ルタオあり、六花亭ありかま栄、出抜小路、小樽運河へ

2011年03月28日

雪雲







雪雲

(2011年2月7日~9日 冬の北海道、写真で綴る一人旅)



 レトロ感を味わいながら堺町通りを進み、入船通りとの交差点があるのだが、そこで堺町通りは終了となる。

 入船通り近くにある店舗はどちらかというと新しいビルが多い。






110328-01otaru

【小樽オルゴール堂の雪だるま たるっぴー】






 ルタオ本店の前にあるのが小樽オルゴール堂

 その入口の前にも大きな雪だるま

 そして、






110328-02otaru

【堺町郵便局の雪だるま】






 堺町通りの一番端にあるのが、堺町郵便局

 ポストと一緒に並ぶ雪だるまだが、ここの郵便局の外観はなかなかかわいい。

 郵便局ってどちらかというとシンプルな建物が多いんだけどね。






110328-03otaru

【銀の鐘の前で記念写真】






 また郵便局の裏には銀の鐘というお店がある。

 銀の鐘って市内に1号館から7号館まであるのだが、なぜか5店舗。

 5号館と6号館はないようだ。



 写真は2号館

 で、何が面白いかっていうと、

 1号館はオリジナルのお菓子工房や喫茶室など、2号館はジオラマ館で世界の都市を模型で体験できる。

 3号館はクリオネ館でその名の通りクリオネを見ることができる。

 4号館は流氷凍れ(しばれ)館といって、館内がマイナス15度のアミューズメント施設になっている。

 7号館はオリジナルアクセサリーショップだが、人気のキティちゃんグッズなども多く販売されている。

 目的に合わせて訪れてみるのも楽しいかもしれない。






110328-04otaru

【交差点にも人がいっぱい】






 交差点そばの広場にも雪像らしき物体。

 といってもそれが何なのかわからず。

 う~ん、雪が被っているからわからないが、滑り台なのか・・・、カマクラなのか・・・。

 その周りに集まっている団体観光客も中国人だった(笑)。






110328-05otaru

【雪だるま】






 この通りには何体の雪だるまがあったのだろう。

 ブログでアップした雪だるまはほんの一握りである。

 これぞ、雪だるまの住む町!






110328-06otaru

【小樽オルゴール堂】
 





 車道もほとんど雪が融けないほど、日中も気温が低い。

 時折覗く青空だが、その周りにある雲はやっぱり雪雲。

 空を見ているだけで身体がブルッと震える。



 堺町通りと平行に走っているバイパスがあり、そこでUターンして、運河方面に向かうことにした。

 ちょうどルタオ本店の裏側になるのだろうか・・・。

 そこにも、






110328-07otaru

【ルタオ プラス】






 ルタオって名前もユニークだが各店舗の名前もちょっと奇抜だ。

 ホテルの一階にあるのはエキモ ルタオ、千歳市にあるのは『ドレモ ルタオ』、札幌市の三越に入っているカフェはアマイ・ワナ ルタオって・・・、どこのショップも日本語なのだ(笑)。






110328-08otaru

【花畑牧場も健在】






 バイパスの反対車線側に見つけたのは花畑牧場

 おっ、こんなところにあったのか。

 道路を渡ることはできなかったのだが、今度反対側を歩くことがあったら店内を覗いてみることにしよう。

 さっきまで見えていた青空が一変。

 あっという間に青空がなくなり、雪は降りだしてきた。







shibacchi0821 at 23:54│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年02月)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ルタオあり、六花亭ありかま栄、出抜小路、小樽運河へ