ビッグアメリカン2~アイダホバーガー時間取れず

2011年02月05日

捨てられないもの







 そろそろ帰省準備もしなきゃ。

 と、結局忙しい週末までに準備したのはキャリーケースをクローゼットから出しただけ(笑)。

 いつもこうなんだ。

 さらに北国で凍死しないように(はて?)普段は履かないタイツや手袋も出すだけは出したが・・・。

 タイツ・・・、これを履いてしまうと暖かくて病みつきになってしまうのだが(笑)、この歳になってもほとんど履くことがないのは職業柄だ。

 それでも年に1~2度お世話になる年もあるが・・・、今年はまだ履いていない。

 世の女性諸君!

 寒い冬に短いスカートで足をさらけ出しているのを見ているだけでブルッと来るんだけど(目の保養になることもあるが、笑)、本人たちは寒くないのかなぁ。

 と、話がずれてしまった(汗)。



 極寒の北海道に行くのだから、普段よりは1枚多い服装を考えているのだが、最近はセーターなども着ないし・・・と数枚の厚手のシャツなどを引っ張り出したら・・・。






110205-01memories






 こんなかわいいセーターが出てきた。

 これは、僕が20代か30代の前半に長野県の栂池高原スキー場で買ったものだ。

 栂池高原に一番最初に行ったのは大学時代。

 スキー実習だったかな。

 僕の大学時代のスキー実習は菅平だったが、その翌年に栂池高原に変わり、その年は指導者側として行ったのが、最初だ。



 社会人になって生活に少し余裕が出てきた頃から毎年1度は行き出し、多い年では年に3~4回も足を運んだことのあるスキー場なのだが。

 栂池高原スキー場はスキーだけが楽しい場所ではない。

 当時は画期的なスキー場でリフトの台数も半端ではなかったし、その分、バリエーションも富んでいた。

 レストランやショップも充実していた。

 その通りにログハウスの小さなショップがあり、それ以来、グッズをよく買いに行ったものである。

 多分、ショップの名前はビッグベア

 もともとは東京の目白にあるテニスウエア専門店のJANNUの社長が作ったキャラクターらしいのだが、この熊さんに魅せられてしまったわけ。

 かわいすぎる

 それ以来、このキャラクター集めに夢中になり、当時はTシャツトレーナーはもちろん、キャップステッカーグラスも。



 写真は残っていないが、当時の愛車の四駆のドアにも貼ったりしていた(あのステッカーはかなり高価なものだったように思う)。

 これが、そのグラス。






110205-04memories






 このキャラクターはいろんな洋服をきているのだが、メインはその年にブームになっているスキーウエアのデザイン。

 エレッセやロシニョール、サロモン、フェニックスなどなど。

 とにかくブームに敏感な時代だった。

 このグラスはボーイスカウト風だね。



 さてさて、それよりもセーターの話だった。

 ある年の冬、栂池高原で目にしたこのセーターに釘づけになり、買おうと決心するのだが、そのときのお値段が・・・。

 ううぅぅぅ・・・、お小遣いが吹っ飛ぶよ~。

 って泣きついたことがあり、特別にかなり安くしてもらった記憶がある。

 このお店との付き合いもかなり長かったので、すごい優遇してもらい、本来お札が2枚だったものを1枚に(笑)。






110205-02memories






 でも、ここ数年、袖を通したこともないし、すっかり見落としていたように思う。

 久し振りのご対面なのだ。

 このセーターのかわいい所は絵だけではない。

 実は・・・、






110205-03memories






 背面はこうなっているのだ。

 そう!

 何が楽しいかって、この熊さんのセーターに限らず、Tシャツも前面に描かれている熊は前を向いているが、背面に書かれている熊は後ろを向いている。

 毎年、スキー仲間20人ぐらいでドバーッと買いあさっていた時期・・・、懐かしいなぁ。

 多分・・・、多分・・・だけど。

 今はこのお店、栂池高原にはないかと・・・。

 僕自身もTシャツなどは処分してしまってないようだが(曖昧)、このキャラのセーターやトレーナー、コートなど一部はまだ捨てられずにいるんだよなぁ。



 ちなみにこの熊に魅せられたあるバイク屋のオーナーがファクトリーベアっていうキャラクターで販売している時期もあったので、バイク通の一部の人がステッカーを貼っている時期もあったようだ。

 今はどうなっているのかはわからなけどね。



 でも、このセーター、

 もう、着るにはちょっと年齢が・・・。






shibacchi0821 at 23:51│Comments(2)TrackBack(0) 「青春」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by もも   2011年02月06日 08:43
ただいま、朝8:30、気温はマイナス11度です。
数日前の昼間、プラス7.4度というとってもあたたかい気温でした。
札幌中心部はロードヒーティングされているので歩きやすいと思いますが、
小道に入ると雪でツルツルデコボコです。
しばっちさんの滞在中、過ごしやすい気温&積雪だといいですね。
(北の寒さと雪も体感したいんですよね??^^目標達成できますように)

1年半くらい前に小樽に行ったときに、
素敵だなぁと思ったお店がありました。
しばっちさん、小樽のお店ならご存じかもしれませんが…。
シュークリームはお好きですか??
ココ、とっても大きいシュークリームがあるんです。
ピアノバーのような、とっても雰囲気がある店内ですが、
食券を購入するお店で気取ったお店ではないです。
小樽散策のひとやすみに使えると思います。
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1000052/

札幌のお店は…テレビで紹介されたのをみて行ってみたいと思っているお店があります。
(はい、私は行ったことがアリマセン^^;)
羅臼料理の『はちきょう』。
名物が『つっこ飯』といういくら丼です。
しばっちさん、海鮮好きそうなので、
機会があれば親戚の方といかがでしょう?
http://r.gnavi.co.jp/h091300/
2. Posted by しばっち→ももさん   2011年02月06日 22:34
 どもども~。

 いよいよ明日小樽に帰省です。
 かなり久し振りの冬の北海道なので、どきどきものです。
 マイナス11度???
 凄すぎ~。
 明日の朝はしっかりタイツを履いて、北海道に着いたらホッカイロを貼りつけて、手袋、マフラー、マスクも着用しなきゃ!!!

 シュークリーム!
 食べてみたいけど、おぢさん一人で…絵になる???(笑)。
 わずか2泊3日ですけど、心の中であれもしたい、これもしたいって思いながら結局動けないかもしれませんね(あまりの寒さで)。

 今回は中・高の仲間たちにも連絡はしていないので、ほとんどが単独行動になりそうです。
 荒れた日本海を見るもよし、でこぼこの道を歩くもよし、とにかく北海道の、小樽の冬を体感してこようと思ってます(できれば札幌の雪まつりも、ね)。

 では行ってきま~す。

 ではでは~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ビッグアメリカン2~アイダホバーガー時間取れず