K子のパース便り №5(part1)建設ラッシュのパースシティ

2010年11月29日

K子のパース便り №5(part2)







 11月も残り一日だというのに、今日は暖かく穏やかな気候。

 部屋に入る日差しも気持ちがいい。

 平日の仕事のほとんどが遅番なので、午前中は家にいることの多い生活。

 ついついウトウトしてしまうこともある。



 さて、K子パース便りは続く。



☆★☆★☆★☆★☆★

 行ってきましたよー、フリーマントル。

 ステキな町ですねー。

 やっぱり港町っていいですね。

 とっても気に入りました。

 すでにフリーマントルには2回行きました。

 1回目は電車で。

 そのときは街を散策(プリズンは外観だけを見学)して、Eーシェッドマーケットでランチ(インドカレー)を食べて、ラウンドハウス、Shipwreck Galleryを見学して、マーケットでパンを買いました。

 今度、写真を送ります。

 2回目は先週の日曜日に自転車で行ってきました。

 Swan river沿いを走ったので、2時間ぐらいかかってしまいましたが、何とかたどり着きました。  

 帰りは来た道を戻る体力がなく、別の路を行ったので一時間で帰れました。

 地図を見ながら何となく行ってみたのですが、実際に走ってみるとアップダウンが激しくて、相当くたびれました(笑)。

 マーケットでブドウを探したんですが、しばっちさんが言っていたマスカット色のものがなくて、紫のブドウはありましたが、試食してみたら、う~んって感じだったので購入しませんでした。

 また探してみたいと思います。

 で、ランチに『BELLA ROMA』でビールとピザをいただきました。

 どーしてもピザが食べたくて。

 最高に美味でした!

 次は絶対ペスカトーレを食べに行きます。

 この日は天候が不安定で、朝から雨が降ったり止んだりしていました。

 店内から雨が降っているのを眺めるのも、なかなかいい気分でした。

 『シセレロズ』にもいつか行ってみようと。

 おいしいものに飢えております。

 マーケットの空気、私は大好きです。

 また、写真送ります。

 では、お体に気をつけてー!!


☆★☆★☆★☆★☆★



 実はこのときのメールに添付されていた写真は下の一枚だけ。

 ???

 写真をいっぱい添付されていると思っていたのに・・・(昨日アップした写真はその後に送られてきたものである)。






10112901fremantle






 これはフリーマントルマーケットの写真だが・・・。

 僕には記憶のないもの(笑)。

 マーケットは建物の中だけだと思っていたのだが、外でもこうやって露店をやっていたんだな。

 やっぱり時間の少ない旅行者はほんの一部分を見て満足してしまっている感がある(井の中の蛙・・・的な)。

 パースフリーマントルはオーストラリアにあるが、多くのアジア人がいて驚く。

 こういった場所に来てもオージーよりアジア人の方がすれ違う率は高いように思う。

 それだけアジア人にも人気のある町なのだ。



 K子のホームステイ先はパースシティから南に約10km離れた地域だが、そこから西に10kmほど行くとフリーマントルでもある。

 僕はK子宛てに、パースまで自転車で行けるのなら、フリーマントルも同じような距離だからチャンスがあったら行ってみて、と送った。

 グーグルマップで見ると、South Streetを突き当たるまで行けばフリーマントルのようだ。

 ただ、それは地図上の見た目だけで・・・アップダウンまでは考えていなかった(笑)。



 実はK子・・・。

 このときのメールでいろいろと写真を添付したつもりでいたらしい。

 で、その後、そうではないことに気づき、その翌日(かな?)多くの写真を添付してきてくれたのだが、それはまた別の機会に~。

 彼女がパースでなかなか口にするチャンスがなかったビール

 ここに来てようやくフリーマントルでは念願が叶っているようだ。

 ノンベーの日本人女性に見られないように・・・ねっ。



shibacchi0821 at 23:55│Comments(2)TrackBack(0) 「仲間」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yoko   2010年11月30日 20:28
こんばんは、しばっちさん

朝夕めっきり冷え込むようになってきましたね。
K子さんからのレポート拝見致しました。しばっちさんがおっしゃる通り、私もワーホリ世代ではないので今一K子さんの状況がわからなかったんですが。。。やはり少々気になっていた状況が文面から読み取れました。ホームステイと言った言葉の持つ意味が私には、主に学生対象で基本無料で食事ベットを提供されるある意味ボランティア的なシステムと理解しているのですが、今の時代では違っているのでしょうか?
K子さんの今の立場は下宿人でもないし、限りなくその家庭にとって都合のいいお手伝いさんじゃありませんか?日本人は自己主張しない事をいい事に黙っていれば損をしますね!
また逆に日本に来ているワーホリの外国人は本当ステイ先で最高の待遇を受けて日本はホント最高!って印象で帰って行きます。日本人は外国人に弱いんだなあ〜って思います。
K子さんには素敵なパース滞在を送って頂きたいので違うアコモデーションを早い事見つけてほしいですね、それにしても彼女の行動力は凄いですね!パースの町中を自転車で移動するなんて想像出来ません。脱帽です!
済みません要らない心配をしてしまったかも知れませんがこれも老婆心だと笑って下さいね。
2. Posted by しばっち→Yokoさん   2010年12月01日 10:27
 どもども~。

 お久しぶりです。
 関東はここ2~3日穏やかで気持ちのいい日が続いてます。
 でも朝夕は寒いですけどね(笑)。

 K子のパース情報、僕も気にかかります。
 それでも彼女の情報はごく一部のもので、それが彼女にとってプラスになっているのか、マイナスになっているのか…なかなか文面だけではわからないですね。

 パースの生活になじみ、3カ月程度をその条件で生活させてもらう代わりに英語力を身につけ、その後のステップにできることを願っているのですが。

 やはり多くの人々はお金の問題もあり、当然アルバイトをしたりすると、自分のやりたいことを押さえて時間を費やしてしまうこともあると思います。
 振り返ると、アルバイトばかりで終わってしまったり(笑)。
 生きるって大変なんだな、って思ったものです。

 でもK子…、案外楽しんでいるみたいです。
 すでにこの後も数通のメールが届いてますが、あの行動力であちらこちらに行ってるみたいです。
 とはいえ、情報が乏しいのか…。
 今現在は僕の情報を元に出歩いているようですけどね(笑)。

 まだまだ滞在1カ月の身、その内新しい情報がどんどん飛び交ってくるのではないかな(そこを期待してるんですけどね)。

 今後のK子の様子もこのブログでアップしていきますので、どう変化していくか楽しみにしていてください(僕もそれが楽しみです)。

 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
K子のパース便り №5(part1)建設ラッシュのパースシティ