやく秋らしい日が続いている(というか、それでも汗ばむ)。

 やっぱり青空はいい、ね。



 2~3日に一度、PCのメールチェックをするのだが、久し振りにパース(西オーストラリア)に住む友人Sからメールが届いていた。

 彼とは2007年以来だから、かれこれ3年も会っていない。

 その間に僕のPCの調子が悪くなり、保存しておいたメールアドレスさえ見ることができず、半ば諦めていたのだが・・・。

 ある日、携帯電話の電話帳をいじっていたら・・・、

 友人Sのメールアドレスが残っていたので、そのアドレスにテスト送信してみることにした。

 実は長い年月の間にお互いメールアドレスを数回変えていたので、あまり期待できるものではなかった。



 数日後に返信メールが。

「あぁぁ~、届いたんだ。」

と、ちょっと一安心。



 数日後に今度は自分のPCから送ってみたのだが、その返事がなかなか来ない(汗)。

 まぁ、忙しい身だから、気長に待つとするか・・・なんて思っていたんだけど、実は心中穏やかではなかった。

 何故なら、職場のスタッフのT君が11月にパース旅行を考えていたり(実際には来年の2月に変更)、K子が10月13日にワーホリでパースに行くことが決まっていて、それらのことについて相談したかったからだ。

 K子はすでに最初の1カ月の滞在先は決まっている。


 友人Sのメール内容は・・・というと、家族が増えた・・・(はて?)と。

 最後に彼と家族に会ったのは2007年である。

 その年に第二子が生まれ、喜んでいたのに・・・。

 ナント第三子まで(笑)。

 しかも3人とも男児である。

 結婚して数年子供に恵まれず、友人Sのお母さんのさんは半ば諦め気味だったのを僕は忘れていない(もちろん、彼らの前で話していたことではなく、僕だけに言っていた言葉である)。

 そして、そのメールに添付されていた写真が、これだ!!!






101008-01perth






 写真左からL君(二男・3歳)、J君(長男・7歳)、K君(三男・2歳)。

 もちろん一番良く知っているのは長男のJ君だが、こ、こ、こんなに大きくなっている~。

 二男のL君は2007年に生まれたばかりのときにご対面しているが、その後に生まれた三男のK君は初お目見えだ。

 うひゃぁ~。






101008-02perth






 この写真は2006年のときのもので、J君3歳。

 まだ下の2人は生まれていなかった時代である。

 僕の手を引っ張って庭で遊んでいるときのものだが、このときからすでに日本語と英語を分けて話している。

 もちろん僕には日本語でしゃべっていた(脱帽)。






101008-03perth






 これはJ君1歳の2004年の写真。

 初めてのご対面で、お土産に甚平アンパンマングッズを持って行ってあげた。

 この年に渡豪したのは6月で南半球のオーストラリアは冬。

 それなのに甚平って笑える。

 今度遊びに行くときには3人分のお土産かぁ~(苦)。



 こうやって写真を眺めてみると、子供の成長は早いね。

 というか、僕が老いていくのも早いってことだよね(涙)。

 時の流れの速さを痛感している僕である。







shibacchi0821 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) 「仲間」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ON泉でOFF呂K子の送別会