11月最初の料理はおでん!ばかうけ~第一弾

2010年11月02日

K子のパース便り №3







 昨日の午後から天気も回復し、ちょっと一安心。

 たとえ穏やかでも、日毎に冬に近づいているって感じがする。

 これが日本の四季だが・・・(笑)。

 パース(オーストラリア)の四季は・・・というと、この時期は

 そして、これからに向かうわけで・・・。



 パースに行ったK子は今年、2回も夏を体験できるわけだ。

 羨ましいっ

 まだ彼女が日本にいた頃、何度かパース談義をしたのだが、どうしても自分が伝えてあげられるのは、自分の体験したことだけになってしまうわけ。

 過去に9度もパースに行っていながら、仕事の都合上、どうしても春の時期(9月頃~11月頃)って行けるチャンスがなかったんだよね。

 それで、この時期の情報を教えてあげられずにいたわけで、彼女からのメールには思っていたよりも涼しいと。

 そ、そ、いくら気候が穏やかだといっても、大陸独特の寒暖の差っていうのを教えていなかったぁ。

 日中は暑くても夜はかなり冷える日も多い。

 夏場でもそういう日が結構ある。

 そして、春の風は強いって???

 ふむふむ。

 もちろん、それも僕は体験していないわけで・・・(答えてあげられない)。

 ただ、返信メールにこんなことを書いてあげた。



 ・・・略・・・

 今の時期の風、そんなに強いのかな?

 自分が体験したのは、

 フリーマントルドクター

 という風の種類。

 これはかなり強い風なんだよ。

 フリーマントルドクターは真夏の暑い(考えられないような暑い日のことを指す)日の夕方、インド洋から大陸に向かって吹く風(強い風だが、熱風ではなかったと思う)で、外に立っていると吹き飛ばされるぐらいの強風が吹き荒れる。

 もしかしたらK子の身体では吹き飛ばされるかも・・・よ。

 決して雨を伴っているわけではないけれど、恐ろしいほどに強い。

 そして自分が体験したのは、その日の日中の気温が43度で、夕方あたりに急激に温度が下がり出して、一気に風が強くなった記憶がある。

 その風が吹いた翌日は、真夏だというのに逆に過ごしやすい気温になるわけ(すっごい快晴)。

 だから、K子フリーマントルドクターを体験したら『明日はいい天気』と思っていてもいい。

 そして、何故この強風のことをフリーマントルドクターと言うのかといえば、

 その名の通り、

 フリーマントルからお医者さんがやってくる

 ってことなんだけど、わかる???

 つまり、生身の人間が40度を超える夏場を体験していたら、いくらなんでも身体がおかしくなる(日本じゃ、今年は特に熱中症に悩まされたけれど)。

 そんなときにフリーマントルからおかしくなった身体を暑さから解放してくれる・・・まるでお医者さんのような風が吹いてきてくれるってわけなんだって。

 パースで一夏過ごせば、一度ぐらいはドクターに会えるかもね。

 あ、この風、またの名を医者いらずとも言われているらしいです。

 ・・・略・・・



 さて、K子からはその後、もう一通メールが届いた。

 ちょうど、僕がパースシティにあるTargetというディスカウントショップのことを伝えたのだが、彼女はその情報を読む前にしっかり足を運んでいて、その写真も添付してきてくれたのだ。

 もちろん、これらの写真は僕のものではなく、K子が写したもの。






101102-01perth

【このTarget、昔から変わらないなぁ。しばっち】






101102-02perth

【僕もここでポロシャツや靴などを買ったことがある。安いんだよ!しばっち】






 そして、ちょっとビックリしたのは・・・。

 こんなところに高層ビルが造られていたこと。






101102-03perth

【パースシティもどんどん変わっていく~。しばっち】






101102-04perth

【似たような写真だが、K子の配慮が伺える。通りの標識を入れてくれるなんて、ちょっと感激~。しばっち】






 そして、最も驚いたのが、MYER department storeの周りが・・・。

 あれれ?

 ここって何があったんだっけ?

 ちょっとアップで・・・。






101102-06perth

【3年もパースから遠ざかっているうちに、町がどんどん変わっていく。しばっち】






 シティモール近辺はそれほど高いビルはなかったはず。

 高層ビルはモールから一本はずれた通りに並んでいる。

 いわゆるオフィス街と呼ばれるところだろうが、この辺りもあっという間に風貌を変えていくのは、ちょっと寂しい気もする。

 パースはバブル全盛期。

 多くの外国人が移住しているのも事実。

 そういう時代って、ビルも新しく・・・しかも高く(笑)なるのかな。

 僕の知らないパースをこれからもどんどん伝えてほしいものだ。







shibacchi0821 at 23:48│Comments(4)TrackBack(0) 「仲間」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ururu   2010年11月03日 07:31
こんにちは~、、パース、16年前に住んでましたが。。。以来行ってなくて昔の街並みのイメージでとまってる私。。。それが、、、こんなに近代的に変わってるとは~~。。。!!びっくりでした。でも、ターゲットはかわってなくてホッとしました~~(^^)
2. Posted by Yoko   2010年11月03日 19:32
今日はホント秋晴れの一日でしたね!しばっちさんはお仕事で建物の中だったでしょうか?11月3日は10月10日と同様晴天確率が高い日だそうです。
さてさてパースの最新写真をありがとうございます。パースの近代化?都会化がとどまる事を知らないようですね!まだまだバブルが続いているのでしょうか?それにしてもなんだか無計画なようにも見受けられますね。よそ事では無い我が町K都もなんか一貫性の無い町並みとなってしまったようで悲しいです。最近やっと気がついたのか景観保存が言われるようになってきましたがバブル時期の無秩序な建設ラッシュのツケは大きいように思います。パースにはそのようになってほしくないですね。セントジョージ教会なんかもう高層ビルに囲まれその歴史的な姿が損なわれているようで残念ですね。何処もヨーロッパの町並みなんかを見習ってほしいものです。
パースの風についてですが、それはそれは凄いですよ〜!シティーで信号待ちしていたら突然の突風!体を押され車道に飛び出しそうになった事何回もあります。それにビーチに行くのは午前中限定!お昼になるときっちり海から強風が襲って来て波も荒くなるので帰り支度です。
でもおっしゃる通りこの風のお陰でパ−スの夏は過ごしやすいのでは?(フリマントルドクターって言うの知りませんでした)
昔はどの家にもエアコンなんて無かったし私もあちらで使った事ありません。汗もかいた記憶も無いくらいです。ただ2回程内陸からの砂漠の熱波がふいた時は寝苦しかったですけどね。でも日本ほどではないので。。。
K子さんのレパート楽しみですね!
3. Posted by しばっち→ururuさん   2010年11月04日 08:12
 どもども~。

 コメントありがとうございます。
 ururuさんはパースに住んでいたのですか?
 しかも16年前???
 え~と(指を折って数えてみる)、16年前というと…1994年?
 っていうことは、僕の2度目のパース旅行のときだぁ。
 この年、初めて南極海までドライブした思い出があります。

 それから16年…、当たり前ですが、町も成長しているようで、多くの建物が出現したと思いますよ。
 キングスパークから見る高層ビルの前に建ったconvention centerなんて知らないんじゃないんですか(10月26日分のブログ1枚目に写っています)?
 高層ビルの手前に背の低い横長のビル…このビル、幅だけでも軽く1kmはあるとか…。

 そ、そ、ターゲット…外観は昔と同じですね。
 懐かしかったでしょ(笑)?

 僕も最近行ったパースは2007年ですから、もう3年経ってるわけで、これからK子(職場の後輩)からのパース情報を楽しみにしているところです。

 よろしければ、またときどき覗いてくださいね。

 ところでururuさんのハンドルネームは…やっぱりオーストラリアのエアーズロックからのものですか?

 ではでは~。
4. Posted by しばっち→Yokoさん   2010年11月04日 08:38
 どもども~。

 文化の日の晴天率…高いんですかぁ?
 知らなかったです。
 体育の日の晴天率の高さは有名でしたもんね?
 今こそ、体育の日がHappy Mondayになっちゃいましたが…。
 Yokoさんの想像通り、僕は仕事で室内に閉じこもりっきりでしたから、ほとんど青空は見てはいなかったのですが、時折外の空気は吸ってましたよ(笑)。

 さて、K子のパース便り…当の本人もパースでエンジョイしているようですが、それ以上に写真を見て興奮している僕です。
 そして、懐かしい町並みは変わっていないようですが、やっぱり一部はどんどん変わってるところもあるようで…。

 パースの風…爽やかで、気持ちよくて…というイメージが強いですが、やはり自然はそれだけのものを与えてくれているわけではないですからね~。
 Yokoさんもいろんな風を体験しているようですね。

 僕もブログに書いたように、フリーマントルドクターはもちろん、前に向かって歩けないような強風に立ち向かって進んだこともあります(というか、まともに進めなかった)。

 どちらもインド洋からの風だったんですけどね。

 K子からの未確認情報ですが(笑)、どうも今の仮ステイ先から、ホームステイ先が決まったようで…近々引っ越しするようです。
 どこに行くのかは書かれてませんでしたが、次のステイ先で落ち着いたらまた情報が入ってくることでしょう。

 それも楽しみにしている僕です。

 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
11月最初の料理はおでん!ばかうけ~第一弾