青空のコテスロビーチ久し振りの再会

2010年10月17日

青空の下を歩こう







101017-01perth



青空の下を歩こう

(2006年1月オーストラリアパース野郎二人旅編)



 上の写真もコテスロビーチの写真だ。

 この日は久し振りに天気も回復し、気温が上昇。

 それでも日本(関東を基準としているけどね)の夏と違って空気は乾燥している。

 敢えて言うなら、北海道の夏に近いかもしれないが、日中の気温だと40度を軽く超える日も少なくない。

 それだけに紫外線も強く、帽子やサングラスは必需品でもあるが。



 実はこの日はコテスロビーチでちょっとしたイベントをやっていたので、僕らはしばらくそのイベントを眺めていた。

 砂浜に寝そべって見ていてもよかったのだが、あまりの暑さに芝生に移動しての観戦。

 芝生がちょっとひんやりしていて気持ちいい。

 ハトも芝生で観戦(笑)、中には眠りこけている人もいる。

 さて、何を観戦していたかというと・・・。






101017-02perth






 わかるかなぁ~?

 あ、いや、サーフィンではないよ。

 これだけじゃわかりづらいかな。

 実はこの日、ライフガードの対抗戦があったようで、各チームが遠泳を競ったり、救助のデモンストレーションがあったり、かなり白熱した戦いが繰り広げられていたのだ。

 驚いたことに女性だけのチームも・・・。

 こんなのはなかなか日本では見られない。

 写真の右奥に大勢の人が泳いでいるのが見えるかな?

 で、左方面から手前に泳いでタイムを競っているようだった。

 しばらく、その競技を見て、移動を開始する。






101017-03perth






 実は友人Sとの待ち合わせはこのビーチから1kmほど離れた場所だったのだが、僕にとっては初めての場所。

 大勢の海水浴客から見つけ出せるのか・・・、ちょっと不安だったが、それはそれで楽しい。

 冒険気分だよね。

 コテスロビーチから離れるとすぐに比較的岩場の多い海岸がある。

 景色の変化は僕にとっても嬉しいこと。






101017-04perth






 こんな看板を見つけるのもおもしろいものなのだ。

 それにしても空が青い。

 海風がいい。

 南半球の夏がたまらない。






101017-05perth






 岩場の多い海岸にはさすがにほとんど海水浴客はいない。

 この岩場の先は再び砂浜になるが、思ったほど人が多くはない・・・ようだ。







101017-06perth






 危ないよ!

 これらの看板が統一されている(色にしてもデザインにしても)ので、景観が見苦しくないのも日本と違っていい。

 犬だって立ち入り禁止の地域があるんだよ。

 もちろん釣りだけじゃなく、魚を銛(もり)で獲るのもダメ、水上バイクもダメ~。

 青空の下をさらに歩いて行くことにする。





2010年10月17日の日記

 日曜日、ちょっと雲の多い一日だった。

 今日は久し振りに中国人のG君が来たので、仕事帰りにちょっと飲んで帰ることに。

 結局、深夜12時を過ぎての帰宅になってしまったのだが、仕事でへとへとになっていてもビールがうまい。

 もう秋真っ只中なはずなのに、寒さを感じない数日。

 いや、むしろ日中は汗ばんでしまうほどだから、やっぱり今年はどこかが違う気がする。

 普段なら明日が休みだったりするのだが、今週は火曜日まで仕事が続く。

 体力温存しておかなきゃ、ね(いつまでも若いと思うな!)。

 ということで、そろそろおやすみ~。








shibacchi0821 at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(パース06年?)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
青空のコテスロビーチ久し振りの再会