眠いっサヴィルパークスィーツともお別れ

2010年10月24日

ラングレーパークにて







101024-01perth



ラングレーパークにて

(2006年1月オーストラリアパース野郎二人旅編)



 コテスロビーチでオージー仲間と遊んで、再びパースに戻ってきたのは夕方ちょっと前。

 まだ時間はたっぷりある。

 僕らの泊っていたホテルのそばにある公園がラングレーパーク

 日本では考えられないような広大な公園だ。

 この公園は以前のBLOGでも何度か紹介しているが、僕にとってはいつも最終日の時間の狭間にのんびりと大地を噛みしめながら歩く場所でもある。

 写真嫌いな僕だから(写す方は好きだけど)ほとんど自分が写っている写真がない・・・そのかわりにこの日一日、共にしたデイパックを芝に置いて写したのが上の写真。

 普段はショルダーバックを持つ機会が多いのだが、オーストラリアではデイパックの方が(なぜか)楽チン~。






101024-02perth






 シティの高層ビル。

 キングスパークから見るのもきれいだが、ラングレーパークからでも充分美しい景観。

 この広大な芝のおかげもあってか、気温が心地よい。

 裸足で歩くとちょっとひんやりしていて、それも気持ちいい。

 日本じゃ芝の上を歩くな!って怒鳴られそうだけどね。






101024-03perth






 ラングレーパークのすぐ横はスワン川

 右奥に見えるのがベルタワーだ。

 さらに奥に小高い丘があるが、それがキングスパークである。

 歩いてもそれほど遠くはない。






101024-04perth






 スワン川のほとりは歩道になっていて、多くの人たちがジョギングやウォーキングを楽しんでいる。

 もちろんサイクリングもできる。

 パース周辺を流れるスワン川はまるで大きな湖のようになっている(海にも見える)。

 パース上流は川らしく見える川なのだが(変な文だな)。

 もちろん波はほとんどないので、ウィンドサーフィンやヨット、カヌーなど水上で楽しめるスポーツも盛んだ。

 対岸はサウスパースという地域。






101024-05perth






 なかなか対岸からシティを見るチャンスがないのだが、サウスパースから見るシティは圧巻である。

 これを見たらパースの虜になっちゃうんじゃないかな。

 夏のパースラングレーパークで堪能し、そろそろホテルに戻る時間となる。

 友人Sのお父さんのJさんが迎えに来てくれるのだ。





2010年10月24日の日記

 日曜日。

 あまり芳しくない天気である。

 土曜日は気持ちのいい気候だったのに、あっという間に下り坂。

 今日も早朝家を出て、深夜に帰宅。

 しかも夜は本格的に雨も・・・。

 それにしても朝夕寒くなってきたね。

 あの猛暑、ついこの間だったと思っていたんだけどね。

 ようやく忙しい週末を終え、明日、あさっては休み~。

 特に外出予定もない。

 睡眠不足を解消かな。







shibacchi0821 at 23:53│Comments(2)TrackBack(0) 「旅行(パース06年?)」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yoko   2010年10月25日 16:56
しばっちさん、忙しい週末お疲れ様!

ラングレーパークは、パースのシティーの全体を見渡すのに最適なスワンリーバー河岸の公園ですね。
私は、英国女王ご夫妻が来豪された際バグパイプ行進の後すぐまじかをお二人が歩かれたのをこのラングレーパークで拝見しました。良い思い出です!

さてさて、今日は休日予定の無いしばっちさんにパースからのプレゼントをひ と つ どうぞ!
もう既にご覧になった事があるかと思いますが、それにしばっちさんがこういうのに興味がおありかわかりませんが、コテスロビーチ好きのしばっちさんにどうかな?と思いお送りします。
1、ライブ映像動画サイト  COASTAL WATCH . com

2、ライブ映像サイト Perth webcams (パースの主なビーチ)

一度お試しになってみて下さいね。
2. Posted by しばっち→Yokoさん   2010年10月25日 23:41
 どもども~。

 いつもコメントありがとうございます。
 ラングレーパークは結構イベントがあって、青々と茂った芝をひっくり返してモトクロスのコースにしたり、しているようですよ。
 あれには脱帽です。

 カメラ…むかぁ~し、よく見てました。
 今回久し振りに覗いてみたら(Yokoさんの教えてくれた)ちょっとビックリ。
 コテスロビーチのカメラって昔はインディアナティーハウスにあったんです。
 あるときから、それをみることができなくなったのですが、今回見てみたら、インディアナティーハウスと僕らが友人Sと待ち合わせしたビーチの間に移動しているようでした。

 ちょうどカメラが右側を向いたときにインディアナティハウスが、左側を向いたときにフリーマントルが見えるのですが、もしかしたらあの建造物が…と想像しています(10月17日分の写真4枚目に小さく写っている)。

 それ以外のものも今のパースを感じさせてくれるので嬉しいですよね。

 久し振りに感動しました。
 ありがと~です。

 ではでは~。

 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
眠いっサヴィルパークスィーツともお別れ