雪降る町、小樽小樽の顔、北一硝子

2011年03月25日

実は雪だるまコンテスト







実は雪だるまコンテスト

(2011年2月7日~9日 冬の北海道、写真で綴る一人旅)



 実は堺町通りに面する多くの商店の前に並ぶ雪だるまは雪だるまコンテストの出展作品だというのを街を歩いているときに知ったのだが・・・。

 どれがかわいいのか、どれが力作なのか、って。



 どれも見ていて本当に楽しいっ!

 雪だるまってほのぼのとするよね。

 あ、これはもしかしたら雪国育ちの僕だからかもしれないが。

 中にはキャラクターを意識したものや動物風に改良した雪だるまもいっぱいあった。







110325-01otaru

【雪だるまというよりは雪うさぎ】






 お店の興味より雪だるまに魅せられている僕である(笑)。

 このウサギの雪だるまは杉養蜂園のものだが、コンテストで準優勝したものらしい(後に知る)。

 ハチミツ専門店かな、このお店は・・・。

 ハチミツソフトクリームなんていうのもあるらしいが、この時期に食べるのはちょっと、ね。






110325-02otaru

【ちょっと太め?】






 お土産屋さんの前にもちょっと太めの雪だるま。

 雪印パーラーの雪だるまはしっかりソフトクリームの宣伝をしていた。






110325-03otaru

【もっこり系はサマになるね】






 この雪だるま、何気なく見たら普通にも思えるのだが・・・、

 よくよく見ると、あのキャラクターだ。

 まりもっこり!!!

 なかなかユニークだな。

 しっかりもっこりさせてるし(笑)。



 しかもその横の熊さんがエロいっ

 ドスケベアーって無理ない?

 記念写真撮る人なんているのだろうか(笑)。






110325-04otaru

【気になる、木になる】






 雪だるまより、名前が気になるお店だね。

 木になるおみやげ

 チャンネル・もくというウッドクラフト専門のお土産屋さんかな。






110325-05otaru

【大きな雪だるまもある】






 シンプルに作られた大きめの雪だるまもあれば・・・、

 小さなものも・・・。






110325-06otaru

【ほのぼの】






 こうやって町の通りを歩きながら雪だるまを眺めているだけでも楽しいものだ。

 それぞれの商店街で、活性化を図るために催されるアイディア・・・。

 冬には冬の楽しみ方があるってことだ。

 これだとお金もほとんどかからないし、町全体が活気溢れていいかもしれない。

 北海道や雪国だからこそできることなんだよね。







shibacchi0821 at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年02月)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
雪降る町、小樽小樽の顔、北一硝子